FC2ブログ

ちくやらアーカイブ

このブログは気分よって構成されています。 BGMも気分で流してます。 あなたの忍耐に感謝します。

FF5っぽいゲーム二人旅第十一話「7人の悪魔超人の巻」

ドリス
「最近のタイトルは結構普通だったけど
 今回はまたよくわからないのが来たわね。」


カリバー
「え?わからない?
 お前、あのキン肉マンの悪魔超人を知らないのか?」


ドリス
「知らないわよ。
 私、女だからキン肉マンなんて見ないわ!」


カリバー
「ぐむー
 オレなんかタイトルだけで今回の話の内容が
 掴めちゃったけどなぁ…」



P1006108.jpg

カリバー
「というわけで、次元のはざまに来たぞ。
 敵の本拠地に相変わらず殴り込みだ!」


ドリス
「最終決戦の開始ね!」



P1006110.jpg

P1006111.jpg

P1006112.jpg

カリバー
「そして敵さんも総出でお出迎えだ!」


ドリス
「ひー、ふー、みー、よー、いつ、むー、なな

 なるほど!
 敵が7人いるから「7人の悪魔超人」なのね!



カリバー
「今回はこいつら全てと戦う話ってことだな。
 ボス連戦だ。」



P1006113.jpg

カリバー
「道中はドリスが予言師マスターになって「てきよけ」をつけたおかげで
 全く雑魚モンスが出ない!

 これは新ジョブ様々だよ。
 まじで面倒くさい戦闘をすべてシャットアウトだ。」



P1006115.jpg

ドリス
「ここは…蜃気楼の町かしら?」


カリバー
「次元のはざまにいると時間が止まって動かないとか言ってたね。
 つうことは、この人達の顔に落書きしても気付かないのかw」


ドリス
「やめなさいよ!そういうことは!」


P1006117.jpg

カリバー
「けっこー道中にも色々いいアイテムが落ちているので
 しっかり回収しておくこと。」



P1006118.jpg

P1006119.jpg

ドリス
「先に行こうとしたら、ボスが現れたわ!」


カリバー
「一人目のおでましだ!いくぜ!」


ドリス
「うわん!いきなり「オールド」をかけられたわ!
 老化しちゃう…」


カリバー
「おばんがさらにおば

(バキ!)




ドリス
「リターンでやり直すわよ!」



P1006121.jpg

P1006123.jpg

ドリス
「魔法攻撃が中心のようだから、マイティガードをかけたのだけど
 先に私にリフレクかけられて、敵にマイティガードがかかっちゃったわ!」


カリバー
「なにいいいい
 そしたらオレの魔法剣フレアみだれうちも
 こんなヘッポコダメージになっちゃったよ。
 リターンでやり直し!」


ドリス
「ごめんなさあああい」



P1006127.jpg

ドリス
「今度はちゃんとマイティガードがかかったわよ。」


カリバー
「魔法ダメージもこれで半減できたし
 あとはみだれうちとドリスのメテオ連発で軽く撃破成功だ!」



P1006131.jpg

カリバー
「さて次だが、この洞窟のところで
 なんと「さんごのゆびわ」を拾った!


