ちくやらアーカイブ

このブログは気分よって構成されています。 BGMも気分で流してます。 あなたの忍耐に感謝します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

偽りの輪舞曲っぽいゲーム三羽烏

20070811211100.jpg

偽りの輪舞曲(ロンド)


2007年8月9日にSUCCESSが発売したSRPGです。
中の人はサクセスと聞くと「コットン」を思い出すオールドゲーマーなのですが
このゲームは全くノーチェックのまま購入しました。
理由は最近やるゲームが無かったからです。


実際やってみたら、キャラはかわいいのに難易度はかなり高めです。
スキルや装備をちゃんと考えてプレイしないと思うようにクリアできません。
意外にも歯ごたえのあるゲームだったので、当ブログで扱ってみました。





●少人数プレイについて


当ブログでの名物?コーナーである少人数プレイですが、
今回もFFシリーズや世界樹の迷宮で活躍していた
カリバー、ドリス、そしてクインの3人をだします。

ただ、このゲームは名前を変えることができないため、
それぞれで「気に入ったキャラになりきってプレイ」
というルールにしています。


ただし、主人公キャラにはなりきりません。


よって、主人公+3キャラの4人パーティーで基本的にプレイします。
(※このゲームは最大6人パーティーが可能)




つうか、もうこの人数ですでに激ムズです。
最後までクリアできないかもしれん…





※基本的に平日にプレイして土日更新の予定です。
 プレイ日記っぽいのを↓に書きます。
 


●初回プレイ、王道ルート編


偽りの成りすまし  第1話 王都脱出

偽りの性別  第2話 ガレの山賊

偽りの逃げ足  第3話 聖女誘拐

偽りの秘書キャラ  第4話 深き森

偽りのNPC救出  第5話 再会

偽りの36歳  第6話 紅き獅子

偽りのヤザン・ゲーブル  第7話 フクロウ団

偽りの詰め将棋  第8話 港と海賊
※街人全員救出パターン


偽りのレゲー出身  第9話 海賊の島(隠し面)

偽りのネコ娘  第10話 砂漠を越えて

偽りの自殺願望者  第11話 ファティマ要塞

偽りのLC  第12話 箱庭の魔術師

偽りのダブル闘魂風呂  第13話 雷帝エルネスト

偽りのステータス  第14話 闇色の声

偽りの戦闘配置  第15話 峠の戦い
※セルディック、ケイ、マーガス、マリー姫という
 無茶なパーティーでシノを仲間にしてクリアパターン



偽りの安全地帯  第16話 若き獅子
※セルディック、マーガス、間接攻撃キャラの3人パーティーで
 アルベリヒ撃破→南方七宿の記章ゲットパターン



偽りのツンデレ  第17話 冬の嵐

偽りのおつむゆるゆる  第18話 聖都奪還

偽りのフラグ立て  第19話 地下牢にて(隠し面)

偽りの分岐点  第20話 運命の刻
※ネタバレ注意!


偽りの王道ルートネタバレ  第20話 運命の刻

偽りのお願いと約束  第21話 闇の教団

偽りのゲリラ戦法  第22話 雪解け、進軍開始

偽りのスネーク  第23話 諸侯連合

偽りのカップル  第24話 誰がために

偽りのラブシーン  第25話 諸侯の罠

偽りのセーブ失敗  第26話 紅獅子再び

偽りの二人旅その1前編  第27話 王太子帰還

偽りの二人旅その1後編  第27話 王太子帰還
※主役&シノの二人旅でのクリアパターン


偽りの二人旅その2  第28話 仲間とともに

偽りの二人旅その3  第29話 解放戦争

偽りのマップ兵器  第30話 約束の王

偽りのストーリー無視  第31話 予感

偽りの消化試合  第32話 守るべきもの

偽りの無限増殖  第33話 陽動作戦

偽りのオヤジゾクセイ  第34話 聖剣の旗の下に

偽りのグッドエンド行き  第35話 封印の洞窟へ

偽りの第2クラスチェンジ  第36話 燃える世界

偽りのこれホントに終盤?  第37話 氷の大地

偽りの肩書き  第38話 紫電の空

偽りの写真45枚  第39話 光と闇と(前編)

偽りの最終決戦  第39話 光と闇と(中編)

偽りのワープ魔法無し  第39話 光と闇と(後編)






●2周目、覇道ルート編


※クインをセルディック役にすることで、
 真・三羽烏の三人旅でのクリアを目指します。 


偽りの2周目  第1話 王都脱出
※セルディック、ケイの二人で帝国軍全滅パターン

偽りのダイジェスト  共通ルート第2~19話

偽りの覚悟完了  共通ルート第20話「運命の刻」



偽りの37564  覇道ルート第21話「鋼の心」

偽りの歯ごたえ  覇道ルート第22話「神聖皇帝の名の下に」

偽り無双 覇道ルート第23話「裏切りの代償」

偽りのベジータ 覇道ルート第24話「三帝会戦」

偽りの聖騎士 覇道ルート第25話「奪還」

偽りの真相 覇道ルート第26話「王都解放」

偽りのケイブシャーク 覇道ルート第27話「追撃」

偽りのジュウザ 覇道ルート第28話「路傍の石」

偽りのビッグ・ブリッジの死闘 覇道ルート第29話「グラン=ブリッジ」

偽りの終盤突入 覇道ルート第30話「山野を越えて」

偽りの兄と妹 覇道ルート第31話「城塞都市」

偽りの出身地 覇道ルート第32話「ロマディアの攻防」

偽りのスネーク2 覇道ルート第33話「嵐の前の」

偽りの全面対決 覇道ルート第34話「ローヴェンクローネ」

偽りのアルバレス 覇道ルート第35話「暗黒兵団」

偽りのKOFネスツ編 覇道ルート第36話「暗闇の向こう」

偽りのバッドエンド 覇道ルート第37話「光と闇を継ぐ者(退却編)」

偽りのオールナンバーシックス 覇道ルート第37話「光と闇を継ぐ者(進撃編)」

偽りの因縁決着 覇道ルート第38話「闇の城」

偽りの界王拳 覇道ルート第39話「皇帝の盾」


偽りのダークヒーロー 覇道ルート第40話「夢の果て」





偽りの卒業試験 プラクティスモード講義10




↓プレイ日記 [偽りの輪舞曲っぽいゲーム三羽烏]の続きを読む
スポンサーサイト
  1. 2007/08/11(土) 21:20:13|
  2. 偽りの輪舞曲っぽいゲーム三羽烏|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:3

偽りの成りすまし 第1話「王都脱出」

20070811212414.jpg

ブレトワルダ王国。
突然の死を遂げた国王の葬儀が執り行われていた時、
帝国軍が王都に進撃。
王都が陥落してしまうさなか、
王子であるセルディックが脱出を試みた。







20070811212632.jpg

カリバー
「カリバーだ。
 世界樹の迷宮以来だな。お久しぶり。
 中の人が「やるゲームがNEEE!」とか言うから
 このゲームをやってプレイすることにした。

 トップページ有るとおり、このゲームでは名前を変えれないので
 しょうがないから、
 ゲーム中のどれかのキャラになりかわって
 プレイすることになった。

 今回もよろしく!


 で、ゲーム始まったばっかでキャラ何もいないのもあれだから
 とりあえずオレはこの「ケイ」というキャラになりかわることにした。


 そして、いつもならドリスがいるんだが…」



20070811212919.jpg

クイン
「こんにちわ。クインです。
 世界樹ではパラディンをやっていました。

 今回はこのゲームでの「マーガス」になりかわってプレイします。
 よろしくお願いします。」



カリバー
「いきなりクインさんと組むとはなあ…
 意外な展開だった。」


クイン
「一応私はSRPGゲーム出身だから
 カリバー殿よりは一日の長があるはずです。」


カリバー
「確かに、今までのオレはRPGしかやってなかったからね。
 まあ、とにかくよろしく!」


クイン
「宜しくお願いします。
 (世界樹の時は立場が下だったけど、今回は私の方が上のようだな)」



20070811213137.jpg

カリバー
「そしてこれがオレ達の大将ことセルディックだ。
 今回、オレ達は「雇われ傭兵」的な感じでプレイするつもりなんで。」



20070811213242.jpg

クイン
「1面のクリア条件はこれです。」


カリバー
「クインさんが出身のラングリッサーでもそうだったけど
 帝国が攻めてきて王国を脱出するのは
 ある意味王道的な展開だよなー



クイン
「のんきにくっちゃべってないで行きますよ!
 このゲームのシステムも何もわかってないんですから。」



20070811213415.jpg

カリバー
「ではシステム説明をしよう。
 このゲームのウリともいえるシステムが
 ルートマニューバ・システム

 他のSRPGと違って敵を攻撃する時は
 隣接して「戦う」とかをするんじゃなくて
 画面のように移動ルートに敵を含めて移動する。

 つまり、
 この場合オレが矢印の通りにマップを移動して、
 その移動中に敵がいるのでその敵を攻撃する


 というシステムだ。」


20070811220101.jpg

カリバー
「そして移動中に敵ではなく味方がいた場合
 その味方次第では付加効果を得ることができる。



20070811213750.jpg

カリバー
「そして、こんな感じで敵を倒していくわけだ。」


クイン
「お見事!
 初めてにしてはなかなかやりますね!
(もうシステムのみこんだのか?相変わらず早いというか…)」


カリバー
「隣接した敵を攻撃できないというのが
 なれないと難しいが、わかってくると重要なことが一つ気付くね。」


クイン
「それは?」


カリバー
「移動力だ。
 オレはケイという騎馬で移動力が8もある。
 このゲームは敵を攻撃するのに移動力を2必要とするから
 移動力が高いキャラは「ひき逃げ」が可能になる!


クイン
「いや…せめて、「一撃離脱」と言いましょうよ…」


カリバー
「まあどっちでもいいじゃないかw

 で、オレは移動力高いけど、
 クインさんのマーガスは移動力が5しかないね。」



20070811214402.jpg

クイン
「その代わり重騎兵という感じでHPとか防御力がかなり高いですね。
 所謂「壁役」に徹することができそうです。」


カリバー
「クインさんらしいキャラかもしれないね。
 オレはこのケイが猪突猛進というか熱血キャラっぽいから
 気に入ったよ。
 いきなりいいキャラにあえたんじゃないかな。」



20070811214214.jpg

クイン
「敵を倒していったり、キャラ同士が隣接すると
 このように会話デモがはじまりますね。」



20070811214444.jpg

カリバー
「敵のボスもわんさか登場だ。
 これは本気で逃げないとすぐにぶっころされそうだぞ…」


クイン
「セルディック様を連れて早く脱出ポイントへ向かいましょう。」



20070811214544.jpg

カリバー
「おっと、そういえばこのゲームのシステムである
 「OB」ことOverBreakが使えたから使ってみたぞ。」


クイン
「OBとは所謂必殺技です。
 敵と戦っていくとゲージがたまっていき
 満タンになると使えます。
 3つまで溜めることができて、溜まった数だけ使うと
 超威力になるようです。」


カリバー
「他には「LC(Leading Character)」というシステムもあるな。
 これはおいおい説明していくことになるだろう。」



20070811214804.jpg

カリバー
「そんなわけで、1面クリアだ。
 結構敵の増援が多くて早くて、1面でも下手したら死ぬところだったぞ。」



20070811214931.jpg

クイン
「そして1面クリアデモです。
 王都を逃げ延びたセルディック様は
 隣国で友好国のシャレムへ向かうことになりました。」



20070811215046.jpg

20070811215107.jpg

20070811215122.jpg

20070811215137.jpg

クイン
「そして回想シーン。

 実は今のセルディック様は本物のセルディック様ではなく
 影武者だったいう事実。



 本物のセルディック様は帝国の毒牙にかかって死亡。
 影武者が本物として生きることになりました。」


カリバー
「つうかさ、もうこれ
 後で本物が再登場するのがバレバレだろww」



ドリス
「こら~~!
 そういうこと言っちゃだめ~~!」



カリバー
「うわ!ドリス!
 今までどこいってたんだよ…
 全く出番が無かったじゃないか…」


ドリス
「だって、この面はあなたとクインさんだけで
 私がなりかわれそうなキャラがいなかったじゃない…」


カリバー
「いっそセルディック=ドリスでも良かったか?」


ドリス
「いやよ!
 私は女なんだから、女キャラになりかわりたい!」



カリバー
「あー、さいですか。
 じゃあ、女キャラが出るまでおとなしくしてなさい。」


ドリス
「ぶーぶー
 まあ、いいわ。
 とびっきりのかわいいキャラになっちゃうからww」


クイン
(やれやれ…こいつら、相変わらずこのノリなんだな…
 今回も苦労しそうだぜ…)


ドリス
「…どうしましたか、クインさん?」


クイン
「あ…いえ、なんでもないです。
 次の面に行きましょう。」


カリバー
「この人も相変わらず変わってないねww」



  1. 2007/08/11(土) 21:56:42|
  2. 偽りの輪舞曲っぽいゲーム三羽烏|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

偽りの性別 第2話「ガレの山賊」

20070811220423.jpg

クイン
「シャナムに身をよせて数日が過ぎました。」


ドリス
「あ!女性キャラ!
 私の出番かしら?」


カリバー
「そうでもないみたいだぞ。
 どうも近くで山賊がでまわっているから
 気晴らしに退治しにいこうという話になった。

 今回も大将・オレ(ケイ)・クインさん(マーガス)の
 3人みたいだ。」


ドリス
「え~~」








20070811220757.jpg

カリバー
「さて、出撃前にキャラの確認をしよう。
 このゲームは各キャラ別にスキルを持っている。
 スキルポイントを振ることで各スキルのレベルをあげることができ
 自分にスキルを複数つけて戦うことができる。」


クイン
「スキルは
・「持っているだけで効果があるもの」
・戦闘中にコマンドで使うもの(1ターン経過する)


