ちくやらアーカイブ

このブログは気分よって構成されています。 BGMも気分で流してます。 あなたの忍耐に感謝します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

FF3っぽいゲーム二人旅(その11・暗闇の雲編)

闇の世界でケルベロスに苦戦しつつも撃破し、
そのまま闇のクリスタル4つを解放することができたカリバーとドリス。
ついに最終決戦が始まる…







カリバー
「ついに最終決戦だ。
 このまま勝ってクリアするぞ!」


ドリス
「身震いしてくるわ…本当に勝てるのかしら…」


カリバー
「気を付けるべきはやはり波動砲。
 だがそれさえ凌げれば勝つことは可能だと思う。

 DS版では「しょくしゅ」というのがあるから
 こいつらが何かサポートしてくると思われる。
 本体より先に倒す必要はありそうだが
 まずはどんなことをしてくるのか確認しないとな。」



aP1003280.jpg

カリバー
「戦闘開始だ。
 まず最初に二人ともプロテスをかける。」

ドリス
「その時のくらやみのくもの攻撃は
 右触手→くさいいき
 左触手→いかづち
 本体→打撃×2」

カリバー
「くさいいきは恐らくFFシリーズの伝統からして
 あらゆる状態異常攻撃だろう。
 だが、これはリボンを装備しているので全く問題なし。

 いかづちについては、オレ達は両手盾を装備してプロテスもかかったので
 0ダメージだった。

 本体からの打撃は130ダメージだった。」

ドリス
「これだと楽勝ムードなダメージね。」

カリバー
「様子見もあるが、とりあえずいかづちを撃つ左触手は
 生かしておくと厄介になりそうな気がする。
 あいつを攻撃してみよう。
 おれはジャンプするから、ドリスは魔法で攻撃してくれ。」

ドリス
「了解。ブリザガを使うわ。


 あ、ダメージが入らない…0ダメになった!」

カリバー
「オレのジャンプ攻撃だと7000ダメージ入った。
 物理攻撃しか効かない?」

ドリス
「くらやみのくもの攻撃は
 右触手→カリバー攻撃して400ダメ
 本体 →カリバー攻撃して450ダメ
 左触手→いかづち。私は0ダメ、カリバーが80ダメ」

カリバー
「ううむ…やはり盾無し状態だとけっこー喰らうな。」

ドリス
「本体の打撃についてまとめておくと、
 
 後列・両手盾あり・プロテスあり→130ダメージ
 後列・両手盾なし・プロテスあり→450ダメージ


カリバー
「本体と右触手からの打撃を全て喰らうと1300くらいのダメージになる。
 右の触手を先に潰した方がいいのかな。
 そっちにジャンプ攻撃してみよう。」

ドリス
「では私はブリザガを…

 2300ダメージ入ったわ」

カリバー
「オレのジャンプ攻撃は0だった。
 どうも魔法しか効かないようだな。」

ドリス
「こんどは本体の打撃が私に来て合計270ダメージ。
 そして右の触手がプロテスを自分に使った。」

カリバー
「どうやらこういうことらしい。

 右触手→魔法しか効かない。打撃をしてくる。プロテスとか使う。
 左触手→打撃しか効かない。常にいかづちを使ってくる。


 そうすると、オレに強力な魔法攻撃が使えないし
 一応ホーリーランスがあるけど、ドリスほど威力ないだろうから
 ジャンプ攻撃で左触手を攻撃しよう。」

ドリス
「私も回復しつつ、後列からエクスカリバーなど装備して攻撃に参加するわ。」



これから10数ターンかけて左触手の撃破に成功。



aP1003285.jpg

カリバー
「よし!本体の攻撃に移るぞ!」

ドリス
「私は魔法攻撃するわね。
 ブリザガだと威力弱いから、「チョコボのいかり」を使って
 フレアを当てるわ!4000ダメージ!」

カリバー
「ジャンプは5700ダメージだ。
 くそう、やっぱり威力が低い!」

ドリス
「本体が打撃しかしてこないので、全然楽勝なんだけど…」

カリバー
「波動砲はどうしたんだ?
 といいつつ、ジャンプで7000ダメージ!」

ドリス
「あ!
 暗闇の雲がついに波動砲を使ってきた!」



そしてその時のダメージがこの戦いの命運を決めてしまった。



カリバー
「ぐわあああ!
 波動砲のダメージで1400喰らった!」


ドリス
「そして次に打撃が…
 カリバーが狙われたわ!


 え?1000ダメージ?

