ちくやらアーカイブ

このブログは気分よって構成されています。 BGMも気分で流してます。 あなたの忍耐に感謝します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

PSⅡ2人旅 VSネイ・ファースト編


一応話をかいつまんで紹介していきますが
基本的にPSシリーズを知っている人向けに書きます。

突然専門用語がでまくると思いますが、
知ってる人ならわかるはずなので、
わからない人はちょっとすいません。


※バックでBGMが流れますが
 うるさいと思った場合は、ブラウザの「中止(×のボタン)」を押すと
 曲が止まります。


20060506-175844.jpg


20060506-175858.jpg


ゲームは悪夢にうなされる一人の青年の裸から始まります。
ちゃんと説明すると、


PS2_02a.jpg

PSⅠの主人公であるアリサとそのラスボスであるダークファルスの戦いを
夢で見てうなされるユーシス。


21歳でアルゴル太陽系の惑星モタビアに住み、そこの首都パセオで働くエージェント。
10歳の時に宇宙船事故で両親を亡くし天涯孤独の身になりました。


なお、「ゲーム図書館」やメガCDで発売された
「ファンタシースターⅡテキストアドベンチャー」の「ユーシス編」では
その事故からモタビア総督の下で働くことになった経緯があるらしいです。



20060506-175946.jpg

そして最初の目的として
バイオシステムにあるシステムレコーダーの回収を命じられます。


忘れている人の為に説明すると、
モタビアに突如湧いた謎のバイオモンスターがいて
このバイオモンスターはマザーブレイン管理下のバイオシステムよりわき出しているらしい…と。



マザーブレインについては、ファンなら言うまでもないですが
PSⅠからⅡまでの間だの1000年の間に作られたものです。
Ⅰがパルマ星で王朝といった感じ統治していたけど、
これがある事故で王朝関係者が全滅したことをきっかけに民主制になります。

その時あたりからマザーブレイン計画が進められ、
人々の住みやすいように惑星開発が進められていたそうです。

モタビアも元々は住み難い所でしたが、
マザーブレインによる土地開発・バイオプラントなどによる食糧供給、
市民コロニーの建築などで、この1000年で緑と水の豊かな惑星に変わりました。


簡単にいうならば、マザーブレインは
アルゴル太陽系を管理する巨大コンピューターだと思ってください。


で、このマザーブレインのおかげで今の生活があり
人々はマザーブレイン無しでは生きていけなくなっています。


それをふまえて今回のバイオモンスター事件が
マザーブレインが管理するバイオシステムから湧いているらしいのですが
それを疑う人間はほとんどいません。
みな、マザーブレインを信じきっているからです。



20060506-180004.jpg

20060506-180008.jpg

20060506-180014.jpg

20060506-180020.jpg



セガの伝説のヒロイン、ネイの登場です。
オールドセガファンでネイを知らない人はいないでしょう。


バイオモンスターと人間のハーフという過酷の運命を背負った少女です。
7ヶ月前に殺されかかっていたところをユーシスが助け
それ以来面倒を見ていました。
その時は2歳?くらいだった少女でしたが、
人間では考えられないスピードで成長し、現在の容姿になります。

ちなみに「ごてごてした服装を嫌う」ので
常時レオタード姿ですw
こんな妹がいるとは…ユーシスの野郎…ゆるせねえ!ww



彼女はパルマ人とバイオモンスターの合成生命体で
多分、過酷な環境でも耐えれる新しい新人類を作るために実験されていたのだと思います。



20060506-180026.jpg

20060506-180032.jpg

20060506-180036.jpg

20060506-180040.jpg


「ユーシスのためならなんでもするから!」



当時、この台詞一つに異常に萌えた覚えがあります(外道)



それはまあどっか遠くに置いといて、
このネイとユーシスの2人だけでプレイして
ゲームをクリアすることを今回の目的とします。




PS2_03a.jpg

ちなみにゲームブック版ではこんな感じ。
仲のいい兄妹という感じでテラウラヤマシス…


今回はユーシスとネイ2人旅という「縛りプレイ」で、
道中、どうしてもネイが弱くて大変だと思いますが、
ネイへのキャラ愛でもって成し遂げてみせます!