 があります。」


カリバー
「で、だ。
 オレ(ケイ)のスキルを見ると
 「闘魂注入」が重要スキルだと一目だわかったよ。

 これはルートマニューバ・システムで、
 味方に付加効果を与えるスキルの一つだ。
 その効果が「HPのn%回復」だとしたら、
 重要としかいいようがない。



 これでもう「闘魂風呂」という戦い方を思いついたよ。」


クイン
「体力が全快するまで、ひたすらルートマニューバで
 闘魂注入しまくるわけですね。」



カリバー
「その通り。」



20070811221224.jpg

クイン
「私は
 「不動の極意」と「原初の生命」で
 固くしつつHPをあげて要塞キャラ化するのがいいでしょう。


 そして、その要塞化を推進する上で重要なスキルが
 「騎士の誉れ」

 これをすることでLCをあげれます。」


カリバー
「第一話で説明しそこねたがLCはこのゲームでは重要だ。」


クイン
「LCとは「敵に狙われやすくなるシステム」です。
 このLCが高いほど敵に攻撃されまくります。」



カリバー
「大将とか主役だからもともとLCが高くて
 そのせいで敵から狙われやすいが、
 このLCを意図的に上げるスキルが「騎士の誉れ」だ。

 まあ、そのうちこれが必要になる時がくるだろうから
 説明はまたしても後回し。」



ドリス
「それより、私の出番まだー?
 まちくたびれたあ…」







20070811221804.jpg

20070811221845.jpg

カリバー
「知っているのか雷電?」


クイン
「あー、もうこれ、
 絶対そういうツッコミをさせるために 
 キャラ性格作りましたよね。



ドリス
「うわん…私には何のことかわからない…」



20070811222137.jpg

カリバー
「そして、唐突にNPCが現れたぞ!」


ドリス
「かわいい~
 ねえねえ、この女の子、仲間になるかしら?」



カリバー
「クリアしないとわかんねえよ。
 まあ、この面は全然難しくないから
 攻略的にも書くことなしだ。」



20070811222258.jpg

クイン
「まあ、あっさりクリアでしたね。
 で、さっきの子も仲間になったようですよ。」


ドリス
「わあい♪
 これで私の出番が来たわ。」


カリバー
「あ~~ドリス君。
 喜んでいるところ悪いんだけど、
 ちょっとこれ見てくれない?」


ドリス
「なあにこれ。」


カリバー
「初回特典でついてきたキャラ設定集だ。
 これでさっきのキャラを探してみるといいよ。」


ドリス
「ガーン!
 お…男の子だったの…?」



カリバー
「まあ、いいんじゃね?
 世界樹の時だって、モリビトを女の子を男の子と
 勘違いしてるくらいショタ好(ボコぉ


ドリス
「誰がショタ好きよ!」


クイン
「いつもの展開になった所で次の面行きましょう…」


  1. 2007/08/11(土) 22:26:10|
  2. 偽りの輪舞曲っぽいゲーム三羽烏|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

偽りの逃げ足 第3話「聖女誘拐」

20070811223807.jpg

20070811223828.jpg

ドリス
「出番が無いからナレーターやります。
 セルディックの妹であるマリー姫が
 シャナムの騎士の一人だと思われる「ジャグラト」にさらわれてしまいました。」



20070811224002.jpg

ドリス
「その様子を見ていた少年から話聞き
 ケイとマーガス達が調べに行くことになったのですが…
 この台詞は…」


カリバー
「クインさん、自重しろよwww」


クイン
「わ…私が言ってるんじゃないですよorz」






20070811224139.jpg

カリバー
「そんなわけで、今回は大将ぬきで戦うことになっている。
 なお、前回仲間になったショタっ子は
 早くもベンチ入りしてもらった。」



20070811224232.jpg

20070811224257.jpg

クイン
「こんな感じでカリバー殿と二人で敵を倒していきます。
 ていうか、本当にカリバー殿はよく動きますね。
 移動力5と8ではかなり差があるなあ…」



20070811224345.jpg

20070811224447.jpg

20070811224640.jpg

クイン
「そして偵察ポイントに近づくとイベントが発生します。」



20070811224720.jpg

クイン
「勝利条件が変わります。
 逃げることになってますね…
 ということは…」



20070811224802.jpg

クイン
「うわああ。
 すごい敵の数だあ」



カリバー
「こりゃあキツイね…
 さすがに逃げるしかなさそうだが…」


クイン
「ぐわあ…
 こっちは移動力が少ないから追いつかれてやられてしまった!

 カリバー殿だけでも逃げてください(ガク…」


カリバー
「逃げ切れない…追いつかれる…

 そうか!その手があるか!


クイン
「?」


カリバー
「逃げるは逃げるけど、メニューコマンドの「退却」をするよ。
 これをやると、得た経験値をそのままで
 その面を最初からやり直すことができる。



 ぶっちゃけると、経験値稼ぎができてしまうんだが
 とりあえず一つ戦法を思いついたので、やり直ししてみることに。」



20070811225106.jpg

カリバー
「偵察ポイントにクインさんに近づいてもらって
 敵を出したからここまでオレが移動してターン終了。

 この敵が出現した最初の1ターン目は必ず動かないようだ。
 これを利用して、次のターンになったら
 敵一体をひき逃げして遠くに逃げる。



クイン
「わ…私は?」


カリバー
「もしかしたらやられるかもしれないが、可能なかぎり逃げてくれ。」


クイン
「了解。
(早速何か閃いたようだ。世界樹では世話になったから
 ここは身を犠牲にしてもカリバーの案に乗ってみよう)」



20070811225400.jpg

20070811225543.jpg

カリバー
「まず予めクインさんには「騎士の誉れ」を使って
 LCをあげてもらう。
 すると、ほとんどの敵はクインさんを追いかけることになる。
 
 その中で敵の中で2体間接攻撃キャラがいるので
 オレが真っ先にそいつらを倒す。
 ここは攻撃をくらってもいいから倒した方がいい。




20070811225638.jpg

カリバー
「これで弓キャラを倒したら
 残った敵に注目すると、
 全ての敵の移動力が5だったりする。



 ということは、移動力が8あるオレだと
 敵につかまらずに戦うことが実は可能!


クイン
「私は移動力が敵と同じ5なので、
 あえなく最後はつかまってしまいやられてしまいました。

 が、ここはカリバー殿の経験値稼ぎとして割り切りました。」



20070811225824.jpg

カリバー
「ありがとう。
 で、残ったオレの戦い方だけど、
 相手の移動力が5だったら
 その5マス目で待機していればいい。

 このゲームは「通過しないと攻撃できない」のと、
 その敵を攻撃するのに移動力2が必要だ。
 だから、5マス目に立つと敵はオレを攻撃することができず
 目の前まで移動してくるだけになる。


 そこで、オレが持ち前の移動力を使って、
 1体ずつひき逃げしながら戦っていけばいいというわけだ。」




20070811230034.jpg

20070811230047.jpg

カリバー
「というわけで、クインさんがやられてしまったけど
 あの人数を全滅させたぞ。


 けど、narrow victoryってのは何だよorz」


クイン
「普通にクリアした方が良かったみたいですよね…」



20070811230248.jpg

20070811230303.jpg

カリバー
「つうわけで、大将の妹を助けにいくことに!」


ドリス
「も…もしかして、あのマリーというお姫様が仲間になったら
 私がおひめ様に…?

 わくわく…」



  1. 2007/08/11(土) 23:04:06|
  2. 偽りの輪舞曲っぽいゲーム三羽烏|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

偽りの秘書キャラ 第4話「深き森」

20070812115952.jpg

ドリス
「ジャグラトがマリー姫をさらったということで
 すぐにシャナムの長であるダルシンが向かいました。」



20070812120403.jpg

20070812120425.jpg

ドリス
「しかし、ジャグラトは謀反を起こし、ダルシンを殺害。
 いっしょについてきたアンセムが部下のサシャを逃がして捕まります。

 そして、サシャがセルディックに助けを求めて…」


20070812121924.jpg

ドリス
「…ということで、
 サシャが仲間になったので、私もついに参戦します!



カリバー
「おー、ついにドリスも来たか。
 ていうか、そのキャラは強いのかな…
 すでに序盤なのに「難しいゲーム」という印象なんだけど。」



20070812122054.jpg

クイン
「勝利条件はこれです。

 では、ドリスさんのサシャを加えて
 改めてメンバー紹介。」


・セルディック(主人公)
・ケイ(カリバー役)
・マーガス(クイン役)
・サシャ(ドリス役)



カリバー
「サシャの能力がまだわからんぞ…
 もうちょっと出番待った方が良かったのでは?」


ドリス
「いいの!
 私も遊びたいし!」



20070812122646.jpg

20070812122803.jpg

クイン
「会話イベントの一部です。
 大体で、私(マーガス)とカリバー殿(ケイ)が隣接すると
 会話が発生しますね。」


ドリス
「あと、クインさんが女性キャラにくっつくと
 必ずナンパしてきますよね!


クイン
「う…それは、マーガスというキャラ設定がそうさせているのであって
 私の本意じゃありませんよ!」



20070812122959.jpg

20070812123046.jpg

ドリス
「サシャですが、
 かなりHPが低くて、防御力もない紙装甲なキャラでしたorz
 カリバーやクインさんがすごく強い分、
 このサシャの性能は見劣りするわ…」


カリバー
「移動力が7あるのはいいんじゃないのかな。
 オレと一緒に機動力あふれた戦闘が一応可能だ。」


クイン
OBは遠距離攻撃ですね。
 自分から6マス以内の敵に攻撃できる技。

 カリバー殿OBも同じですが、あっちはHPを消費しますからね。
 ドリス殿の切り札になると思います。」



20070812123404.jpg

カリバー
「とりあえず面クリアだ。
 次はいよいよジャグラトと決戦だ!」


  1. 2007/08/12(日) 12:34:34|
  2. 偽りの輪舞曲っぽいゲーム三羽烏|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

偽りのNPC救出 第5話「再会」

20070812123857.jpg

ドリス
「ジャグラトとの戦闘です。
 とらわれのマリー姫とアンセムさんを助けます!」


カリバー
「お姫さんとアンセムはマップの右側にいるね。
 隣接したら仲間になりそうだから、助けにいかないといけないな。」


クイン
「では早速助けにいきましょう。」



20070812124125.jpg

ドリス
「こんな感じで右側の通路を進撃していきます。


カリバー
「む!ジャグラトが動き始めたぞ。
 まずい!」




20070812124233.jpg

クイン
「うわ…これはもう助けにいくのは不可能ですね。
 大乱戦ですよ。
 装甲の薄いドリス殿のサシャが危険です。」


ドリス
「うわああん!
 やられたあああ!」




20070812124345.jpg

カリバー
「いやー、いくら何でもこのHPは低いだろ。
 オレ達は大将含めてHP200以上あるのに
 半分以下でそのDEFしかないからな…
 ザコの攻撃だけで余裕でヌッコロされるわ。」


クイン
「とりあえずやり直しましょうか。
 どうします?
 作戦立てます?」



カリバー
「そうだなあ…
 右側にはある程度進軍するとジャグラトが動きだして
 ちょうど牢屋で助けようとするあたりではち合わせする。


 そうなるとちょっと厳しいから
 左から攻めてみるか。
 ジャグラトを左におびきよせてから
 一気に右側に牢屋までつっぱしって
 マリー姫とアンセムを助ける作戦だ。





20070812124720.jpg

カリバー
「よし、うまくいったぞ。
 どうやらジャグラトは一定ターン経過でも動くようだ。
 その時に自分らがどこにいるかで
 右回りか左回りかになるようだ。

 ジャグラトが左回りでおっかけてきたから、
 一気に牢屋にいって助けにいくぞ。」



20070812124900.jpg

クイン
「セルディック様がマリー姫救出に成功しました。

 マリー姫はこの後NPCになり、
 回復魔法で我々をサポートしてくれます。」



20070812125003.jpg

20070812125020.jpg

ドリス
「アンセムも救出したわよ!
 なんかこのサシャってキャラがアンセムにぞっこんみたいで
 ちょっと私にはあわないかも…」


カリバー
「言えてる言えて(ボコぉ


クイン
(こいつらのコントはなんなんだ…)


カリバー
「自分で言っといて殴るなよorz
 それはそうとアンセムは弓キャラだ。
 これはかなり強いぞ。
 オレがこのキャラに鞍替えした方がいい気がしてきたが
 まあスルーしようか。

 それよりも左からジャグラトが追いついてきて遂に戦闘だ。」



20070812125621.jpg

ドリス
「きゃあ!
 ジャグラトの攻撃一発でやられたああ!」



カリバー
「サシャの紙装甲じゃ無理だ。
 ここは諦めて死んでいてくれ!
 オレ達はNPCを囮にしてまずザコから片づけるぞ。」



20070812125810.jpg

20070812125833.jpg

クイン
「マリー姫もアンセムさんもやられてしまいましたよ!」


カリバー
「だが、そこで時間稼ぎしてくれたおかげで、
 残りはジャグラト一人になった。」



20070812125918.jpg

カリバー
「よーし!
 あと一気に袋叩きにしてやれ!」


クイン
「ようやくクリアですか…」


ドリス
「うう…サシャが弱いわorz」


カリバー
「しかし、この面で何度もリセットしてやり直ししてたから
 随分時間かかったし難しかったな。
 

 おかげで、
 このゲームにも電源技があることがわかった。


 やっぱり電源いれてからとった行動に対する
 乱数の発生具合が毎回いっしょだね。

 ZOC持ってるザコにつっこんで毎回弾かれていたのを
 確認したから間違いないはず。



ドリス
「その話はまた今度にしましょう。」



20070812130222.jpg

20070812130247.jpg

クイン
「とにかくクリアしました。
 サシャ、アンセム、マリー姫が仲間になったようです。」



20070812130310.jpg

20070812130334.jpg

クイン
「そして、ブレトワルダ王が死去され
 セルディック王子を王に任命する戴冠式が行われるとのことです。
 
 ただし、その王の証である聖剣が何者かに汚されてしまい
 2面で仲間になった魔法使いのセルムのお師匠なら
 なんとかできるかも…と、魔法使いの国にいくことになりました。」


カリバー
「ああ、いたな…そんなショタっ子が…」


  1. 2007/08/12(日) 13:06:21|
  2. 偽りの輪舞曲っぽいゲーム三羽烏|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

偽りの36歳 第6話「紅き獅子」

20070812185243.jpg

20070812185312.jpg

ドリス
「ジャグラトがマリー姫を引き渡そうとした
 帝国軍がやってきたわよ!

 なんかガラの悪そうなオバサン!」


カリバー
「…年の話をするといつもドリスの拳が飛んでくるから
 今日は止めにするとして、1面にもちょろっとでてきたね。」



20070812185726.jpg

20070812185754.jpg

20070812185815.jpg

カリバー
「…というわけで、雷電先生にご説明頂いた。」


クイン
「雷電ですよねえ、ホント。」



20070812185943.jpg

ドリス
「うう…私が前の面でやられちゃったから負傷になってるわ。
 こうなるとステータスが減らされて弱くなっているのよね…」


クイン
「まあ、無理しないでください。
 1面分クリアすれば元に戻るそうですよ。」


カリバー
「あと、この面から「パシリシステム」が使えるようになった。
 まだこのゲーム買ったばかりでよくわかってないのだが
 とりあえずベンチ入りメンバーには
 「クエスト」とかやらせてみたよ。」



20070812190439.jpg

クイン
「これが敵のボスのステータスです。
 移動力が9?


