ちくやらアーカイブ

このブログは気分よって構成されています。 BGMも気分で流してます。 あなたの忍耐に感謝します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

FF5っぽいゲーム二人旅第二話「ガルラ道場の巻」



プレイ予定の無かったFF5の二人旅。
過去、「ガラフすり替え事件」で
絶望感を味わった中の人のリベンジでもあるこのゲーム。

とりあえずセイレーンまで倒したが…






P1004155.jpg

ドリス
「カーウェンの町に来たわ。
 風のクリスタルが壊されて風が吹かなくなったため
 船が出航できないという事態に陥ってしまった。
 その為、空路としてレナの父親が乗っていた
 飛竜を北の山で見たというので、そこに行くことに。」


カリバー
「話はそうだが、
 オレ達はちょっと多大な寄り道を必要とするかもしれない。」


ドリス
「よくわからない表現だけど、どういうこと?」


カリバー
「気付いたというか忘れていたんだけど
 このゲームってボス倒しても経験値入らないんだね。
 APだけ入る。」


ドリス
「そういえばそうね。」


カリバー
「低レベルクリアをする人には非常にありがたい話ではある。

 で、それをふまえると、低レベルクリアする人は
 ボス戦でしかAPが入らないということにもなるよね。」


ドリス
「そうなっちゃうわよね。」


カリバー
「以上、前置き。
 では出発だ!」


ドリス
「え?
 ちょっと…どこいくのよ!?」


P1004158.jpg

カリバー
「場所はここだ。
 この森の間にある草原2マス


ドリス
「???」



P1004156.jpg

カリバー
「これが低レベルやりこみ派を可能にさせている
 ガルラ先生だ。」


ドリス
「なんか見るからに強そうよ…」


カリバー
「あ~ほっといていいよ。
 何もしなくていい。」


ドリス
「ええ?」


P1004157.jpg

ドリス
「あれれ?
 勝手に逃げていったわ…
 そして経験値も入らずAPが1だけはいった…」


カリバー
「そういうことだ。
 中の人、これだけはしっかりと覚えていたようだぞww


ドリス
「つまり、経験値が入らずAPだけ入る敵ということね。」


カリバー
「その通り。
 1しか入らないのがネックだが、確実にAPを稼ぐことができる。
 これにより、この段階で風のクリスタルの
 ジョブマスターになることは一応可能ではあるということだ。



 まあ、FF3でいうところのゴブリン道場だな。」


ドリス
「早速マニアックなネタが来たわねぇ…
 で、二人旅の私達もここでAP上げをしろということね…」


カリバー
「うーん、まあ一応ね…
 この先の展開をあまり覚えてないから
 鍛えれるうちに鍛えておくのも悪くはないし
 何よりもジョブマスターになることにより
 すっぴんの価値を上げることの方が重要だと思ってさ。



ドリス
「すっぴん?」


カリバー
「すっぴんはジョブマスターのアビリティ特性を引き継ぐことができるという話。
 一応書いておくと、

ナイト…かばう
モンク…カウンター、かくとう
シーフ…ダッシュ、かくしつうろ、けいかい
青魔道士…ラーニング
魔法剣士…まほうバリア
忍者…にとうりゅう、せんせいこうげき
風水士…おとしあなかいひ、ダメージゆか
侍…しらはどり
薬師…くすりのちしき



 これらのアビリティ特性を身につけることができる。
 あとステータスもすっぴんよりも上のジョブのものを取得できる。
 モンクマスターになるとモンクのステータスとHPで
 すっぴんをやれるということだな。」


ドリス
「すっぴんはアビリティを二つつけることができるのも大きいわね。」


カリバー
「そう、今回もしかしたら最終的にはすっぴんで戦うことも
 ありうるだろうから、マスター化しておくにこしたことはない。」


ドリス
「話はわかったけど、実際大変じゃない?
 いきなりマスターまで上げるの?
 どれくらい時間かかるのかしら…」


カリバー
「いや~それに関してはオレも途中で飽きて断念すると思う。
 とりあえずオレはモンクでチャクラが使えるまであげることにするよ。」


ドリス
「そうしたら私は青魔導師の「あおまほう」まではがんばってみるわ。
 その後シーフにでもなって少しずつアビリティを取得するわね。」




(そして2時間後)




P1004159.jpg

カリバー
「あ~~もう限界だ…」


ドリス
「こ…これは苦痛な作業ね…」


カリバー
「と…とりあえずチャクラどころか
 カウンターまで取得してやったぞ。」


ドリス
「私は『あおまほう」からシーフの『ぬすむ』まで取得したわ…」


カリバー
「まあ今日はこれくらいでいいだろう…
 この作業は飯くいながら、ネット巡回しながら
 テレビ見ながらなど、ながら作業でできるから
 その時にやればいいかもしれないしね。」


ドリス
「では次回から攻略を再開します。」


スポンサーサイト
  1. 2006/10/14(土) 22:55:08|
  2. FF5っぽいゲーム二人旅|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<FF5っぽいゲーム二人旅第一話「わしの…仲間じゃ!!の巻」 | ホーム | FF5っぽいゲーム二人旅第三話「ああそれにしてもギルが欲しい…の巻」>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://runark.blog6.fc2.com/tb.php/185-2851fdd1

ルナーク

Category

Recent Comments

Recent Entries

Recent Trackbacks

Archives

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。