ちくやらアーカイブ

このブログは気分よって構成されています。 BGMも気分で流してます。 あなたの忍耐に感謝します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

世界樹2、ラスボス・トラッピング祭り~昼の部~

ドリス
「長かった世界樹の迷宮2の冒険もいよいよ大詰め!
 最上階にたどり着いた私達は、ついに隠しボスの目の前まで来ました。」


クイン
「図鑑の方も、このラスボスに関すると思われるものだけが空いています。
 つまり、ラスボスを倒せば図鑑完成、
 同時に第二エンドとなります。」


カリバー
「文字通りの最終決戦か。
 どんだけ強いボスなのか、オラわくわくしてきたぞ!」


ドリス
「前作のフォレスト・セルは強かったものね。
 今回も負けじと強いのかしら。」


クイン
「どんな敵でも皆さんを守り抜いてみせますよ。」


カリバー
「オレも、剣ダクハンで最初から最後まで通してこれたからな、
 最後までこのまま戦い抜くぜ。」


ドリス
「私だけ職業がレンジャーからバードに代わってる・・・」


カリバー
「まあ、いくぞ。
 最後の戦いだ!」


ドリス&クイン
「おー!」





変換 ~ P1002752

ドリス
「最後のボスの名前は「始原の幼子」。
 前作のフォレスト・セルのおどろおどろしい姿とは違って
 割りとスマートな形しています。」


カリバー
「・・・、なあクインさん。これってあれか?」


クイン
「・・・あれですよねえ」


ドリス
「あれ?」


カリバー
「エヴァ量産機」


クイン
「エヴァ量産機」


ドリス
「エヴァンゲリオン?
 あ、私も映画みたことあるけど、空をばさばさ飛んでたのに似てる!」


カリバー
「まあ、おそらくはオーバーロードに幼虫?みたいなのものなのかも。」


クイン
「ヘカトンケイルもそうですが、オーバーロードが作ったはいいけど
 ちょっと手に終えそうにないから、この地に封印したということなのでしょうか。」


カリバー
「容姿はともかく問題は強さだ。
 検証戦を始めるぞ。」







そして・・・






カリバー
「あれ?
 気のせいかな・・・

 オレ達、電源技使ってないよね。」


ドリス
「使ってないわよ。」


カリバー
「何か、何もしてないのに
 敵の攻撃がパターン化している気がする。」



クイン
「変ですね。」


カリバー
「そのまま戦ってみよう。」




(5分後)




カリバー
「最初の物理攻撃は誰が喰らったり喰らわなかったりしたけど
 ふつうにしのげるな。」


クイン
「後半から属性攻撃がたくさん来てやられてしまいました・・」


カリバー
「火属性っぽかったな、ファイアガードを頼む。」






(3分後)






クイン
「火の後は氷が来ましたね。」


カリバー
「じゃあ、ファイアガード→フリーズガードだ。
 もしかしたら、次はショックガードでよかったりしてな。
 つうか、なんか段数すごくね?」





(3分後)







カリバー
「あ」


ドリス
「あ」


クイン
「あ」



















変換 ~ P1002537

カリバー
「検証戦で勝っちゃったぞ」


ドリス
「えー!」


クイン
「ちょ・・・この展開は・・・」



カリバー
「やって、3回目の戦いでわかったけど、
 なんかしらんがこのボス、攻撃パターンが決まっている。

 多少まぎれもあるようだけど、基本パターンは全く同じ。
 

 以下、写真撮りながらやったので、紹介していこう。」





変換 ~ P1002518

確定攻撃その1「汝、力を捧げよ」


カリバー
「オレというか隊列の真ん中を中心に両脇に攻撃してくる。
 オレだけダメージがでかいため、普通の防具だと防御してないと死んでしまう。」



変換 ~ P1002515

カリバー
「属性調べたら壊属性だったので、壊撃の守りを一個だけ装備。
 これで、トラッピング&フロントガードでも即死しない。」


ドリス
「私は猛戦曲を使います。」




変換 ~ P1002519

確定攻撃その2「強者への賞賛」


カリバー
「オレとクインさんだけ大ダメージを喰らう攻撃。
 このターンではドリスはソーマⅢ、オレはトラッピング、クインさんはフロントガード」




変換 ~ P1002520

確定攻撃その3「力を見よ」


カリバー
「これも全体の物理攻撃だ。
 2ターン目と同じでドリスはソーマⅢ、オレはトラッピング、クインさんはフロントガード」




変換 ~ P1002521

ランダム行動「我に触れるな」


カリバー
「これのほかにも『踊り狂え』という攻撃がくることもある。
 どうもこの二つは確定行動のどこかにある確率で割り込んでくるようだ。
 が、ランダム行動が割り込んでも確定行動の順番は変わらない。


ドリス
「この攻撃は『カウンター状態』になるものです。
 ですが、私達はカリバーのトラッピングがメインのため
 全然意味がありませんでした。
 やはりこのターンでも
 私はソーマⅢ、オレはトラッピング、クインさんはフロントガードです。」




変換 ~ P1002522

ドリス
「このターンでは体力の回復の必要がないので、
 私はカリバーにブレイバントを使用します。」


カリバー
「そして、次の確定行動はこれだ。」


変換 ~ P1002523

確定攻撃その4「我に従え」


カリバー
「全体攻撃だけど、強制的に火属性が付与される。
 全員がファイアオイル状態になると思ってくれていい。」


クイン
「この攻撃のいやらしいところは、おそらく強化枠を強制的に
 上書きされるということでしょう。」


ドリス
「けど、実は私が最初に猛戦曲使っただけで
 守護曲とか使ってないのよね。」


クイン
「私のフロントガードだけでボスの攻撃を防いでいることになります。」




変換 ~ P1002524

カリバー
「というわけで、現時点での強化枠を見せておく。

 次の確定行動は・・・」



変換 ~ P1002525

確定行動その5「力を見よ」


カリバー
「さっきみたのと同じだ。
 トラッピングとフロントガードで対処。」




変換 ~ P1002527

確定行動その6「崇高なる休息」


カリバー
「ボスが体力を210回復する。
 この時は、トラッピングとかじゃなくドレインバイトとシールドスマイトを叩き込んでおく。」




変換 ~ P1002528

確定行動その7「孤独は尊ぶ」


カリバー
謎の一桁攻撃


 で、
 どうやらこの攻撃はパーティー人数が4人以上だと大ダメージらしい。
 つまり、三人旅のオレ達にはとってはボーナス攻撃というわけだ。」




変換 ~ P1002529

カリバー
「このターンでのボスの残り体力を見せておく。
 けっこー攻撃しているつもりで、まだ半分しか減っていない。


 で、ここからが今回のタイトル、トラッピング祭りの開始だ。



変換 ~ P1002530

確定行動その8「我の怒り」


クイン
「炎属性のランダム全体攻撃です。
 最大6発攻撃してきます。
 当然、ファイアガードをし、カリバー殿がトラッピングⅡを使います。」





変換 ~ P1002532

確定行動その9「我の悲しみ」


クイン
「氷属性のランダム全体攻撃です。
 同じく最大6発攻撃してきます。
 当然、フリーズガードをし、カリバー殿がトラッピングⅡを・・・」




変換 ~ P1002535

確定行動その10「我の慈悲」


クイン
「雷属性のランダム全体攻撃です。
 同じく最大6発攻撃してきます。
 当然、ショックガードをし、カリバー殿がトラッピングⅡを・・・



 ・・・で、この3ターンで属性攻撃が来て
 それを全部防げて、全部トラッピングⅡで返しています。





変換 ~ P1002536

カリバー
「というところで、問題です。
 トラッピングの平均ダメージを900。
 各「我の・・・・」攻撃で最大6発×3ターン来たとしたら
 オレ一人でどれくらいダメージ与えられるでしょうか?



ドリス
「えーと、
 900×6=5400×3=16200ダメージ?




変換 ~ P1002534

カリバー
「正解!
 すると、我の慈悲が来るターンでのボスの残体力がこうだとすると?」


ドリス
「言うまでもなく・・・」


クイン
「言うまでもなく・・・」



変換 ~ P1002537

カリバー
「こうなりますw」


ドリス
「なっちゃうわね。」


クイン
「なってしまいますね。」


カリバー
「これは、最後まで剣ダクハンを使いとおした
 オレに対するプレゼントですか?」




変換 ~ P1002538
変換 ~ P1002539

ドリス
「でも、最後のボス倒した!」


クイン
「これで、ついに冒険も終了!」











(ぷち)









ドリス
「あー!電源切ったあ!」


カリバー
「バカ!ふざけんな!
 こんなの納得いくか!」



ドリス
「なによう!」


カリバー
「なによじゃねえよ。
 こんな糞弱いのがラスボスだと?
 なめるのも大概にしろ」



クイン
(気持ちがわからんでもない。
 このボス、トラッピングだけで本当に死んでいくぐらいだったからな・・・)



カリバー
「いや、ほんと、こんな倒すのに10分で終わってしまうようなのが
 最後のボスでいいのかよ・・・
 下手したらエスバットの方が強いくらいだぞ・・・」


ドリス
「そんなこといっても・・・」


カリバー
「とにかく、オレが納得できない。
 このままではこのゲームは終われない。」


クイン
「でもどうするんです?」


カリバー
「夜だ。
 夜の部を倒す」


ドリス
「夜の部?」


カリバー
「その話は次回にする。
 とりあえず確定行動その10で倒してしまったが
 実はまだ続きがある。
 それの紹介だけしておくよ。」




変換 ~ P1002540

確定行動その11「踊り狂え」


カリバー
「これはランダム行動ではない「踊り狂え」だ。
 状態異常攻撃をしてくる。
 あまり確率は高くなさそうだけど。

 もし、ここまででしとめてなかったら
 ここではドレインバイトとシールドスマイトだろう。」




変換 ~ P1002541

確定行動その12「崇高なる休息」


カリバー
「さっきのと同じだ。体力を回復する。


 そして、次が確定行動の最後だと思われる。
 ていうか、その先を見ることができなかった。


ドリス
「できなかった?」





変換 ~ P1002542

確定行動その13「去れ、永久に」


カリバー
「無属性の即死ダメージ全体攻撃。
 ドリスとオレで5000ダメージ、クインさんで3000ダメージ喰らった。」



ドリス
「えええええ?」

クイン
「なんですか、この無茶な攻撃は!?」





カリバー
「というところで、昼の部は終了。
 次回、ラスボス・トラッピング祭り~夜の部~
 に続く。」


ドリス
「ちょ・・・ちょっと、この最後の攻撃はなんなのよ!」


クイン
(要は、この攻撃が来るまでに倒せってことなんだろう。
 それ自体は楽勝だったが、この最後の攻撃はまともに防ぐことができるのか?)


スポンサーサイト
  1. 2008/05/02(金) 22:32:05|
  2. 世界樹の迷宮2 SekaQ Sanbaka Samurai|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

世界樹2、ラスボス・トラッピング祭り~夜の部~

ドリス
「世界樹2、最後の戦いということで、30階のボスと戦っていました。
 私達の3人パーティーと相性が良かったのか?
 ものすごくあっさり勝ててしまったのですが、
 カリバーがいつもの悪いくせで、勝ち方に納得できないといい始めて
 『夜の部』で戦うという謎のメッセージを残しました。」


クイン
「夜の部…つまり、夜の時間帯に戦うということでしょうか。
 何か違いがあるのかな。」


カリバー
「百聞は一見にしかず。
 やればわかるさ。」


ドリス
「じゃあ戦ってみましょうか。」




変換 ~ P1002543

ドリス
「あれ?
 最初の攻撃が違う!」


クイン
「ランダム行動かと思いましたが、どうやらこれ
 昼とは違って、すべてランダム行動のようですね。
 何が来るのか全くわかりません!」


ドリス
「しかも、しばらく戦ってたら
 前回の最後に来たものすごいダメージ攻撃「去れ、永久に」が来たあ!


