ちくやらアーカイブ

このブログは気分よって構成されています。 BGMも気分で流してます。 あなたの忍耐に感謝します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

FF5っぽいゲーム二人旅第十九話「2時間半の死闘!・エヌオー決着戦の巻」

カリバー
バグでゲームが止まってどうにもならない!
 
 とか紆余曲折あったが、それを乗り越えてエヌオー第一形態まで
 突破したところで前回は終わった。」


ドリス
「あなたも、けっこー根に持つのね。」


カリバー
「本気でダメだと一瞬でも思ったからな。
 これくらい言わせてくれw」


ドリス
「では、アビリティと装備の確認から行きます。」



P1008063.jpg

カリバー
「と、その前にバグ対策のための隊列変更だ。
 先頭のキャラを絶対隠れないキャラに変更すること。」


ドリス
「ちなみにこの写真ですが、12/24の8時16分に撮りました。」



P1008149.jpg

ドリス
「そして、物資はごらんの通りです。
 がんばって竜の牙を99集めました!」



p1008150.jpg

カリバー
「では、オレのアビリティと装備だ。
 すっぴんで「合成」と「隠れる」を使用。
 装備は見ての通り、ごく普通だ。
 リフレクトリングがミソかな。」



P1008151.jpg

ドリス
「私はものまね師で
 「調合」と「隠れる」と「リボン装備」を使います。
 装備はやはりごく普通ですね。
 フォースシールドとエルメスの靴がポイントかしら。」



P1008065.jpg

カリバー
「では戦闘開始だ!
 まずオレは先制でスロウキャノンを当てる。
 もしここでスロウが効かなかったら
 面倒くさいけどリセットした方が早い。
 これが効くことが第一関門だ。」


ドリス
「けど、実際はこの一発目のスロウがかからない
 かかってもその後ですぐ死んだりと最初から苦労しっぱなしでした。」



P1008069.jpg

ドリス
「そしてスロウが当たった後ですが、
 カリバーに調合のヘイストドリンクを使うか
 エヌオーにドラゴンアーマーをかけるかで迷いました。
 結論としては、エヌオーにドラゴンアーマーを使って
 ダミーからのヘイストを防ぐことにします。」


カリバー
「オレはギリギリでエヌオー2ターン目よりも先に
 「隠れる」ができたので、ヘイストはその後にかけてもらうことにした。
 むしろ、最初はオレよりもドリスの方を先に
 戦闘準備を完了させないといけない。

 やはりエルメスの靴を履いているドリスが
 生存のカギを握っているということだ。」


ドリス
「攻撃はあなたにまかせるけど、
 それ以外のサポートは私にまかせてもらうわ!」



P1008070.jpg

カリバー
「隠れたら早速ヘイストを使ってきたよ。
 危ないところだった。
 ナイス判断だ、ドリス!」


ドリス
「危ないところだったわね。」


カリバー
「では、第一形態に関するまとめだ。


 まず、エヌオーの行動パターンは以下の通り。

1.ファイガorブリザガorサンダガ
2.アクアブレスorバイオorエアロガ
3.ホーリーorフレアorメテオ
4.メルトダウンorドレインタッチorディープフリーズ


 ここでつけいるスキは基本的に1ターン目の黒魔法攻撃。
 リフレクトリングとフォースシールドで完全に無効化できる。
 ここで現れて各種行動をとって、2ターン目の前に隠れる。

 その際にドリスには「ドラゴンシールド」をエヌオーに使って
 常時リフレク状態にさせる必要がある。


 調査の結果、敵の1巡を1ターンとすると3ターン目で切れるっぽい。
 なので、ドリスには2ターンごとにドラゴンアーマーをかけてもらう。」


ドリス
「了解!
 そして、私はまず戦闘準備を整える必要がありますが、
 基本的には私を最優先にします。
 私が死ななければカリバーがやられても復活は可能だからです。」


カリバー
「優先順位をあげておこう。

1.カリバーにヘイストドリンク
2.ドリスに巨人の薬
3.ドリスにドラゴンアーマー(シェルをかけるのが目的)
4.カリバーに巨人の薬
5.カリバーにドラゴンアーマー(シェルをかけるのが目的)
6.カリバーにドラゴンシールド(火・氷・雷無効化)


