ちくやらアーカイブ

このブログは気分よって構成されています。 BGMも気分で流してます。 あなたの忍耐に感謝します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

FF3っぽいゲーム二人旅第二部(その1・新たな敵編)

FF3の2人旅は 2006年09月09日、
クリスタルタワー突入時にレベル44、
ラスボス戦直前にレベル48の状態で暗闇の雲を撃破した。

これでカリバーとドリスの戦いは終わり
世界に平和が戻った…



…と思われたが?




カリバー
「…ところが、クリア時のセーブデータ見たら
 やはりレベルアップした時のHPの伸びがすこぶる気に入らなくてなぁ…
 結局そのセーブデータは消してしまったんだよ。わっはっは!」


ドリス
「もう…いきなり挨拶も無しで話を進めないでよ!

 

 え~と、ドリスです。
 FF3の2人旅は暗闇の雲を倒した所で第一部完となっていましたが
 この通り、続きをやることになりました。
 またしばらくの間、宜しくお願いします。」


カリバー
「と、まあ、変にかしこまったのは別にいいんだが
 オレとしては今回、あまりやる気ないんだよなぁ…
 今回やるのは隠し要素って奴だろ…?」

ドリス
「どうして?」

カリバー
「一般に隠し要素はゲーム本編からかけ離れているわけだからさ、
 いわゆるバランスブレイカー的な要素がありやすいわけだ。
 せっかく絶妙のゲームバランスの中で本編を楽しくクリアしたのに
 それを一切合切ぶちこわす隠し要素を
 わざわざやってもなぁ…と


 そもそもWiFi無いとできないクソ要素なの忘れたのか?


ドリス
「…けど、せっかくあるのならやってみたくなるじゃない。
 それに、そのクソ要素のためにWiFiを買ったのは
 どこのどなたかしら?」


カリバー
「…そういわれるとぐうの音もでないわけだが…」


ドリス
「とりあえず、もう話が始まっちゃったんだから、
 このまま終わったら何が何だかわからないわよ。」


カリバー
「はいはい、わかりました。
 じゃあ適当にやってみますか。
 これだったら一人旅やった方がまだ面白いかもしれないけどね…」






カリバー
「WiFiによる隠し要素のやり方については
 面倒だからとりあえずググってくれ。

 参考URLも出してやるからそっちを参照のこと!

http://www.google.co.jp/search?hl=ja&c2coff=1&rls=GGLC%2CGGLC%3A1970-01%2CGGLC%3Aja&q=DS+FF3+%E9%9A%A0%E3%81%97+WiFi&lr=


ドリス
「うわ…本当にやる気ないのね…」




aP1003322.jpg

カリバー
「まあ、一応中の人が写真撮ってたから
 それを使って話を進めていくか。
 これは「たまねぎ剣士」を手に入れるイベントだ。
 比較的簡単に手に入るイベントだな。

 たまねぎ剣士はFC版がどうだったか忘れたけど
 あるゆる武器・防具を装備でき、白魔法と黒魔法もレベル8まで使える
 恐らくこのゲーム最強のジョブだ。」


ドリス
「でも、ステータスが極端に悪いのよね。」


カリバー
「それもレベル92以上から急激にあがって
 最終的には全てのステータスが99になるんだよな。
 そしてレアアイテムのオニオンシリーズを装備したら…
 このゲームのバランスブレイカーでもあるわな」


aP1003326.jpg

ドリス
「次はサラ姫のてがみから始まるイベント。
 壊れたペンダントを治して欲しいと依頼を受ける」



aP1003332.jpg

カリバー
「んで、色々あって、この女鍛冶屋さんに治してもらう。


 ところで、中の人のイメージだと、ドリスって
 この女鍛冶屋風なんだそうだ。」


ドリス
「あら?そうなの?」


カリバー
「こいつの髪の色を赤にしたのがドリスのイメージらしい。」


ドリス
「……」


aP1003336.jpg

カリバー
「それで、オリハルコンという金属があったら
 是非もってきて欲しいという話を聞き…」



aP1003339.jpg

カリバー
「おっと!
 これは話が横にずれてるけど
 なんとなく気に入った写真だったので貼ってみた」


aP1003342.jpg

カリバー
「んで、なぜかシドの家の地下にモンスが湧いたので退治。」


ドリス
「ここって、序盤にシドの奥さんが病気で弱っているから
 エリクサーを使って欲しいという所の話にあった場所なのよね。
 その時にエリクサーを使うとここに来れるのだけど
 結局使わなくてもここに来れちゃったわ。」



P1003347.jpg

ドリス
「そしてなぜか落ちてるオリハルコン」



P1003352.jpg

カリバー
なお、オリハルコンを手に入れたら
 必ずシドと話すこと。これをしないと女鍛冶屋が現れない。

 中の人はこれをやらなくて、一時間以上さまよい続けてたぞw」



P1003355.jpg

カリバー
「そして、ファルガバードに行くと女鍛冶屋に会うことができ…」



P1003357.jpg

ドリス
「最強の武器が手に入っちゃうわけね。

 これ実際に使うと本当に強かったわ。
 基本的には戦士系ジョブしか装備できないのだけど
 赤魔導師も装備することができて、
 装備すると全ステータスが+15されるのは驚きよね…