カリバー
「ぐぐぐ…これだと、3面でオレがやった
 「ひき逃げ作戦」も通用しないな…
 敵も移動力7揃いだから、ここはおとなしく退散しよう。


 それだったら、オレもパシリシステムに加わっておけば良かったかも。
 多分こんな感じですぐにクリアしてしまうそうな面では
 主要メンバーをパシリシステムさせた方が
 案外いいのかもしれない…と思った。



ドリス
「私が元気だったら確かにパシリシステムしたかったわね。」



20070812190739.jpg

クイン
「しんがりは私が引き受けます!
 早く脱出を!」



カリバー
「うはwwwすげえ数だwww
 それでいて敵の猛攻に耐えてるクインさんも鬼だな・・・」



20070812191113.jpg

ドリス
「そんな感じで全員脱出しました!
 私もこれで負傷中から治ったはずだわ。」


カリバー
「いずれ再戦するだろうけど、
 倒したらあの移動力が上がるアイテムでも
 手に入るのかな?」

  1. 2007/08/12(日) 19:12:23|
  2. 偽りの輪舞曲っぽいゲーム三羽烏|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

偽りのヤザン・ゲーブル 第7話「フクロウ団」

20070812191828.jpg

ドリス
「帝国軍から逃げてる時に
 2面で倒した山賊がまた現れました!」


カリバー
「あー、こいつはいかにも仲間になりそうなキャラだな…
 こういう仲間になりそうなキャラがいた場合は
 キーとなるキャラを一応いれてプレイさせてもらう。


 一応初プレイだから、どんなキャラが仲間になるのか
 知りたいってのもあるからね。」


クイン
「誰がキーキャラでしょうかね。」


カリバー
「基本は大将のセルディックだろうな。
 隣接して会話が発生しなければやり直しってところだろう。」




20070812192220.jpg

20070812192555.jpg

カリバー
「パシリの結果が帰ってきたぞ。
 こうやって特殊アイテムや一般アイテムを手に入れたり
 クエストによっては何かの能力がアップするみたいだな。」


クイン
「もしかしたら、普通に戦闘するよりも
 強くなったりしませんかね?」


カリバー
「その可能性はあるねえ…
 レベル上げずにパラメータが上がるみたいだから
 もしかしたらベンチ入りの方が強くなるかもしれない…」




20070812192845.jpg

ドリス
「なるほど…
 これで私も「修行」をすれば強くなるわけね。」


カリバー
「早速ドリスを修行に出してみた。
 サシャの弱点であるHPの低さをあげてみることに。」



20070812193000.jpg

クイン
「戦闘の方は我々に任せてください。
 一応仲間のキーキャラになりそうな
 マリー姫をいれて戦闘開始です。」



20070812193303.jpg

カリバー
「マリー姫、移動力が4しかないから
 もたもたしてたら増援が来て大ピンチになっちまったよww
 こりゃもう被弾覚悟で最初から特攻するしかないな。
 リセットしてやりなおしだ(あえて退却せず)。」



20070812193426.jpg

カリバー
「よし、今度はうまくいった。
 なおリセットする前に大将、オレ、クインさんを隣接したけど
 効果無かったよ。
 このまま姫さんを隣接させれば…」



20070812193615.jpg

クイン
「仲間になりましたね。
 これでフクロウ団全員がNPCキャラとなって
 帝国軍といっしょに戦ってくれます。」




20070812193844.jpg

カリバー
「こうなったらもう余裕だな。
 あとは普通に戦ってこの面は終了だ。」

  1. 2007/08/12(日) 19:39:01|
  2. 偽りの輪舞曲っぽいゲーム三羽烏|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

偽りの詰め将棋 第8話「港と海賊」

20070812194441.jpg

ドリス
「見て見て!
 修行から帰ってきたんだけど
 HPがこんなにあがったわ!」


カリバー
「へー
 レベルあがると5くらいしか増えてなかったと思うから
 16も上がるのはなかなかいいんじゃないかな。
 もう一回くらい修行させたいところだな…」



20070812194631.jpg

クイン
「7面ですが、こんな感じで街の人がたくさんいて
 にげまどっています。

 それを海賊が追いかけているのですが…」


カリバー
「まあ、海賊を倒すだけなら難しくないよね。
 ただ…」


クイン
「はい…」


ドリス
「街の人がいくら何でも殺されすぎよ!」


カリバー
「街の人の移動力は3しかなくてLCもなぜか高め。
 これで海賊が攻撃したら一発で倒しているから
 まじで蹂躙状態だ。」



20070812194914.jpg

クイン
「クリアするにはしましたが…」


カリバー
「こういうデモになるってことは
 どうやらわかってきたわ。


 この面で一人の犠牲者も出さないでクリアすると
 何かあると見た!



ドリス
「ええ…難しくない?
 どうしても最初の2ターン目くらいで
 街の人が倒されちゃうんだけど…




20070812195140.jpg

カリバー
「実際そうだな。
 どうしても右側にいる海賊に街の人を2ターン目くらいで殺されてしまう。
 また、左側にも人が密集していて
 海賊の動きを止めないと3~4ターン目で殺されてしまう。

 一応退却すればパシリメンバーを呼び戻して
 再編成できるっぽいが、
 ここはやはり大将+オレ達3人だけで何とかしよう!


クイン
(出たなあ…相変わらず悪いクセが…)


ドリス
(出ましたよね…悪いクセが…)


クイン
(うわ…心の声にまでツッコミいれんでくださいw)


カリバー
「で、実際に中の人が一時間以上かけて失敗繰り返して
 編み出した方法を写真付きで解説してみる。」






●セルディック+ケイ+マーガス+サシャでの
 完全クリアパターン?




カリバー
まず、セルディックに
 ありったけのDEFがあがるアクセサリーを
 つけておくこと。

 これでセルディックをマーガス同様の要塞キャラにして組ませる。
 あと、マーガスには「ZOC」のスキルを覚えさせておく。
 オレ達は少人数プレイしているから、レベルのあがりが
 それなりに早くてマーガスが覚えていたよ。


 一方、ケイとサシャでコンビを組ませて戦う。
 つまり、要塞コンビとスピードコンビだ。



●1ターン目
20070812195814.jpg

カリバー
「あえて元キャラ名で説明していく。
 サシャとケイが一気に右側へ移動。
 セルディックとマーガスは左側へ移動。」



●2ターン目
20070812200040.jpg

カリバー
「セルディックとマーガスが街の人の護衛に入るのだが
 ここで場所に注意。
 セルディックが写真の場所に移動して
 マーガスも矢印での移動先にすること。
 ここでマーガスを一歩左に移動させると
 セルディックの真下にいる街の人が移動先をマーガスに
 埋められてしまい逃げることができなくなって死ぬ。

 基本的に街の人の移動力3マスを邪魔しないように
 自分達を配置する。」



20070812200344.jpg

カリバー
「続いてケイとサシャコンビ。
 まずケイがその移動力を生かして
 写真の経路で敵を攻撃する。
 
 なお、敵に弾かれた場合(矢印通りに移動できなかった場合)は
 電源技により何度やっても同じ結果になるから
 わざと「退却」して最初からやり直すこと。



ドリス
「ここで電源技が出てくるのね。
 つまり、このゲームも電源いれてからの乱数テーブルが同じだから
 同じ様な操作をしていたら同じ結果になります。



クイン
「だから、一度戦闘を発生させた上で
 「退却」をする事で別の乱数テーブルで仕切直しができる
 というわけですね。」



20070812200704.jpg

カリバー
「ケイの攻撃がうまくいったらサシャで
 倒し損ねた海賊のトドメをさしつつ、
 真ん中にいる海賊をこっちにおびきよせるために
 ここまで移動させる。」



●3ターン目

20070812200925.jpg

カリバー
「セルディックを写真の空いている場所に移動させる。
 その途中で海賊を2体攻撃。」



20070812201055.jpg

カリバー
「そして、セルディックの元いた場所に
 マーガスを矢印のように動かして敵一体を倒しつつ移動。
 
 これで街人が上に逃げても密集しているから
 海賊が移動力で勝っていても攻撃することができなくなっている。


 つまりこのゲームは「通過しないと攻撃できない」から
 それを利用すると、密集させて通過できないように配置すれば
 敵の攻撃から身を守ることができるわけだ。
 セルディックやマーガスはそういう「ここにいれば通過できない」
 というポイントに位置させている。」



20070812201425.jpg

カリバー
「ケイとサシャの方は、サシャの近くに敵が一体いるはずなので
 ケイでひき逃げした後にサシャでトドメさして
 写真のように下側に移動させる。」



●4ターン目

20070812201553.jpg

カリバー
「セルディックの移動写真を撮り忘れてしまったが
 元いた位置から→↑←という感じで「コ」の字を描きつつ
 一歩上の場所に移動。
 これで1体敵を攻撃するから、
 今度はマーガスをセルディックの元々いた位置へ
 写真のように移動させて敵を一体撃破する。

 これもこの後の街人の移動で上の方で密集するため
 海賊達は攻撃できずにセルディック達を攻撃する。
 マーガスはともかくセルディックはアクセで防御をあげていないと
 耐えられないので注意だ。」



20070812201902.jpg

20070812201940.jpg

カリバー
「ケイとサシャで海賊を写真のように移動して攻撃。
 この後、サシャが攻撃されてしまうがギリギリ生き延びるはず。
 もし死んでもサシャで海賊を削っているので
 次のターンのケイで全滅できる。
 これで右側はオーケーだ。」



●5ターン目

20070812202143.jpg

カリバー
「攻撃力のあるマーガスで写真のように移動。
 すると一体の海賊を一発で倒せてしまう。」



20070812202439.jpg

カリバー
「そしてセルディックはこんな感じで一体撃破しつつ上に移動。
 敵の攻撃はマーガスの方に集中し
 マーガスがZOCで敵を弾くために街人にまで被害がいかない。」



●6ターン目

20070812202615.jpg

カリバー
「セルディックを写真のように移動して敵を倒す。」



20070812202712.jpg

カリバー
「そしてマーガスをこう移動して確実に一体ずつ倒す。
 ここまで来ると海賊の移動力では街人に届かないので
 あとは自分らが死なないようにするだけ。」



●7ターン目

20070812202833.jpg

カリバー
「マーガスがふんばったおかげで
 なんとか海賊を撃破成功」







20070812202943.jpg

20070812203002.jpg

カリバー
「そんなわけで何とかクリアしたぞ。
 まじで難しかった!
 もう気分的には詰め将棋だったよ。



クイン
「最初の1~2ターン目が勝負でしたね。
 ケイで右側いったらどうしても一体の海賊にトドメさせないので
 サシャとコンビを組ませることが解決

 そしてマーガスとセルディックは2ターン目の配置を間違えると
 海賊に街人が倒されてしまう。



ドリス
「本当に難しかったわ。

 でもそのかいがあって
 どうやら隠し面に突入みたいよ!


 街人が殺されてクリアしたときとは台詞が違います!」


カリバー
「オーケーオーケー!
 がんばったかいがあったというものだが
 これでもまだ7面の序盤だぜ…?

 相当厳しいなこのゲーム。」


  1. 2007/08/12(日) 20:32:51|
  2. 偽りの輪舞曲っぽいゲーム三羽烏|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

偽りのレゲー 第9話「海賊の島」

20070815211058.jpg

ドリス
「前回、街の人を無傷で助けたために
 隠し面に来ることができました。」


カリバー
「で、この面なんだが、パッと見で
 やばそうなことがわかった。

 それは…」



20070815211445.jpg

カリバー
「こいつらだ。
 弓使いの敵が多く、その長い射程のせいもあって近づけない。
 近づいて攻撃するには1ターンは経過することをふまえるが
 恐らく蜂の巣にされてしまうと思う。」



20070815211639.jpg

カリバー
「そしてこの敵がやばい。
 弓の射程が7マスもある。」


ドリス
「サシャ役の私が近づいたら、すぐに殺されてしまったわorz」


クイン
「威力も高いですね。私もでもかなり削られます。」


カリバー
「7ある射程に近づくだけで大変で、
 ケイ役のオレでも射程ぎりぎりからでは攻撃できない。
 

 そんな感じで、この面で相当てこずっていた。


クイン
「間接攻撃キャラが欲しいですよね…」


カリバー
「それはそうだが、『闘魂注入』を使えるのがオレのケイしかいないので
 クインさんが恐らく的役になるなら、オレは必ず出ないとだめだ。
 そうすると、女キャラで間接攻撃できるのが、
 実質サシャしかいないんだよね…」


ドリス
「人数縛りしなければアンセムがいるのにorz」


カリバー
「まあ仕方ない。
 この人数でなんとかがんばってみよう。」


クイン
(それは仕方ないと言えるのか…?)






20070815212231.jpg

ドリス
「まず、この辺りの敵を私のサシャとセルディックで倒して
 OBを溜めます。」


カリバー
「OBで間接攻撃できるのがこの二人だからな。
 これを使って射程7の弓使いを倒す作戦だ。」



20070815213137.jpg

20070815213150.jpg

クイン
「OBがたまったら、私のマーガスがLCを上げた状態で
 弓使いの攻撃対象になり、セルディック様とドリス殿が接近。
 それぞれOBを使って倒します。」



20070815214206.jpg

クイン
「倒したら、射程6の弓使いの下にいるザコを
 私が囮になって下におびき寄せて倒します。」


カリバー
「ちなみにオレは一切戦っていない。
 「闘魂注入」役なので、オレが死んだらアウツなんでね。
 とにかく、3人に戦ってもらい、傷ついたら
 オレにまとわりつく「闘魂注入風呂」で回復しながら戦う。





20070815214602.jpg

カリバー
「ザコを倒したら右端から攻めていく。
 一人いるザコを倒したら、上に射程7の弓使いがいるんだが
 これもクインさんが囮になり、サシャと大将で攻めていく。」


クイン
「が、ここで大変な事態になりました!」



20070815214755.jpg

カリバー
「突如敵が攻めてきたんだなw
 それで、オレが弓使いに狙われてついに死亡。
 ドリスもOBを使って弓使いを倒すものの、
 やはり攻撃されて死亡。
 クインさんと大将の二人だけになってしまった。」


ドリス
「一気に攻められたら私達の人数じゃ
 とても持ちこたえられないわ…」



20070815215105.jpg

クイン
「それでも寸出の所で敵を全滅させることができました。
 ここで私がやられてもセルディック様一人で何とかなったと思います。」






20070815215420.jpg

カリバー
「全然無事じゃねえ…
三羽烏全滅しかねない戦いだった。
 弓がハンパないな…」


ドリス
「間接攻撃が強いわよね…
 絶対あっちから近寄ってこないし。」



20070815215851.jpg

20070815215907.jpg

カリバー
「おや…?
 このキャラは?」


クイン
「おお、懐かしい!
 サクセスがかつて出していた横シューティングゲームのコットンですね。」


ドリス
「ええ?
 知っているんですか?クインさん!」


カリバー
「ゲームのマーガスと同じツッコミ喰らってるなww」


ドリス
「あ!」


クイン
「ははは」


カリバー
「つうか、世界樹の時からそうだけど
 なんかやたら色々詳しいよな、クインさんは。
 一体どうしてなんだい?」


クイン
「男塾の雷電がなぜ自分が詳しいのかを
 説明したことありますか?」



カリバー
「無かったような気がする…」


クイン
「では、私も秘密です。」


カリバー
「むー」


ドリス
「うう…私には相変わらずわからない会話が繰り広げられている…
 これが普通ですよね!?
 ね?」

  1. 2007/08/15(水) 22:04:21|
  2. 偽りの輪舞曲っぽいゲーム三羽烏|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

偽りのネコ娘 第10話「砂漠を越えて」

20070815222002.jpg

カリバー
「偽りのネコ娘?