 エヌオーにリフレクをかけてあるから
 ダミーの補助が反射してきてこちらにかかる時もあるにはある。

 とにかく3までを真っ先にすませたい。」



P1008076.jpg

p1008077.jpg

カリバー
「この通り、ダミーからいつくるかわからないギガフレアに耐えるためだ。」


ドリス
「この時はカリバーにリフレクのシェルだけがかかってたのよね。
 巨人の薬が間に合えば耐え切れたのに。」


カリバー
「オレがやられてもドリスが生きていればなんとかなる!
 とにかくドリスを最優先で生存させることが重要だ。」


P1008081.jpg

ドリス
「そして、なんとか二人の戦闘態勢を整えることに成功しました。」


カリバー
「よくやってくれた!お疲れい!
 では、ようやくオレの出番だな!」


P1008083.jpg

カリバー
「とはいっても攻撃は「ニードルキャノン」のみだ。
 これをドリスにものまねして使って貰う。

 なお、現れる順番について説明忘れてたね。
 基本的に「多く行動させたい方を先にだされる」でOKだ。
 戦闘準備を整える時はドリス→カリバーの順に現れるようにして
 攻撃の時はカリバー→ドリスの順に現れる。

 相手にスロウがかかっているから
 それぞれ2回は行動できるはずだ。」


ドリス
「攻撃の時は
 ニードルキャノン→ものまね→ニードルキャノン→ものまね
 で一気に12000ダメージを与えていきます!」



P1008085.jpg

カリバー
「ただ、その途中でグランドクロスを喰らい
 オレが小人になってしまったww


ドリス
「大変!
 いま調合薬で治してあげるわ!
 確か「万能薬」でよかったわよね…」


カリバー
「ふざけろっ…!続行だっ…!
 ケチな状態異常治す気なしっ…!」



ドリス
「ええ!?」


カリバー
「覚えとけ!ドリス!
 攻撃にさしつかえない状態異常はほっといていい!
 それを治すのに無駄なターンを使うぐらいなら
 もっと大事なことに専念だ!」


ドリス
「わ…わかったわ!」


P1008086.jpg

カリバー
「そうこうしているうちに第一形態を倒したぜ!」


ドリス
「ここまで来るのに4回はリトライしてました。
 パターンができるまでにてこずったわね。」


カリバー
「ああ、だがここからまた敵の行動が変わる!
 すぐに「隠れない」と何があるかわからんぞ!」


ドリス
「わかったわ!」



P1008087.jpg

カリバー
「で、エヌオー第二形態の行動パターンは
 前回18話の後にも何度か試したのと、
 今回のこの後の攻略もふまえて、以下の行動をとることがわかった。


1.ディメンションゼロorメテオorアルマゲスト
  と
  ディメンションゼロorミールストームorホワイトホール
2.フレアorホーリー
3.アルマゲストorグランドクロス
4.ディープフリーズorメルトダウンorドレインタッチ
5.レベル5デスorレベル4グラビガorレベル3フレア
6.ディメンションゼロ



 で、これをふまえてどこにスキがあるかというと、
 4~5ターン目だと思う。」


ドリス
「ディープフリーズとメルトダウンは
 フォースシールドを装備するのと
 調合ドラゴンシールドで無効化できます。

 けど、ドレインタッチだけは喰らうわね。」


カリバー
「これはシェルがかけてあってHP1000以上あれば
 耐えることができる。
 そこは我慢するしかない。

 ディメンションゼロは物理攻撃なので
 ブリンクをかけてあれば防ぐことはできるが
 ブリンクをかけるヒマがあるかどうかというところかな。」


ドリス
「また、私はフォースシールドを装備しているので
 アルマゲストも無効化できます。
 それゆえ、
 私のみ3ターン目から戦うことも可能です。

 グランドクロスが来たら運次第ですが。」


カリバー
「それでも1ターン早めに動けるのは大きい。
 これは後々重要になるポイントだと思うぞ。」



P1008088.jpg

カリバー
「で、写真では氷漬けにされているがノーダメージなのでモウマンタイ。
 まずオレが単独でエヌオーに攻撃してみて
 よさげだったらドリスにも参加させてみるようにしてみた。」


ドリス
「ぶっつけ本番の作戦だったけどいい感じみたいね。 
 カリバー→ドリスの順に現れて 
 ドレインタッチが来たときは私が回復
 こなければものまねとかやればパターン化できそうよ!