ドリス
「リバイアサンでどうしても欲しかっけど
 高くて買えなかったアイテム。
 貧乏パーティーの私達にはとても助かる品物ね。」


カリバー
「そして写真にいる怪しげなロボットが一体。」


ドリス
「なに?このロボットは」


カリバー
「こいつは
 所謂FF3での鉄巨人クラスにあたる
 超ボス「オメガ」だ



ドリス
「えええ…
 あの無茶苦茶強かった鉄巨人なみに強いボスってこと?」


P1006133.jpg

カリバー
「まあやればどんなもんかわかるよ。」


ドリス
「うわああん。
 3000ダメージとかいって、どうにもならないじゃない。」


カリバー
「でまあ、今回は「悪魔超人編」だから
 こいつはどちらかというと例外なんだよね。

 ただ、一応というか…」


P1006146.jpg

カリバー
「この通り、ある方法をとって倒すことはできた。」


ドリス
「うん…確かに「ある方法」を使って倒すことはできたわ。」


カリバー
「けど、逆にいうと「その方法しか手が無かった」ということもあって
 今回はオメガ戦については見送ることにした。
 次回あたりにその話をやろうと思う。

 まあ、そんなわけで話を先に進めよう。」



P1006163.jpg

カリバー
「これは……」


ドリス
「もう、いかにも本のおばけがでてきそうよね…」



P1006168.jpg

P1006169.jpg

カリバー
「魔法剣ファイガのチキンナイフ&エクスカリバーによる
 二刀流乱れ打ちで速攻倒してしまった。
 ダメージ落ちている乱れ打ちで4000ダメージもでたら
 どうにもならんw」


P1006171.jpg

P1006172.jpg

ドリス
「さっきのオメガについて書かれた本があるわね。
 これによると「神竜」というボスもいるということね。」


P1006174.jpg

カリバー
「こっちは「ギガフレア」について書かれてあるね。
 そういえばそんなの使うボスがいたような気がするわ。」



P1006175.jpg

P1006176.jpg

カリバー
「さらに進んで城っぽい所にきた。
 そこで「エルメスのくつ」をげっと。」


ドリス
「これで私とカリバーの2人が揃ったわ。
 これも高くて買えなかったから本当に助かる♪」


P1006181.jpg

P1006182.jpg

ドリス
「ここは…牢屋?」


カリバー
「なんかよくわからんのがたくさんいるね。
 無視して先行こうとしたら、目玉のおばけに襲われたぞ!」



P1006178.jpg

P1006179.jpg

カリバー
「む…「じゅうりょく100」で浮かんでいたオレ達を
 地面に降ろしたぞ!」


ドリス
「なんか怖いからレビテトをかけ直しておくわね。」


カリバー
「また「じゅうりょく100」がきたぞ。」


ドリス
「じゃあ、またレビテトを…」


カリバー
「また「じゅうりょ(ry


ドリス
「レビテ(ry


P1006180.jpg

カリバー
「ということを繰り返しているうちに
 オレがみだれうちしてたら倒してしまった。
 何がしたかったんだかよくわからん。」


ドリス
「地面に降ろしてから「地震攻撃」をしたかったんじゃない?」



P1006184.jpg

カリバー「いいえ」
ドリス「いいえ」



P1006185.jpg

カリバー
「まあ…話が進まんわなw」



p1006186.jpg

ドリス
「うう…「はい」にしたら
 やっぱりこんな酷いこと言われたわ…」



P1006187.jpg

P1006190.jpg

カリバー
「うーむ…どうもこいつは「青魔法使い」のようだ。
 とにかくたくさんの青魔法を駆使してくるぞ。」


ドリス
「ギク!
 そうすると、今レベル18の私達は
 レベル3フレアが来たら一気に全滅しちゃうわよ!