クイン
「こ・・・これはたまらないですね・・・」


カリバー
「もう一度再戦してみようか。」



変換 ~ P1002545

ドリス
「今度は1ターン目に『去れ、永久に」が来たあ」

クイン
「うわ・・・もうこれゲームになってないのですが」


カリバー
「というわけでだ、
 夜の部は昼の部と違って、行動がランダムだ。
 昼の部の攻撃すべてが来るわけではないが、
 そのランダム行動の中に「全員即死ダメージの『去れ、永久に』が含まれている。

 とどのつまり、いつくるかわからない『去れ、永久に」の対処ができないと
 絶対に勝つことができないボスというわけだ。



ドリス
「こ・・・これ対処できるの?」


クイン
「私が後列に下がって、オートガードが発動した場合
 約1500ダメージまで落ちましたが、それでも即死です!」



カリバー
「この攻撃をミストや何かでどうこうすることはできない。」


ドリス
「ええ!
 そんなの無理じゃない!」


クイン
「すると、あれですか?
 フォーススキルの『完全防御』を使う。」



カリバー
「まあ、普通に考えればそうなるだろう。
 だが、オレ達はフォーススキルは絶対使わない。
 
 これは、中の人が、フォーススキルというゲームシステム自体が
 この世界樹2のゲームバランスをぶち壊しにする最悪のシステム

 と思っているからだ。

 というわけで、最後まで封印させてもらう。」


ドリス
「何なの、その無茶苦茶な話は・・・」


カリバー
「せっかく今作は各キャラのバランス調整がうまくいってるのに
 フォーススキルのせいでぶち壊しになったのが、本当に気に入らないらしいよ。

 最たるは、オレのダークハンターのフォーススキルである「オールボンテージ」らしい。
 最も好きな持ちキャラが、最も糞なフォーススキルを使うもんだから
 ゲーム購入前から憤慨してたらしい。」


クイン
「私の完全防御も一歩間違えれば・・・というか、物資があれば
 とんでもない話になってしまいますね。」


カリバー
「ただ、誤解ないようにいっとくけど、
 三人旅だと完全防御使っても無理だぞ。

 ちょっと考えればわかる話で、

・戦闘開始前にアクセラ使ってフォーススキル使えるようにしておく。
・ラスボス戦開始で完全防御&攻撃
・次ターンでアクセラⅡをクインさんに二人がかりで使う←ここがスキだらけ

 という感じで、間断なく完全防御を使えないのよ、オレ達は。」


ドリス
「あ・・・」


クイン
「やるにしても、アクセラⅡの大量調達が必要になりますね。」


カリバー
「つうわけで、フォーススキル使うにしろ使わないにしろ
 『去れ、永久に』をまともに防ぐことはできないということだ。」


ドリス
「勝てないじゃない!」

クイン
「これは無理でしょう。」


カリバー
「普通に考えたらそう思うわな。



 ククク・・・ハハハ・・・

 あ~やっと、本気を出すときが来たよ。



ドリス
「ええ?本気?」


クイン
「今まで本気で戦ってなかったのですか?」


カリバー
「そりゃな。
 今までの戦い、なんだかんだで『アドリブ』で何とかなってたからな。
 もしかしたら、最後まで必要ないのかと思っていたよ。」


ドリス
「じゃあ、あるのね?」


カリバー
「あるさ。
 そして、いい機会だから教えておいてやる。

 今回の三人旅につけられたタイトル名の本当の意味を。


ドリス
「タイトル名?」


クイン
世界樹の迷宮2SSS
 つまり
 SekaQ
 anbaka
 amurai
 のことですか?」


カリバー
「ああ、そのSSSだ。
 今回、エスバット戦に負けてから三人旅になって
 なんか映画ネタを絡めて無理やりつけたようだが、本当は違う。」




SSS01.jpg

カリバー
「世界樹2SSSの本当の意味は
 最後(Saigo)は
 システム(System)
 操作(Sousa)
 だったんだよ!」



ドリス
「な、なんだってー!」


クイン
「な、なんだってー!」


カリバー
「つまりは、乱数調整って話。

 このネタ、
 まじめに中の人が三人旅開始前に考えてたネタなんだけど、
 事実として、今の今まで乱数調整が必要になるような強敵がいなくて
 最後まで使わないんじゃないかと思ってたネタだ。


 ラスボスの昼の部ですらああだったからな。
 この最後の最後で夜の部で必要になってよかったよ。」


ドリス
「・・・・・・」


クイン
「あきれてドリス殿が無口になっちゃいましたよ。」


カリバー
「世界樹は乱数に始まり、乱数に終わる。」


ドリス
「・・・・・・(ぽかーん)」


クイン
「あー、ちょっとドリス殿を現実に戻さないと
 戦闘どころじゃありませんよ。」


カリバー
「悪い悪いw」


クイン
「でも、今作では乱数調整可能なんですか?
 このゲームのボスはほぼどれも磁軸の近くじゃないですか。
 だから、意図しなくても電源入れてから最初の戦闘になってしまいます。
 そこでの行動は私でも『毎回違う』ことぐらいは確認済み。

 つまり、前作のような電源技は使えないはずです。


カリバー
「そのとおり。
 今作では、前作のような電源技を戦闘で使うことができない。

 それはオレもわかっているが、100%そうとは言い切れない。
 そこをこれから調査する。」


ドリス
「今から調べるの?」


カリバー
言ったろ?
 今まで必要なかったから、乱数調整について
 特別調べてなかったんだよ。


 唯一やったとすれば、ここの話かな?
 
 http://runark.blog6.fc2.com/blog-entry-427.html

 ここで『エンカウント乱数調整」の話をしているけど
 これが今回の攻略の伏線だと思ってくれ。



ドリス
「伏線?」


カリバー
「つまり、時間がらみだということ。

 クインさんが言うように、電源入れてから一回目の戦闘で
 どうにかなったのが前作での戦闘乱数調整。

 けど、今作はそうなってないということは
 乱数テーブルが戦闘に入る前に変わっているということだ。

 まずそれをつきとめる必要がある。
 そうした場合に、まずある程度偏りがでないように事前準備が必要で
 それがエンカウント乱数。
 つまり、ゲーム起動時の時間を毎回固定するということ。

 乱数に時間が絡んでいるならば、
 毎回同じ時間に開始すれば、それだけで乱数が固定するはずだろう?



ドリス
「あなたの本気ってこういうことなのね。
 普通にやらないことを調べるという意味で。」


クイン
(戦闘の攻略は本気じゃなくてもできるってことか。
 まあ、属性調べて対処すればいいだけだから
 このゲームでいうなら、本気ださなくても何とかなるといえばなるからな)


カリバー
「そんなわけで、ちょっと検証戦をするぞ。
 これで何戦か、何十戦かしてみて
 乱数の傾向がつかめたらオレ達の勝ち。
 ダメだったら、オレ達のパーティーでは勝てないと思ってくれ。」











そして、乱数検証戦が始まった。







ドリス
「ダメだわ。
 全然固定しなくない?」


クイン
「そうですね。
 毎回同じ時間に起動していますが、
 ボスの行動が変わります。」


ドリス
「やっぱり無理なんじゃ・・・
 ねえ、カリバー・・・」


カリバー
「・・・・・・」


ドリス
「カリバーったら!」


クイン
「ドリス殿、静かに!
 ここはカリバー殿にまかせましょう。
 我々には見えない何かをつかんでいるかもしれません。」


ドリス
「・・・そうですね。
 私達は何度も戦って、カリバーにデータを与えましょう。」












(そして・・・・)
















カリバー
「見えた!
 そういうことだったのか!
 これは・・・製作者の温情か・・・それかミスなのかな。
 
 まあ、これで勝ちは見えた!


ドリス
「本当に?」


クイン
(本当にわかるのか?何に気づいた?)


カリバー
「簡単に言うとだ、
 戦闘開始前までが時間がらみ
 ただし、
 戦闘開始後は固定乱数


 つまりは、エンカウント乱数(変動)と戦闘乱数(固定)の組み合わせってわけだ。」


ドリス
「???」


クイン
「もっと詳しく。」


カリバー
「あれ、もうこれでわかってほしかったんだけどな。
 
 簡単に言うと、戦闘開始までの乱数は時間が絡んでいる。
 これはゲーム起動時間を毎回同じにしても、微妙にかわっている。
 つまり、ゲーム開始してから、最初の戦闘が『開始するまで』に
 どれくらい時間が経過したかによるという話だ。

 おそらく、秒単位・・・もっと細かい0コンマn秒単位まで見ていると思うんだが、
 そこで「戦闘開始」、ここでいう開始とはコマンドをすべて入れ終わった状態のことを指すが
 その戦闘が始まった時に「どの乱数テーブルを使って戦闘をするかが決定される。」


クイン
「そうだとすると、相当シビアにゲーム開始して戦闘を開始しないとダメということですよね。」


カリバー
「オレもそう思っていたんだが、微妙に甘いらしい。
 これはラスボスだけなのかもしれないが、
 戦闘開始した後のボスの行動がなぜか2パターンしかなかった。


ドリス
「2パターン?」


カリバー
「うん。
 不思議に思うかもしれないが、実際そうなった。

 今回、中の人がやった乱数調整を書いてみよう。」



変換 ~ P1002577

カリバー
「DSの内臓タイマーを00:00にセットする。
 これで一回電源が切れるので、すぐに電源をいれなおす」



変換 ~ P1002578

カリバー
「電源をいれたら、
 秒針が20秒ぴったりの時にゲームを開始する。」



クイン
「これで起動時間が毎回同じになるわけですね。」


カリバー
「うむ。
 で、あとは急いでラスボスのところまでいって戦闘を開始するのだが、
 ここでボスが開幕に取る行動が2パターンに限定された。」



変換 ~ P1002548

カリバー
「パターンその1、『我に触れるな』を使う場合」



変換 ~ P1002576

カリバー
「パターンその2、『強者への賞賛』を使う場合」



ドリス
「あ、これ本当だわ。
 なぜかわからないけど、この2パターンしかこない。」


クイン
「秒をコンマn秒単位でみていたら、
 それこそ開始のパターンは無限大に近いはずなのに・・・
 なぜこの2パターンに限定されるのでしょう?」


カリバー
「わからん。
 そこはもうプログラマの人に聞くしかないんじゃないかな。

 とにかく、この方法でやると2パターンのどっちかが来ることがわかった。
 時間が絡んでいるかもしれないとして、ここからだけど、
 
 戦闘が開始した後は、実は固定乱数だったりする。

 つまり、最初だけ2パターンで分かれたけど
 そこから先はそれぞれで乱数調整が可能というわけ。


ドリス
「?」


カリバー
「つまり、乱数テーブルがあるとして、それの開始地点が
 時間やらなんやらで決められる。
 そこはさっきからいっているとおり2パターンに分かれるが
 そこでスタート地点が決まったら、
 そこから先はいつもの戦闘乱数調整が使えるという話だ。
 

 つまりは、いつもどおり同じように行動してたら
 敵も自分達も毎回全く同じ戦闘内容になるということ。



クイン
「わかってきました。
 つまり、最初は2パターンで分かれるけど
 それはつまり、2パターン分の戦闘乱数調整をすればいい

 だけという話なんですね。」


カリバー
「正解!
 まあ、単純に手間が2倍になるという話だな。


ドリス
「なんか嘘みたいな話ね。」


カリバー
「嘘かどうかは、中の人が実践みてみせるから、
 それでもって判断して欲しい。」






カリバー
「とりあえず戦いの基本としては
 オレのトラッピングとクインさんのフロントガード、ドリスは適時に回復アイテムを使う。
 
 そうして戦っていて、敵と味方のすべての行動をメモにとる。
 そして、『去れ、永久に』が来た場合、
 その直前の戦闘の行動を変える。


 これが戦闘乱数調整だ。
 これを駆使することで、最終的にどうなるかというと
 トドメを刺すまで一度も『去れ、永久に』が来ないという
 普通じゃありえない展開を繰り広げることができる。


 これで乱数調整。」


ドリス
「前作でもやってました。
 特に、前作では『ネクローシス』が来ると大変だったから
 これを避ける展開を乱数調整で作っていました。

 ぶっちゃけますと、これとやっていることは全く同じです。
 ネクローシスがボスの体力関係なしにいつでもくる戦闘と
 考えてもいいかもしれません。」


クイン
(これをカリバーの『本気』というなら、
 やっぱプレイが普通じゃないとしかいえないけどな・・・)




変換 ~ P1002548

●最初に『我に触れるな』が来た場合

カリバー
「乱数調整をした結果、以下のような戦闘テーブルで撃破した。
 オレンジ色が塗られている行は、普通にやったら次のターンに『去れ、永久に』が来たので
 行動を変えて回避したというのを表す。」


変換 ~ lassbossA



カリバー
「で、実際にこのとおりの展開になったのだけど、このページで全部写真貼ったら大変なので、
 とりあえず19ターン目に撃破してるから
 その瞬間の写真を載せておこう。」



変換 ~ P1002572
変換 ~ P1002573
変換 ~ P1002574





変換 ~ P1002576

●最初に『強者への賞賛』が来た場合
変換 ~ lassbossB



カリバー
「これはパターンAと違って、『孤独を尊ぶ』が少なくて
 なかなかダメージを稼げなかった。」



変換 ~ P1002589

カリバー
「その途中でクインさんが石化したぐらいかな、面白かったのは。」


クイン
「石化してもダメージは喰らいますから、おかまいなしにトラッピングでしたね、カリバー殿は。」



変換 ~ P1002602

カリバー
「最後の最後でオレが呪いにかかったしな。
 呪い状態でトラッピングすると、トラッピングダメージが跳ね返ってくるから
 非常に危険だった。」



変換 ~ P1002603

変換 ~ P1002605

ドリス
「敵より先に私達の方が動けるので、呪いを解除して
 トラッピングで反撃して撃破成功でした。」





カリバー
「以上、ラスボス撃破の話。」


ドリス
「なんか普通に戦ってないから、ずるい気もするわね。」



変換 ~ p1002597

カリバー
「けど、簡単にいうけど、大変だったんだぜ。
 この写真とかとどめ寸前まで追い詰めて
 『去れ、永久に』で全滅した瞬間のものだw



クイン
「実際、かなり時間はかかりましたね。」


カリバー
「こういうのを思いついて、
 実際どれだけの人が本当にやったかじゃないのかな?