 非力な私がカリバー並の攻撃力を保つことができたわ。」


カリバー
「バランスブレイカーの始まりだね…」




P1003349.jpg

ドリス
「その後、女鍛冶屋さんはランダムで特定の場所に現れるようになるわ」



P1003350.jpg

カリバー
「話かけるときに、熟練度99のジョブがあると
 『マスターカード』というのをもらえる。
 そして、そのマスターカードがあると、マスター武器や防具がもらえる。

 これもかなり性能のいい武器や防具だ。」


ドリス
「なお、マスターになるとWiFiでてがみ出す時に
 「書名」ができるようになるわ。
 これをやると、てがみ送った人がマスタージョブになってなくても
 マスター武具をもらうことができるようになる。

 手分けしてマスター武具を集めたい人は助かる話になると思う。」


カリバー
「なお、知ってる人はもうとっくに知ってることを書くけど、
 放浪する女鍛冶屋さんをてっとり早く捕まえたい時は

 ギサールのチョコボ部屋←→トーザス(小人村)の北にある回復泉

 ここをひたすら往復してればいつか会える。」


ドリス
「違う街に入った瞬間に女鍛冶屋さんは特定の場所を
 ランダムで移動しているみたい。
 その中の二つのポイントを行き来することで
 会いやすくするという方法ね。」


カリバー
「で、結局いちいち説明してしまったわけだが
 これからどうするんだ?」


ドリス
「…わざととぼけているのはお見通しよ。
 最後に、4じいさんとアルス王子のてがみイベントね。

 それぞれから4枚てがみが来ると発生するわ。」



P1003413.jpg

ドリス
「浮遊大陸から真東に行った所に、謎の影を発見。
 潜水艦で中に入ることができる。


 そしてそこには「てつきょじん」という隠しボスがいるわ」



カリバー
「はいはい…
 んで、そのてつきょじんだけど…」



aP1003360.jpg

カリバー
「こんな感じで一撃2000ダメ以上の攻撃を
 1ターンに4回やってきて…」



aP1003361.jpg

カリバー
「こちら、何もすること無く、見事全滅ゲームオーバー」


ドリス
「これは…暗闇の雲が霞むほどの異常な強さね…」


カリバー
「あ~~ドリスさん?
 もう最初からぶっちゃけさせてもらいますよ。


 とっととレベル99まで上げて
 オニオンシリーズ装備したたまねぎ剣士で
 戦ってください。


 以上、攻略終了!」


ドリス
「もう…なんでそんなにやる気ないのよ…」


カリバー
「こんなバランスぶち壊しな奴とかめんどくせーよ!
 だったらこっちもバランス壊しのジョブ使うから
 バランス壊し同士で勝手に潰しあってくれって感じなんだよ。」


ドリス
「…じゃあ今回は戦わずにやめとく?
 正直、あなたらしくないわよ。
 レベル上げをあれだけ嫌ってたのに
 そんな投げやりな攻略で…

 ちょっと見損なったわ…

 それとも本当は2人旅じゃ勝てそうに無いから
 逃げているんじゃなくて?




カリバー
「あ…

 そーいうこと言っちゃうんだ…


 勝てそうになくないだろ。
 さっき言った通り、レベル99のフル装備のたまねぎ剣士があれば
 勝てると思うよ…実際やってないけどさ。


 
 あーわかったよ。
 ドリスさんにそこまで言われちゃ仕方ない!
 では、ちゃんとやりましょうではありませんか!」


ドリス
「なんかすでにグダグダの展開になっちゃってるけど…

 ちゃんと言い直すわ!


 2人旅でこの強敵をどうやって倒すのか?
 そこまでにどういう過程をふむのか?


 その辺りの攻略情報を提供できるのではなくて?」


カリバー
「……
 とりあえず竜騎士は今回アウツだ…
 飛んでる間に残った一人が間違いなくぬっころされる…
 そうするとナイトで守ったらどれだけダメージ減らせるか…
 そもそもあいつより先にプロテスかけるには
 どれだけレベルが必要なのか…
 うーむ…」



ドリス
「カリバーが早速考えこんでしまったので
 今回の話はここでおしまいです。

 実際、カリバーの言うとおりで
 レベル99のフル装備のたまねぎ剣士でパーティ組めば
 勝てそうな気がするわ。

 けど、そうしないでどうやって勝つのか?
 本当に勝てるのか?

 第二部はそういう話になりそうです。」




→その2・オニオンシリーズ回収編


→その3・鉄巨人戦下準備編


→その4・鉄巨人戦開始!たまねぎ剣士&吟遊詩人編


→その5・鉄巨人戦再戦開始!たまねぎコンビ検証編


→その6・七度目を数えるとそろそろ喜劇になる編


→その7・鉄巨人撃破!完全決着編


→その8最終回・大団円編




スポンサーサイト
  1. 2006/09/15(金) 22:29:47|
  2. FF3っぽいゲーム二人旅第二部|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<タイムクライシス4 ラッシュ大尉写真集 | ホーム | FF3っぽいゲーム二人旅第二部(その2・オニオンシリーズ回収編)>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://runark.blog6.fc2.com/tb.php/172-1cba57b9

ルナーク

Category

Recent Comments

Recent Entries

Recent Trackbacks

Archives

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。