 こりゃあ中の人、完全に鬼太郎に影響されてるな。」


クイン
「今日曜日の朝にやってる番組ですね。
 鬼太郎は過去何回もテレビ化してますが、
 今回のネコ娘は明らかに「狙って」ますよねえ。」


ドリス
「ゲームの話をしなさい!」




20070815222347.jpg

カリバー
「クリア条件に「砂漠の蛮族」とあるのだが、
 明らかに蛮族ではない2名様がここにいたりする。


ドリス
「強そうよ…しかも騎馬!
 カリバーのケイがやたら強いから敵にしたくないわ。」


カリバー
「で、
 こいつらを残して砂漠の蛮族を全部倒すと
 面クリアしてしまうから注意だ。



クイン
「というより、それをやってしまったのですよね。」


カリバー
「ああ、おかげで一回クリアしたのにやり直したよorz
 倒せる敵は倒しておいた方がいいからな。」



20070815222635.jpg

20070815222717.jpg

カリバー
「そして普通に進軍すると、今回のタイトルの由来にもなった
 獣人のアルハンブラが出てくる。」


クイン
「このキャラはセルディック様で隣接すれば普通に仲間になりますね。」


ドリス
「キャラ的にはケイと同じタイプかも。
 移動力が8もあるわよ!」



20070815223154.jpg

20070815223205.jpg

カリバー
「とりあえず雷電が降臨したので写真はっとく。
 ついで、クインのナンパもいつも通りみれるぞ。」


クイン
「私じゃないってばorz」




20070815223308.jpg

20070815223327.jpg

カリバー
「で、蛮族でない帝国の騎士を倒すと、
 詳細は忘れてしまったが、
 クラスチェンジアイテムの一個である
 百人隊長か千人隊長が手に入る。



 このゲームはレベル15からクラスチェンジできるので
 是非とも取っておこう。」


クイン
「どちらかというと、こういう簡単な面では
 メインキャラをパシリに出して修行等させた方がいいですよね。」


カリバー
「そう思うよ。
 とりあえず、オレがクラスチェンジしたいから
 簡単な面だったら、そうさせてもらうよ。」



20070815223641.jpg

ドリス
「でも、なんか次の面は
 またものすごく難しそうな感じがするわよ…」


  1. 2007/08/15(水) 22:37:13|
  2. 偽りの輪舞曲っぽいゲーム三羽烏|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

偽りの自殺願望者 第11話「ファティマ要塞」

20070818001905.jpg

ドリス
「聖剣の呪いを解く方法を知っているかもしれないという
 セルマ君のお師匠さんがいる街の近くまで来ました。

 そうしたら、大きな要塞が…」


カリバー
「かなり厳重に守られた街ってことだよなあ…」



20070818002131.jpg

20070818002229.jpg

クイン
「今回はいないようですが、敵の帝国軍は魔法兵団のようですね。」


ドリス
「すでに弓の間接攻撃だけで強いのに、魔法はもっと強いのかしら…」




20070818002355.jpg

20070818002452.jpg

カリバー
「さてこの面だが、要塞というだけあって
 この通りでっかい城門が待ちかまえている。」

 ここでこの城門に近づくと
 写真のように攻撃するか?という選択肢が出る」


クイン
「一回だけでは門はあかず、3回やる必要があります。
 場所は横4マスある中での真ん中2マスかな。
 そこらへんをうろうろしていれば選択肢がでてきます。」



20070818002623.jpg

20070818002707.jpg

ドリス
「一回でも門を攻撃すると、敵の台詞があり
 そこから3~4ターンするか、私達が門を壊すと
 マップの下から敵の騎馬隊の増援が来ます。

 また、門の近くをうろうろしていると
 重装兵が攻撃してきます。」


カリバー
「つうかこの面、門のまわりに弓兵がいて
 通常間接攻撃をもってないオレ達は
 どうにも攻撃できないんですがががかwww」



クイン
「これだけでも大変だというのに
 極めつけはこれです!」




20070818002918.jpg

クイン
「…( ゚д゚)ポカーン」




20070818003020.jpg

ドリス
「…( ゚д゚)ポカーン」



20070818003054.jpg

カリバー
「誰だよwww
 この自殺志願者はwww」



クイン
「いや全く…
 増援やら弓兵やらで普通に戦っても大変なのに
 ここでNPCを出しますか?」


ドリス
「どうやっても助けに行く前に勝手にやられちゃうわよね…」



カリバー
「あのー、こいつ無視していいですか?」


クイン
「もうちょっとがんばってみません?
 戦法をかえてみましょう。
 マップをよく見たら、右側からも侵入できるみたいです。
 城門あけずにそっちから進軍したらどうでしょうか?」



20070818003300.jpg

20070818003319.jpg

ドリス
「うわああん!
 敵が自分から城門ひらいて、
 全員こっちに襲いかかってきたあ!」



カリバー
「わはははwww
 敵も本当にバカじゃないな、このゲームはwww」



クイン
「いやあもう…やけっぱちになってません?カリバー殿…」


カリバー
「あー、ごめんごめん。
 あまりにNPCが無茶だから思考停止していたわ。

 でも、今ので攻略方法がわかったわ。
 間接攻撃ユニット無しでNPCを救出して
 クリアできるかもしれない。



ドリス
「本当!?」


カリバー
「相当難しいぞ…
 でもオレ達ではこの方法しかないと思う。」






20070818003843.jpg

カリバー
「で、申し訳ないのだが、あまりに大変だったから
 途中の写真とりわすれてしまった。
 文章で説明すると、


・セルディックにありったけの防御アクセを装備させる。
・開幕にいる騎馬兵倒したら、マーガスがスキル使ってLCあげつつ
 右にいる弓兵の下に移動。
・セルディックは弓兵がマーガスを狙っている間に弓兵を潜りぬけて
 右側から要塞内に侵入する。
・一方、ケイとサシャは城門をあける。
 城門は体力の多いケイで開けて、サシャは下から来る騎馬兵に備えて
 城門よりちょっと下で待機。
・ケイは重装兵に一発攻撃もらうが、次のターンで下からくる騎馬兵を
 攻撃しにいく。
・ここで騎馬兵4体中2体をケイとサシャで倒し、
 残り2体中1体をセルディックを送り込んだマーガスの方に寄らせる。
・かなり瀕死になると思うが、増援の騎馬兵を倒したら一安心。
・セルディックも途中にいるザコから攻撃もらうが全て無視して
 NPCに隣接する。」



20070818004337.jpg

カリバー
「これだけ苦労して仲間にしても
 大して使えそうにないキャラなんだよね…」


ドリス
「セルディックさんはそのまま私達が来るまで
 一歩も動かなければ、ザコ敵が来ることはありません。」


クイン
「私達はカリバー殿(ケイ役)の「闘魂注入」で回復しつつ
 重装兵を倒していきます。」



20070818004621.jpg

カリバー
「全部倒したら右側から侵入開始だ。
 ここもやはりクインさんのマーガスが囮になって
 足の速いオレとドリスのサシャが一気に進んでいく感じだ。」



20070818004726.jpg

ドリス
そしてやっと合流!
 ここまでとても大変だったわ…」


クイン
「3人でも何とかなるもんですよねえ…」



20070818004824.jpg

ドリス
「弓兵は基本的にこちらからは攻撃が届きませんが、
 サシャのOBなどが間接攻撃可能なので
 できる限りOBを使って一体ずつ確実に倒していきます。」



20070818004946.jpg

ドリス
「あとはここまで来たらもう大丈夫でしょう。
 あせらず落ち着いて敵をおびきよせて
 確実に倒していけばクリアです。」



20070818005034.jpg

20070818005110.jpg

カリバー
「というわけで、何とかこのメンツで
 誰も死なずにNPCも助けてクリアすることができた。

 しかし、そろそろ間接攻撃ユニットが
 まじで欲しくなってきたな…



ドリス
「私がサシャからコットンにキャラ変えしても
 良かったかもしれないわね」


カリバー
「その時が来るかもしれないが
 いけるところまではこのまま行こう。」


  1. 2007/08/18(土) 00:53:03|
  2. 偽りの輪舞曲っぽいゲーム三羽烏|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

偽りのLC 第12話「箱庭の魔術師」

20070818101557.jpg

20070818101914.jpg

ドリス
「魔術師達が住む街『箱庭』に入りました。
 冒頭デモで何やら言葉使いの悪い子供が…」


カリバー
「あー
 これはもうセルマで話かけて仲間にしろってことだな。
 じゃあ早速出すとするか。」


クイン
「この面から魔術師が出てくるわけですか。
 どう戦いましょう?」


カリバー
「ああ、ちとそのことで相談があってね…」



20070818102319.jpg

カリバー
「前のファティマ要塞が難しかった分、この面は楽だと思うから
 いまのうちにクラスチェンジしたいんだ。」


クイン
「なるほど。」


ドリス
「じゃあこの面はセルディックさん・クインさん(マーガス)・私(サシャ)の
 3人で戦えというの?」


カリバー
「その通りだ。
 まあ、戦いのアドバイスは外野からするからさ、
 がんばってみてくれ。」






20070818102836.jpg

ドリス
「さて、あのナマイキな子は2ターン目に敵のエルネストが退却してから
 一気にこちらに進んできます。」


クイン
「仲間にするチャンスですね。
 さてその間に魔術師との戦い方を見出しておきましょう。」


ドリス
「基本的には間接攻撃キャラだと思うけど
 射程が全然わからないわね…」



20070818103018.jpg

ドリス
「え?
 こんなに遠くでも届くの?」


クイン
「氷の魔法ですね。射程7もあるようですよ。
 敵が何の魔法を使うかは、敵にカーソルをあわせて「詳細」で
 みることができます。
 これで調べてみると、『炎』『雷』『氷』の3種類あるようです。」



20070818103155.jpg

クイン
「そしてセルマの双子であるエルマですが、
 私が囮になってるスキにセルマに隣接させようとしたら
 セルマが狙われて即死してしまいました!



ドリス
「えー!」


クイン
「スキルでLC上げているのに全く意味が無いとは
 何という偽り…」



ドリス
「一撃で倒せる相手がいる時はLCよりもそっち優先なのかしら…」


クイン
「仕方ないので、セルマを離して私が一方的にエルマの攻撃を喰らう展開。

 けど、これが魔術師攻略の糸口の一つになりました。

 それはMP切れ

 弓兵と違い魔術師はMPを消費する分、攻撃は有限です。
 MPが切れてしまったら、本当に何もできなくなります。」


ドリス
「射程もわかってきたわ。
 炎→5マス
 雷→6マス
 氷→7マス


 大体こんな感じね。
 氷の魔法を使う以外は私が射程ギリギリから一気に移動して攻撃できるわ。」




20070818103616.jpg

クイン
「エルマですが、どうもセルマを一方的に狙っているようなので
 セルマでエルマをマップの右下にくるように誘導します。
 その間我々が上にいる敵を倒して…」



20070818103718.jpg

20070818103732.jpg

クイン
「このように挟み撃ちにすればセルマで説得できます。」


ドリス
「セルマの移動力が4でエルマが5だから、普通には隣接できないのよね。
 
 しかし、本当にクチの悪い子ね!
 しつけが必要だわ!」


クイン
(こいつ、こういう所でうるさそうだよな…
 まあ、オレもこういうガキは嫌いだが。)



20070818103907.jpg

クイン
「後は私が囮になって魔術師のMPを切らせながら戦ってたのですが、
 ある程度上に進むと全員がこちらに進軍してきます。」


ドリス
「こうなるとちょっと私達では全滅させることができなかったので
 セルディックさんを私が守りつつ脱出ポイントへ移動。」


クイン
「私が一人で魔術師全員の囮になるのですが
 間接攻撃キャラは攻撃対象との間合いをギリギリ保つ習性があるので
 移動してから攻撃できない魔術師に対しては
 こちらが一歩移動→魔術師が射程保つ為に一歩移動

 を繰り返すことができます。
 これで私が魔術師のほとんどを引き寄せている間に…」



20070818104148.jpg

20070818104207.jpg

ドリス
「無事、セルディックさんが脱出ポイントにたどり着けました。
 敵を全滅できなかったのは残念ね…」


カリバー
「まー、がんばった方じゃないか。
 おかげでオレは今回楽できたぜ。」


ドリス
「クラスチェンジしたんだから、
 ちゃんと強くなってるわよね!」


カリバー
「どーだろ。
 それは見てみないとね。」

  1. 2007/08/18(土) 10:46:18|
  2. 偽りの輪舞曲っぽいゲーム三羽烏|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

偽りのダブル闘魂風呂 第13話「雷帝エルネスト」

20070818132843.jpg

ドリス
「セルマ君とエルマ君の師匠であるアリオスさんに会うために
 箱庭と呼ばれる魔術師の街の中に来ました。」


カリバー
「で、この面のボスであるエルネストが騒いでいるな。
 『雷帝』とか自分から名乗ってるしプライド高そうだし
 典型的なボスキャラが多くて、王道SRPGだよね。」




20070818133402.jpg

カリバー
「それはそうと、クラスチェンジして戻ってきたぜ。
 クラスチェンジするとパラメータはかわらないようだけど
 新しいスキルを覚えるようだね。
 レベル15からできるようだから、
 可能ならば早めにクラスチェンジさせた方がいいかもしれない。」



クイン
「さてこの面ですが、初っ端から敵の数が多くて大変です。
 魔術師が多いから射程の長い魔法を集中されてあっという間に
 やられてしまいますよ。」


カリバー
「ある程度無茶しながら戦わないとダメだな。
 HPの低いサシャが危ないかもしれない。」


ドリス
「でも無理をしてでも減らしていかないと…」



20070818134000.jpg

20070818134140.jpg

カリバー
「右側にいる敵を被弾覚悟で突破して
 セルディックをアリオスに隣接させればイベント発生だ。
 これでアリオスがNPCとして動くので
 ちょうどいい弾よけができた。



ドリス
「酷い扱い…」


クイン
「でもそうでもして魔術師の攻撃を捌かないときついですよ。」



20070818134349.jpg

カリバー
「さて、この包囲網をどうやって突破するかだが…」


ドリス
「うう…
 魔法の射程内に入った途端にフルボッコ確定だわ…



クイン
「ドリスさんが『フルボッコ』なんて言葉を使うぐらいだから
 相当キテますね…
 ここは私が囮になるしかないですよね?」



20070818134653.jpg

カリバー
「まあそれしかないね。
 幸い、セルディックのレベルが上がったら
 『闘魂注入』のスキルをおぼえることができたので
 これでケイとセルディックでの
 『ダブル闘魂注入』が可能になった。
 

 クインさんのマーガスで魔法を喰らいまくって
 魔術師達のMP切れを待つしかない。」



ドリス
「クインさんが回復している間は
 私が魔法使いの射程ギリギリに位置して時間稼ぎをするわね。」



20070818135155.jpg

20070818135504.jpg

カリバー
「そしてやっとあいつらのMPが切れたぞ。」


クイン
「痛かったぞ…
 痛かったぞー!