カリバー
「うおっと!そういえばそうだった!
 これはもうそれが来ないことを祈るしかないぞ…」



P1006191.jpg

P1006193.jpg

カリバー
「うはwww「しのせんこく」喰らっちゃったよ
 オレが死ぬ前に倒さないと」


P1006195.jpg

カリバー
「残りカウント08の所で撃破成功。
 いやー今まで出てきたボスの中では強かったかな。」


ドリス
「それでもまだ全然大丈夫よね。
 なお、このアポカリョープスを倒すと
 セーブポイントが出現します。」




P1006248.jpg

ドリス
「次だけど…
 なんかおじいさんがいっぱいいるわよ?」



P1006249.jpg

P1006250.jpg

カリバー
「攻撃するとジュラエイビスになる。」


ドリス
「こんなのいたわねえ…」


P1006251.jpg

P1006252.jpg

カリバー
「さらに先に進むと、なんか美人がいて
 キスされちゃったよ。」


ドリス
「こんな所に女性一人で…というのが
 怪しいわよね。」


P1006253.jpg

P1006254.jpg

P1006255.jpg

カリバー
「早速その種明かしだよ。
 どうもこのお城の持ち主らしい。」


ドリス
「それがわかっていたから
 キスされても鼻の下延ばさなかったのねw」


P1006257.jpg

P1006258.jpg

カリバー
「いかにも物理攻撃がメインっぽい敵だ。」


ドリス
「とりあえずマイティガードをかけようとしたんだけど
 なんか私がカエルにされちゃったあああ
 カエルはいやあああ~



カリバー
「わははははwww
 FF3以来だな、カエルネタはwww」


ドリス
「笑ってないで早く治してよ!!!」



P1006259.jpg

P1006260.jpg

ドリス
「むかー!
 よくもやってくれたわね!」


カリバー
「うほwww
 ドリスさんがめずらしく怒ってるよ。
 こわいこわい…」



P1006275.jpg

カリバー
「そして、さらに先に進むとこんなのがでてきた。
 あああ…いたよいたよ、こんなやつが。
 こいつが「ギガフレア」を使うボスだよ。」


ドリス
「むむむ…強そう?」



P1006263.jpg

P1006264.jpg

カリバー
「強いというか…見ての通りだ。
 またしても「タイダルウェイブ」に悩まれそうだぞ。」


ドリス
「さっき拾った1個があるから、どちらかは助かるけど
 このダメージだとマイティガードしても助かりそうにないわね…」


カリバー
「まあ、今までボスたくさんでてきたわりに
 どれも弱かったからねえ。

 ようやくバッファローマンみたいな強いボスが
 でてきたというわけだ!



ドリス
「ば…ばっふぁろー?
 た…確かにツノは生えているみたいだけど…」


カリバー
「さて、ようやく今回、攻略らしい攻略を考える時がきたぞ。
 このツインタニアは確かにギガフレアを使う前に倒すと
 「ティンカーベル」というレアアイテムをドロップすることがあると
 記憶している。」



p1006302.jpg

P1006304.jpg

カリバー
「こんな感じで、戦闘してから数ターンがすぎると
 ツインタニアがギガフレアを撃つために変身する。
 こうなると、オレ達では「かくれる」以外に助かる術はない。」


ドリス
「ふむふむ。
 それで、この態勢に成る前に倒せば
 そのレアアイテムを落とす可能性があるというわけね。」


カリバー
「それで問題はタイダルウェイブなんだけど
 例によって、さんごのゆびわが足りてないんだよね…


ドリス
「だったら、いまから戻って資金繰りして
 買って来ましょうよ!」


カリバー
「うーん…面倒なんだよなぁ…なんか…」


ドリス
「あきれた!
 あなた今まで散々あれだけAP上げしておいて
 なんでお金稼ぎになると「面倒とか」言えるわけ!?


 もう…全く理解できないわ…」


カリバー
「貧乏が性にあってるってことだなwww」


ドリス
「ガーン!
 たったそれだけで、わざわざ面倒な戦闘を
 いつもしているのね…」


カリバー
「いや、本当に絶望だったら諦めるけどさ
 タイダル来てもどちらかは生き残るのだから
 リバイアサン戦よりはマシだと思うぞ。」



P1006278.jpg

P1006279.jpg

カリバー
「とりあえずドリスにさんごのゆびわを装備させて
 オレはタイダルで死ぬの前提で「みだれうち」してみた。」


ドリス
「あっさりカリバーがやられちゃったのだけど
 私はタイダル受けても死なないからメテオを連発してみました。

 そうしたら、どうも魔法攻撃をすると
 カウンターでメガフレアを使ってくるみたい…


 私もこれでやられてしまったわ…」


カリバー
「メガフレアだったら、多分リフレクで跳ね返せるだろうけど
 どっちにしろメテオだけだとダメージがまだ少ないね。
 これだとギガフレア撃つ前に倒せそうにない。」