20060506-180136.jpg

ネイの初期ステータスです。
「むしょく」というのが、なんともな表現ではありますw

まあ、外見は10代の少女でも、実年齢は1歳ですからね…
そういう意味では子供なのでしょうか。


20060506-180254.jpg

20060506-182918.jpg


バイオシステム目指して冒険の始まりです。
戦闘シーンはこのファンタシースターシリーズの売りの人でもある
「アニメーション戦闘」です。
敵・味方がドット絵の限りを尽くして動きまくります。
ユーシス達が後ろ姿しか見れないのが本当に残念ですね。


なお、このページのBGMとして使っている曲が
通常戦闘曲です。
この曲が一番ゲーム中で良く聴きますが、いつ聴いてもいいですね。



20060506-182942.jpg

バイオシステムへ向かう途中に一人の暴漢が立ちふさがっていました。
彼の名はダラム。
7ヶ月前にネイを殺そうとした男です。
今もなお、ここに立ち止まり、人々から金品強奪及び殺人を繰り返しています。



……ってことは何だ?
こいつ7ヶ月前からずっと日中堂々と強盗殺人を繰り返しているのか…
何ヤッテンダ、モタビア政府!


なぜ捕まえない…ていうか、ユーシスがこんな台詞吐いてるぐらいだから
捕まえようにも捕まえられない…
もしかしたら恐ろしく強いのかもしれませんね…
(そういう設定話とか聞いたことありませんが)



20060506-183154.jpg

しょうがないから、隣街の「アリマーヤ」に行きました。
そこでは「ならずもの」によって荒らされていました。



20060506-183252.jpg

時はまさに世紀末?


北斗の拳さながらの荒廃っぷりですね…
ダラムといい「ならずもの」といい、モタビアはどうなってるんでしょう。
治安維持というか、そういう組織は何をしてんだか…
(ゲーム中半からロボット部隊でるくせにね…)


一応もうちょっと説明すると、
・バイオモンスターがはびこっていて、とりあえずそっちの対処に
 軍とか警察が活動してるはず。
 (ダラムを見てると、そうは思えないんだが)
・民間組織として「ハンター」はいる。
 この後に仲間になる「ルドガー」はその一人。
・けど、「ハンター」なのに人間を襲う悪いやつらもいる。
 これがアリマーヤを襲っている「ならずもの」。
・その悪いハンターを狩るための「カウンタハンター」も存在する。
 これが後に仲間になる「アーミア」。


要は「人手が足りない」ってことかな…
元々戦える人間が少ないのかもしれない。


20060506-183926.jpg

このゲームは新しい街にいくごとに新しい仲間が
ユーシスの家を訪ねてきます。

元軍人のルドガー・シュタイナー。35歳。
モタビア州政府の軍人であったが、
3年前、バイオモンスターに妻と娘を殺害され、軍を辞めてハンターとなります。
ゲーム終盤まで使える頼もしい仲間で、軍人らしく銃器のプロフェッショナルです。


が…今回は2人旅なので、彼の出番はありませんw

20060506-192100.jpg

20060506-195704.jpg

ならずものたちのアジトに侵入。
しかしならずもの達はすでにバイオモンスターにやられていた!


20060506-195720.jpg

20060506-195722.jpg

20060506-195724.jpg

ならずものの死体から「脅迫状」を発見。
どうやらあのダラムは娘を人質にとられて、身代金を要求されていた。
その金額の多さゆえ、自分だけでは用意できなくて
殺人を犯してまで金を集めていたというわけだ。

ただ、この脅迫状を見て「?」と思える部分が一つある。
それは「いっかげつで用意しろ」という部分。

つまり、一ヶ月前からダラムは殺戮を繰り替えしていたわけだが
確かネイはこのダラムに殺されかけたんだよね?
ユーシスはそれがきっかけでネイと出会っているんだけど
確か出会ってから7ヶ月たっているんだよね…?

時間軸が合わないなぁ…




20060506-200546.jpg

20060506-200540.jpg

ならずもののアジトで手に入れた「ダイナマイト」を使って
ニドの塔に潜入。
この塔のどこかにティムがいるはずだ…



20060506-212106.jpg

20060506-212110.jpg

20060506-212114.jpg

ティムを発見。
脅迫状を見せると、父のやっていることにかなりのショックを受けた模様。
仕方ないとはいえ、この親子を救う方法はあるのか?