 思いついてもいない、やってもいないで
 あーだこーだ言われる筋合いはないからね。」


ドリス
「それで、今回は満足したの?」


カリバー
「まあ、いいんじゃないでしょうか。
 少なくとも昼の部よりは大変だったし、色々調べて倒せて面白かったよ。
 やっぱ世界樹に乱数調整がないと、物足りないわwww


クイン
(そう思っているのは、間違いなくお前だけだと思うぞ・・・)



カリバー
「まあ、これでラスボスを本当に撃破。
 図鑑も完成し、ついにオレ達の冒険は終了した!」



ドリス
「今度こそ、本当に倒したことにしていいのね?
 クインさん、電源を守ってください。
 電源を完全防御です!」



クイン
まかせてください!
 (カリバーの電源切りこそ、今回一番危険だったからな・・・)」


カリバー
「・・・まあ、いいや。
 それでお前達が満足したならば、
 これで本当にオレ達の冒険はおわりかな?

 じゃあ、エンディングをみにいくか。」


ドリス
「エンディング!
 ついに終わっちゃうのね、冒険が。」


クイン
(・・・・・・)


  1. 2008/05/04(日) 13:33:58|
  2. 世界樹の迷宮2 SekaQ Sanbaka Samurai|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

世界樹2・エピローグ「君達の冒険は終わった?」

変換 ~ P1002754

ドリス
「最後の戦いまですんなり行きませんでしたが
 それはそれでついにラスボスを倒して、図鑑が完成しました。」



変換 ~ P1002756

ドリス
「しかしそれはお別れを意味することでもあります。
 公宮のおじいさんが私達に話しかけてきました。」



変換 ~ P1002760
変換 ~ P1002762

ドリス
「冒険者は一箇所にはとどまらないさだめ。
 それでもいつか戻ってきてくれることを信じて
 私達に公国の守護証を授けてくれました。」


クイン
「これで本当におしまいなのですね。」


カリバー
クリアするのに2ヶ月かかったけどね。
 普通に働いていて、しかもこうやってブログも更新していたら
 そりゃそんだけかかるよなあと思う。
 学生だったら一ヶ月もかからずクリアしてんだろうけどさ。」


ドリス
「でも、その長かったこのゲームも終わっちゃうのね。
 そう考えると、なんかさみしいわ。」


クイン
「同感ですね。
 今回も色々なことがありましたからね。
 ゲーム内だけでなく、ゲーム外でも色々ありました。
 中の人がスノボーでこけて右手首骨折するとか!


カリバー
「あれは今思い出してもきつかったわ。
 骨はまじで折るもんじゃないわ。」



ドリス
「片手でゲーセンいってSTGとかやってたものね。
 アホすぎるわ・・・」


カリバー
「それはそれで、このラガードからもお別れだ。
 最後に色々な人と別れをおしんでくるのもよしだ。」


ドリス
「そうね。」


クイン
「そうですね。」


カリバー
「あと、オレ達の最終スキル構成と使用した感想とか書いてみるか。」





変換 ~ P1002606
変換 ~ P1002609

●カリバー、剣ダクハン、レベル71(※キャラ作成一番目)

HPブースト10
TPブースト8
STRブースト10
TECブースト1
VITブースト10
逃走率アップ1
コドクの極み5
鞭マスタリー8
剣マスタリー8
アナコンダ1
ジエンド1
ドレインバイト5
トラッピング5
トラッピングⅡ5
ボンテージケア3
余り無し


・アイテム集めが終わった後の最終仕様。

・伐採を捨てて、コドクバグ状態でもかまわずにコドクの極みを装備。
 これは元々私のパーティーが状態異常をメインにしないので
 コドクバグ状態になっても別にかまわないというのがある。

 実際これを使うことで普通に状態異常にかかりづらくなって便利。

・「無我の極み」をつけてもよかったけど、クインのシールドスマイトが
 腕縛りするので、一応使わないでおいた。

・攻撃スキルはドレインバイトとトラッピングだけでok。
 他は遊び程度でしか使えないと思っている。


・ドレインバイトは雑魚戦メインで、ソロでも戦える能力あり。

・トラッピングは雑魚戦、ボス戦両方使えるスキル。


剣ダクハンはエスバット戦で
二人旅で負けた時は弱体化したと思ったけど
最終的には強いキャラでした。
理由はトラッピングをメインの戦法にしたこと。
これが強いのは、ボスの攻撃が複数攻撃ばかりで単調なためで、
それのおかげで強いという印象はあり。



あと、「フォーススキルを使わない」という前提だけど
剣ダクハン>鞭ダクハンという結論になりました。



理由は
・ジエンドは強いけど、それが必要なのは条件ドロップだけ。
 雑魚モンスは元々弱いからジエンドするためにわざわざ生かす必要ない。
 ボスはゴーレム初戦だけはジエンドに助けられた。
 (それでもレベル10じゃなくて7か8くらいだったけど)
 むしろ問題は「条件ドロップのためにダクハン使ってない人が
 わざわざ作らないといけない」という面倒くささだと思った。
 私はここに関しては運が良かった。

・縛りはオールボンテージ無しだと普通に全然縛れない。
 縛れてもすぐ外れる。だから、エクスタシーとかまず無理。

・剣が鞭より強い最大の理由は「真龍の剣」を装備できること。
 これのおかげで個の能力は剣の方が上になる。


というわけで、鞭が強い強い言ってるのは
オールボンテージ前提じゃないかと。




変換 ~ P1002607
変換 ~ P1002610

●ドリス、バード、レベル72

HPブースト10
VITブースト10
逃走率アップ1
歌マスタリー5
猛き戦いの舞曲10
聖なる守護の舞曲10
蛮族の行進曲10
沈着なる奇想曲1
耐邪の鎮魂歌10
余り15w

・ヘカトンケイルのせいでレンジャーに戻したため
 最大レベルが他より1上がってしまった。

・バードは今回も安定して使える職業だった。
 やはり他のステータス強化スキルと違い
 使ったら効果が全員に効く&永続なのが大きい。
 ここだけでドクトルマグスより数段上だと思う。


今回最も注目すべきは「耐邪の鎮魂歌」。
 これのためにバード入れてもいいぐらいだった。

・スキルが15あまったのはホーリーギフトをいれてたため。

・アタッカーにはなれないのでSTRブーストにいれる必要なし。

・ボス戦でも早々何度も歌う必要ないのでTPブーストも必要なし。

・属性曲はオイル系で何とかなるのと、前作より属性攻撃が必要な敵が
 いなかったので、覚える必要はなし。

トラッピング戦法を活かす為の職業の一つ。
猛戦曲・守護曲・耐邪曲があれば、たいていのボス戦はOKだった。
効果が切れないので歌った後は安定してアイテム回復に専念できる。
HPがレベル72でも600前半なので、ボス戦の連続攻撃に耐えれない時あり。
その場合は蛮族曲を使ってHPを増やして対応できる。

バードが強いのはなにげに「真龍の剣」を装備できること。
これのおかげで打たれ弱さが若干ましになってくれた。




変換 ~ P1002608
変換 ~ P1002611

●クイン、パラディン、レベル71

HPブースト10
TPブースト8
逃走率アップ1
盾マスタリー10
オートガード1
シールドスマイト5
フロントガード10
ファイアガード10
フリーズガード10
ショックガード10
採掘1
余り5

・スキルは引退しないとここまで覚えることができない。

・一応HPブーストは8で止めても十分な体力は維持可能。

・TPブーストも5あればぎりぎりだけど、アイテム回復は多くなる。

・攻撃に関してはスマイト5あればOK。
 ここからさらにSTRブーストは過剰でスキルポイントもったいない。

・オートガードは1でも覚えておくといい。あるだけでかなり違う。

・トラッピング戦法で一列に並ぶので、フロントガード必須。

・三色ガードは普通に便利だった。三竜戦、ラスボス戦で必須。
 これが無いとミスト集めが大変になって面倒になるだけ。


今回も安定して使える職業だった。
トラッピング戦法において必須職業。
ダメージを軽減するフロントガードが「強化枠を使わない」ことが大きすぎる。

これにより、
守護曲+ミスト+フロントガードという守りの布陣が可能で
ディノゲーターとか、これのおかげで雑魚だった。
やはり真龍の剣を装備するとさらに固くなってくれる。
あと、「聖騎士の鎧」が素で物理耐性あるため、
これを物理攻撃に対してはほぼ死ななくなってくれた。




カリバー
「他、細かいところでは三人で採取・採掘・伐採ができる点が大きい。
 ちゃんとスキルポイント振って面倒くささを感じないなら
 この三人でも採集アイテム集めが可能ということ。

 そして、即死ドロップと縛りドロップをオレで満たすことができるので
 属性ドロップがアイテムで代用できる今作では
 実はパーティーの入れ替え無しで
 最初から最後まで通せるメンバーだったということ。


 面倒というか大変なのは三竜の第三ドロップと、緋緋色の剣兵の第三ドロップだけど、
 この辺はむしろプレイヤースキルの見せ所だと思う。
 これらのためだけにカスメ入れるとかやってらんないしな。」


ドリス
「実際、剣ダク・バード・パラディンは
 三人パーティーでは完成系の一つだと思います。
 最後まで戦えてしまったわけですので。」


クイン
「パラディンのガード系のあるなしじゃ戦闘難易度変わりすぎですからね。」


カリバー
「まあ、キャラ紹介は以上だ。
 あとは、お別れのその日まで、各自思い出・感傷に浸っといてくれ。」


ドリス
「わかったわ。」


クイン
「了解です。」






●エピローグ



ドリス
「こらー、一人で行っちゃ危ないわよー」





変換 ~ P1001748

ドリス
「宿屋のこの子、なんか、ちくやらギルドではなくて、
 私のことが気に入っちゃったみたいです。

 私たちがラガードを離れることをわかっているのか、
 毎日たくさんの花飾りを作っては私に渡してきます。

 街を離れられないこの子にとって、
 私が一生無事でいれるように、
 いえ、私とカリバーとクインさんたちみんなが一生無事でいれるように、
 一生懸命作ってくれているのだと思います。」













変換 ~ P1002073

クイン
「私もかつて、敗走した時に敵国の大将に拾われたことがあります。
 そこでぎりぎりの騎士道を保つことができました。

 フフ・・・騎士道とは因果なもので、時にはそのこだわりがうっとおしくなるときもあります。
 が、こだわりを貫くなら、別に騎士道じゃなくてもいいのですよね。

 バカだけど、そういうこだわりを貫くことに関しては
 騎士道も顔負けの男が一人いますね。」















変換 ~ 20080405212146

カリバー
「大体この街には女っ気が足りないんだよ!
 第六階層になってから、
 公宮のお姫さんなんか一度もでてこないじゃねえか!


