ちくやらアーカイブ

このブログは気分よって構成されています。 BGMも気分で流してます。 あなたの忍耐に感謝します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

FF3っぽいゲーム二人旅(その9・第二次クリスタルタワー侵攻作戦編)

第一次クリスタルタワー侵攻作戦により
クリスタルシリーズをあらかた手に入れることができたカリバーとドリス。
いよいよエウレカに突入。
そして…






P1003169.jpg

カリバー
「エウレカはこんな感じで主要武器については
 デモが入り、そこからボス戦になる。」

ドリス
「ここではFFシリーズでは有名なラグナロクを初めとした
 強い武器がたくさんあるのよね。」

カリバー
「ボスと戦って強い武器を手に入れる流れを確立したのは
 このFF3じゃないかねぇ」



P1003172.jpg

カリバー
「まあ、ここらのボスは正直言って全然強くないので
 ただの消化試合の意味合いが強い」

ドリス
「とはいえ、経験値はたくさん入るから
 レベルが上がりそうになったらインビンシブルに戻る生活は
 相変わらずよね」

カリバー
「ここまで丁寧にレベル上げをしてきたからな。
 面倒ではあるが、キッチリあげていこう」



P1003174.jpg

カリバー
「くノ一だ。
 写真がピンぼけなのが悔しいほどエロイなwww」

ドリス
「…あえて無言で」



P1003176.jpg

P1003178.jpg

カリバー
「んでまあ、エウレカは特筆すべきことが何もないので省略。
 こんな所で苦戦しているようじゃ話にならないってことで」

ドリス
「一応追記すると
 最下層の武器屋ではクリスタルの盾を二つ買ったわ。
 両手クリスタルの盾のためね。」






カリバー
「というわけで、エウレカでの回収も終わり、
 レベルもキリのいい所まで上げておいた。」



P1003190.jpg

ドリス
「レベルは42で
 カリバーのHPが2045。
 私のHPが2050ね。」

カリバー
「そんなわけで、エウレカも終わったんで
 第二次クリスタルタワー侵攻作戦を開始する!

ドリス
「前回取り逃した宝箱を回収するのね。」

カリバー
「いんや、そうじゃない。
 ラスボスを倒しにいく!

ドリス
「ええ!?
 ねえ…ちょっとレベル低すぎない?
 もっとレベル上げた方がいいと思うのだけど…」

カリバー
「それはそうなんだが、あまりレベルを上げすぎてもなぁ…
 というのが中の人の考えで、
 とりあえずこのレベルでやってみたいらしい。

 もし2人旅で、且つこの低レベルでクリアできたら
 すごいじゃないか!」

ドリス
「それはそうかもしれないけど…
 HPが2000しかないのよ?
 厳しすぎない?」

カリバー
「正確には途中のボス戦で嫌でもレベル上がるだろうから
 もうちょっとHPが増えた状態になると思うぞ。」

ドリス
「うーん…それはそうかもしれないけど」

カリバー
「ごちゃごちゃ悩まない。
 ダメだったらダメで、色々対策練れるだろう。」

ドリス
「わかったわ。
 どうせ言っても聞かないし、覚悟を決めたわ!」

カリバー
「オーケー。
 ドリス姐さん、頼りにしてますぜ!」



P1003193.jpg

カリバー
「それでクリスタルタワーなんだが、
 第一次侵攻作戦の時にモンスの対処法は書いたので
 全く同じようにすべてのモンスから逃げまくって先に進んだ。」

ドリス
「相変わらず無駄な戦闘による経験値稼ぎはしなかったわ。
 一応最後に向けてだから戦ってレベル上げてもいいと思うのにね。」

カリバー
「ま、ここまで貫いてきたプレイスタイルをできるだけ最後まで
 貫こうってことだろう。
 で、両手盾&後列&プロテスから逃げるんだが
 ほとんどのモンスの攻撃が0ダメになっていた。
 第一次の時の苦労が嘘のように簡単になってしまった。
 やはり防具はちゃんと揃えた方がいい。」



P1003194.jpg

ドリス
「そして最上階。
 私とカリバーがザンデの罠にかかってしまったわ!」



P1003196.jpg

カリバー
ちくしょう!やられたぜ!