20060506-212128.jpg

20060506-212142.jpg

その後、ティムは「アイテム」として持つことになります。
ティムを捨てるには私でも惜しい!ww



20060506-212612.jpg

20060506-212620.jpg

20060506-212624.jpg

20060506-212628.jpg

20060506-212632.jpg

ダラムのところに行くユーシス達。
ティムに何か考えがあるのだろうか、一人でダラムの前に対峙する。
ダラムはティムがフードを被っているため、自分の娘だと気付いていない。
そしてティムはダラムを挑発、
激怒したダラムがその剣で…



20060528121735.jpg

20060506-212636.jpg

20060506-212642.jpg

20060506-212646.jpg

そう言うが早いが、ダラムは爆弾を取り出しその場で自爆した。


20060506-212652.jpg

あまりにも悲しい2人の結末。
これも全てバイオモンスター発生が原因…
早くバイオシステムにいかなければ…



20060506-212810.jpg

20060506-213432.jpg

オプタノの街に到着。
この街にはミュージシャンがいて、いわゆるサウンドセレクトができます。
曲はゲームの進行度にあわせてラインナップが増えていきます。


20060506-213502.jpg

新しい街にいったので、自宅に戻ると新しい仲間が訪れます。
アンヌ・サガ。
学校を卒業したばかりの医者の卵。
バイオモンスターによって人々が傷つけられていくのを
見ていられなくて戦いに参加。
戦闘能力は低いけど、回復系・防御系のテクニックは終盤まで使えます。
ちなみにその外見からユーシスより年下に見えるけど、実は年上のお姉さんです。
ユーシスは21歳、アンヌは23歳です。
つうかユーシス、大学行ってない?


20060507-003624.jpg

20060507-010350.jpg

20060507-010358.jpg

バイオシステムに到着。
道中すっとばしますが、システムレコーダーをゲッツ。
これをモタビア政府の所に持っていけば
何か原因がわかるはずだ!



20060507-011048.jpg

20060507-011052.jpg

20060507-011056.jpg

20060507-011102.jpg

20060507-011106.jpg

システムレコーダーを総督の下へ。
総督自身もマザーブレインによる絶対管理によって
人間達がひ弱になってしまったことを憂いていたのだ。
立場上、マザーブレインには逆らえないとはいえ
ただの操り人形的な人ではないと見える。



20060507-011112.jpg

20060507-011116.jpg

20060507-011122.jpg

20060507-011126.jpg

20060507-011132.jpg

20060507-011138.jpg

20060507-011146.jpg

20060507-011150.jpg

この眼鏡をかけた美人技師の話によると
モタビア星の全ての生物のDNAを管理しているバイオシステムに
あまりに多くのエネルギーが流れたためシステムが暴走、
突然変異した生物が大量に発生、かつそれを野に解き放ったのが原因らしい。

バイオシステムに大量のエネルギーを送り込んだ元は気象システム「アメダス」。
アメダスを動かすエネルギーがなぜかバイオシステムに大量に送られているらしい。
ただ、アメダスもバイオシステム同様マザーブレインで管理されているため
基本的には無人である。

であれば、何者かがアメダスに忍び込んで工作した可能性があるということになる。


これにより、ユーシスは総督よりアメダス調査の任務を言い渡される。





20060507-011244.jpg


イベントが進んだので新しい仲間がユーシス宅に。

ヒューイ。
モタビア大学出身の若き生物研究者。
弱い動物や植物がバイオモンスターに殺されることに心を痛めていて
今回の戦いに参加。
ちなみにゲームブック版ではヒューイが存在しませんw
ゲームでも正直かなり弱いです。
大ダメージを与えるテクニックを覚えないのが欠点ですねえ。



20060507-011822.jpg

20060507-012134.jpg

20060507-012746.jpg

南地区にあるゼマという街に到着。
ここにはモタビア星の原住民であるモタビアンの姿も見えます。


20060507-015330.jpg

さらにクエリスという街に到着。



20060507-020456.jpg

そして新しい仲間が。

アーミア・アミルスキー。
悪のハンターを狩るカウンタハンター。
このゲームの特徴的な武器であるスライサーの使い手。
年齢不詳の謎の美女。
ちょっと怖い見かけより多分ツンデレ属性かとw


20060528151101.jpg

ゲームブックより。
スライサーは敵1グループを攻撃してくれるのと
アーミアが覚える攻撃力アップするテクニック「シフタ」が使えるので
やはり終盤まで使える仲間です。





20060507-020728.jpg

カインズ・ジ・アン。

エンジニアを目指していたが、扱うメカをすぐに壊してしまうため、
学校をサボって不良少年に。
だが、今回のバイオモンスター事件で人々が苦しむ姿を見て
戦いを決意。根っこはとてもいい奴らしい。
ジャンク屋ゆえメカ相手には強いが、バイオモンスターに関しては
テクニックが効かないため弱い。
が、普通のプレイをするならば最終パーティーに組み込んでもいいくらい
カインズのメカ系テクニックは使えます。




さて、アメダスへの行き方ですが
「ドーナツ湖のど真ん中」が入り口です。
つまり、湖の中に立っているわけで、普通に行くことができませんが
情報を集めていると「海と湖が繋がっている場所がある」といいます。
ここからアメダスへ行けるかもしれません。
そうすると必要なのは
・水面上を移動できる乗り物
・水の中でも活動できるアイテム
になります。


どうやって調達するのか?