 シトトちゃん(仮名)は、ちょっとプレイヤーに媚りすぎな所もあるしな。
 オレはもっと、普通の大人の女性を見たかったよ。

 前作だと酒場には綺麗な未亡人がいてだなあ、
 お前みたいな臭い親父と違ってだなぁ・・・

 って、まあこうやって口げんかするのも最後だな。
 うまい酒を色々と今までありがとうよ。

 お前がクエストの途中で言ってた↑の台詞。
 これは忘れてないぜ。

 そう、オレにもそういうのがまだこの街にあるんだよ・・・」















そして、ちくやらギルドがハイ・ラガードを離れる時が来た。
この国での功績をたたえ、またその別れを惜しむ者が多いため、
国をあげての表彰式が開催されることになった。








ドリス
「クインさん!
 カリバーが逃げないようにちゃんと見張っておいてくださいね!」



クイン
「前作のエピローグでは、ストⅡネタを使って
 まんまと逃げられましたからね。」


ドリス
「あの時は場を取り繕うのに大変だったのよ・・・
 今回は逃げられないようにしないと。」


カリバー
「めでたい日に何血相変えてんだよ。
 しわが増えるぞ」


ドリス
「ムキー
 誰のせいだと思ってるのよ!」


クイン
(やれやれ、最後までこの調子か・・・)









そして表彰式







名称未設定 1のコピー




ドリス
「今回はちゃんとみんなに表彰されているようね。
 一安心だわ。
 ちょっと鼻の下伸ばしすぎだけど!」



クイン
(あれ・・・?
 これは『飢狼伝説』だったような・・・

 確かこの後って・・・)
































名称未設定 2のコピー



































ドリス
「ふう、表彰式もひと段落したわ。
 これで本当にお別れね。

 今回は珍しくカリバーもおとなしくしてたし、良かったわ。」



クイン
「あの、申し上げにくいのですが、
 そのカリバー殿が何者かに連れ去られたようです。」



ドリス
「なんですってー!」


















果たしてカリバーの行方は・・・?

  1. 2008/05/04(日) 14:46:44|
  2. 世界樹の迷宮2 SekaQ Sanbaka Samurai|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

世界樹2最終回・エピローグ最終決戦、対エスバット・夢の超人タッグ編

変換 ~ P1001720

セツ
「くそがあああ!
 勝てねえええ!」


ユキ
「どうしても最初の1ターン目で兄さんか私が混乱してしまう…
 これを破るにはどうすればいいの?」


セツ
「ちくしょう!
 オレ達じゃここまでなのか?」


ユキ
「・・・・・・」


セツ
「あのおっさんに啖呵きったわりに、ここでリタイアかよ・・・
 だっせえ・・・かっこ悪すぎるぜ・・・」


カリバー
「ククク・・・その負けん気は評価できるな。」


セツ
「!来たか・・・クソジジイ~」


カリバー
「だから、ジジイっていうなって!」


ユキ
「カリバーさん・・・」


カリバー
「ああ、ごめん。
 二人には礼を言わないとな。
 あのとき、前の話で、オレを見事拉致ってくれて。


セツ
「ったく、あんな変装までさせやがって。」


ユキ
「うふふ・・・私は楽しかったわよ、兄さん。」


セツ
「こいつの頼みが無かったらお前なんか呼んでねーからな。いっとくけど。」


カリバー
「わかってる。
 これはオレが妹さんに頼みこんだ話だからな。

 ちょうどこの話の時に
 http://runark.blog6.fc2.com/blog-entry-447.html


 妹さんにはオレ達の方にスポット参戦してもらったわけだが、
 その時にお願いしてたのよ。

 第二階層あたりで躓いているなら、オレを参戦させてくれと。


セツ
「つうか、おっさん。
 すでにゲームクリアしたんだろ。
 今更こんな第二階層まで戻って何のようがあるんだよ。」


カリバー
「それは、お前達がこの後に対決することになる
 ある二人組みとの因縁にケリをつけたいからだ。

 残念ながら、オレ達の二人旅を終わらせた奴らがいてな、
 そいつらにどうしてもリベンジしたかったのよ。



ユキ
「カリバーさんでも勝てない敵がいるなんて。」


カリバー
「いや、妹さん。
 オレだってそんな万能じゃないよ。
 組み合わせも悪かったせいもあるだろうけどね。

 ただ、あのときはおれ自身の戦闘経験値が足りなかった。
 だから色々気づかなくて負けてしまった。

 が、今なら勝てると思う。」


セツ
「・・・」


カリバー
「ちなみに、勝つにはセツ、お前の力が必要だ。」


セツ
「オレの?」


カリバー
「ああ。
 悪いが妹さんとのコンビでは100%勝てない。
 間違いなくお前と組まないと勝てないと考えている。

 だから、お前の力を貸して欲しい。
 このとおりだ(頭を下げる)」


セツ
「ハっ・・・、いい年したおっさんが
 年下のガキに頭下げて恥ずかしくないのかよ!」



ユキ
「兄さん!」


セツ
「・・・・・・
 まあ、そこまで言うなら仕方ない。
 オレ達のギルドに入れてやる。」


カリバー
「礼を言う。
 さしあたって、第二階層ボスでてこずっているんだったな。
 早く先行きたいから、ここはオレにまかせてもらおう。

 ユキさん、オレと組んでさっさと倒すぞ。」


ユキ
「は・・・はい。」



変換 ~ P1001711

カリバー
「作ったばかりでレベルが足りてないが、
 とりあえず「ジエンド10」を覚えた。
 もう有無を言わさずボスを倒す戦法だ。」



変換 ~ P1001712

カリバー
「妹さんは、跳弾が使えるようだから、
 力の指輪でめいいっぱいSTRをあげて、
 速攻でボスの体力を半分減らしてもらう。




変換 ~ P1001713
変換 ~ P1001716

カリバー
「戦闘が開始したら耐熱ミストを使ってオレは防御。
 妹さんには跳弾を使いまくってもらう。」



変換 ~ P1001717
変換 ~ P1001718

ユキ
「カリバーさん、体力半分削りました!」


カリバー
「上出来だ、妹さん!
 あとはオレがジエンドやっておしまい。」


セツ
「はええ・・・」


カリバー
「倒すだけなら、この戦法でいいからな。
 しかも第三ドロップでお金も稼げる。」


ユキ
「さすがです。」


カリバー
「すでに攻略を知ってるからできるんだよ。
 そういう意味じゃ二人の冒険を邪魔してしまって
 申し訳ないと思っているが・・・」


セツ
「かまわねえよ。
 オレ達じゃ勝つのに苦労しそうだったからな。
 それにそのオッサンが勝てなかったという敵に興味がわいた。」


カリバー
「ふ・・・楽しみにしてな。
 今の戦いよりも数倍きついのが待っているぜ。」


ユキ
(意外とこの二人の息があってるかも・・・)







変換 ~ P1002613

カリバー
「そんなわけで、先にを急ぐために
 三人旅で第三階層を探索した。」


ユキ
「これ、二人でやったら相当難しくないですか?」


セツ
「・・・よくこんなところ二人で突破したな、オッサン。」


カリバー
「いや、オレも今やったら、すげえ難しいと思ったよ。
 オレのレベルがまだ低いからかもしれないけど。」



変換 ~ P1002616

変換 ~ P1002626
カリバー
「そしてこいつらがオレの倒したい最後の敵、エスバットだ。」


セツ
「こいつら・・・つええ!」


ユキ
「戦う前からその強さを感じます!」


カリバー
「まじで、このレベルと装備では半端なく強い。
 しかし、オレはこいつらに二人旅で勝たないと
 本当に世界樹2を終わったとは言えない。




変換 ~ P1002639

カリバー
「そして、あっというまに15階についた。
 あとはエスバット戦に向けて装備を集める必要がある。」


ユキ
「私がお手伝いできるのはここまでですね。」


セツ
「オッサンのレベルも上がってきたが
 スキル構成とかどうする?
 それ専用の構成にしないと、勝てそうにないのは俺にもわかったぜ。」


カリバー
「理解が早くて助かる。
 装備とスキルについては今から説明しよう。」



変換 ~ P1002644

変換 ~ P1002646

カリバー
「オレはメインがトラッピング、あとは最後の削り用にドレインバイトを使用。
 装備は現段階でそろえることができる最も強い武器と防具だ。

 スキル構成は
 ・HPブースト3
 ・STRブースト10
 ・剣マスタリ8
 ・鞭マスタリ8
 ・ドレインバイト5
 ・トラッピング5

 レベルはオレがドリスとクインさんたちと戦った時が38だったはずだから
 それ以上のレベルには絶対しない。」



変換 ~ P1002645

変換 ~ P1002647

セツ
「俺はオッサンに言われてこういう構成になった。
 ・HPブースト9
 ・TPブースト10
 ・巫術マスタリ5
 ・フルヒーリング5
 ・鬼力化5
 ・皮硬化5

 完全に支援しろということらしい。」


カリバー
「そう、前回オレとクインさんでダメだったのは、
 被ダメは下げることができても回復が弱かったということ。
 そこで、回復と防御アップ支援の両方可能な
 ドクトルマグスの力が使えるのでは?と思ったわけだ。」


セツ
「俺は後列にいるから、攻撃力は必要ないんだと。」


カリバー
「前列二人にはできない。
 アーテリンデの攻撃が複数攻撃だからな。」


セツ
「他に準備はないのか?」


カリバー
「耐斬ミストだけは用意しておく。
 ミストがこれだけなのは後で説明する。」


ユキ
「二人とも・・・がんばってください。」


カリバー
「まかせてくれ、妹さん。
 これで勝てなきゃ、オレはおしまいだからな。」


セツ
「オッサンを死なせないように
 がんばってくるぜ。」
















変換 ~ P1002653

カリバー
「そして、ついに再戦。
 ある意味、とても楽しみにしていたぜ!
 今度こそこいつらを撃破して、二人旅最強はオレ達ということを証明してやる!」


セツ
「オッサン、トチるんじゃねーぞ!」



変換 ~ P1002654

カリバー
「まず、最初に耐斬ミストを使ってみよう。
 これはアーテリンデの攻撃ダメージを和らげるためだ。
 だが、ミスト自体前に戦った時も試したのだが、
 どうもわからない点が一つあった。」


セツ
「オレは?」


カリバー
「鬼力化を頼む。まずは様子見だが。」



変換 ~ P1002656

カリバー
「ぐは!」


セツ
「おっさん!やられてんじゃねーか!」


カリバー
「ああ、やられたが、やっとわかった。
 アーテリンデのスキル攻撃は斬属性だけど
 通常攻撃は斬属性ではないらしい。


 前にミスト効いているのか効いてないのかわからんかったんだけど
 これで謎は解けた。
 すると、鬼力化じゃだめだな。

 セツ!開幕は皮硬化にしてくれ。」


セツ
「わかったぜ!」




変換 ~ P1002658

カリバー
「耐斬ミスト&皮硬化で、アーテリンデのスキル攻撃は
 二桁ダメージに収まった。」



変換 ~ P1002661

カリバー
「こちらの攻撃のメインはトラッピングだ。
 これで二人同時に相手する戦法は変わっていない。
 唯一前回と違うのは「鬼力化」でダメージアップができること。」



変換 ~ P1002671

カリバー
「また、メディカⅡの回復力200ではおいつかないくらいのダメージを受けた場合は
 セツのフルヒーリングでもって完全回復できるのも大きい。」



セツ
「そのために、フルヒーリングのレベルやTPブーストがMAXなんだな。」


カリバー
「以後、基本パターンとして

 カリバー
 →トラッピング

 セツ
 →メディカⅡで回復
   上記でおっつかない場合は、フルヒーリングで回復

 がメインになる。」


セツ
「皮硬化は5ターンで効果が切れてしまうぜ!
 どうする?」



変換 ~ P1002677
変換 ~ p1002681

カリバー
「1ターン目にミストと皮硬化を使ったから
 6ターン目に同時に切れてしまうので、
 
 ・5ターン目に先に皮硬化&回復
 ・6ターン目にミスト&回復
 で防御効果を途切れないようにする。
 
 写真は先にミストを使っているが、これはダメージの状況を見て
 セツの回復が必要な場合はミストを使うなど臨機応変に対応する。」



変換 ~ P1002683

カリバー
「トラッピング使ってTPが足りなくなってきて
 且つ敵の攻撃がセツに流れたら
 14階で拾ったハマオⅡをカリバーに使う。
 TP回復のタイミングも結構重要だ。」