ドリス
「ツインタニアは他の攻撃で
 ・アトミックレイ
 ・ふぶき
 ・かまいたち
 ・マインドブラスト
 もやってきて、特にマインドブラストで400ダメージ喰らうから
 回復することも考えると私のHPじゃきついかも…」


カリバー
「そうしたら、オレがさんごのゆびわをつけて戦うか…
 ドリスには最低でもヘイストをオレにかけてもらう必要があるね。」


ドリス
「私はヘイストかけたあとに、タイダルでやられるの前提に
 戦うしかないわけね。」


カリバー
「…そうか、そうしたらあの方法でやってみるかな。」


ドリス
「何か閃いたの?」


カリバー
「ああ、閃いた。
 ていうか、
 サボッてさんごのゆびわを手に入れてないオレ達には
 この方法しか無いかもしれない。




P1006288.jpg

カリバー
「オレの装備はこんな感じ。
 アイスシールドとさんごのゆびわをつけることで
 アトミックレイ・ふぶき・タイダルウェイブを無効化できる。
 まさむね装備で一番手に行動。

 そしてアビリティは「ひっさつ」をつける。



P1006287.jpg

カリバー
「ドリスの装備はこんな感じ。
 すばやくヘイストを使ってもらうためにエルメスのくつをつけさせて
 あとはアイスシールドだけかな。
 
 アビリティは「じくう」と「ものまね」があればそれで良し。」



P1006289.jpg

P1006290.jpg

カリバー
「もうやることはわかっていると思う。
 剣闘士のアビリティ「ひっさつ」による
 エレメントアタック狙いだ!


 オレがまさむね装備で一番手に「ひっさつ」をやる。
 ドリスはこの結果を見て、「エレメントアタック」がでたら
 オレにヘイストをかける。
 クリティカルや失敗が出たらリターンでやり直し。


 とにかく、最初にエレメントアタックを必ず無理矢理成功させて
 ダメージを稼ぐ。」


ドリス
「ヘイストをかけた後は、私がカリバーの「ひっさつ」をものまねして
 「ひっさつ」を連発するのね。
 前にバハムート戦で試した戦法ということね。」


P1006294.jpg

P1006296.jpg

カリバー
「タイダルは物理攻撃に対するカウンターでも発動してくるっぽくて
 これでドリスは死亡。
 オレ一人でひたすらひっさつをするしかない!」


P1006299.jpg

P1006300.jpg

カリバー
「途中、マインドブラストとかでダメージを喰らっても
 それらを回復せずにひたすら「ひっさつ」をする。
 途中でふぶきとか来たら回復できるので、それをあてにした。 

 とにかく「ひっさつ」
 死ぬまで「ひっさつ」」



P1006301.jpg

P1006274.jpg

カリバー
「そんな感じで「エレメントアタック」を都合5回プラス
 クリティカル1回ぐらいの攻撃で倒すことができた。」


ドリス
「私がタイダルでやられる前にエレメントアタックを繰り出せるかも
 カギになっていたわね。」


カリバー
「ていうか、
 「ひっさつ」が強い!
 失敗あるとはいえ、武器関係なしで9999ダメージを
 叩き出せるのはお手軽だよ。
 ドリスがオレのみだれうちをものまねしても
 同じダメージは出せないけど
 ひっさつをものまねすれば同じダメージ出せるからね。」