まあネタバレやってるから謎解きとか面倒なのはすっとばします。
更新する方も大変なのでw


20060507-015706.jpg

クエリスに住む若い研究者が「マルエラガム」という
水中でも息ができるガムを作ろうとしていて、
それの材料として「マルエラツリー」が欲しいとのこと。


20060507-113116.jpg

水中を移動できる乗り物は、ゴミから何でも作ってしまうという
モタビアンから手に入れます。



20060528153424.jpg

ちなみにゲーム中でもこの「ケーキ」イベントがあります。
ゲームの方は食べるとHPが減り、食べ過ぎて死んで全滅もできますw



20060507-113128.jpg

んで、モタビアンからジェットスクーターをもらえてしまいます。



20060507-120000.jpg

ジェットスクーターがあるとこのピアタの街にこれます。
ここではモタビア星では一番強い武具があるので
アメダス探索の前に買っていくのがいいです。



20060507-120258.jpg

そして最後の仲間が登場。


風のシルカ。
自称「風のシルカ」。
パセオの大富豪レビニア家の一人娘なんだけど、
退屈な日常を紛らわせるために、「盗み」をやるようになる。
「私は風のシルカ。なにものにもとらわれない」が彼女の口癖で
シルカだけは名前を変えることができない。


んで、裏技。
レベル10以上にして店を出入りしてるとアイテム盗んできます。
スターアトマイザーやムーンアトマイザーはダンジョンでげっつする以外は
これで増やすしかありません。
また、モタピア政府にいるユーシスの友人の家から
どこでもセーブできる「ビジフォン」を盗んできます。
これはとても便利なので、通常プレイする時は是非とも盗ませてください。

今回はユーシス&ネイの2人旅なのでシルカの出番はありません。



んで、シルカが入ったことで仲間が全員そろいました。
記念撮影でもしてみましょうか?


20060528160155.jpg

8人そろうとなかなか爽快です。
実は後ろの背景が一枚絵になっています。



話を元に戻して、ジェットスクーターにより
海上を移動できるようになったので

20060507-121820.jpg

マルエラツリーのある「ウーゾ」に到着。


20060507-123534.jpg

途中偽者もありますが


20060507-130230.jpg

本物を見つけて撤収!



20060529212534.jpg

そういえばゲームブック版だとこんなのもありましたね。
モタビアンのくれたケーキを食べたアーミアが
このウーゾ登山中にお腹壊してしまうという話w



20060507-130444.jpg

で、クエリスへ戻ってマルエラガムを作ってもらいます。


20060507-130500.jpg

あの場所といえば…



20060507-130648.jpg

ここしかありません。



20060507-130656.jpg

これで海底を移動できるようになります。



20060507-130846.jpg

前半の山場であるアメダスに突入!

20060507-132636.jpg

いちいちやたら広いダンジョンをさまよいつつ、謎の人影を発見!
しかしどうやったらそこにいけるのやらorz



20060507-134500.jpg

ついに到着!
そこには、ネイのそっくりさんがいた!
彼女は何者か!?



20060507-134548.jpg

20060507-134554.jpg

20060507-134558.jpg

20060507-134604.jpg

2年前。
バイオシステムで動物と人間をかけ合わせる実験が行われていた。
しかし何らかの原因で失敗して生まれたのが、
このネイ・ファースト。人工生命体である。

そしてネイ・ファーストは失敗作として
科学者達に殺されそうになるが逃げ延びる。

その際、バイオシステムから動物のDNAデータを持ち出したかどうかまでは
わからないが(生まれたてでそこまでの知恵があるとは思えない)
いずれにしろ、命を弄んだ人間達に復讐する為にバイオモンスターを作り、
モタビア全土に解き放っていた。