変換 ~ P1002690

カリバー
そんな感じで、ミストと皮硬化を切らさないように、
 あとは適時回復アイテムとフルヒーリングを使って
 トラッピングによる約230ダメージを二人に与えていく。

 可能ならば鬼力化を使うと一気にトラッピングのダメージが上がる。

 アーテリンデの「亡者の灰」だったか、
 物理攻撃じゃないのがあって、トラッピングが効かないことがあるから
 先にライシュッツの方が倒れやすい。」



変換 ~ P1002692
変換 ~ P1002693

カリバー
「あわてず、丁寧に回復とミスト張りをしていれば、順調にダメージを稼げる。
 そうしているうちに、まずライシュッツを撃破!」


セツ
「おし!
 あとは女一人だ!
 こうなったら楽勝だぜ!」



変換 ~ P1002697
変換 ~ P1002698

カリバー
「アーテリンデは体力が減ると、体力回復をし始めるので
 そうなる前に鬼力化付きのトラッピングでダメージを稼ぐといい。

 体力回復しはじめたら、
 鬼力化をかけたドレインバイトで攻撃。
 与ダメ180 - 描かれた花による回復160 = 20ダメ
 とかあるけど、じわりじわり削っていく。」



変換 ~ P1002699

カリバー
「そして戦闘中に初めてフォースゲージが溜まった。」


セツ
「よし、オッサン。オールボンテージで縛っちまえ!」



カリバー
「ああ?聞こえんな?
 わるいが、オレの世界樹にフォーススキルなんざいらねえ!
 これは多分バグだw
 チャージゲージ使おうとしたら、へんなスキルに変わっているというバグww



セツ
「あほか、クソジジイ~」



カリバー
「アホで結構だ。
 仕様にあるからとか、強いからとか
 なんでも使っていいとか、そんなのはくだらんね。

 プレイヤーは遊び方を自分で選べるんだよ。
 メーカーの用意した遊び方になぞらえれるだけが能じゃねえのさ!


 そういうのは遊んでいるのではなく
 遊ばれているんだよ!」


セツ
「くだらねえこと言ってねえで、とどめさせ、糞オヤジ!」

 

変換 ~ P1002700

カリバー
「まだ若いお前じゃ無理かもしれないな。
 ま、いずれわかるだろうよ。


 まあそれはおいといて、ついに来たか。
 あのときの屈辱・・・ここで晴らさせてもらう!
 喰らえ、トドメのドレインバイト!







変換 ~ P1002701

変換 ~ P1002702

セツ
「よっしゃー!」


カリバー
「ちくしょう!やっと二人旅で倒せたぜ!」



変換 ~ P1002703

カリバー
「この結果をふまえるとだ、
 もしかしたらオレとドリスの時に、ドリスがバードだったら勝てていたのかもしれないな。」


セツ
「オレの皮硬化が明らかに必要だったよな。
 これがないとおっさん、明らかにすぐ死んでたぜ。」


カリバー
「そう思う。
 バードのスキルで防御と攻撃をずっと上げたままにできるから
 後はフルヒーリングに変わる回復方法があれば
 あのときに二人でも勝てたかもしれない・・・か。」



変換 ~ P1002707

カリバー
「まあ、結果論か。
 とにかく今はこの勝利の余韻に浸りた・・・」









(ぷち)











カリバー
「あー!電源切ったあ!」


セツ
「お・・・おっさん!
 なんてことしやがるんだよ!」


カリバー
「オレじゃねえよ。
 一体どいつが・・・」



「ふふふ・・・
 どう?いつもあなたがやってることよ。」


「たまにはやられる側も面白いでしょう?」


カリバー
「その声は・・・ドリスにクインさん。」


ドリス
「全くあなたは何やってんのよ・・・
 他人のギルドの冒険の邪魔をしてまで・・・」


クイン
(本当に呆れた根性だぜ・・・)


ユキ
「すいません、カリバーさん。
 二人に見つかってしまいました・・・」


カリバー
「ははは、あやまることはないよ。
 実際倒せたからな。

 いや、本当にオレをここにつれてきてくれてありがとう。」


セツ
「・・・何か知らないけど、年増と腹黒いのが増えたじゃねえか。」


ドリス
「年増?」


クイン
「腹黒?」


カリバー
「ははは、言いえて妙だw
 正羽兄妹はなかなか人を見抜く力がありそうだな。」


セツ
「バカの一番手はお前だよ、クソジジイが。」


カリバー
「ジジイというなって!」


ユキ
「兄さん、やめて!」


ドリス
「カリバーも落ち着きなさいって。」


カリバー
「はぁはぁ・・・
 まあ、いいや。

 世界樹2の冒険も本当のところ、今回の更新で最終回だ。


 そこらのゲームと比べると普通に良作ではあったが
 世界樹シリーズとしてみた場合、前作と比較して不満や欠陥もあった。

 中の人はやはり「フォーススキルだけは余計だと」思っている。
 もし3を作ることがあるなら、キャラ選択時に
 チャージかフォースかを選択できるといいな・・・


 とだけ言っておく。」


ドリス
「でも、今回はパスワードがないから
 私達の冒険が引き継がれることはないのよね。」


クイン
「そこはプレイヤーの気持ちの持ちようでしょう。
 少なくとも私達は、このブログですべての冒険記録を残しています。
 また3が出た時に、同じようなことをするでしょうしね。」


セツ
「その時はお前らのおまけじゃなく
 俺達がメインの主役を張ってやるからな!」


ユキ
「みんな仲良く行きましょうね。」


カリバー
「・・・と、人数が増えると会話もわけわからなくなるだろ。
 中の人が正規の5人パーティーをやらないのは
 5人の会話を考えるのが大変ってのも理由にあったりする。



 そして、これは本当に勘違いしてほしくないから言っておくが
 三人旅をクリアしたからってすげえとか思わないように!


 悪いけど、このゲームに関していえば
 5人より3人の方が簡単だと思う。

 これは前作と今作の両方をクリアした人間からの意見だ。
 ま、中の人は5人パーティーをやったことを一度もないから
 実際そうなのかわからんけどねw



ドリス
「じゃあ、5人パーティーをやればいいんじゃない?」


カリバー
「なぬ!?」


クイン
「なるほど、ちょうど今ここに5人いますよね。」



ユキ
「わぁい。
 皆さんと冒険できるなんてうれしいです。」



セツ
「ちょっと待てユキ!
 俺はいやだぞ。こんな奴らとやるな・・・いだだだだだだ


カリバー
「オレもだ。
 大体オレ・・・というか中の人は『少数精鋭主義』なんだよ。
 使えない奴はそもそも最初からいらないって・・・いだだだだだだ



ユキがセツを、ドリスがカリバーの耳をひっぱっている



クイン
(やれやれ、こいつら似たもの同士すぎるな・・・
 オレが一番苦労しそうだぜ・・・)



ドリス
「とにかく、世界樹の迷宮2は今回で最終回です。
 今まで読んでくださいまして、ありがとうございました。」



クイン
「3が出るかわかりませんが、続編はやはり楽しみに待ちたいです。」


カリバー
「正直、今回はたいしたプレイをできなかったと思っている。
 中の人が途中で嫌になったのが最大の原因だが。」



ユキ
「その中の人が忙しくて、『もう一つのダブルスコンビ』として
 私達の冒険ができなかったのは残念でした。」



セツ
「くだらねえこだわりが多すぎる中の人がバカなんだよな。
 笑ってやっていいぞ。バーカってな!」



カリバー
「ま、最後だ。
 せっかく5人いるから記念撮影でもして終わりにするか。」


ドリス
「さんせーい」


クイン
(今回は綺麗に終われそうだな)


セツ
「けっ・・・外面ばかり気にしてるから・・」


ユキ
「兄さん!最後なんだから!」


カリバー
「よーし、じゃあ撮るぞ。
 世界樹~~の二っ」










変換 ~ P1002706

戦いはこれからだ!




















(世界樹の迷宮2 ダブルスコンビ
   &
 世界樹の迷宮2 SekaQ Sanbaka Samurai       完)








ルナーク先生の次回作にご期待ください?
  1. 2008/05/04(日) 17:07:41|
  2. 世界樹の迷宮2 SekaQ Sanbaka Samurai|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

デススマイルズ ダブルプレイクリア動画

変換 ~ P1002730

デススマイルズ。



一応、EXデスをフォレットでクリアできるようになりました。
また、今年1月下旬で「右手骨折」してしまったのですが
バカみたいだけど左手だけでデススマイルズをやり、EXモードまではクリア達成しています。


まずこの「片手プレイ」がきっかけ。
そして、ネットで知り合った「ぼぶさん」という方が、すさまじいダブルプレイの人で
『虫姫さんふたり ブラックレーベル』のゴッドモードをダブルプレイでクリアできるそうです。
私が見たときは最終面ボスでやられてましたが、それでもアレはすごすぎた。


感銘を受けまくったので、片手プレイもできるようになったから
ダブルプレイに挑戦してみました。






●デススマでのダブルプレイの慣らし方


1.一番慣れたキャラを1P側にする。

私の場合ですが、持ちキャラがフォレットなので、フォレットを1P側にします。



2.なるべく同速度のキャラを使う


ダブルプレイの基本は、2キャラいっしょに動かすことで
なるべく重ねて動かすと1プレイと状況が変わらなくなる
というのがあります。


ですが、このゲームのキャラはみな移動速度がばらばらで
普通にやったらすぐにバラけてしまって、

頭が混乱してしまいます。


その辺を考慮する必要があります。

で、基本的にレーザー撃ちっぱなしになると思ったので、
全キャラのレーザー中の移動速度を調べてみました。


速い

ローザ
ウィンディア
フォレット
キャスパー

遅い



ダブルプレイはまず最初に絶対どっちのキャラを動かしているのか混乱します。
その際に、移動速度が速いと本当に頭がついていけないので
できるだけ移動速度の遅いキャラ同士を使って、操作感を体に染み込ませます。




変換 ~ P1001884

最初のお勧めはフォレット&キャスパー。
キャスパーのレーザー移動がフォレットより遅く、いっしょに動かしていて
バラけずらいです。
ノーマルモードだと、それほどオプションの動きに気を配る必要もないので
キャスパーについては、とにかくレーザー撃ってればいいということになります。




変換 ~ P1002294

ウィンディアはフォレットよりレーザー中の移動速度が速いため
なれないとバラけやすくて混乱してしまいます。

ただ、オプションの動きがフォレットと同じ、
つまりレーザー中にオプションの動きが固定するのは
デスモードを視野にいれた場合に有効だと考えてます。

あとなにげに重要なのが、ショットを撃たないときの移動速度が
フォレットとウィンディアは同じです。
これが非常に大きくて、完全にかわしに入る時は
ショット撃たずに移動に専念します(特にジルバ戦)。
ここで二人の移動速度が違うと、すぐにばらけてかわすどころではなくなります。



なので、私はフォレット&ウィンディアをメインにしています。






変換 ~ P1002431

ローザはウィンディアよりさらにレーザー時の移動が早いため
相当ダブルプレイになれないと難しいと思います。
ただ、火力がナンバーワンなので、フォレットと組ますと、すごいことになりますw
そういう点ではボス戦が速攻できるので、いいかもしれません。






●動画について


ゴールデンウィークを利用して5/5に遠征してました。
事前にネットで調べたら、DVD録画ができる環境として
こちらのゲーセンを使わせていただきました。

石神井公園駅前センター
http://shakujii.jp/



HDDに一度録画してから、DVDにダビングするという方式で、
「一発撮り」ではない分、かなり助けられました。

DVD無くても(というかそもそも持っていったなかったw)
事務室にいる店員さんに声をかければ、100円で一枚売ってもらえます。

初めて行った時に、店員さんに親切に色々教えてもらって
すんなり録画をすることができました。
この場でもって、お礼申し上げます。


デススマの他に虫姫さまふたり黒レーベルも録画可能だったし、
いろんな格闘ゲームも録画できるように常設してあります。
結構すごいところだと思いました。



で、DVDに録画したら、それをなんとかして取り出す必要があります。
いわゆる『エンコード』という奴ですが、
これが初めてだったので大苦戦でした。


ニコニコにあげましたが、以下私がとった方法です。
「ダメな例」として参考にしてくださいw



1.DVD Shrinkというフリーソフトで、
 DVDの動画をローカルにVOBファイルで保存。


2.MediaCoderというフリーソフトで、上記ファイルをAVIファイル化。
 ここでフレームレートの設定とかわからなくて大苦戦w
 最初に作ったのとか2Gいって重すぎて大変だった。
 1000とか2000の高いフレームレートでAVIに変換しました。