カリバー
「うそだろ…
 一気に即死寸前までおいやられたぞ…」


ドリス
「そ…そんな…」



aP1003289.jpg

カリバー
「ゲ――――――――!
 よくみろドリス!
 またオレ達のプロテスが切れている!」


ドリス
「そんな…
 だからいきなりダメージが上がったというわけ!
 しかも本体が波動砲を使い始めたというのに!」

カリバー
「どうする…
 プロテスをかけないとまずオレ達は助からない…
 だが波動砲モードに入ったとしたら
 フェニックスの尾で蘇生してもすぐ殺されるのがオチだ…
 まずい…どうする…どうすればいい…」

ドリス
「わ…私はケアルダで回復するわ…」

カリバー
「どうすれば…どうすれば…」

ドリス
「カリバー、あわてないで…」

カリバー
「くそおおお!」


カリバー、ジャンプ攻撃…


ドリス
「本体より先にジャンプできたわ。
 私も回復が先にできてケアルダで完全回復できた。

 その後、本体から波動砲&打撃がきて、
 合計2100ダメージでまた瀕死に…」



しかし…




カリバー
(まずい…あせってジャンプしてしまった…
 オレのミスだ…
 ドリス…多分オレは着地後に死ぬかもしれない…
 ごめん…まじで選択あやまった…
 ここは両手盾でエリクサーを使うべきだった…)



カリバー着地。
ドリスはケアルダで回復…




そして…




ドリス
「波動砲が来た!」

カリバー
「ごめん…まじで選択ミスった…
 ジャンプで7000くらいしか入らないのに
 ブラッドランスでのHP回復をあてにしてしまったよ…
 これだと1100くらいしか回復しないよな…
 波動砲のダメージを上回る回復ができないのに気付いてなかったよ…



 ごめん…本当にごめん…
 竜騎士の性能を過信しすぎた…
 
 オレのせいで…」


波動砲で1600ダメージ。
カリバー死亡。



ドリス
「……いいえ
 まだ終わっていない!

 ケルベロス戦みたいに、また私がなんとかあなたを蘇生してみせる!」



ここから約10ターンに及ぶ
ドリスの懸命なカリバーの蘇生が続くが…


ドリス
「とりあえず、私自身にプロテスをかけることには成功したわ。
 本体の行動が

・波動砲&打撃
・打撃&打撃


 になることがある。
 打撃が続いた場合に私がプロテスを使うことができた。

 あと、行動順として 本体→ドリス
 になることもある。

 打撃&打撃→フェニックスの尾

 の流れになるのをひたすら待ち続けたわ…」



そして…


aP1003295.jpg

カリバー
「蘇生後、エリクサーを自分に使う
 そしてドリスがプロテスをオレにかけてくれて
 奇跡的に波動砲モードから持ち直しに成功したぞ!」


ドリス
「よかった…本当に良かった…」


カリバー
「本当にありがとう…
 オレのミスのせいで…」


ドリス
「違うわ…
 それを言うなら私も同じ。
 プロテスが切れていることに気付かなかったせい…」


カリバー
「タイミングが悪すぎだったかもしれないが
 状況は変わっていない。
 波動砲のダメージが相変わらず痛いぞ…
 後列+両手盾無し+プロテス有りで1100ダメージくらいやられる。
 その後に打撃を喰らって、オレのHPがすぐに1000を切ってしまった。」

ドリス
「どうすればいいの?」

カリバー
「さっきから本体に何も攻撃していない…
 このまま防御に回っても無駄にターンだけすぎていく…
 エリクサーも無くなり、またプロテスが切れたら
 その時は完全に負けだ…

 いちかばちか…攻撃し続けよう!」


カリバー、ジャンプ攻撃


しかし…



カリバー
「くそおおお!ダメージがとおらねえ!
 7000くらいしかあたらん!」

ドリス
「ブラッドランスによる吸収が1100くらいしかしない…
 カリバーのHPが完全回復に至らないわ!」

カリバー
「ぐわあああ!
 波動砲で1200!HP吸収分を削られた!」

ドリス
「えええええ!?
 本体と右触手の打撃が入って…またカリバーがやられた…」


カリバー
「ど…どうやら…また間違えたっぽいな…
 
 今回…は…  オレの負けだあああ!



 ちくしょおおおおおおおおおおおお!


 


カリバー死亡



ドリス
「また私が蘇生してみせるから…
 そんなこと…言わないで!」




しかし…



ドリス
「そんな…またプロテスが切れてしまった…
 蘇生に手間取って時間がかかりすぎてしまった…?」





そして…

 


ドリス
「ああ…ケアルダで回復する前に
 本体が先に攻撃してきた…


 波動砲が来る…


 カリバー…    ごめんなさい…」






aP1003296.jpg




カリバー、ドリス
暗闇の雲の前に完全敗北…




スポンサーサイト
  1. 2006/09/10(日) 11:27:56|
  2. FF3っぽいゲーム二人旅|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<FF3っぽいゲーム二人旅(その10・激闘!闇の四天王編) | ホーム | FF3っぽいゲーム二人旅(その12・敗北…そして再起編)>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://runark.blog6.fc2.com/tb.php/168-34f59e83

ルナーク

Category

Recent Comments

Recent Entries

Recent Trackbacks

Archives

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。