ドリス
「きゃ…クインさんがマジギレ?
 そのまま魔術師達をフルボッコしまくってるわ!」


カリバー
「その気持ちもわからなくないな…
 とにかくこのゲームでのマーガスの囮っぷりは異常だ。

 つうかSRPGでこういう重装備なキャラって
 大抵日の目をみない2軍行きが多いと思うんだけど
 このゲームでのマーガスは強すぎると思うぞ。
 
 間違いなくラストまで使えると思う…」



20070818135547.jpg

20070818135603.jpg

カリバー
「そしてプライドの固まりことエルネストだけど
 この距離からでも魔法を使ってきやがった。」


クイン
「射程7ですね。ちょうど私が射程内にいたようです。
 こうなったらエルネストのMP尽きるまで喰らいまくりますよwww」


ドリス
「やられすぎて頭がおかしくなっちゃう…」


クイン
「ドリス殿にまでそんなこと言われるなんてorz」



20070818140224.jpg

クイン
「全て耐えきりましたが、どうも普通に攻撃できるみたいですね。
 さすがに魔法より弱いですが」



20070818140309.jpg

ドリス
「あと、MPの切れた魔術師を倒そうとしたら
 こんなところに逃げられてしまいました!

 こうされると実は普通に攻撃ができません!


カリバー
「ふむ…
 これは面白い実験結果が出たものだな!」


クイン
「発明軍人イッシンですね。」


カリバー
「うお!
 知っているのかマーガス!」


クイン
「クインですって、私は…
 チャンピオンで連載していた漫画です。」



20070818140511.jpg

20070818140530.jpg

ドリス
「そしてボスにはやっぱり逃げられてしまいました。」




20070818140616.jpg

ドリス
「そして聖剣の呪いを解くために
 闇の教団のいる所に行くことになりました。

 どうも聖剣に呪いをかけたものが闇の一族らしいのです。」


カリバー
「オレ達が「光」で帝国がいて「闇」まででてきたら
 本当にそのまんまラングリッサーの世界だよな。」

  1. 2007/08/18(土) 14:08:28|
  2. 偽りの輪舞曲っぽいゲーム三羽烏|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

偽りのステータス 第14話「闇色の声」

20070818200805.jpg

ドリス
「聖剣に呪いをかけたのは闇を崇拝するアンリ教団かも?
 ということで、行ってみることになりました。」




20070818200934.jpg

カリバー
「それはそうと、クエストでクラスチェンジアイテムがでるのが出たぞ。
 クエストは未だによくわからんね。
 コットンをカード系のクエストばかり行かせてたら
 知らない間に移動力+2されてたりね。」


クイン
「私がそれをやっておけば、マーガスの移動力が+2されたんですかね。」


カリバー
「マーガスが移動力得たらバケモノだよな…
 あるいは序盤のうちにそれをやっておくのはありなのかも…」




20070818201155.jpg

ドリス
「この面は簡単そうだから、私のサシャはお休み。
 修行の旅に行かせました。
 カリバーとクインさんでがんばってね。」


カリバー
「まあ、ほんと楽勝っぽいね。
 オレも修行に行きたかったよ。」



20070818201540.jpg

クイン
「敵の魔術師です。
 闇の魔法を使ってきます。
 アビスゲートが射程7あって要注意ですね。」



20070818201636.jpg

20070818201747.jpg

カリバー
「周りのザコを倒したが、この女の子は攻撃してこなかった。
 お約束通り、セルディックを隣接させてイベント発生だ。


 …ふと思ったんだが、セルディック隣接させないで
 倒すこともできたのかも知れないな…」




20070818201847.jpg

20070818201857.jpg

20070818201912.jpg

クイン
「この私の物知り雷電でも知らなかったという『闇』に魅せられた
 騎士達が大量に沸いて来ました。

 また『ひき逃げ戦法』で戦うんですか?」


20070818202200.jpg

20070818202213.jpg

カリバー
「そう思って攻撃してみたんだが、
 なんかダメージが10とかしか入らなかった。

 ステータスとは全く違う何かわからんものに守られているな。

 ここはさすがに逃げるしかなさそうだ。」



20070818202438.jpg

20070818202452.jpg

クイン
「メフレイユというのは、ブレトワルダにいた
 1話のデモにでていたはずの魔術師。
 それがどうやら闇の教団の一人で、
 恐らく反乱の手ほどきをし、聖剣に呪いをかけた人物かもしれません。」



20070818202621.jpg

カリバー
「そして、セルディックを王に戴冠する聖都が
 帝国にのっとられてかけていることを聞いた。
 急いで行かないと。」



20070818202504.jpg

ドリス
「今回は写真が多かったわね。
 ところでこの写真は貼らないの?
 貼り忘れ?」


カリバー
「途中の会話すっとばして貼ったら
 キャライメージ壊れそうだから止めたんだよww」
  1. 2007/08/18(土) 20:28:10|
  2. 偽りの輪舞曲っぽいゲーム三羽烏|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

偽りの戦闘配置 第15話「峠の戦い」

20070818211329.jpg

ドリス
「聖都が帝国軍に奪われそう…とのことで、
 セルディックさんがあまりあせって行軍するため
 峠道で敵の強襲を受けてしまいました!」


カリバー
「さて、この面だがまず最初普通にやってたんだが
 ほとんど通勤電車でやってて写真を撮れなかったんだ。


 で、この面では「シノ」というキャラが敵にいて
 恐らく仲間になるんだろうけど、セルディックで隣接してもダメだった。

 条件わからないから、某所を見たら
 『マリー姫を出撃させて、マリー姫が生存している時に
  セルディックをシノに隣接させると仲間になる』



 ということで、マリー姫を出撃させてから話を進めることにする。」







20070818211649.jpg

カリバー
「ところがだ。
 マリー姫を出してみたはいいんだけど
 もうこの時点でマリー姫100%死亡確定なのは
 どうすればいいんだあああwww



ドリス
「ええええ!?
 前置きが長いから何かと思えば…」


クイン
「これ、
 崖の上にいる魔術師を
 我々では攻撃することができないから
 マリー姫が死亡確定
ということを言っているんですね。」


カリバー
「うむ。
 まさにその通りだ。
 セルディック、ケイ、マーガス、サシャでは
 崖の上にいる魔術師を攻撃するのに
 OBを使うしかない。

 そのOBを溜める為にはマップ上にいる騎馬隊を攻撃して
 何とかしてゲージを稼ぐしかないんだが、
 問題はそこじゃないんだよ。」



20070818212012.jpg

20070818212232.jpg

カリバー
「魔術師は1~2ターン目は何もしてこなくて
 3ターン目から攻撃してくるんだけど、
 その3ターン必死にマリー姫を移動させても
 魔術師の射程距離から離れることができないんだなww



ドリス
「ここで確実にマリー姫がやられてしまうわけね…」


クイン
「どうにもならないですね。
 もう間接攻撃を使える仲間をいれるしかないのでは?

(さすがにもう観念しただろう、このバカ男でも…)」


カリバー
「せめてマリー姫の配置がもうちょっと上だったらなあ…
 騎馬隊攻撃してたらセルディックのOBを1溜めることができて
 魔術師1人は確実に倒せるんだけど…」


ドリス
「戦闘開始前の出撃準備画面で並び順をかえても
 いざ戦闘が始まると何も変わってないわよね。」



カリバー
「そうだよね。
 あそこで選択した順番で戦闘配置決まるなら
 こんな苦労しなくてもいいのに。

 全くもって偽りの戦闘配置だよな、あれ。

 どうあがいても
 セルディック→ケイ→マーガス→サシャ→マリー姫の順になる。」


クイン
「これは、キャラの登録順になっていると見ていいですね。
 マリー姫より先に仲間になったキャラが
 マップの上から配置される。





その時、カリバーに電流走る!




カリバー
「待て!

 ………なるほど。
 そういうことか!


 もしかしたら間接攻撃キャラをいれなくても
 マリー姫を生存させることができるかもしれない!




ドリス
「ええ!?」


クイン
(来たか!こいつお得意の閃きが)



20070818213328.jpg

カリバー
「きつい戦いになるのは間違いないが、
 パターンに嵌ればいけると思う。
 その為にちょっと下準備だ。

 ケイにありったけの防御アクセを装備させてくれ。


クイン
「これはケイが敵の攻撃を喰らいまくるからですか?」


カリバー
「ああ、その通りだ。
 で、次がポイントだ。

 今回、ドリス(サシャ)の出番は無し。
 セルディック、オレ(ケイ)、クイン(マーガス)、マリー姫の
 4人で戦う。


 ああ、戦闘要員からすれば実質3人で戦うことになるな。」


ドリス
「えええええ!?
 本気なの?
 ここ、敵がかなり多いわよ。」


クイン
「!
 なるほど、読めましたよ。
 カリバー殿の作戦が。

 戦闘配置です。
 マリー姫より先に仲間になったキャラが3人いるから
 マリー姫の戦闘は位置がマップの下になってしまう。
 
 であれば、マリー姫より先に仲間になったキャラ減らせば
 マリー姫がマップの上の方に配置される。



ドリス
「!
 捨て身の作戦ね!」


カリバー
「でもこれしか方法ないぞ。
 これでダメだったらオレも諦めて間接攻撃キャラを使うよ。

 ドリスはまた修行にでてくれ。」







カリバー
「では、マリー姫を生存させるためのパターンを公開してみる。
 実は何度もやり直しながら写真撮ってたので
 電源技というか、最初に電源いれた場合、
 2ターン目の敵の配置が若干違うが、ほぼ同様にいけることは確認してある。」



●1ターン目

20070818213828.jpg

カリバー
「ケイ、セルディック、マーガスを写真の位置に移動させる。
 ケイの場所がポイントだ。
 2ターン目にセルディックが必ずここに来れるように
 先に場所を確保しておく。


 そして、この場所は敵の騎馬隊の移動範囲内で
 間違いなくケイがここで攻撃される。
 だから防御アクセで硬くしておく必要がある。」




●2ターン目

20070818214127.jpg

カリバー
「まずケイを写真のように移動させる。
 ここでセルディックに敵のトドメをさせるように削っておくわけだ。」



20070818214224.jpg

カリバー
「次にセルディックを写真のように移動させる。
 これで敵3体を倒してOBゲージを稼ぎ
 魔術師をOBで攻撃できる位置に移動できる。





20070818214338.jpg

カリバー
「そしてマーガスで残りを倒して写真の場所に移動。
 で、2ターン目でマーガスが騎馬隊の猛攻を受けまくる。
 ZOCを装備させるのを忘れずに。」



●3ターン目

20070818214951.jpg

カリバー
「たくさんいる騎馬隊を一気にケイで削る。
 続いてマーガスの写真を取り忘れてしまったが
 ケイの撃ち漏らしを攻撃する。
 ここで2体は確実にしとめられるように移動してくれ。」



20070818215122.jpg

カリバー
「セルディックのOBで崖の上にいる魔術師を仕留める。
 そしてマリー姫をセルディックの真下に移動させる。」



●4ターン目

20070818215233.jpg

20070818215257.jpg

カリバー
「残りの騎馬隊を全滅させてマリー姫の救出完了。」


クイン
「敵の追撃も考えるとかなりギリギリですね。
 人数が多いと上と下に分かれて行動できるでしょうが、
 人数が少ない私達ではこの方法しかないように思えます。」



20070818215425.jpg

カリバー
「安心するのはまだ早いぞ。
 敵がすぐそこまで来ていて、ここからも普通にきつい。
 マーガスを闘魂注入やマリー姫の回復魔法で回復しつつ
 ケイとセルディックで割と被弾覚悟で確実に敵を減らしていくこと。

 弓兵についてはマーガスが囮になるしかない。
 徒歩兵を全員倒すまではマーガスに耐えてもらうしかない。」




20070818215617.jpg

20070818215654.jpg

20070818215714.jpg

カリバー
「そんなわけで、ものすごく苦労して
 ようやくシノを仲間にできたよ。」


ドリス
「ここはかなりてこずったわよね。
 私のサシャじゃどうにもならなかったと思うわ…
 コットンに変えるべきだったのかも…」


クイン
「間接攻撃キャラが欲しくなったのは事実ですね。
 全員直接攻撃しかないというのは、そろそろ無理があると思います。」



20070818215907.jpg

カリバー
「とにかく、このメンバーでどうにかなったわ…
 本当に難しいわ、このゲーム」


クイン
(だから難しくしてるのはお前が人数縛りやキャラ縛りを
 しているからだろうが…
 それでも何とかしてしまったが、もうここが限界だろう)

  1. 2007/08/18(土) 22:02:25|
  2. 偽りの輪舞曲っぽいゲーム三羽烏|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

偽りの安全地帯 第16話「若き獅子」

20070819121204.jpg

20070819121337.jpg

ドリス
「聖都を前にして帝国軍の2大将軍が立ちはだかりました!
 一人は「碧獅子」と言われるエルネスト。
 そしてもう一人は「若獅子」と言われるアルベリヒ。
 普通に美形さんね♪


カリバー
「悠長なこと言ってられんぞ。
 あの敵の数、オレ達ではまともに戦えるかわからん…
 この面の勝利条件が、アルベリヒかエルネストのどちらかを撃破。
 恐らく、アルベリヒの部隊が来る前にエルネストを倒すという展開だろう。」


クイン
「けど、そのエルネストは魔術師。
 前回の戦いをふまえても近づく前にやられてしまいそうですね。」


カリバー
「ああ、ザコ兵と戦って消耗しているところに遠距離から魔法喰らったら
 間違いなくやられるのがオチだ…
 さて、どうする?」






20070819121717.jpg

20070819121742.jpg

ドリス
「ダメ!
 敵の数が多すぎるわ!」



クイン
「私のZOCで抑えても敵の数を減らすためには
 ある程度被弾覚悟で削らないときついです。
 ケイ→サシャ→セルディックで3体倒すのがやっと。
 それ以上の敵がおしよせてきて、サシャがやられてしまう。」


カリバー
「……」


ドリス
「後退しながらの戦いになるけど、
 どんどん追い詰められていくわ。」


カリバー
「……」


クイン
「カリバー殿!
 さっきから黙ってないで、指示を!」


カリバー
「……ははーん。
 なるほど、その手があったか!」



ドリス
「!
 また何か閃いたの!?」


クイン
(来たか、こいつの追い詰められた時に発揮する
 戦術の閃き能力)



カリバー
「一つだけ条件がいるが
 この戦法を使えば恐らく少人数で
 エルネストだけでなくアルベリヒの撃破も可能だ!



ドリス
「ええ!」


クイン
「アルベリヒもですか?」


カリバー
「ああ。
 この面、間違いなくアルベリヒが来る前にエルネストを倒すのが
 通常の攻略だと思うが、
 このゲームのある盲点をつけば少人数でも
 アルベリヒ撃破が可能なのがわかった!