しかし、そのネイ・ファーストの行動を邪魔する
もう一人のネイがいた。



20060507-134608.jpg

20060507-134610.jpg

20060507-134612.jpg

20060507-134616.jpg

20060507-134618.jpg

20060507-134622.jpg

ネイ・ファーストの行いに心を痛め、
逃げ出すかのように「分裂」して生まれた生命体。
それが、ネイ・セカンド。
そのネイが放浪し、ダラムに殺されかけてたところをユーシスに助けられ
妹として育てられてきたというわけである。


自分の生まれを疎み人間を憎悪し皆殺しにしようとするネイ・ファースト。
そのネイ・ファーストの「善なる部分」が分裂して生まれたネイ・セカンド。



20060507-134624.jpg

ネイ・ファーストと戦うか?という選択肢。



20060507-134628.jpg

この台詞から、ネイ・セカンドはネイ・ファーストがいないと
生きていけないらしい。
どういうことなのかよくわからないが、ネイ・ファーストから分裂して
生きているネイ・セカンドだけど、コアとなる生命体はあくまでネイ・ファーストであり
遠く離れて生活していても、何かでリンクしているということなのだろうか…
ファーストが本体で、セカンドはいわば「オプション」みたいなのもの?



20060507-134700.jpg

20060507-134720.jpg

20060603141650.jpg


姉さん?
元々は一つの生命体だった姉と戦い始めるネイ・セカンド。
しかし、ネイ・ファーストの方が強く、
その手にしたライトセイバーの前に倒れてしまう。



20060507-134728.jpg

20060507-134732.jpg

20060507-134736.jpg

20060507-134740.jpg

ネイ・セカンドの死。
ここでネイ・ファーストを倒さなければ
彼女は全ての人間を皆殺しにするまでバイオモンスターを作り続けるだろう。
ネイ・セカンドの意志を無駄にしてはならない。
仇をとるんだ!



20060507-134826.jpg

20060507-135032.jpg

20060507-134812.jpg

20060507-135256.jpg

ユーシスvsネイ・ファースト。

ファーストの方が動きが早いため、必ず先手をとられる戦いになる。
ライトセイバーの威力が大きく、3発喰らえば死ぬので
「トリメイト」を大量に持っていき、回復しながらの戦いとなる。
唯一、ファーストの全体攻撃である「ひっかき」が隙。
ユーシスは先にテクニック「ナフォイエ」をありったけ叩き込み
後はひたすらレーザーソードで斬るしかない。
回復さえ気を付ければ、タイマンになっても勝てない相手ではない。



20060507-135358.jpg

そして、ついにネイ・ファーストを倒した!



20060603143032.jpg

20060507-135420.jpg

仇はとったが、ネイ・セカンドは2度と返事をしなかった。
7ヶ月ではあったが、天涯孤独だったユーシスにとって
たった一人の肉親だった。



20060507-135426.jpg

20060507-135432.jpg

20060507-135440.jpg

20060507-135444.jpg

20060507-135454.jpg

悲しみも束の間、アメダスが急に爆発し始めた!
ネイ・ファーストが死んだことにより
何らかの障害が発生したのか。

アメダスのある水のないドーナツ湖に
急激な水があふれだしている。

ここにいては爆発に巻き込まれるため、パセオに戻ることに。


20060507-135508.jpg

20060507-135512.jpg

アメダスが大変なことになっているのに
ネイの遺体をクローン・ラボに持っていく必死なユーシス。
だが、人間の細胞以外の部分がもはや再生不可能なまでに破壊されていた。
人口生命体ゆえにネイを生き返らせるのは、本当に不可能だと知るユーシス。


20060507-135544.jpg


20060507-135548.jpg

20060507-135554.jpg

一難去ってまた一難とはまさにこのこと!
ネイ・ファーストの死によって、今までバイオシステムに送り込んでいた
アメダスのエネルギーが急に使われなくなり、
それがアメダスに流れ込んできて爆発したということである。

アメダスはモタビア星の天気を司っているシステムで
モタビアに降る雨量の発生装置でもある。
これのために砂漠の惑星だったモタビアが緑豊かになったということである。

その本来、雨を降らせるはずだった水量が
今回の爆発によりすべて地上に流れて出てしまった。



20060507-135558.jpg

20060507-135602.jpg

20060507-135606.jpg

20060507-135608.jpg

20060507-135612.jpg

20060507-135614.jpg

20060507-135618.jpg

アメダスから流れた水は
ダムを解放することで何とかなるらしい。

しかしそのダムが外部から制御不能になっているので
人間の手であけにいかなければならない。


その役を買ってでたユーシスだが
パルマ政府はマザーブレインを狂わせた犯人としてユーシス達を指名手配した。
これによりモタビア全土にセキュリティシステムが派遣してきた
ロボット達がユーシス達を捕獲しようと動いている。


