ちくやらアーカイブ

このブログは気分よって構成されています。 BGMも気分で流してます。 あなたの忍耐に感謝します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

switch case

switchに使われる値は基本的にint型。
だからintより型の小さいものは全て使える。
int short char byte
この4つが使える。



byte b = 200;
switch(b){
はコンパイルエラー。
byteの範囲-128~127じゃないから。




caseは基本的にfinal値のみ扱える。
ちなみに
final int a = 10;

case a-2:
は可能。
基本的にfinalだからfinalを使った演算も固定扱い。
 
そのかわり
int a = 10;
だったら無条件でコンパイルエラー。



byte b = 2;
switch(b){
case 128: (略)
}

はコンパイルエラーになる。理由はswitchでbyte型が使われていて
caseでbyteの範囲外の数値を使っているから。

 


あとは、breakがなかったら次のcaseやdefaultへ
処理が流れているってあたりを
抑えていれば問題ないはず。


スポンサーサイト
  1. 2005/04/03(日) 14:32:57|
  2. 資格:SJC-P|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<水曜日-a.m.12:10/非情のインド洋 | ホーム | instanceof>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://runark.blog6.fc2.com/tb.php/20-b0a26882

ルナーク

Category

Recent Comments

Recent Entries

Recent Trackbacks

Archives

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。