ドリス
「このゲームの盲点?」


クイン
(何を思いついた!?)


カリバー
「一旦仕切直しだ。」






●少人数でのアルベリヒ撃破パターン


20070819122330.jpg

カリバー
「まず、ドリスにはサシャを辞めてもらい
 間接攻撃キャラを使ってもらう。
 つまり、
 通常間接攻撃キャラが最低一人いることが必須だ


ドリス
「そうしなければならないのならば、仕方ないわね。
 私がサシャをやめて、前の面で仲間になったシノを使うわ。」


カリバー
「そして次に
 マーガスにありったけの防御アクセと
 回復アイテムを持たせる。
 『ラカの完熟果汁×3、ロカの有機果汁』
 で、オレ達はどうにかなったが、ロカ×4あれば確実だとは思う。」



20070819122840.jpg

カリバー
「では戦法を公開する。
 名付けて「袋の鼠作戦」だ。


ドリス
「袋のネズミ?」


クイン
「追い込まれるということですか?」


カリバー
「その通りだ。
 写真のように味方を配置して欲しいのだが、
 この写真を見てあることに気付かないか?」


ドリス
「えーと、ケイとセルディックさんが左隅、
 マーガスとシノが右隅にいるわね…




 ああ!わかった!
 敵が一切攻撃できない場所にいるのね!


クイン
「なるほど。
 このゲームのシステムである『オートマニューバシステム』の
 盲点を突いたというのはそういうことですね。
 『通過できなければ攻撃できないのを利用して
  自ら袋小路に逃げてしまえば一切攻撃されない』



ドリス
「ただしこちらからも攻撃できないけど
 間接攻撃だけは別。
 絶対に攻撃されない位置から一方的に攻撃できる」



カリバー
「その通りだ。
 ヒントは13面だったかな?
 『雷帝エルネスト』の話の時に、その写真を載せておいた。
 あれを見たらこの戦法に気づけるはずだ。」


クイン
「ただし問題が一つあって、
 エルネストが魔法で攻撃してくるわけですね。
 それを私が囮になってMP切れするまで喰らい続けると。」



20070819123340.jpg

20070819123407.jpg

カリバー
「その通りだ。
 耐久力のあるマーガスが回復アイテム使ってまで
 エルネストの全魔法に耐えきる必要がある。
 しかもエルネストはMP回復アイテムまで持っているから
 大体で6~8回は攻撃喰らい続けることになる。
 ここを耐えきったらもうオレ達の勝ちは100%確定だ。」



20070819123600.jpg

カリバー
「あともうひたすらシノのクナイで攻撃だ。」


ドリス
「でもこれ、無茶苦茶時間かかるわよ!
 シノの攻撃力が低いのもあるけど、
 敵の思考時間がなんか長いんだけど!」



カリバー
「これは敵の思考ルーチンのせいだな。
 敵は移動できる場所が無いときに
 微妙に思考時間が長くなる。
 
 そのせいで、オレ達のターンはシノ攻撃だけの5秒でおわるのに
 あっちは3分くらいかかる。

 で、シノが敵一体倒すのに4~6ターンかかるから
 もうそれだけで膨大に時間がかかってしまう。」


クイン
「少人数プレイの弊害ですね…
 間接攻撃キャラがもっといれば、もっと早く倒せてるはずです。」


カリバー
「その通り。
 だから最初に言っておくが
 この戦法を使うなら間接攻撃キャラを
 たくさんいれておくこと。


 オレ達は仕方ないからがんばって削っていこう。」







そして3時間後(マジでw)





20070819124017.jpg

ドリス
「はぁはぁ…
 や…やっとここまで削ったわよ…」


カリバー
「お疲れ…
 オレ達もひたすら待機するだけで疲れてしまったよ…」


クイン
「でもこれでエルネストとアルベリヒの同時撃破が可能ですね。」



20070819124129.jpg

カリバー
「ああ、トドメはオレにまかせてくれ!」


ドリス
「頼んだわよ!
 ここでしくじらないでね!」



20070819124220.jpg

クイン
「二人同時に倒しましたが…


 エルネストを倒してクリアしてしまいましたよ…



カリバー
「ゲゲ…まじか…
 どうやら先に倒した方でクリア条件満たしてしまい
 アルベリヒを倒したことにならなくなってしまったらしい!



ドリス
「エルネストを倒したらMagが上がるアイテムが入ったけど…
 アルベリヒの方が気になるわね!


カリバー
「気になるよな…」


クイン
「気になりますよね…
 ここまで時間かけたんだから…」


カリバー
「そうするとつまり、これは…やっぱり…」


ドリス
「ぎく…」


クイン
「やっぱりですか…」


ドリス
「えええ…」


カリバー
「3時間かけてクリアしたけど
 最初からやり直し\(^o^)/」



ドリス
「いやあああん
 またあの長いのやるの…」


カリバー
「仕方ない。
 ここはがんばってくれ。
 絶対にいいアイテムが手に入るはずだ。」






20070819124738.jpg

20070819124801.jpg

カリバー
「そんなわけでやり直しだが、
 この面ははっきりいってシノとマーガスがいればいいので
 オレのケイは今回お休みさせてもらった。
 
 で、配置も微妙に変えてシノを左上の隅に移動させて攻撃させる。
 ここに位置すると『迅雷の霊符』で2体敵を攻撃できるので
 ある程度の時間短縮につながる。



ドリス
「実際、霊符で攻撃したら早く敵を倒せたので
 1時間半くらいで雑魚敵を全滅させることができました!」




20070819125118.jpg

20070819125139.jpg

ドリス
「そしてやっとアルベリヒを倒しました!
 なんか凄そうなアイテムを落としたわよ!



クイン
「南方七宿の記章。
 ATK+10、DEF-20というアイテムです。」


カリバー
「これは間接攻撃キャラに装備させるアイテムだな。
 シノは非力だからこれを装備するのがいいんじゃないかな。」


ドリス
「そうね。
 サシャだと色々きつかったし、間接攻撃キャラが欲しいのは
 前の面で十分に感じたから
 私はこの面からシノにキャラを変えてプレイするわ。」


  1. 2007/08/19(日) 12:54:38|
  2. 偽りの輪舞曲っぽいゲーム三羽烏|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

偽りのツンデレ 第17話「冬の嵐」

20070819180309.jpg

ドリス
「聖都に来ました。
 北国なのね。雪景色です。」


カリバー
「前の面が難しかったからこの面は一休み面だな。
 ここがチャンスだから、クインさんはお休み。
 クラスチェンジを今の内にしておいてくれ。」


クイン
「了解です。
 クリアが簡単な面のうちにクラスチェンジしておかないと
 囮役ばかりで出ずっぱりの私はいつまでたっても
 クラスチェンジできませんからね。」


カリバー
「そんなわけで、セルディック・ケイ・シノの3人で
 この面を突破するわけだが、道中は普通に簡単だ。
 問題があるとしたら『増援』。
 この面でもある程度進軍したら増援が沸くので
 それを3人で突破する方法を書いておく。






20070819180740.jpg

カリバー
「まず前提としてセルディックのOBゲージを2まで溜めておくこと。
 そして、写真の場所に敵が沸くから
 セルディックのOBで2体まとめて倒せるように
 写真の場所にあらかじめ位置しておく。
 それができたらターン終了して、次のターンでシノを移動させて
 増援を沸かせる。」



ドリス
「この面もやはりある程度上に進むと増援が出ます。
 写真で私のシノがいる位置に進むとマップの左と右に
 騎馬隊が沸きます。
 シノは移動後も攻撃できるので、そのまま先頭にいる騎馬隊の隊長を攻撃。」


カリバー
「そして、セルディックがOBを使って騎馬隊の2人を瞬殺。
 ケイは適当に残り一体を攻撃。
 敵のターンで誰かが被弾するが気にしない。

 次のターンになったらセルディックでトドメをさす。
 すると、もしかしたらここでOBゲージが1溜まるかもしれない。」



20070819181130.jpg

20070819181239.jpg

カリバー
「右からくる増援に対して移動先を読んで
 あらかじめセルディックを移動させておくと
 写真のようにOBで一網打尽の状況ができる。」



20070819181311.jpg

ドリス
「増援を倒したら、後はもう移動力のない敵しかいないので
 シノの間接攻撃だけでもクリアできてしまったりします。」



20070819181409.jpg

20070819181423.jpg

カリバー
「クリア後仲間になる謎のシスター…
 まあ、ほっといて次に行こうか。」


  1. 2007/08/19(日) 18:17:21|
  2. 偽りの輪舞曲っぽいゲーム三羽烏|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

偽りのおつむゆるゆる 第18話「王都奪還」

20070819182840.jpg

ドリス
「ついに聖都内に突入しました!
 そしたら敵のボスが捕虜を殺すとか何とか…あわわ…」


クイン
「これは早く助けにいかないといけませんね!」



20070819183528.jpg

20070819183544.jpg

カリバー
「タイトルにある『おつむゆるゆる』とは
 このおっぱいシスターのことだな。
 人の名前を覚えるのが苦手だそうだ。」


クイン
「捕虜を逃がそうとしているのが、
 この前の『若獅子』ことアルベリヒ。
 これは『仲間フラグ』ですかね。」



20070819183557.jpg

20070819183612.jpg

カリバー
「個人的にこのやりとりが気に入った。
 このシモンっておっさんに鞍替えしたくなってきたよ…」


ドリス
「オヤジキャラ好きだものね、あなたは。」


クイン
(そうだったのか…)



20070819183823.jpg

ドリス
「捕虜を逃がそうとしたアルベリヒさんでしたが
 帝国一の嫌な奴・エルネストに見つかってしまい
 牢屋にいれられてしまいました。」


カリバー
「前置きが長かったがようやく戦闘開……」


クイン
「ちょっと待ってください!
 私のこと忘れてませんか?」



20070819183943.jpg

20070819184001.jpg

クイン
「クラスチェンジして帰って来ましたよ。
 『セルフエイド』という自己回復スキルを覚えました。
 これは囮役としてはかなり使えそうですね。」






20070819184215.jpg

20070819184441.jpg

カリバー
「さてこの面だけど、見ての通りユミルナとシモンが
 弓兵に囲まれた状態にはなっている。

 ところが弓兵が全く攻撃しないので、すぐに倒される心配は無い。
 ケイとシノの移動力ならば3~4ターン目でここの前に来ることができる。」


ドリス
「ただし、この面も先に進むと増援が出ます。」


クイン
「重装兵がでますが、さほど驚異ではありません。
 私とセルディック様で捌けますから
 カリバー殿とドリス殿は捕虜の救出を優先してください。」




20070819184525.jpg

20070819184550.jpg

カリバー
「扉を開けるとユミルナ達がNPCとなって行動を開始する。
 同時に弓兵の攻撃も始まるから、
 一気に中に雪崩れ込んで弓兵を倒さないと
 ユミルナなんかはすぐにやられてしまうから注意。」



20070819184654.jpg

カリバー
「セルディックがユミルナに隣接すると会話発生。
 これが次の19面の隠し面行きフラグなっているから
 必ずやっておくこと。




20070819184758.jpg

ドリス
「捕虜を助けたら後はボスだけです。
 ですが、注意しないといけないのは
 この階段部分に踏み入れると
 全ての敵がこちらに向かってきます。

 なので、階段を上る前に雑魚敵は全て片づけておいた方がいいです。」



20070819184919.jpg

クイン
「ボスも戦闘系キャラじゃないから弱いですね。
 あっさり倒してこれで面クリアです。」



20070819185033.jpg

20070819185048.jpg

ドリス
「こうして帝国から聖都を守ることができ
 セルディックさんは、前の面で仲間になったアイギールにより
 ブレトワルダの王となりました。」


カリバー
「要はクーデターが勃発したけど、一人じゃどうにもならなかったから
 助けを探していたってわけなんだな、この偽りの教皇様はww」


  1. 2007/08/19(日) 18:52:10|
  2. 偽りの輪舞曲っぽいゲーム三羽烏|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

偽りの仲間フラグ 第19話「地下牢にて」

20070819185357.jpg

ドリス
「隠し面です。
 敵もいますが弱いので、ほとんど消化面ですね。」



20070819185436.jpg

20070819185450.jpg

カリバー
「ただ、見ての通りで『イヅナ』がいるので
 シノを出して仲間にしておくこと。

 そして問題のアルベリヒだが…」



20070819185548.jpg

20070819185608.jpg

カリバー
「どうもここでは仲間にならないみたいだ。
 だが、間違いなく『仲間フラグ』は立てたと思う。

 あとは後半のどこかで登場した時に仲間になるかどうかだな。」



20070819185751.jpg

クイン
「こうして聖都内の残党も狩って
 ようやく落ち着きを取り戻したわけですが


 この後とんでもない展開が待ち受けてました!


ドリス
「ええ!?
 何が起こるというの!?む


  1. 2007/08/19(日) 18:58:50|
  2. 偽りの輪舞曲っぽいゲーム三羽烏|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

偽りの分岐点 第20話「運命の刻」


※今回の話はかなりネタバレ度高いです。
 読む人は注意!