3.VirtualDubというフリーソフトでAVIファイルの欲しい部分だけを
 抽出してローカルに保存。
 ここで、各ファイルが3Gとかになりました。


4.Riva FLV EncoderというフリーソフトでFLVファイルに変換
 ここで、ニコニコ動画に上げる場合、以下の制限があります。

詳しくは
http://nicowiki.com/encode.html


1ファイルあたりのアップロード可能サイズ FLV ~40MB
FLV及びMP4のビットレート上限(公式) 600kbps



 で、Riva FLV Encoderでそのようにやったのですが、
 なぜかアップできませんでした。
 どうもニコニコのFLV形式と違う形で出力されているようです。

 それで困ったのですが、以下の方法を使って無理やり対処しました。


名称未設定 1のコピー

Riva FLV Encoderで写真のようなビットレートを高めの設定で一度FLVファイルをつくる。



名称未設定 1のコピー2

Avidemux 2.4 GTK+
というツールで違うFLVの形で再出力する。
この時、ニコニコの制限にあうようにビットレートを500~550くらいまでに落とします。


というわけで、エンコードのエンコードになってしまったので
だいぶ画質が落ちてしまいました。
デモ中のような静止画像の時は結構綺麗にでますが、
動き激しいときはやはり画面が汚くなってしまいました。



ファイルは大体で25M~35Mに落ち着いたので
ニコニコにあげる方は画質も含めて参考にしてみてください。





●フォレット&ウィンディア ノーマルモードダブルプレイクリア動画


実際に録画したものをニコニコ動画にアップしましたので、
軽い攻略説明をまじえてみます。





最初に湖畔を選んだのは、レベル1でも片方がハイパー撃てるまでに持っていけるからと、
メリーさんがレベル2以上になると、
ダブルプレイでは一気に地獄と化すからです。



基本、メリーさんらボーボの攻撃を重ねると
レベル1ではキューブ破裂弾が来る前に一気に倒すことができます。



変換 ~ P1002302

が、レベル2以降ではそれが通用しません。
この前方から飛んでくる大量のキューブをダブルプレイでかいくぐるのは
本気で大変でした。
練習してた時に50プレイ分2時間でふっとぶくらい死にまくりましたw

コツですが、キューブ破裂弾の時に二人を重ねておき、
ショットを撃たずに通常移動で画面右端に逃げます。
そして、
キューブをかいくぐるときに、一度画面右上隅に逃げます。

なぜここに逃げるかというと、画面端っこだから
二人が必ずここで重なるからです。

二人を完全に重ねたら、あとは通常移動で
レバーを同時に動かして上下にかわしていきます。


キューブ攻撃が終わったら、急いでオプションを前に配置してメリーさんに打ち込みます。




名称未設定 2のコピーa

墓場はボスが弱いからレベル3にします。
そして、開幕からハイパーを発動して点数を稼ぎに行きます。

ダブルプレイというか二人プレイでのハイパー発動は
点数アイテムの奪いあいにならないように
非ハイパーの方ができるだけ邪魔にならないように離れる必要があります。


あとは一人の時と違ってそんなに細かい動作できないから
どうしても大雑把になるため、点数稼ぎに集中しようとすると
もう片方の操作を忘れて被弾しやすくなります。
ここ、なにげに難しいです。



名称未設定 2のコピー2

ボスはこの攻撃さえかわせれば全然強くありません。
地面にくっつくようにしてキャラを重ねて、
あとは、チョンチョンとレバーをちょっとずつ動かして弾をかわせばOKです。








港町は3でも道中難しくないのですが、ボス戦が厄介。
第二形態の攻撃はフォレット&ウィンディアだと
オプションの重ねが甘いと一気に倒しきれないので
まじめに攻撃をかわしています。

第三形態は画面右下が半分安全地帯ですが、
どうも後半に港町を持ってくると、鎌攻撃を喰らいやすくなるようなので

これもまじめに戦ってます。
そうすると、ダブルプレイでは強敵になります。
やはり飛んでくる鎌を良く見てかわしすしかありません。
ぶつかると思ったらボム使った方がいいです。



沼地はフォレットで先に墓場で稼いでいるとして、
500万はあると過程します。
ここでフォレットがハイパー発動して稼ぐと
大体で1500万入って2000万に到達してエクステンドします。

ノーマルモードのダブルプレイだと点数稼ぎが難しいので
基本的にそれぞれ1回ずつのエクステンドを目標として、
どちらかだけ2回目のエクステンドを狙いました。




変換 ~ p1001890

サキュラ戦は実は難しいです。
最初の魔法陣を飛ばしてくる攻撃もかわせなかったらボム。
問題はその後の壷攻撃。
これが操作になれないと本当に難しいです。

基本、オプション含めて2キャラとも縦にそろえて配置して左右攻撃。
サキュラがとおりすぎる時に、自機に当たるように弾を落としてくるので
この時だけ、小さく左右に動いてかわします。
ここが難しい。

ここを突破できたらあとは楽勝です。








森林はボス戦をちゃんと攻略しないと難しいです。
道中は基本的に速攻で。
打ち漏らしが多いと追い詰められてピンチなので
そういう時はボムを使って体勢を立て直します。


ボス戦は最初まず左端で戦い、
ボスの弾の撃ち方が変わったら画面一番下にいきます。
ここはレベル3でもほぼ安地。




名称未設定 2のコピー3

問題は次の巨大りんご攻撃で、これを画面真ん中でかわすのは安定しません。
自分達が画面一番下にいるときに、上の巨大りんごが出ると
画面一番上と巨大りんごとの間に隙間ができるので
それを利用します。

巨大りんごをかわしたら、ほぼ勝ち確定。
次の攻撃は画面真ん中でのらりくらりしてたらかわせます。



変換 ~ P1002305

レベル3進行の時は最後の攻撃の時に画面左上の安地を使えば楽勝です。



火山は、ハイパーを二人で使うと点数アイテムを奪い合って
全然フィーバーしなくて不発になります。


なので、ずらして発動する必要があるのですが、
ここまでウィンディアが点数稼ぎしてないので、
この面で2000万稼いでエクステンドさせる必要があります。
すると、「◆」から発動してレーザー撃ってれば
たいてい2000万稼げるので、ウィンディアが後攻で発動。

なのでフォレットは先行で発動します。
最初二つの火山口できっちり重なって稼げば
大体で2000万くらい稼げます。
すでに2000万稼いでエクステンドしているので
4000万いけばいいです。

フォレットのハイパーが終わり際になったら
ウィンディアに点数アイテムがいくように位置調整してやるといいです。


終盤のオロロン岩地帯はダブルプレイだと難しいので
ここはフォレット単独行動で倒しにいってます。
フォレットが倒した後にウィンディアを動かしてついてこさせるという感じ。



ボス戦は最初の弾よけが厳しそうですが、
ダブルプレイだとスローがかかりやすいため、実はそんな難しくありません。
それでも被弾しやすいので、危ないと思ったらボムで。








冥界城は熾烈です。
が、ダブルプレイやってて面白い面。

元々左右からの敵の攻撃が激しいので、
二人を重ねて左右同時攻撃で移動というのが
かなり有効な場面が多いです。






名称未設定 2のコピー4

こことか左右のデスサイズにフォレット&ウィンディアの
左右同時攻撃で撃破とかなかなか熱いです。




名称未設定 2のコピー5

城内に入ったところでは、
フォレットが地上物・ウィンディアが飛来物といった感じで
分担して突破させています。


ただ、ここは素でやっても難しいところで、重ね移動による左右同時攻撃でも突破できます。
ていうか、デスモードだとこれじゃないと難しいです。


緑竜のところで初めて1ミスしてますが、これは移動ミス。
画面下にこするように移動すると速度が落ちるために
すばやく緑竜の下を通過できなかった。




基本的には一人用でプレイしている感じでやれば問題なく突破できる面ではあります。









ジルバ戦は無茶苦茶難しいです!
ロック攻撃したいところですが、
片手だとボタン同時押ししながらレバー操作が
本気でおぼつかないため、細かい移動を要求されるこの場面では自殺行為でした。



変換 ~ P1002190

なので、レーザーでなるべく打ち込むんですが、
それでもあの弾幕をダブルプレイでかいくぐるのは難しいです。
まず普通にかわせなくて被弾しまくります。



変換 ~ P1002638

これとか本気で地獄ですw
ホント、マジで無理くさいのですが、
フォレットとウィンディアだと通常移動速度が同じなので、二人重なって移動できれば
一人でやってる時と変わらないというのがあります。

この攻撃は完全に回避に専念し、次の攻撃の時に打ち込んで倒します。



ジルバ戦からはボム推奨です。
ハイパー発動のレーザーで粘ったらボム二発、
危ないたびにボム使ったら、4~5発は必要になりますが、
それで突破できるならそれでいいかと。

最初にウィンディアが被弾したのはハイパー発動遅れです。
とっさの発動ができないんですよ…



変換 ~ P1002727

ためしにジルバ発狂もやりました。
こっちが発狂ものでしたwww
この弾全部ばらばらに飛んできますwww



ティラノサタン戦もボム大連発です。
攻撃をかわせるのは、キューブが出るまでです。
キューブ攻撃はダブルプレイだと移動で頭がこんがらがるので
私では無理だと思い、ボム使っていきます。


この時、オプションの強いフォレットではなくウィンディアがボムを使えば
キューブ攻撃中にボム三発使って第一形態を撃破できるはず。



名称未設定 2のコピー6

第二形態はまだ苦手です。
最初の弾除けは左上→左下→あとは気合w
でかわします。
最後のたくさん飛んでくるところでボム使った方がいいです。
ボム中に画面左上に逃げれば、巨大な手を飛ばしてくる攻撃のところで
すみやかに画面左上に逃げれて、且つ少ない打ち込みで第二形態を撃破できます。


第三形態は基本的にかわすの無理だと思って
ボム連発でおしまいです。









以上、ダブルプレイの攻略でした。




変換 ~ P1002432
変換 ~ P1002198
変換 ~ P1002320

キャラの組み合わせで台詞が変わるようなので
全部で確か6とおりだと思うから、まずそれをやってみても楽しいかもしれません。

私はフォレット&キャスパーとフォレット&ウィンディアでしかまだクリアしていませんが。
(下手にウィンディア以外使うと操作感をすぐに忘れて混乱してしまうから)









以上ですが、ダブルプレイはさすがに通常プレイとはかけ離れているので
お勧めできるようなものではありません。


けど、これができるようになると、ゲームの新しい楽しみ方が増えると思いました。



変換 ~ P1002155

私の好きなシューティングゲームに「エリア88」があります。
これをダブルプレイでやってみました。

最初は両方とも移動が速過ぎて全然まともに操作にできませんでした。
こういう場合はそろえて移動するよりも
最初から各自ばらばらで操作したほうがかえって安定してました。



変換 ~ P1002740
変換 ~ P1002749

そんな感じでクリアできてしまったので、
グレッグ・ゲイツ&風間真の組み合わせの台詞を全部貼って
今回の話は終わりにしようと思います。





変換 ~ P1002156

変換 ~ P1002737

変換 ~ P1002738

変換 ~ P1002741

変換 ~ P1002742

変換 ~ P1002743

変換 ~ P1002744

変換 ~ P1002745

変換 ~ P1002747

変換 ~ P1002748

変換 ~ P1002750 (2)





全部縦にはっつけると見づらくてだめですねw
  1. 2008/05/06(火) 14:01:01|
  2. デススマイルズ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

