ちくやらアーカイブ

このブログは気分よって構成されています。 BGMも気分で流してます。 あなたの忍耐に感謝します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

コミックバトン

以前、「ゲームバトン」をスロン君に送ったのですが、
そのスロン君から「コミットバトン」を頂きましたので
便乗しちゃいます。


なお、ゲームバトンもそうだったけど、今回も恐らく長文になるので
読む人はそれなりに時間確保してくださいね。


■本棚に入っている漫画単行本の数は何冊?


もうすでに本棚に入らず床にぶちまけちゃってる状態なので
正確な本数がわかりません…
ていうかもう本棚に手すら届かない状態だったり…

とまあ、私の家の汚さを表現するようなことばかり書いてますが、
多分70冊ぐらいじゃないかと思います。
ただその内訳は現在不明です。
調べるとなると大掃除レベルの大事になるので…



■今面白いと思う漫画は?


正直言うと、今は本気で入れ込んでいるのはありません。
ただ、それだとアレだから
買っている雑誌別にあげてみる。


チャンピオン→終わったばかりということで「マスター・ガン・マスター」
ジャンプ→無し、ていうか見てない
サンデー→こわしや我聞
マガジン→ネギま、スクールランブル、チェンジング・ナウ
ヤンマガ→彼岸島、カイジ
アニマル→エアマスター、ベルセルク、ホーリーランド

他、
最強伝説黒沢、ヤンジャンの「タフ」



…結構ありましたね。



■最後に買った漫画は?

マスター・ガン・マスター4巻
↑でも書いたけど、チャンピオンで連載していた
鈴木ダイ先生の漫画。ついこないだ終わりました。打ち切りで。

この漫画についてちょっと書くと、
「非常にもったいない漫画」でしたね。
色々面白くなる要素がたくさんあったのに
ほとんど消化できず、話も中心なる軸が何度も修正されて
ちぐはぐなまま終わってしまいました。

ダイ先生はその前の「A-DOGS」も面白かったのに
打ち切りを喰らったりと、なかなかうまくいきません。
何が悪いんでしょうね…


HUDSOOOOOOOOON.jpg

↑打ち切り前の最終バトルでの一面
 「死体使い」のマスター・パルス・マスターの
 ビッケルトさんによる魂の一発ネタw
 つうか、「バンゲリングベイのマイク技」なんて
 今時の子供は知らねーよww




■よく読む、または思い入れのある漫画を5冊挙げよ。

ゲームの時よりは迷った時間が少なかったです。
でも、ここからが長文になりますんで覚悟してね。


①.賭博黙示録カイジ

言うまでもなく「ちくしょう!やられたぜ!」というサイトが
ここまで続くことができた恩のある漫画。

ウチにある各種カイジネタやJavaカイジゲームを
作る原動力となったのは言うまでもなく、
色々なお客様が訪れるようになりました。


もう有名な漫画だからあまり説明することもないのですが、
簡単にどこがいいかというと、

・オリジナル性あふれるギャンブルネタ
・個性豊かなキャラ(悪党)達
・名言ばかりの台詞

ですかね。

私がカイジの世界に入るきっかけとなったのが

KANE.gif


この利根川先生の名台詞。
初めてみたときは「すげえことを言うヤツだな…」と思いました。
そしてその後、7巻であの一話丸々使った説教。


私は「台詞に惚れる」タイプでもあるので
福本漫画における台詞は、すさまじいものがありました。

ていうか「カイジ語録」という本もでたし、
ネットのあちこちで福本台詞をパロったものや
福本アスキーアートがあふれたりと、ホントすごいと思います。


カイジを読んだ後、「銀と金」を買ったのですが、
これも最高でした。
多分、福本漫画の魅力を一番伝えやすいのが
この銀と金だと思います。
私が人に福本漫画を薦める時は、この漫画を使いますね。


とまあ、べた褒めしてますが、現在はそれほど入れ込んではなく、
むしろ離れています。
黒沢はまだ面白いけど、アカギはまだ鷲巣麻雀やってるし
賭博破戒録の「沼編」ぐらいからの
話のダラダラっぷりがなんとも。

第一、敵キャラに魅力が無いし、台詞も全然いいのがない。
ちょっと低調かなと思います。
持ち直して欲しいところではあります。



②.エリア88

新谷かおる先生のこれまた有名な漫画ですね。
これを中学生くらいの時に見て、すんげえ格好良くてしびれました。
一度単行本全23巻集めたけど、引っ越しの際に仕方なく全部売り、
結局その後、愛蔵版を全部買い集めたほどw