 …と、中の人(=管理人)のHNのRUNARKというゲームだと
 この後に象が助けに来てくれるんだが…」

ドリス
「残念ながらここから先はストーリー的なネタバレ写真は控えさせて頂きます。」

カリバー
「まあ、FC版知っている人なら既知の通りだけどな。
 ただ戦闘に関しては、一応攻略ネタもかねているので
 ある程度ぼやかしはいれるけど写真は使わせてもらう。
 二人旅でどうやって攻略してるのか?が
 今回のネタの売りでもあるからな。





aP1003214.jpg

ドリス
「魔王ザンデ戦。
 その戦闘内容の概略を書くとすれば…」


・基本、両手盾&後列。
・プロテスかけて後列でザンデの打撃は0ダメ
・プロテスかけて前列でザンデの打撃は300ダメ
・魔法は200ダメくらい
・メテオは1000ダメいかない



カリバー
「というわけで、その程度では
 オレ達を止めることはできねえぜ
 ザンデんでしたーwww

ドリス
「うわ…もう…調子乗りすぎ…
 あ、補足すると、ザンデはヘイストを使ってくるので
 イレースが使えると便利かもしれないわ。」

カリバー
「それで思い出したけど、
 イレースの効果を持つ武器って無かったっけ?
 イレースはレベル5で赤魔導師のお前としては
 ケアルダが使えるから貴重なはず。
 アイテムで代用できるならそれに越したことはなかったな…
 ちょっと調査不足だった」




P1003223.jpg

ドリス
「そして、ザンデが呼び出してしまった
 ラスボス「くらやみのくも」の登場」



aP1003225.jpg

カリバー
「基本的にイベント戦闘なので、こちらが必ず死ぬんだが
 それでもDS版としてアレンジされているだろうから
 わずかでもいいからこいつの情報をひっぱりだすぞ!


ドリス
「わかったわ!
 ここは守らずに攻めてみることにする!」

カリバー
「早速だが、本体以外に2カ所ターゲットできる。
 本体の右と左に『しょくしゅ』というのがあるぞ。


ドリス
「では、私が左の触手にブリザガをかけるわね。」

カリバー
「ではオレがジャンプで右の触手に攻撃だ」



aP1003226.jpg

ドリス
「画像にモザイクかけたのでわかりづらいけど
 私が左の触手にブリザガをかけた所よ。
 けど、0ダメージだった…」

カリバー
「オレはその前にジャンプできたのだが、
 この後、ドリスがくらやみのくもの波動砲を喰らって
 9999ダメで即死してしまった!」



aP1003227.jpg

カリバー
「そして次ターン。
 オレが右のしょくしゅにジャンプ攻撃を喰らわしたのだが
 これも0ダメージだった。
 これはイベント戦闘がゆえにダメージが入らない仕様なのか?

 とりあえずオレがジャンプしている間にくらやみのくもの行動を確認した。

 ・本体  →打撃&波動砲の2回行動
 ・右の触手→「くさいいき」とプロテス
 ・左の触手→「いかづち」


 この後、オレが着地した所に波動砲を喰らって死亡」



P1003232.jpg

P1003233.jpg

カリバー
「その後、いろいろあってオレ達は復活。
 くらやみのくもを倒すために「闇の世界」へ行くことに!」

ドリス
「もうここまできたら引き返せない!
 後は戦って勝つだけだわ!」

カリバー
「以上、今回の話はここまで。
 次回『激闘!闇の四天王編』
 ご期待下さい!」



スポンサーサイト
  1. 2006/09/07(木) 23:39:21|
  2. FF3っぽいゲーム二人旅|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<FF3っぽいゲーム二人旅(番外編・電源技について) | ホーム | FF3っぽいゲーム二人旅(その10・激闘!闇の四天王編)>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://runark.blog6.fc2.com/tb.php/166-e9f2b5dc

ルナーク

Category

Recent Comments

Recent Entries

Recent Trackbacks

Archives

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。