デススマイルズ EXモード、ダブルプレイクリア動画

ノーマルモードのダブルプレイをクリアしましたが、
峡谷やジルバ発狂をダブルプレイで捌けるか?という挑戦のもと、
EXモードのダブルプレイに挑戦しました。


それのクリア動画をニコニコにアップしましたので、
ここで紹介させていただきます。















最後のページに書いたのですが、
http://www.nicovideo.jp/watch/sm3379746


どちらかとシューターではない私が
半年間遊び続けることができました。
とてもいいシューティングゲームでした。

ここ近年では一番いいのではと思ったりもします。



攻略することの楽しさと、それにあわせて自分の腕の成長が
はっきりとわかってくる楽しさがあったと思います。



ダブルプレイまでやるつもりはなかったけど、
実際、これの腕が上がったわけですしw


一応、EXデスのダブルプレイが残っているけど
これをやり始めるとまた一ヶ月くらい「クリアできねー」とか
言ってそうなので、ここらで切り上げることにしました。



とはいえ、今後もちょろちょろと遊ぶと思います。



ありがとう、デススマイルズ。
  1. 2008/05/20(火) 23:05:44|
  2. デススマイルズ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

幻霧ノ塔ト剣ノ掟

2008P1002866.jpg

幻霧ノ塔ト剣ノ掟


5/22にサクセスから発売された、RPGゲームです。
公式サイト http://www.success-corp.co.jp/software/ds/genmunotou/index.html


往年の名作「ウィザードリィ」を意識しすぎているゲームで、
あのシリーズがすきだった人にはついて来れるゲームだと思います。




2008P1002872.jpg

今回、いつもどおり二人旅をやってますが、
中の人的には世界樹2で疲れたから「息抜き」程度でプレイするつもりなので
ここではプレイメモを書いていきます。


リアル進行は
別でやってる「ちくやらレンジャー部隊」で

幻霧ノ塔日記



以下、私がわかっている範囲での攻略を書きます。
ネタバレ度激高いので、どうしても詰まった人だけ見てください。





※6/8、ついにクリアできました。
 クリア記念に(ネタバレ)写真館を設置しました。
 クリアした人のみ、冒険を反芻する意味でみてください。






2008P1002888.jpg


5/24現在
「カリバー」
種族:人間、属性:中立
戦士7、盗賊1
HP56
ST14/IN13/VT/14/DX12/CH14

補助技能
→罠解除、開錠、健康法、攻城戦

誓約
→戦士6時点で「木に登ってはならない」


「ドリス」
種族:人間、属性:秩序
司祭5、魔術師4
HP33
ST12/IN14/VT12/DX13/CH12

補助技能
→古代語、ギャンブル


5/25
ドリスに盗賊技能を覚えさせて、武器をはずすと
盗賊&魔術師&司祭の三つのスキルが使用可能。
戦士のカリバーが盗賊スキル覚えても、装備の都合で使えないから意味が無かった。

補助技能は、なんでもいいから覚えていくと
戦闘系だと思われる奴もけっこー効果がでてる感じになってます。


5/26
上級職のクエストがでてきた。
とりあえず、司祭10・魔術師10になると
『補助技能』のところに「ドルイド」がでるのは確認。

レベルが必要だとしたら、SAMURAIは魔術師のレベルが10はいりそう。


2008P1002946.jpg

5/31現在、やっと7Fまできました。
敵が異常に強いです。
何度全滅したかわかりません!
奇襲や逃げ損ねたらまず全滅。

カリバーをパラディンにしましたが、SAMURAIにすべきでした。
大魔法をいかにすばやく使えるかの戦いになってます。



6/8現在のレベルは



2008P1003072.jpg

・カリバー
戦士23、盗賊1、魔術師12、司祭17のパラディンレベル20
HP140
ST17/IN15/VT/16/DX16/CH18
混沌レベルが多分6


2008P1003073.jpg

・ドリス
盗賊7、魔術師20、司祭20のドルイドレベル20
HP113
ST15/IN16/VT/14/DX17/CH18
秩序レベルが多分7以上


プレイ時間は34時間。
????のあいつのイベント探しだけで4時間つぶれてましたorz






● キャラメイク

・ステータスは最初から高いものでやるように、何度も繰り返すこと。
 少なくとも全職業が使えるように11以上必須。




● レベルアップについて

・HPのあがりが乱数。
 普通にやると1しかあがらないけど、セーブ&ロードを繰り返すと
 HP+11とか爆発的にあがるときあり。

・塔内でセーブ→ギルドいってレベルアップ
 すると、若干あがりがよくなるっぽい?

・HPの上がり方はレベルに則しています。
 つまり、「このレベルでは平均これくらいのHP」という制御がされている。
 セーブ&ロードを繰り返してHPの伸びをあげても
 いずれは1しかあがらなくなる。
 対して1しかあがってなくても、あるとき突如HP+30とかでてくる。





● フリーズバグについて

・二人旅やってたらいきなり見つけたとんでもないバグ。
 3人以下で冒険し、戦闘中に回復アイテムを使ったら、それだけでフリーズします。
 正直、ちゃんとデバッグしろよというレベル。

・これを『アイテム制限プレイ』として前向きにとられることもできるが、
 HP1のキャラを作って戦闘で殺して、メイン2人・死人2人の状態とかでもプレイ可能。




● 扉の開錠について

・特別な鍵が必要ない扉は、がんばればこじ開けることができるっぽい。

・扉の前でセーブして、開くまでロードを繰り返す。




● 魔法「かりそめの知識」について

・使う前にセーブして、使って現在位置確認したらロードで、魔法使用回数をケチれる。




● 二人旅について

・前衛を戦士のカリバー、後衛を司祭&魔術師のドリスで構成。

・カリバーのAC(アーマークラス)をできるだけ下げる。

・強敵が来たら、ドリスがカリバーにACを下げる魔法をかける。

・5/26追記
 「射程の短い、前衛への物理攻撃しかできない敵」に対して
 超有効な戦法。


→盗賊レベル1にして、防御コマンド「隠れる」を使えるようにする。
→前衛組が「隠れる」を実行。
これだけで、射程の短い物理攻撃しかできない敵は、
 後列に攻撃届かないため何もできなくなる。

→5Fにいる「キラーラビット36匹」と戦う時にこの戦法を見つけて
 ドリスだけでノーダメで倒せた。






● 1階について

・『戦士の像』は革兜をかぶせるといい。

・クエスト『落書き』はスタート地点近くの部屋を探してたらある。
 クエスト受注してたら勝手に消す。

・マップ左上にある「子供部屋」は、スイッチ4つを「カチ」にする。
→中入ったら、人形の言うとおり「壊す」
→外でて、スイッチを「カタン」にする。
→上の宝物庫に入れる。確かクエストアイテム。

・2Fから降りてきて、暗闇のところに、クエストで討伐するならずものの集団がいる
 隠し扉がある。

・クローバーの鍵を暗闇をぬけた先でゲットできる。

・ここら辺からまた2Fにいける。

・エレベーター動力室は下にある「エレベーターについて」を参照。

・足をくじいた貴婦人に「治療薬」を使うと、『黄金の腕輪』をくれる。




● 2階について

・隠し扉は「壁にぶつかっても音がしないところ」にある。

・入り口近くからいける2階(ギャンブル場)があるところは
 隠し扉色々あるけど、結局どこもいけない。
 (最初は多分これで嵌ると思う)

・ギャンブル場の奥の扉を調べていると「どくろの鍵」を見つけることができる。

・クローバーの鍵を使ったあたりから2Fにきた場合、
 暗闇のところでワープゾーンだらけのところを探索する。
 ここで「スイッチ」を押したのと、クエストアイテムの「火炎の貴石」が手に入る。

・ギャンブル場でクエストのアイテムを手に入れるには
 賭けに5回勝って、そこで終了する必要がある。
 補助スキルの「ギャンブル」があっても苦しい。
 ひたすらボタン連打→ダメならロード。

・「家宝」を手に入れたら、そこからすぐ近くの暗闇のところにいく。
 →これはノーヒントではわからないと思う。偶然見つけた。

・訓練場から請け負う、ゴースト退治のクエスト。
 クローバーの鍵使って2Fきて、空かない扉があるところにいる。
 近くの壁で隠し扉見つけて、祭壇を壊すとこの扉が開いて戦闘。
 エクトプラズムをゲット。

・2F北東の海賊アジト。
 ボスと認めさせるには、お店で買えるエストックと500Gのかぶと(名前わすれた)
 オウムはギャンブル場で買う。

・ロバートと話した後探索していると、船着場がある。
 どくろの鍵で扉あけて航海日誌を手に入れて、ロバートに渡す。

・一旦外でる必要あるのかわからないけど、
 「船着場」に戻ると船が戻ってて、それに乗ると3階へのところにいける。





● 3階について

・お店に「白銀のレイピア」という武器が出る。
 これが普通に強いので買っておくべき。

・3階あがって右の方にある「罠」に「干し肉」を仕掛ける。
→2階に戻って再びくると「牙」みたいなアイテムゲッツ。

・巫女にあうのに↑の牙が必要。

・巫女にあって酒飲まされて痺れ薬を盛られる。
→移動された先で戦闘。
 OZ戦闘員の後を追うと、ショートカットの扉を開けられる。

・そのまま4階へいける。

・クエスト「清流の貴石の探索」は3階にある。
 巫女の部屋をぬけて北にいくと、『スイッチ』が押される。
 これは「シュート」の発動で、まずそこから「内部からかかっている扉の鍵をあける」。
 一旦2階に下りて、北まわりからさっきあけた扉を通る。
 すると、スイッチがふまれてないまま『宝物庫』にいける。





● 4階について

・N5・E16あたり。
 一回何かアイテムを調べてリスを逃がす。
 となりの部屋にリスがいるので、海賊のいるところで拾ったお酒を使うと
 リスがよっぱらうので、3階で拾った「ひょうたん」を使って眠らせる。
 これで「ユグドラリス」をゲット。
 →エレベーター起動に必要

・N21・E10の暖炉。
 鏡を調べてとおりぬけて、その先にいる「ジャバウォック」を倒す(とても強い)。
 倒したら呪文書が手に入る。
 これを暖炉に置いて、鏡をとおりぬけると「死者の書」になる。

・からくり人形はよくわからない。

・5階への階段はすぐ見つかる。

・一人400円でスタート地点に戻れるポイントもある。

・動物狩のハンティング。
 猛獣の牙を渡して
 銀貨2000→クリスナイフ、1000→フリル付きコドピース
 コドピースがお勧め

・3階の巫女の双子の姉が捕まっている。
 →「天使の指輪」をもらい、一旦3階の巫女に渡す。

・「さまよい庭園」にクエスト「新緑の貴石」がある。
→迷路を前半と後半に分けるとして、
 前半と後半でスイッチをそれぞれ押して
 貴石のある場所のワープ装置を解除する必要がある。
 後半でスイッチを押しつつ前半に戻るワープがある。





● エレベーターについて

・動力室を開けるスイッチは近くの壁に隠し扉がある。

・ユグドラリスを4階で捕まえてくる。

・リスの餌である種を3階を探索して見つける。

・空き瓶を1Fの北の方にある泉で水を汲んでくる




● B1Fについて

・エレベーターから降りてきたところで、
N18E16、金庫(クエスト呪いの金貨の討伐に関係してると思われる)
N20E13、井戸
N11E17、怖くていけないところ
N11E11、大騒音

とかにいける。

・「呪いの金貨の討伐」は、エレベーターから行った
 北東の小部屋のたくさんあるところ。
 戦闘では「金貨」が後列でブレスが16ダメとか痛いので
 素早くレベル4か5くらいの攻撃魔法で殲滅しないとまず勝てない。

・騒音のところは『マシュマロ』を使う。
 その先に「ガーディアン」というやたら強いボスがいる。

・ガーディアンの先の扉はやはり「死神の鍵」で開けれた。

・その先に棺があり、バースデイケーキを食べることで手に入るロウソク
 →ベルを使う
 →死者の書を使う
 →棺をあける
 これで護符が手に入る。

・B1Fで取りこぼしというか、床がぬけてB1Fに降りたときで
 隠し扉を発見し、1Fに戻って「商工会」の本部みたいなのところがあった。
 今のところ、行っても何もなかった。

・さらに、北の方で氷結の結晶みたいなアイテムをゲットした。






● 5Fについて

・木登りするところは補助技能に木登りが無いとダメな気がする。

・右の大きな建物内に「キラーラビットの巣」がある。
 全滅させて不発弾。
 戦闘についてはクリティカルヒットで一撃死させられるが
 「隠れる戦法」使えば、後列組が安心してノーダメで攻撃できる。

・「スラッシュ」がつかまっているほうで
 四方が扉になってる謎の場所で「書斎の鍵」が手に入った。
 『Eを消した・・』みたいな、謎の文章がでて入ったので、
 よくわからない・・・