ちょっと語ると終わりそうにないのでやめますが、
なんていうか…かっこいい。

ハゲサングラスの沢さんが日本刀振り回すシーンとか
砂漠空母編のラストでの戦闘シーンで
20031123-01.gif

とか
グエンの「メコンの夕日」とか、
「バンバラ編」での傭兵達の動きやローラン・ボッシュの恐ろしさとか、
ブラシア空軍のハッサンの
「男の義を捨てるぐらいなら故郷などハナから無いも同然」とか。

でもまあ、一番スキだったのは「神崎悟」でした。
シンが一度エリア88を離れて、涼子と再会して
プロジェクト4と戦うためにエリア88に戻ってきて
神崎がそれを確認した時に言った台詞

「男を支えるのは女のやさしさや肉体ではない
 野望と闘志だ!」


という台詞が、今でもなぜか印象に残ってます。
実際やってることは酷いことなんだけど、
神崎はなんていうか「自分の力しか信じない」タイプで
己の野望のためなら、人の命も厭わないというか、
子供心に「孤独なダークヒーローだなあ」と見てました。

エリ8は
・戦う男たちの格好良さ
・「俺達は紙切れより薄い命 燃え尽きるのにわずか数秒」
 などの詩っぽい表現や熱い台詞
・ストーリー全体

などが良かったですね。



③.フロンティア

多分知っている人がほとんどいないだろう漫画。
チャンピオンREDという雑誌で創刊号から連載されていた
石渡洋司先生の漫画です。

一言でいうならば
オヤジアクション漫画の決定版!

ですね。
frontia.jpg



この漫画はもう
・主人公の目黒さんのかっこよさ
・各話にかならず一つはある名台詞

ですね。
特に台詞がすげえ。
石渡先生の独特な言い回し、且つストーリーにちゃんとなぞられている。
台詞フェチの私にはもうたまらない漫画でした。


すでにちょろっとだけちくやらアンダーグラウンドでも扱ってました。
http://www.cmo.jp/users/runark/frontier/meguro01.php
http://www.cmo.jp/users/runark/frontier/meguro02.php
http://www.cmo.jp/users/runark/frontier/meguro03a.php


20030321-01.gif

↑味方の命すらおもちゃ扱いにする「人肉を食べて育った敵の刺客」
 黒田に対して、ヒロインのユンが言った台詞




その黒田が倒れた後、へりで踏みつぶしたアメリカ人の刺客
 「人もミサイルも空からくるのは仕方ねえよ」
20030519-01.gif





そして、最後の戦いが終わって、さらわれたユンを助け別れを告げるシーン
20031220-02.gif





あー、やばい…やっぱこれ、ちくやらアーカイブで
フロンティア語録をやるしかないなぁ…

ていうか、私の家を「発掘」すれば
フロンティアをやる前にチャンピオンで5話読み切りだった
「刀真」と、バキの範馬勇次郎が生まれる話の載ってた
チャンピオン増刊号に掲載された「刀真-War is Over」が
多分でてきます。

これも特集組みたいなあ…



④.闘将!!拉麺男


20040427-01.jpg


ジャンプ黄金期ではドラゴンボール、北斗の拳、
キン肉マン、聖闘士星矢、ブラックエンジェルズ、男塾
などなど、面白いのたくさんあったけど、
とりあえず「ゆで漫画」としてこのラーメンマンをあげときます。

この漫画、一言でいうと
ツッコミ漫画の決定版


その無茶苦茶だけでなぜか普通に受け入れてしまう
怒濤の展開がゆでたまご先生ならではだなあと思いました。

ちくやらでは、某掲示板の過去スレを保存しています。

ネタバレスレッドその1
ネタバレスレッドその2

これを読めば、どんだけツッコミがいがあるのか
おわかりいただけるかと思います。


まあ、ゆで漫画については、ウチじゃなくても
他でたくさん面白いサイトありますからね。




⑤.エイケン

最後の最後で萌え漫画。
今まで書いた通りで、私は基本的に「燃え」系の人間です。
けど、そんな私が「萌え」に入ったきっかけとなったのがこの漫画。

チャンピオンで連載していた松山せいじ先生の作品です。

連載当初、確か「ラブひな」が流行っていて
それに便乗した漫画だろうなという印象から入ったこの漫画。
けど、「ちゆ12歳」さんの所でかなり大々的に「ネタ漫画」として扱われ
当時は「ネタ漫画」としてフィーバーしてました。
私もその一人でした。


