ちくやらアーカイブ

このブログは気分よって構成されています。 BGMも気分で流してます。 あなたの忍耐に感謝します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

『かるた』

karuta000.jpg

なんかゲーム以外のことをブログで書くのが
2年ぶり?になりそうなくらい珍しく漫画の話です。


私は週刊少年チャンピオン愛読者ですが、
この雑誌で連載していた『かるた』を紹介します。


テーマとしては『競技かるた』を扱った珍しい漫画です。


簡単にどんな話かを説明すると、

格闘ゲームの世界では日本一の座にいる軽部太一が
とあることで自分と同じ高校のかるた同好会の小野千歳をケガさせてしまう。
それが大会直前だったため、その責任をとるために
幼なじみの大江由利子とかるた同好会に入部。

格ゲーで鍛えた「神の反射神経」があればかるたなんか余裕だろ!
とかタカを括っていた軽部だったが、小野やその先輩である壬生先輩に
全然歯が立たなかった。

そうして、かるたの奥深さと
「自分より強い奴がたくさんいて、そいつらに勝ちたい」という
勝負魂より、かるたの魅力に嵌っていく。




というような感じです。
絵柄上、かわいい女の子がたくさん出るので「萌え漫画」と思われそうですが
私が気に入ったのは主人公の性格でした。



壬生先輩に負けてコケにされた時、
「スゲエ!」と逆にやる気を出して、
必殺技「居合い取り」を編み出したりと、
勝負に対して真摯な軽部の性格に好感が持てました。



そして、最も気に入ったのがこの台詞。



状況として、大会の決勝戦で
「蛭田」という1巻でのライバルに
汚い真似をされて、試合中に右手中指を骨折させられるという
アクシデント(というより故意に折られた)が発生。

当然、まともに試合なんかできる状態ではなく
小野千歳が軽部に棄権を申し出たが…



karuta001.jpg

karuta002.jpg

karuta003.jpg

「今日の勝負」に負けても
「明日は勝てる」って思える…

でも
「今日の勝負」から逃げたら
「明日は勝てる」なんて思えねぇ!!





勝ち負けよりももっと大事なものを見据えた台詞だと思いました。
私、台詞好きな面もあるので、一個でも気に入った台詞があったら
単行本買っちゃう方ですね。
(滅多にそういう台詞はないのですが)




そんな感じで、かなりお気に入りの漫画だったのですが、
本誌21号(2007年4月19日売り)で
なんと、突然の連載終了、第一部完となりました。


話の方は「団体戦」となっていて、
新キャラ2名をいれた5人で、
壬生先輩と「現時点最強の相手」がいるチームとの対決直前、
軽部も「居合い取り」にかわる新しい技を編み出して…というところで
まさかの連載終了ですよ。



これは、さすがに納得いかないので、
ブログで扱ってみた…というのもあります。


単行本2巻はまだでていませんが(7月発売?)
ちょっとこの終わり方に納得いかないんで、
「とりあえずお前ら買え!」ってことで
宜しくお願いしますw



スポンサーサイト
  1. 2007/04/22(日) 21:37:27|
  2. 竹下けんじろう 『かるた』|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

ルナーク

Category

Recent Comments

Recent Entries

Recent Trackbacks

Archives

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。