しかし、今回の一連の事件。
かなり巧妙にしくまれている気がしてならない。

バイオモンスターを放っておけば人間達は殺される。
バイオモンスターを止めにいけばアメダスが破壊され水浸しになる。

どっちに転んでもモタビアはピンチなのである。
思えば、ネイ・ファーストが生まれた時の事故も怪しいものがある。


なんにせよ、モタビアを救うためにダムの解放にいくことになった。



20060507-135716.jpg

久々に自宅に戻るユーシス。
今まではネイといっしょに旅をしていたから何とかなったが
これから一人で戦うには、あまりにも淋しい…というか大変だ。
せめて、ネイがクローン再生できれば良かったのだが、
ゲームシステム的にネイは強制的に死んでしまう以上、
ユーシス&ネイの2人旅も仕様上ここで終了である。
これはもう仕方のないことだろう。



まあ、ネイの犠牲を無駄にしてはならない。
最後までゲームをやり続けるとしよう。

気分一新!


新しい仲間を集って冒険再開だ!




















20060507-140112.jpg

あれ?
スポンサーサイト
  1. 2006/06/03(土) 15:01:10|
  2. ファンタシースターⅡ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

PSⅡ2人旅 VSダークファルス編

バイオモンスター発生の原因をつきとめたユーシスは
その戦いの中で妹であるネイを失ってしまう。

そして事件を解決したのもつかのま、
アメダス故障により、本来雨として使われるはずだった水量が
すべてモタビアの大地にあふれてしまうという事態に。

このままほうっておけば、モタビアは水没してしまう。
これを防ぐためにダムの開放に向かうことにしたユーシスだが
パルマ政府よりマザーブレインを狂わせた犯人として
ロボット警察に追われることになる。




という感じの話だったと思うのですが、
ユーシス&ネイの2人旅と称して、ネイがゲームシステム上による
戦線離脱によりユーシス一人になってしまいました。



が、当時のこのゲームを知っている人なら
あの裏技も当然知っていると思います。


パーティが3~4人揃っている時に、
「ならびかえ」を上を押したままCボタンを連打して行うと、
仲間の誰かが正常に表示されなくなることがあります。


これで、パーティーにいない人間をいれたり
バグキャラからアイテム取ったりできます。


で、パーティーにいない人間の中にネイも含まれます。


これを使うと
20060507-135814.jpg

こんなかんじのパーティーを組めます。
なおこの場合、ユーシスは見た目2人いるけど1人分しか動かせません。


20060507-140056.jpg

あとはちゃんとパーティーになるまでこれを繰り返して



20060507-140224.jpg

ユーシスとネイ以外には死んでもらうことで2人旅の復活。



というわけで、これからもユーシスとネイだけで話を進めていきます。
なお言うまでもないですが
これから先、ネイの装備は一つも新しいのがでてきません。
ネイ・ファースト戦で装備しているのがネイの最強装備となります。

だから後半の雑魚モンスにすら大苦戦するはず…




準備が整ったところで話を進めましょう。
ダムの開放が目的で、ジェットスクーターにより
ダムの中には入れるけど、扉が閉まっていて奥にはいけません。

カードキーが必要となります。


20060507-155640.jpg

カードキーはピアタの街外れにひっそりと建っている
建物の中にあるのですが


20060507-160048.jpg

なぜかピアノがあって楽譜もあります。
これをうまく引かないと駄目なようです。よくわからんけどw




20060507-160214.jpg

このゲームで音楽というと、この人!



20060507-160234.jpg

なぜか男性キャラより女性キャラの方が
授業料が高くつきますw



20060507-161804.jpg

というわけでピアタに戻ってピアノをひいて
ブルカード
レッドカード
グリーンカード
イエローカード
をげっつ。
しかし、なんでこんな仕組みになってるか、やはり理解に苦しみますねw



20060507-163338.jpg

で、あとはひとつずつダムを開放していきます。
これはグリーンダムを開放するところですね。








途中だけどここまで。
ちょっと他にやらないといけないことができたので
スローペースで更新予定。
  1. 2006/06/10(土) 11:16:47|
  2. ファンタシースターⅡ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

ルナーク

Category

Recent Comments

Recent Entries

Recent Trackbacks

Archives

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。