ただ…一点だけ、私の「属性」をつつくキャラがいたんですよ。
それは「御園霧香」というキャラでした。

20030724-02.gif


kirika02.gif


kirika01.gif



私は「長身でおっぱいのでかい女性に弱い」という弱点がありますw
そんなツボを見事についたのがこの霧香というキャラでした。
で、性格も
明朗活発・強引・けどやさしい・二重人格で奴隷属性にもなる
とまあ色々あって、まあ…ネタ漫画から萌え漫画と視点変更したわけですね。

だから、ぶっちゃけていうけど、霧香がいなかったら
エイケンにここまで嵌ることは無かったと言っていいです。
ある意味、私が「RUNARK」というゲームに出会ったのと
同じくらいの事故に近いですねw


でまあ、この漫画がきっかけで

「コミケ」にも行った
「グッズ」というのも買ってみた
「サイン会」にも行った

などなど、今までではありえないことをしてました。
これらについては、ちくやらトップからエイケンネタとして公開してます。


ただ、他の4つの漫画に比べると、私がエイケンがスキになったのは
・霧香がいた

というだけで、なんだかんだでこの漫画に対して
賛否両論があるにはあります。
ちくやらでは「エイケン掲示板」なるものを作って
そこで毎話ごとに感想を書いてたりしてたのですが、
たまーに、内容に対して毒を吐いたこともしてました。

それで思い出深いのが、単行本でいうと16巻130話の
「新年伝助もうそうまつり」という話。

主人公の伝助がヒロインで恋してる「ちはる」とその妹達と
初詣にいくという話なのですが、
妹達が人混みに巻き込まれてはぐれてしまったので探そうという展開に。
で、探すんだけど、ちはるの着物を見たかったなあ…といいつつ
「裸で大股開きにしてバックからあそこをまじまじと眺める妄想」
まず「不信感その1」。
その後、二股かけている「美八留(みはる)」という子が
神社のバイトやってて、おそばを食べる。
で、みはると別れた後ちはると合流し、
ちはるが「いっしょにいきたい場所がある」と2人で人気の無い所へいく。
で、そこで伝助は「ちはるをぬがして巨乳を揉みながら犯す妄想」
をして「不信感その2」。


これ見て、
「こいつ、ちはるの事スキとかいってて
 ただヤリたいだけじゃねーか、
 (二股してるのも隠しているし)この偽善ヤロー」

みたいなことを「柔らかく」書いたんですよ。
そしたら、名無しさんに煽られて私が逆ギレして
エイケン掲示板閉鎖…とかいうアホな展開になりました。

あれはもう本当に私が厨だったと思う。今では反省している。


この二つ目の妄想は単行本ではなぜか差し替えられていて
確か私、その時も「画像無い~」とか行って探そうとして
また名無しに煽られた覚えがあるなwwww

ホント、この回に関してはいろいろありました。


でもまあ、霧香もいたけど、
五条部長・銀天蝶・雷電姉妹・塵CEOなど
他のキャラも後から好きになったり、
「擬音」とか
「○○デカ!」というバスト111cm小学生の小萌ネタとか
実はけっこーバリエーション豊富な妄想ネタとか
楽しませてもらってました。



松山先生は現在新連載に向けて鋭意作業中です。
なまじエイケンが売れたため、「エイケンという壁」を越えるのは
難しいかもしれませんが、越えなくてはならない壁なので
がんばって欲しいところです。
私がとやかくいっても、どうにもならないのですが。


ただ、萌え漫画は、まず
「キャラで人を惹きつけることができるか」があると思いました。
私が実際そうだったし。
でも、世の中あらゆる萌え漫画があり、あらゆるキャラがいるから
相当大変だと思いますね。
その場合、キャラが万が一人を呼ぶことできなくても
ストーリーが面白ければ後から人がついてくることもあると思います。

「ネギま」という漫画、女キャラがたくさんいるけど、
私はどれもヒットしてません。けど、話の展開がうまいので
普通に読めてるし、ネギvsタカミチ戦は燃えました。

エイケンは話が弱すぎたので、次回作はそこを強化して欲しいと思います。





以上。

疲れた…
一時間以上かかったよ…
バカ丸だしですが、「バカをださないといけない時もある」ということで。


さて、このコミックバトン。
次に誰に渡すかといえば、
やはりかつてゲームバトンをくれた
あの御大様しかいないと思いました。


ダメもとで行ってきます


2005/07/18追記

ありがたくもコミックバトンを受け取ってもらえました。
感謝感激だ…

そしてやはり、私みたいな雑魚とは
漫画の捉え方が違うなあと思いました。
完全に好きでやってるからなぁ…私は。


スポンサーサイト
  1. 2005/07/15(金) 22:15:00|
  2. その他:コミックバトン|
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:0

ルナーク

Category

Recent Comments

Recent Entries

Recent Trackbacks

Archives

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。