・隠し通路先で「死神の鍵」を手に入れる。

・書斎の鍵で書斎の扉を開くと
 契約書、ベル、ロウソクが手に入る。

・N5,E19のところで「鍵束」が手に入る。
 この場所の四方に扉があり、扉を開けると「Nの文字が浮かび上がった」とか出る。
 この時、元いた扉に入らず、別の方角の扉を開けて中に入って外に出るなどして
 「N」「E」「W」「S」の東西南北の文字を浮かび上がらせた状態でN5,E19にいくと手に入る。

・この鍵束をもって、N3,E10で牢屋につかまっているスラッシュを助けることができる。


・B1Fで護符を手に入れたら5階に戻って、マップ中央あたりでスラッシュと合流。
 今まで開けれなかった扉が開き、スラッシュの宿敵であるクリムゾンと対決。

・クリムゾンは普通に強かった。
 司祭魔法でグループ回復がないときつかった。
 あと、敵のACを上げる魔法がないと、戦士系が機能しない。

・クリムゾン撃破後に、奥にある祭壇を破壊した。
 今のところ効果不明。

・クリムゾン撃破後に、教団OZの扉が開くようになる。

・その先で「知識のかけら」みたいなのが手に入る。

・その先に6階への階段がある。





● 天使救出

・B1Fのエレベーターから降りるほうで、灼熱の井戸がある。
 ここで、綺羅結晶を使うと凍りついて、中に降りれるようになる。
 そこに砂時計がある。

・インクは海賊のところでゲット。

・契約書は・・・忘れた。
 4階だったような。

・砂時計→インク→契約書をオスカーのところで使う。
 偽造契約書をゲット。

・4階のアトラクションのところにいるうさんくさい男に偽造契約書を見せる。

・天使のところにいく。
 5階を突破しているとスラッシュが来て、天使を助けてくれる。

・天使(=ディー)を助けた後、アマゾンヌのところにいくと、
 ディーといっしょにアマゾンヌの神と戦う。
 これを倒したら、何とかの珠が手に入った。




● 上級職について

・称号技能訓練
 クエストを8つ消化すると発生するっぽい?
 それプラス基本技能の合計レベルかも。

・最初の訓練はスイッチは5箇所あるけど、4箇所の状態でくす玉を割る必要がある。
 最後どうしても5つ目を押してしまいそうに思えて
 実はくす玉のところが隠し扉でショートカット可能

・ドルイド称号試験
 ドルイド以降の訓練もそうだけど、
 その上級職が使える二つの基本技能の像だけを光らせる。
 ドルイドだと、魔術師と司祭の像だけ「光らせて」、
 マップ右の方に入れる部屋に行くだけ。
 その部屋の中にある隠し扉あけるだけでOK。

・サムライ称号試験
 チェスのナイトとビショップの動きがわかれば
 スタート地点から上4左4の場所とわかる

・レンジャーとウォーロックは特に難しくなかった。

・ドルイドは司祭10と魔術師10が必要みたい。
 この状態で「補助技能」をみると「ドルイド」が加わっている。

・某所にあったけど、4Fのサファリパーク?で降りたところ、
 隠し扉からいくようにすると、百獣の王がでる。

・これを倒してクエストクリアしたら、SHINOBIとパラディンのクエストがでた。
 ガーランドの討伐クエストクリア数が上級職のでてくる条件なのかも。




● 6Fについて

N1E3に老人がいて、動力室点検の手引きを見せて
すでにチェック済みだと床修理アイテムもらえる。
これで1Fを修理した先に魔術師の記憶



「黒の宝珠」をセットする転送装置は2進法で行き先が変わる。
2進法については5Fの書斎でその本があったはず。


なし→6F、N17E21、シュートで5Fに落ちる
緑→2F、N6E17
赤→4F、N9E4で魔術師の記憶とドールアイが手に入る
緑赤→B1F、N11E13、ここからN11E17に行ってクエストアイテムゲット
青→5F、N8E3、ここでクエストアイテムゲット
緑青→1F、N11E16、特に何も見つからなかった
赤青→3F、N5E20、鳥の巣でクジャクの羽根をゲット
緑赤青→移動せず


というわけで、アイテムをとるためにはこの転送装置を何度も使う必要あり。


このゲーム、本当に無駄な空間が無い!と思えるような場所に飛ばされます。


・6Fの上の方に鍵があるので、それを使って中央の扉を開く。

・スイッチは入ってきた扉に対応して開く扉が決まっている。



2008P1002939.jpg

・それで、N14E6に行くと、「一瞬強い力を感じた」と出る。
 ここがバグポイント。

 このメッセージをN14E5から扉を開けて
 「敵が出なかった時に表示されないと霧の巨人が出ない」

 扉を開けるとランダムエンカウントで敵がでるが、
 ここで敵を倒したり、敵から逃げても一歩前に戻らなかった場合にバグが発生する。

 扉をあけてノーエンカウントでメッセージを見たら、二歩先に歩いて調べると
 霧の巨人が出現する。

 ブレスで70ダメージとか喰らってえらい強かった。





・ゴブリンキングのいる部屋のN9E18に大地の貴石が落ちている。

・ゴブリンキングの依頼を受けたら、黒の宝珠でワープするところで
 6F右上のところにとんだら、そこから左下あたりに革命派がいる。

・貴婦人イベントを進めていた場合、N19E20にいるが
 ゴブリンに対して「万能薬」を使えばいい。
 「帰還の指輪」をもらえる。使うと一回で無くなる。

 実はこれ、「失せ物探し」のクリアアイテムなんだけど、
 6Fの敵からゲットした「回復の指輪」もクリアアイテムになっていた。
 指輪だったら何でもいいらしい。

・エメラルド卿からクエストでもらった宝の地図は
 5Fで謎の光があるところで、地図に文字が浮かびあがる。

★ イーストパークで獣人を討伐せよ
★ 討伐順で報酬が変わる
  α…赤い宝箱
  ∩…緑の宝箱
  Ζ…青い宝箱

★ ここ掘れワンワン♪
  N14 E20

Z→赤い箱→チョーカー
逆U→青い箱→聖なる手榴弾
α→フリルつき

全部とったらクエストクリア。


・キングからもらった白の宝珠を黒の宝珠といれかえて
 黒の時に飛ばなかった奴を指定すると飛べる。


そして、今日の本題。
祭壇のかごにいれるアイテム。
全くわからなかった。

「白い子猫」「赤いリボン」でググったら、
このページが見つかり、そこに答えが書いてあった。
http://ad45kaka.net/hellokitty/


といいつつ、ここは某所を見ました。
本当にわからなかったので・・・


ここは神聖魔法レベル8と9のクエストが解決できる部屋がある。

また、謎の小部屋に入ると「巨人の耳を三つとってこい」などのクエストがでてくる。
これらはすべてこの謎の小部屋でアイテムとして使うことでクエストクリアになる。

ちなみに、妖魔の瞳は7階のモンスからゲット。




7Fには青の宝石を輝かせた状態で白の宝珠を使う。





● 7階について

N13E10、ダイヤの装置、ハートの次に作動
N17E10、ハートの装置、最初に作動してはならぬ
N17E20、クラブの装置、スペードより先に作動させよ
N17E20、スペードの装置、ダイヤの次に作動してはならぬ

クラブ→スペード→ハート→ダイヤ


これで扉を解除できて、その先で植木鉢。


・JITTEとハラキリダガーが必要。
 なければ3~5Fのモンスを倒しまくって、ゲットすること。

・空気の悪いところで植木鉢使う。

・右上に神社。ここで絵馬をみると、4つの罠をかいくぐるとあるが、
 それはそこから先に進んだところで隠し扉があって
 そこに罠4つある。

・罠4つ突破した後で茶室いくと、討伐クエストの敵がでる。

・通行許可証は5つ扉がある部屋のどこかに隠し扉があって、その先で買える。

・「後ろ向き」は、一度部屋に入って通行許可証を捨てればいい。
 それで通行許可証がないといわれたら後ろに一歩戻される。




● ????について

・????は、謎自体はそんな難しくないはず。
 適当にまわって、『妖闇系アイテム』を集めていけばいい。
 ただ、補助スキルが結構必要。
 おそらく、「料理」「絵画」は必須。
 「工芸」とかもいるかも。

・アイテムを渡す妖闇の扉をあけた先に「魔界へつながっている場所」がある。
 これが????の全体で8箇所あるので、すべてそこでの戦闘をこなしてつぶしていく。

・8箇所つぶしたら、中心部に入れる。

・N3E20にCHをあげれる場所あり。
 10000ゴールドと経験点50000必要。

・N0E21に沼地があり、古びた斧が手に入る。
 これを手に入れたら3Fにある大木のところで、『装備してから』使う。
 すると、すっぽぬけて泉に落ちるが、
 童話にある「金の斧かどうか?」みたいな展開に。
 正直に答えたら金の斧がもらえるので、それを装備して大木切って丸太をゲット。

・丸太手に入れたら6FのN3E12にいって、丸太投げ大会に参加。
 条件わからんけど優勝したら、色々あって「調停の杖」が手に入る。

・「調停の杖」を手に入れてN16E17のところで献上すると、
 N14E16のところに入れるようになって、神聖呪文の探索のクエストがクリアできる。

・ベルヴェルクはよくわからない。
 カリバーが調停属性になって、ティルフィングを装備して話かけてもダメだった。

・CHをカリバー(調停)、ドリス(秩序)ともに18まで上げてもだめだった。

・冒険者の証は二階のギャンブル場入り口近くに新米冒険者がいるので、
 このゲームを始めたばかりの頃に、「あいつにつかまされたあのアイテム」を使います。
 最初に手に入れたアイテムが、ここでようやく出番とかw

・ダイヤデーモンは「????」を探索中に一度だけ出ました。
 けど、倒しても何も手に入りませんでした。
 一応モンスター図鑑はこれで全部埋まってます。


カリバーが調和属性なのですが、いつのまにか「混沌レベル6」ぐらいになってました。
どうも、ティルフィングを装備して戦っているだけで、混沌レベルが上がるっぽいです。

・・・すると、秩序で祈りまくって内部的に「中立」になると
あいつとのイベントが発生しないかなあ・・・とか。
→ダメでした。


・商工会のクエストのアイテムは、????のいる部屋をくまなく調べたらでてきます。
 何かヒントないかと調べまわったら見つけたw
 これもそうだけど、「こんなのわかんねー」のが多すぎる。


・ティルフィング装備して戦ったら混沌レベルが上がるという話を書いたけど
 経験値あまってたからカリバーに魔術師レベルあげさせてみたら
 「多なりて一なる勇者」という古語魔法を覚えることができました。
 ドリスは秩序レベル最高まで行っちゃってるので
 今か混沌レベル6までにするのは本気で大変すぎるので試してないけど
 調和属性じゃないとダメみたいな気がする。

・「多なりて一なる勇者」を覚えた状態で????のあいつに会いにいくもダメでした・・・
 そもそもこの魔法の使い道がわからない・・・





● 6Fの歌詞


某スレにあるのを保管の意味で転載させていただきます。


942 名前: 名無しじゃなきゃダメなのぉ! [sage] 投稿日: 2008/06/08(日) 00:58:59 ID:957zatI3
歌いいので、調べてみた
>662
どうやらイタリア語(ラテン語?)ぽい
インザレインじゃなくて、インジェミスコではないかと
公式にちょろっと出る謎の詩句を調べてみたら、まんまそれがあった

Ingemisco tamquam reus:
culpa rubet vultus meus :
supplicanti parce Deus.

インジェミスコ タムクアム レウス
クルパ ヌベトゥ ヴェルトゥス メウス
スップリカンティ パルチェ デウス

私は嘆息します、罪あるものとして。
我が罪を恥じて顔を赤らめています。
哀願する私を見捨てないでください、神よ。

参考:
ttp://nagoyashimin.sakura.ne.jp/data/verdi_req/tushin/9/tushin9_bottom.html
ttp://www.fitweb.or.jp/~isamu/misa1999.htm

レウス、メウス、デウスで韻を踏んでる訳だ(罪ある、私の、神)

充電中だが確認してみたら、ぴったりはまる
上の歌詞の1行目と2行目は2回くりかえし3行目は1回



  1. 2008/05/24(土) 10:01:44|
  2. 幻霧ノ塔ト剣ノ掟|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

ルナーク

Category

Recent Comments

Recent Entries

Recent Trackbacks

Archives

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。