20070819190322.jpg

ドリス
「聖都が落ち着きを取り戻した時、それは突然でした。
 マリー姫がセルディックさんに重大なことを告げます。」




20070819190415.jpg

20070819190516.jpg

クイン
「聖剣の呪いを解く方法。
 もうすでにアリオスから聞いていたというのですか…
 ではなぜそれをすぐに行わなかったのか?
 気になりますね…」



20070819190618.jpg

20070819190634.jpg

カリバー
「聖剣の呪いを解くには、ブレトワルダの王族の血で拭わないといけない。
 そして、セルディックはあくまで『影武者』であって
 本当のブレトワルダ王族ではない。

 つまり、この世で最後の王族はマリー姫ただ一人ということになる。」



ドリス
「それってつまり…マリー姫を斬るしか
 聖剣の呪いを解く方法が無いってこと!?
 そんなのあんまりだわ…」


クイン
「聖剣の呪いを解かなければ、セルディック様は
 真のブレトワルダ王を名乗ることができない。
 しかしそれを成すにはあまりに残酷な話…」




20070819190811.jpg

20070819190827.jpg

カリバー
「果たしてセルディックはどうするのか?」




  1. 2007/08/19(日) 19:10:33|
  2. 偽りの輪舞曲っぽいゲーム三羽烏|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

偽りの王道ルートネタバレ 第20話「運命の刻」

20070825122558.jpg

20070825122704.jpg

20070825122855.jpg

20070825122923.jpg




ドリス
「良かった…大変なことにならなくて…
 やっぱりマリー姫を斬るなんて間違ってるわ…」



クイン
「ブレトワルダ再興のためにやむを得ない手段。
 マリー姫もそのお覚悟だったのに…これで良かったのか…」



カリバー
「なるほどねえ…そういう展開できたか…
 するとこの後、あれが出てきて…こうなるわけかな…」












カリバー・ドリス・クイン
「3人とも言ってることが違うw」
「3人とも言ってることが違う!」
「3人とも言ってることが違う…」




カリバー
「まー、オレ達の大将が取った選択だ。
 間違いじゃないだろうさ。」


ドリス
「クインさん…結構冷酷なんですね!」


クイン
「む!
 ブレトワルダ再興という大義が有る以上
 一定以上の人間にはそれなりに辛い責務はついてまわるものですよ。」


カリバー
「あー、ドリスは知らないかもしれないけど
 この人、世界樹でモリビトと戦ってる時も
 こんな感じだったのよ…
 目的に忠実というか、なんというか。」


クイン
「とにかく、セルディック様はマリー姫を斬れなかったことで
 聖剣の復活はならず。

 話はこのまま『王道ルート』に流れていきます。」


  1. 2007/08/25(土) 12:40:36|
  2. 偽りの輪舞曲っぽいゲーム三羽烏|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

偽りのお願いと約束 第21話「闇の教団」

20070825125640.jpg

ドリス
「運命の刻から一夜あけて、
 突如闇の教団が蜂起しました。
 これを迎え撃つことになったのですが…」


カリバー
「闇の教団といえばオレ達は使ってないがイグレインだ。
 そのイグレインから何やらお願いごとが…」



20070825130334.jpg

クイン
「無理矢理戦いに駆り出された人がいるということですね。
 そういうを助けて欲しいと」



20070825130520.jpg

カリバー
「この面は簡単だろうから、
 オレとドリスはお休みさせてもらった。
 クインさんとセルディックだけで何とかなるだろう。」



20070825130627.jpg

20070825131041.jpg

カリバー
「それで、イグレインをガラハッドに隣接させて仲間いり。
 残った敵を倒してクリア。」




20070825131226.jpg

クイン
「おお!
 色々強そうなのが手に入りましたね。」
















20070825131456.jpg

ドリス
「それで、イグレインのお願いは?」



カリバー・クイン
「アーッ!」






調子に乗って敵を全滅させてしまいましたが
キュアドロップしか使えない敵とかわざと残すと
もしかしたら何かイベントがあるかもしれません…



  1. 2007/08/25(土) 13:21:57|
  2. 偽りの輪舞曲っぽいゲーム三羽烏|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

偽りのゲリラ戦術 第22話「雪解け、進軍開始」

20070825134027.jpg

20070825133738.jpg

ドリス
「前面でお休みできたので修行にいってたのですが
 ATKの集中上げはイマイチだったわ…」


カリバー
「オレはHPをあげておいたがまあまあかな。
 ただ、どちらかというとクエストで『カード』狙いをやった方が
 最終的にはいい感じらしい。
 カードを何枚か集めると、そのキャラが持っている潜在能力みたいなのを
 開花できるらしい。

 コットンに適当なカードを取らせてたら
 いつの間にか移動力+2されていたとかあった。


 
 まあ、オレ達の場合は少人数でやってて
 メインキャラが出ずっぱりだからなかなか難しいんだけどね。」








20070825134934.jpg

カリバー
「さて、雪国の聖都に引き籠もってしばらく経ち
 雪解けの季節にあわせて本国を取り戻すために進軍開始となった。

 それでこの敵の数をどうやって4人で突破するかだけど、
 基本的には敵の行動範囲ギリギリのところでおびき寄せて
 各個撃破していく戦いになる。」




20070825135101.jpg

カリバー
「こんな感じだ。
 例えば騎馬隊は移動力が8だから、
 その敵の移動範囲で7か8のところに位置すれば
 敵が突っ込んでくるのでそこをガツンだ!



20070825135255.jpg

カリバー
「騎馬隊を全滅させたら南にいる敵が押し寄せてきたので
 これもおびき寄せて一気に倒していく。
 大体でセルディック・クイン(マーガス)・オレ(ケイ)の3人で攻撃すれば
 ほぼ敵を倒せる。
 撃ち漏らしはドリス(シノ)のクナイでとどめをさす」



クイン
「あと大事なのは「地形」というか
 ある一定のポイントまで進むと敵が行動を開始するので 
 そこを絶対にふまないようにすること

 ですね。

 この面は橋の中に踏み入れると敵が押し寄せてきます。」




20070825135738.jpg

ドリス
「そして南の敵を倒したら北西に移動して
 各個撃破していきます。
 シノのクナイが射程6あっていい感じで牽制できて便利です。」


カリバー
「シノはそれだけでなく「炎符」がある。
 味方も巻き込む範囲攻撃魔法なのだが
 これをうまく使えば敵を一気に倒すことができる。」



20070825135931.jpg

カリバー
「そして残りの敵を倒してクリア。



 こんな感じで少人数パーティーでも意外と戦えるのだが
 やっぱり敵が大量に押し寄せてきた場合は相当脆い。



 それでも移動力の差で敵がバラけるから
 そこを何とかついて戦う感じだね。」



20070825140133.jpg

20070825140144.jpg

ドリス
「少人数で戦うのはいいけど
 時間がかかってしまうのは、もうどうしようもないわね。」


クイン
「所謂人数でごり押しができないからですね。
 それに簡単そうに見えて、結構慎重に繊細に戦わないと
 ドリス殿のシノはすぐにやられてしまう。

 セルディック様とカリバー殿の「闘魂注入」が必須ですね。」



カリバー
「あとは前衛キャラの防御力を思いっきりあげておくことだ。
 ケイは早いうちにクラスチェンジしておくといいね。」


  1. 2007/08/25(土) 14:00:49|
  2. 偽りの輪舞曲っぽいゲーム三羽烏|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

偽りのスネーク 第23話「諸侯連合」

20070825162447.jpg

ドリス
「ブレトワルダに近づいて来ました。
 それでサシャ達のいた国シャレムなど
 ブレトワルダの周りには色々な諸国があります。

 帝国にブレトワルダを落とされて諸国がどうなったかを
 偵察することになりました。」



20070825162907.jpg

カリバー
「こちらスネーク。
 これより偵察を開始する。
 メンバーはケイ、マーガス、シノの3人だ。」



クイン
「オーケー、スネーク。
 くれぐれも敵に見つからないように、
 敵を攻撃しないように気を付けてくれ!」


ドリス
「何の会話になっているの?orz」






20070825163055.jpg

クイン
「いいかいスネーク。
 あくまで目的は偵察だ。
 本当に敵を刺激しないように気を付けてくれ!」


カリバー
「了解だ。
 お、早速敵が一人いるぞ…」


ドリス
「シノのクナイで倒したわよ。」


クイン
「スネーーーーク!
 敵を刺激するなと言ったばかりだろう!」



カリバー
「そう怒鳴るな。
 敵に見つからないように、
 敵の行動範囲外から攻撃すれば大丈夫のようだ。
 慎重に行動する。」





20070825163311.jpg

カリバー
「しまった、見つかった!」


クイン
「お前、偵察する気ないだろ!」


ドリス
「あわわ…クインさんがキレた…」



カリバー
「こうなったら口封じだ。
 全員ぶちのめせば誰もいない→ゆっくり偵察ができる
 になるだろう。
 野郎共、やっちまえ!」



20070825163501.jpg

クイン
「カリバー殿の悪のりにつきあってみましたが
 本当にわかりやすく敵に見つかる展開になりましたね。

 これで敗北条件が変わりました。
 逃げる敵が画面右端にいったらアウツです。」


カリバー
「あー、これはもうドリスのシノにまかせるしかない。
 急いでおいかけてクナイでトドメさしといてくれ。
 他の敵はオレ達がひきうける。」


クイン
「偵察にきたのに
 なんで敵を引き受けることになっているんだかorz」




20070825163622.jpg

カリバー
「よし、敵もあとわずかだ。
 ここは一つ、ドリスに片づけて貰おう。
 ドリス!炎符をよろしく!」



20070825164059.jpg

ドリス
「わかったわ。
 それええええ!」




20070825164231.jpg

カリバー
「そんなわけで無事偵察完了だ!
 しかもいつもnarrow victory(辛勝)なのに
 overwhelming victory(圧勝)になったぞ!



クイン
「全然偵察になってねえorz」


ドリス
「まあまあクインさん、泣かないで」



20070825164406.jpg

20070825164448.jpg

クイン
「ブレトワルダの諸国の一つである『ケール』
 どうやらここはケイとマーガスの故郷のようです。」


ドリス
「同郷の人と戦うのは嫌よね。」


20070825164508.jpg

20070825164615.jpg

カリバー
「しかもケイには彼女がいるみたいな展開になってるぞ。
 マーガスの方が女たらしなのに、意外?な展開か。」


クイン
「仲間フラグが発生したようですね。
 次回でどうなるか。」


  1. 2007/08/25(土) 16:48:15|
  2. 偽りの輪舞曲っぽいゲーム三羽烏|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

偽りのカップル 第24話「誰がために」

20070825213351.jpg

ドリス
「前面で偵察から帰ってきて
 これから本戦です。
 ブレトワルダの諸侯は帝国に組みしてしまったようです。」


カリバー
「まあしょうがないだろう。
 帝国>ブレトワルダ ということになったら
 従わざるを得ないと思う。」




20070825213525.jpg

20070825213634.jpg

20070825213657.jpg

カリバー
「それで、ケイをセルディックに隣接させるとイベントが発生する。
 これでケイの彼女が仲間になるようだ。」



20070825213826.jpg

カリバー
「相変わらず敵が多いが、いつもの囮役でマーガスと、
 そして新しいスキルで「脅威の生命力」を覚えた
 セルディックで敵を迎え撃つ。
 このスキルは毎ターンHPを自動回復するという優れものだ。


 セルディックはこの辺りからマーガスに負けないくらいの
 要塞キャラになりつつある。」



ドリス
「そしてこういうたくさんの敵は私の炎符でまとめて倒すのがいいのですが
 弓兵がいるとまた話は別で、シノが弓兵2人の攻撃でやられてしまいます。」



20070825214056.jpg

クイン
「LCが高い私が弓兵の攻撃を受けている間に
 カリバー殿のケイで一気に弓兵をしとめにいく。」


カリバー
「ケイもクラスチェンジすると『原初の生命』を覚えてHPが上がるから
 防御アクセをたくさん積むと、かなり撃たれ強くなり
 この辺の敵に突っ込んでも1ターンで殺されたりはしなくなる。」



20070825214246.jpg

20070825214300.jpg

ドリス
「重装兵は炎符でしとめるのが楽です。
 ただ、この場合やはり遠距離攻撃キャラにシノが狙われないように
 囮キャラを用意するのが重要ですね。」




20070825214422.jpg

20070825214440.jpg

ドリス
「そんなわけでクリアしました。
 カリバーの彼女の名前はアリシアというのね。」


カリバー
「オレじゃなくてケイだって」

  1. 2007/08/25(土) 21:46:21|
  2. 偽りの輪舞曲っぽいゲーム三羽烏|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

偽りのラブシーン 第25話「諸侯の罠」

20070825214823.jpg

20070825214834.jpg

20070825214845.jpg

20070825214859.jpg

20070825214914.jpg

20070825214927.jpg

20070825214937.jpg

20070825215006.jpg

20070825215031.jpg

20070825215046.jpg

クイン
「中の人がケイを気に入っているので
 アリシアとの再会シーンの写真を多めに貼ってみました。」


ドリス
「ああ…とてもいい話ね。
 見ててウットリしちゃうわ…」



カリバー
「そんなことより戦闘マダ~?」


ドリス
いいシーンなんだから自重しなさい!

 こっちのケイ役のカリバーは本当にロマンのかけらもないわorz」


クイン
(これは照れ隠しでやってるのではなく
 素でやってるっぽいな…)






20070825215437.jpg

20070825215650.jpg

クイン
「それで、ケイとアリシアがラブシーンをしているころ
 セルディックは諸侯の罠にかかり帝国に攻撃されそうになってました。」



20070825215708.jpg

20070825215728.jpg

カリバー
「しかしヒーローは遅れて現れる!
 アリシアをひきつけて戻ってきたぜ!
 早速ベンチいりだけどな!


ドリス
「もう…ほんとゲームの攻略しか頭ないのね…
 せっかくだからこの面だけでもいいから使えばいいのに…」


カリバー
「うーん、実際『今更的な性能』だぞ。
 ここからメイン戦力にするには
 よほどのケイ×アリシア魂じゃないと無理な気がする。」



20070825220100.jpg

カリバー
「さてカッコつけて戻ってきたわいいが
 見ての通り四方八方を敵に囲まれている状態だ。

 ここからどうやってたった4人で敵を全滅するか?


クイン
「あくまで『全滅』させるのですね。
 ボスを倒すだけなら遠距離攻撃ユニットを用意すれば
 2ターンでカタがつきそうですけど。」



20070825220339.jpg

20070825220303.jpg

カリバー
「まあここはオレにまかせてもらおう!
 この戦い、まず自分らの陣地の確保が優先。
 そして崩しやすいのは上の敵だ。
 一気にかけぬけて弓兵を片づけよう。」



20070825220613.jpg

カリバー
「そして2ターン目で敵をこんな感じで倒して
 とりあえず一安心だ。」



20070825220925.jpg

20070825221306.jpg

カリバー
「硬い重装兵は一体ずつ削っていき
 最後にシノの炎符で一気に殲滅」



20070825221404.jpg

20070825221419.jpg

クイン
「とにかく無理せず、引きながら戦うことですね。
 セルディック様とカリバー殿のケイが持ってる『闘魂注入』で
 常に回復しながら移動し、敵を引き寄せつつ削っていく。」


ドリス
「当然、射程の長いシノが遠距離からじわじわ削り
 『倒せる』ところまで来たら、ケイで一気にとおりぬけて
 セルディックさんとクインさんのマーガスで各個撃破。」


カリバー
「そんなわけで、たくさんの雑魚を倒したら
 もうボス周辺は弱すぎだった。
 そもそもシノのクナイで遠くから攻撃してるだけで倒せるし。」



20070825221633.jpg

カリバー
「そんなわけでクリア。
 この辺はちょっとなかだるみという感じだね。
 やっててそんなに難しくないよ。」

  1. 2007/08/25(土) 22:17:06|
  2. 偽りの輪舞曲っぽいゲーム三羽烏|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

偽りのセーブ失敗 第26話「紅獅子再び」

20070825223451.jpg

ドリス
「紅獅子が再登場です。
 前に出たのが6面だったから
 20面ぶりの再戦となります。」



20070825223818.jpg

20070825223833.jpg

20070825223846.jpg

20070825223902.jpg

20070825223915.jpg

カリバー
「6面で初めて戦った時は移動力が9もあって
 こりゃ勝てねえ!と思ったものだ。
 だが、この20面の間でオレ達はまぎれもなく成長した。
 ぶっちゃけもう負ける要素はない。

 この面、クロト倒すよりもクロトを倒さない方が難しい面と見た。



クイン
「敵を全滅させるためですね。」






20070825224124.jpg

ドリス
「この面では3ターン目に左上に敵の増援が来ます。
 なので、予め炎符のような範囲攻撃が出来るキャラを
 ここに配置しておけば、即座に全滅が可能です。





20070825224442.jpg

カリバー
「敵の数が多いので、この狭いところで待ち受けるしかない。
 敵の魔術師の魔法も喰らいまくってMP切れ狙いだ。」


クイン
「ただ、そうこうしているうちに移動力のあるクロトが突っ込んできましたよ!」



20070825224607.jpg

ドリス
「危なくなったら、左上が安全地帯なのでここに逃げます。
 シノだったらクナイで攻撃もできます。」


カリバー
「で、問題はクロトの防御力が低くて
 やっぱりすぐに倒せてしまう点だ。


クイン
「ここはあえて攻撃せずに我々が逃げ回る展開になりました。」



20070825224759.jpg

20070825224813.jpg

カリバー
「倒せばすぐ倒せるボスの攻撃を耐え抜き
 魔術師のMPが切れたころにケイで特攻!
 多少攻撃は喰らうがこの後一気に魔術師を倒したぜ!」



20070825225031.jpg

20070825225104.jpg

クイン
「そしてついに紅獅子にトドメ。
 生かしてる方が長かったですね。
 一応敵を全滅させましたが、いいアイテムは入らなかったですね。  強いて『暗黒の指輪』というアイテムだけでした。」



20070825225416.jpg

20070825225433.jpg

20070825225609.jpg

ドリス
「この3人とクロトの間に何があったのか
 さっぱりわからないわorz」



クイン
「このゲーム、重要な会話がキャラ同士の隣接によるイベントシーンで
 まかなわれているから、少人数プレイしてる我々には
 全くもって見ることができませんよね…」



20070825225929.jpg

20070825225944.jpg

カリバー
「そんなトボている場合じゃないぞ。

 なにやらセルディックがエグバードに現れたらしい!