ドリス
「GBA版FF5ならではの攻略なんじゃないの?」


カリバー
「まあ、そう言われるとそうだねえ…」



P1006307.jpg

カリバー
「ラストフロアにきたぞ。
 この先にエクスデスがいる!」


ドリス
「ワープ装置にまたボスがいるわ!」


カリバー
「…いや、よく見て見ろ。
 こいつは…」


P1006310.jpg

P1006311.jpg

ドリス
「ギルガメッシュ?
 なんでこんな所に!?」


カリバー
「ほら、前にエクスカリパーでエクスデスに怒られた時に
 デジョンで飛ばされただろ。
 あれの行き先が「次元のはざま」だったんだよ。」


ドリス
「あ~~
 だからこんな所にいたわけね。」


P1006312.jpg

カリバー
「それはそれでちゃんと盗るものは盗っておいてくれよな。」


ドリス
「了解!」


P1006330.jpg

P1006332.jpg

P1006334.jpg

ドリス
「ようやく私達にきづいたギルガメッシュ。
 この人、見ての通り腕がたくさんあって魔物なんでしょうけど
 とても人間味のある人よね。」


カリバー
「そのあたりが人気の秘密なんだろうね。」


ドリス
「そして何か照れくさそうに去っていったわw」


カリバー
「男ツンデレってやつだよw」



P1006340.jpg

P1006342.jpg

ドリス
「………」


カリバー
「……見なかったことにしよう。」



P1006343.jpg

ドリス
「いかにもセーブポイントのありそうな所にきたわよ。」



P1006347.jpg

P1006348.jpg

カリバー
「こいつか…
 このネクロなんとかは、周りにあるバリアを倒さないと
 本体を攻撃できないボスだ。」


ドリス
「なるほど。」


カリバー
「しかもそれだけではないぞ。
 こいつ、すげえ厄介かもしれない」



P1006349.jpg

カリバー
「この通り、バリアには「リフレク」がかかっている状態で
 バリア4つそれぞれが
 リフレク反射でフレアやホーリーを使ってくる。


 当然、その魔法攻撃をこちらはリフレクで返すことができないから
 フレア系を4回まともに喰らうことになる。」


ドリス
「そんなの…一発でも耐えれるわけないじゃない!
 マイティガードかけたとしても4回もこられたんじゃ
 絶対防ぎようがないわ!」



p1006357.jpg

カリバー
「一応、隠れて様子を見てみた。
 「フレア&ホーリー」の時と
 「ガ系魔法の全体攻撃」の時があるみたいだ。
 ガ系魔法の時にほのおの指輪とかアイスシールド装備すれば
 一応耐えれるけど、サンダガがきたらそれだけで全滅か…」


ドリス
「やるとしたら、それがこないことを祈って
 かくれながら戦うしかない?」


カリバー
「攻撃方法も考えてみるか。
 全体攻撃をして一気に倒す方法をとるとすると…」


P1006345.jpg

P1006346.jpg

カリバー
「剣闘士の「全斬り」を試してみたけど
 これは使えないね…」


P1006358.jpg

P1006365.jpg

P1006366.jpg

ドリス
「私がバハムートを召喚して攻撃。
 カリバーがそれを「ものまね」する方法を試してみたわ。」


カリバー
「ウィザードロッドを装備しているドリスの方がダメージでかいけど
 オレがやったらその半分くらいしかダメージ通らなかったよ。
 しかもこれだけではバリア倒せなかった。」


ドリス
「この後、かくれようとしてもバリアの攻撃が始まって
 サンダガ喰らって全滅しちゃったわね…」


カリバー
「召喚とか魔法攻撃だと
 アクティブモードでやっていると
 選択中に敵が動くから難しいね。」



ドリス
「攻撃に関してはいまいちねぇ…」


カリバー
「すると、やっぱりあれを使うことになるのかなぁ…」


ドリス
「また?」


カリバー
「うん、また。」



P1006359.jpg

カリバー
「剣闘士の「ひっさつ」をフル活用してバリアを即時撃破する作戦だ。
 オレが例によってまさむねを装備、
 エルメスの靴は二人に履かせておく。

 開幕でオレがひっさつ→ドリスが「ものまね」
 そしてヘイスト効果でさらにおれが「ひっさつ」。

 ネクロなんとかが喋り始める前に
 最大で3回「ひっさつ」ができる



ドリス
「この間にどれだけ「エレメントアタック」がでるかが
 勝負の分かれ目。
 もし全然でないようだったら、次の私のターンで
 「リターン」をかけてやりなおし。」


p1006369.jpg

カリバー
「うまく発動してくれれば、こんな感じで2つは倒せているはず。
 この後、ドリスが「ものまね」、オレが「ひっさつ」して
 1個でもバリアを倒せればいい感じだが、
 これで失敗したら、次にはバリアからホーリーとフレアが来て全滅する。」