 ここにいるのは影武者だと分かってるから
 本物がなぜか現れたことになっている!


ドリス
「ええ!?」



20070825230114.jpg

20070825230128.jpg

クイン
「ケイも同様してますよ…
 これは思いもがけない展開に…」


  1. 2007/08/25(土) 23:03:01|
  2. 偽りの輪舞曲っぽいゲーム三羽烏|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

偽りの二人旅その1前編 第27話「王太子帰還」

20070826104538.jpg

20070826104637.jpg

ドリス
「エグバートに『セルディック現る』は
 味方に衝撃を与えました。

 そして、セルディックとマリー姫の会話が始まりました。」


カリバー
「話長い上にストーリー上で盛り上がるところだから
 かなりネタバレ気味に写真貼っていく。」



20070826104859.jpg

20070826104917.jpg

20070826105059.jpg

カリバー
「ゲーム中では、ここで初めて自分が「影武者」であることを告げる」




20070826105234.jpg

20070826105245.jpg

20070826105258.jpg

20070826105312.jpg

20070826105325.jpg

クイン
「マリー姫は最初からセルディックが偽者であることに気付いていた。
 それなのに、20面では自分の命を差し出すつもりだったというわけですか。」



20070826105637.jpg

20070826105645.jpg

20070826105653.jpg

20070826105708.jpg

ドリス
「セルディックさんは真相を確かめるために
 ひとりで乗り込もうとしているわ!
 それにマリー姫も同行しようとしている!」



20070826105916.jpg

20070826105927.jpg

20070826105937.jpg

20070826105947.jpg

ドリス
「自分は生まれも名前も何もわからない人間だから
 別に死んだってかまわない…

 ある意味、セルディックさんの本心が出たわ。
 けど、それはあまりにも悲しすぎる叫び。
 大事なことを忘れている…」



20070826110149.jpg

20070826110205.jpg

20070826110221.jpg

20070826110233.jpg

20070826110248.jpg

20070826110301.jpg

20070826110312.jpg

カリバー
よく言った!

 いやー、姫さん熱いな!
 これはオレももうれつに感動したぜ!」



20070826110457.jpg

20070826110509.jpg

20070826110521.jpg

20070826110534.jpg

カリバー
「そう、影武者として生きていたのが
 急に表舞台で本物として生きることになった。
 結果正体バレて多くの人達を騙してきたことに
 偽者として生きてきたことも含めて負い目を感じるのはわかる。

 だが、所々で見せた台詞はこの名無し王子本人から出た
 偽りではない本物の言葉だってことだ。」



クイン
「マリー姫、お強いですね。」


ドリス
「感動しちゃったわ…うるうる…」



20070826110804.jpg

20070826110814.jpg

20070826111109.jpg

20070826111123.jpg

クイン
「こうして、マリー姫に名前をつけられた
 元セルディックことアルトリウスは
 エグバートに向かうことになりました。」


カリバー
「イイハナシダナー」


ドリス
「マリー姫がついているから、
 まだブレトワルダ軍ではあるのね。」


クイン
「いい話でしたね。」


カリバー
「いい話で感動しているところ悪いんだが、
 180度反転してとんでもない状況になっているようだぞ。


















20070826111342.jpg

ドリス・クイン
「ケイとマーガスがいない!」
  1. 2007/08/26(日) 11:16:29|
  2. 偽りの輪舞曲っぽいゲーム三羽烏|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

偽りの二人旅その1後編 第27話「王太子帰還」

20070826111342.jpg

ドリス
「前編でとてもいい話だったのに
 いざ戦闘!となったらとんでもないことになってました!
 あわわわ…どうすればいいの…」


カリバー
「落ち着け!
 

 …といっても難しいなこれはww
 いやー、このシリーズをちゃんと読んでくれてる人ならわかると思うけど
 今回は主役・ケイ・マーガス・シノの4人でやってたからな。

 そのメインキャラであるケイとマーガスが
 戦闘に参加できないという非常事態が発生したww




クイン
「しかも問題はそれだけじゃないですね。
 ケイにはDEFが+14や+15される
 アクセをつけております。
 そのアクセすら手元になくなってしまいました。



 つまり、割とマーガスちっくに要塞キャラになれるセルディックに
 つけさせたいアクセが無いということに。」


ドリス
「セーブデータは?
 前の面からやり直して、ケイのアクセを外しましょうよ!」



カリバー
「それが、27面がいい話だから
 中の人が後でまた見ようと思って
 26面最初のデータを上書きしちゃったんだわ


 つうわけで、まじで無理だ。」



ドリス
「ガーン!」



クイン
「真面目な話どうします?
 どうやらどこの国にも所属してなかった仲間だけが残ったようです。
 私達の場合、唯一シノだけが残ったのが不幸中の幸いですね。」


ドリス
「もしかして、
 アルトリウスさんと私のシノだけで
 戦うことになるの?



カリバー
「その通りだ。
 オレ達が別キャラを使って参戦してもいいんだが
 なにせ一度も戦わせてないから
 シノ以外全部戦力外だろ。

 まあ、退却を繰り返してレベル上げをする方法もあるけど
 ここはひとつ、
 アルトリウス&シノの二人旅でがんばってもらおう。


 オレ達は外野でゆっくり見物させてもらうわ。」



ドリス
「そ…そんなあ…」


カリバー
「まあとにかくやってみろよ。
 お前、あれだけ感動的な会話を見て
 アルトリウスを何とか助けたいとか思わないのか?

 ドリスだったらなんとかできると、オレは信じているぞ!」


ドリス
「!
 わかった…
 がんばってみる!」


クイン
(カリバーめ…楽しんでやがるな…)







20070826113247.jpg

20070826113326.jpg

ドリス
「本当に二人だけで戦うのね…
 すると、アルトリウスさんで敵をひきつけて
 私のシノが炎符を使って一気に殲滅していくように
 戦うしかないわ」




20070826113552.jpg

20070826113613.jpg

ドリス
「うう…難しい。
 私のシノが打たれ弱いからアルトリウスさんに耐えてもらうしかないのだけど
 回復が弱くて耐え切れていない。


 でも、何となくわかってきたわ。
 ここは一つ退却稼ぎをさせてもらう。

 これをやったら次から本気でいくわよ!」





●アルトリウス&シノの二人旅パターン

20070826113748.jpg

20070826113802.jpg

20070826113818.jpg

ドリス
「アルトリウスさんのステータスなどです。
 『脅威の生命力』のレベルを最大まで上げました。
 これで、がんばって生き残ってもらいます。」



20070826114016.jpg

20070826113959.jpg

20070826114035.jpg

ドリス
「私のシノのステータスなどです。
 炎符といってるのは『烈火の霊符』が正式名なのね。
 カリバーが技名を適当に呼ぶから、私も間違って呼んでました(汗」




●1ターン目

20070826114215.jpg

20070826114227.jpg

ドリス
「写真のように動いて二人を配置します。
 アルトリウスさんには囮になってもらい
 雑魚兵士をこちらにおびきよせてもらいます。」



●2ターン目

20070826114444.jpg

ドリス
「烈火の霊符のレベルが4なので
 重装兵を一回では倒せません。
 攻撃範囲から逃れるのもかねて
 アルトリウスさんに敵3体の体力を削ってもらってから
 烈火の霊符を使って一気に3体倒します。」



●3ターン目

20070826114834.jpg

ドリス
「ここはちょっと忘れてしまいました…
 恐らくアルトリウスさんを攻撃してきた重装兵を
 私の霊符で倒したのだと思います。」



●4ターン目

20070826114952.jpg

ドリス
「移動力のある騎馬兵が来ているので
 アルトリウスさんが騎馬兵の行動範囲8歩目のところに位置させ
 私はそれを霊符で迎え撃てる位置に移動します。」


●5ターン目

20070826115110.jpg

ドリス
「霊符で攻撃できる場所に騎馬兵が来たのですが
 シノが弓兵の射程内(射程7)に入ってしまい
 LCも高めなので狙われやすいと判断。
 シノをマップ上の方に逃げさせつつクナイで攻撃。
 その後アルトリウスさんが騎馬隊を攻撃しつつ
 元いた場所から左上1マスへ移動。」



●6ターン目

20070826115342.jpg

ドリス
「シノのクナイで騎馬兵を攻撃し
 アルトリウスさんでトドメをさします。
 これでLCがシノよりアルトリウスさんの方が高くなりました。

 右から弓兵がじわりじわりと迫ってます。」



●7ターン目

20070826115527.jpg

ドリス
「弓兵を倒しにいきます。
 南方七宿の記章を装備してなければ
 シノでも二発耐えれるはずですが、
 ここはアルトリウスを狙ってくるのを確信して
 シノをここまで移動させました。」



●8ターン目

20070826115640.jpg

20070826115650.jpg

ドリス
「弓兵と僧兵を全滅させます。
 これで一息つけますが、すぐに第二陣が迫っています。」



●9ターン目

20070826120430.jpg

ドリス
「重装兵がたくさん来ました。
 後ろに引いて引き寄せます。」



●10ターン目

20070826120519.jpg

20070826120541.jpg

ドリス
「烈火の霊符で攻撃したいところですが、
 3体中右の1体が生き残り
 下からくる1体によりシノが倒れると判断したので
 上に逃げてクナイで攻撃します。」



●11ターン目

20070826120653.jpg

20070826120707.jpg

ドリス
「一体倒しましたが、じわじわと追い詰められています…」



●12ターン目


20070826121149.jpg

ドリス
「ここで一気に南に移動して逃げます。
 シノは移動力あるし、アルトリウスさんも
 移動力が6あるから、重装兵の移動力5では
 追いついて攻撃するのが難しいのを利用しています。」



●13ターン目

20070826121311.jpg

20070826121325.jpg

ドリス
「逃げつつ確実に一体ずつ削っていきます。
 重装兵だけならこれで勝てるのですが
 魔術師が一体いるため、常に魔法攻撃の射程を気にする必要があります。」



●14ターン目

20070826121503.jpg

ドリス
「一体倒してまた逃げます」



●15ターン目

20070826121554.jpg

ドリス
「重装兵はあと2体。
 ここがふんばりどころです。
 シノはアルトリウスさんの右2マス目に移動させておきます。」



●16ターン目

20070826121701.jpg

ドリス
「うまく霊符の攻撃範囲に重装兵2体が入りました。
 あとはアルトリウスさんが巻き添え喰らわないように
 移動すれば良かったのですが
 ここでアクシデントが発生しました!

 まさかの敵の反撃を受けて、アルトリウスさんがその場に停滞。
 これによりこのままでは
 重装兵2体&魔術師の攻撃を喰らうことに!



 この体力だったらもしかしたら生き残るかもしれない…
 けど、もし死んだら…


 そう思った私は…」



20070826121932.jpg

20070826121944.jpg

ドリス
「転移の霊符でアルトリウスさんを移動。
 これで魔法攻撃は喰らわなくなりましたが
 シノが重装兵2体に攻撃されるリスクが発生しました。


 これは賭けです。


 アルトリウスさんが敵の攻撃全て喰らって死ぬか
 シノが重装兵2体の攻撃を喰らって死ぬか
 どちらかの賭け。



 けど、この場合、
 自分の命よりもアルトリウスさんを守る方が
 先決だと私は判断しました。」



●17ターン目


20070826122206.jpg

ドリス
「重装兵2体がシノを攻撃。
 これでやられた…と思いましたが

 先の先のレベルが高めだったおかげで
 1体の攻撃をかわし生き残ることができました。





20070826122351.jpg

20070826122405.jpg

ドリス
「あそこでアルトリウスさんが反撃喰らって足止め喰らったのも運なら
 私が攻撃をかわして生き残ったのも運ですね。

 とにかく『闘魂注入』で回復しつつ敵を攻撃して逃げます。」



●18ターン目

20070826122530.jpg

20070826122543.jpg

ドリス
「一体撃破。
 これで残りは重装兵1体と魔術師1体と僧兵2体になりました。

 もうここまで来たら後は勝ちですね。」





20070826122651.jpg

20070826122700.jpg

ドリス
「最後はアルトリウスさんのOBで倒してクリアしました。」





20070826122735.jpg

20070826122747.jpg

ドリス
「そんなわけで
 アルトリウスとシノの二人だけで27面クリア!


 む…無茶苦茶大変立ったけど、私にもできたわ…
 シノがいなかったらもうお手上げだったかもしれないけど
 烈火の炎符のような範囲攻撃が使えるキャラがたくさんいたら
 それほど難しくなかったかもしれません。」



カリバー
「くっそー、ずっと見てたけど
 面白そうな戦闘しやがって…
 ここで介入できないのが本当に歯がゆいぜ…」



ドリス
「あなたが二人でやれっていったんだから
 そこでおとなしくしてなさい!」



カリバー
「ぐわああああ…戦いてえorz」



クイン
(ドリスの土壇場での芯の強さを発揮ってところだな。
 私がドリスの立場だったら……うう…ダメだったかも…)



ドリス
「でも、この二人旅、いつまで続くのかしら…」


  1. 2007/08/26(日) 12:30:45|
  2. 偽りの輪舞曲っぽいゲーム三羽烏|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

ルナーク

Category

Recent Comments

Recent Entries

Recent Trackbacks

Archives

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。