ドリス
「運任せも良いところだけど、速攻撃破するなら
 これしかないのかしらね…」


カリバー
「いや、実はもう一個確実な方法があるよ。」


ドリス
「え?」


カリバー
「エレメントアタックしてたらなぜか気付いた。
 さっき「かくれる」してたけど、
 それをずっとやっていれば
 多分、バリアが魔法使いまくってそのうちMP切れするはず。


 そうしたら、現れて安全に攻撃して倒せると思う。」


ドリス
「うーん…どれくらい時間かけたらMP切れするのかしらね。
 ボスには「みやぶる」が効かないから
 ステータスわからないし…」


カリバー
「まあ、そんなヒマなことをするくらいだったら
 オレは「ひっさつ」の発動率にかけた短期決戦でいくよ。」



P1006378.jpg

P1006382.jpg

カリバー
「バリアを破壊したらネクロなんとか本体との戦闘だけど
 こいつはこいつでなかなか強い。」


ドリス
「物理攻撃が2回くるから分身が必須よね。」



P1006384.jpg

P1006385.jpg

ドリス
「ものまね師の私は「リボン」を装備できないという弱点があり
 「デス」の魔法を喰らって死んでしまったわ…」


カリバー
「けど、そこらへんはオレがフォロー可能だ。
 ドリスは「ひっさつ」を連発して善戦していたぞ。」



P1006386.jpg

P1006387.jpg

カリバー
「そして戦闘中に、なんとギルガメッシュが乱入!」


ドリス
「次元のはざまから脱出したんじゃなかったの?」



P1006388.jpg

P1006389.jpg

P1006390.jpg

ドリス
「ズコ…
 そ……そんな理由でやってきたの…?」


カリバー
「ばーか、これもあいつなりのツンデレだよ。


 で、ここはギルガメッシュ最大の見せ場なのだが
 あまりにも台詞が多いのでここでは割愛。」



P1006415.jpg

カリバー
「とうぞくの小手を装備せずに戦っていたから
 わずか2ターンしかない間でこれを盗めるかどうか
 かなり危険だったが、うまく成功してよかった。」


ドリス
「バリア撃破自体、大変だったものね…
 ここで盗り逃したらやり直しはきつすぎるわ…」



P1006422.jpg

カリバー
「そして、ギルガメッシュのおかげで
 ネクロなんとかを倒すことができた。」


ドリス
「最終セーブポイントを確保したところで今回はおしまい。
 次回、ついにエクスデス編?」


カリバー
「オメガと神竜をなんとかしたいところだね。」


ドリス
「大変そう…」


カリバー
「あと、ギルガメッシュだけど
 あいつの台詞に対していろいろツッコミとかいれたかったが
 やはり台詞が多すぎだった。
 なので、一応画質は最悪だけど、今回の見せ場は全部撮ったので
 こんなのを一応作ってみた。


 「ギルガメッシュ追悼」


ドリス
「けど、ネタバレなので
 何か問題が勃発したら即座に削除します。

 けど、ギルガメッシュのおかげで
 ネクロフォビアを倒すことができたのよね。
 色々あって楽しい人だったけど
 静かに、あの人の最後の活躍に感謝することにするわ。
 「女らしくなれ」は余計だけど!



カリバー
「そんなわけで、長い長いFF5も
 ようやく終わりが近づいてきたよ。」


スポンサーサイト



  1. 2006/11/23(木) 12:04:32|
  2. FF5っぽいゲーム二人旅|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<FF5っぽいゲーム二人旅第十話「3大召喚獣戦・新ジョブ(今ごろ)登場の巻」 | ホーム | FF5っぽいゲーム二人旅第十一話「番外編・ギルガメッシュ追悼」>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://runark.blog6.fc2.com/tb.php/203-4ea944ac

ルナーク

Category

Recent Comments

Recent Entries

Recent Trackbacks

Archives

Links

Search