カリバー
「ドリスもここに来てこなれてきた感じだなw
 言った通りで大丈夫だろう。

 基本3ターン目が終わった直後に
 カリバー→ドリスの順に現れて
 カリバーがまず「ニードルキャノン」。
 次のドリスがドレインタッチがこないならものまね。
 ドレインタッチが来たら「エクスポーション」を調合して回復。
 そしてカリバーがさらにニードルキャノンを撃って
 ドリス隠れる→カリバー隠れる
 で、6ターン目のディメンションゼロを回避。


 これでOKだろう。
 ドリスも参加してくれ!」


ドリス
「了解!」



P1008090.jpg

カリバー
「そんな感じで調子良く戦っていたのだが
 ここでオレ達の戦いを覆す自体が勃発!


ドリス
「エヌオーにはまだ隠された攻撃がありました!」


カリバー
それはカウンター攻撃。

 ここに来てそれがあることに気付かされるとは…
 エヌオーは物理・魔法に限らず
 一定の確率でカウンター攻撃で反撃してくることがわかった。
 そのカウンターの内容は

・ししゃのおどり→ゾンビ化
・しにがみのつるぎ→多分大ダメージの物理攻撃
・ハリケーン→残りHP1
・ホワイトホール


 そして写真を見てもらうとわかるとおり
 レナがゾンビ化してしまった。」


ドリス
「しかもこの「しにがみのつるぎ」がレナにいって
 5000ダメージとか当たってました!
 こんなの耐えられないわ!」


カリバー
「ううむ…どうする…
 このまま攻撃を続けるべきか…
 それとも…」


P1008094.jpg

カリバー
「ただ、レナがゾンビ化してくれたおかげで
 隠れている間にエヌオーの攻撃が「こうかがなかった」ではなく
 ちゃんと攻撃するようになったので
 ターンの経過ははっきりわかるようになったw
 これはかなり助かったよ。
 「こうかがなかった」の見極めを間違えると悲惨だからね…
 あれはけっこー大変だし。」


ドリス
「これによってエヌオーの全攻撃がわかったのよね。」


カリバー
「それはおいといてこれからどうするかだ。
 


 ドリスはちょっと下がっていてくれ。
 オレが一人で攻撃してみる。」


ドリス
「わかったわ。」



P1008097.jpg

カリバー
「ぐぐ…しまった!
 ニードルキャノンを仕込んでいる間に
 ドレインタッチを喰らい
 ニードルキャノンに対するカウンターで
 「ししゃのおどり」が来てゾンビ化してしまった!」



ドリス
「そんな!
 こんな大変な時に!
 
 …どうすればいいの?
 私がなんとかカリバーを元に戻さないと…」


カリバー
「う゛~~~う゛~~~」(ゾンビのため何いってるのかわからない)


P1008100.jpg

ドリス
「3ターン目に現れてアルマゲストを回避し
 カリバーに聖水を使って元に戻すことには成功しました。

 けど、直後にドレインタッチが来てカリバーがまたやられてしまったわ!」


P1008101.jpg

ドリス
「と…とにかく落ち着いて…
 ここからカリバーを完全復活させる方法を考えるのよ!

 まず蘇生するだけならなんとかなるけど
 エヌオーの攻撃に耐えれるかどうかわからない。
 特にドレインタッチについてはドラゴンアーマーをかけないと
 耐えきれない。

 幸い、調合には「リザレクション」という完全蘇生技がある。

 これを使って、ドレインタッチが来る前にカリバーが隠れることができれば
 なんとかなるかも…

 それを迅速にやるためには、グランドクロスを覚悟して
 3ターン目に現れるしかないわ。


 まとめるとこんな感じになるわね。

1.2ターン目が終わった直後に「現れる」
2.3ターン目を耐える。グランドクロスが運次第なのがきついけど
  大抵は耐えきれる。
3.調合「リザレクション」でカリバーを蘇生。
  この時どうも「ドラゴンシールド」の効果だけは残ってる模様。
4.カリバーのウェイト次第ではここで「隠れる」
5.ドリスも急いで隠れる。

ここまででカリバーがドレインタッチ喰らったらやりなおし。

6.ドリスが2ターン目直後に「現れる」。
7.カリバーが3ターン目直後に「現れる」。
8.ドリスがすぐ動けるのでマッハで調合「ドラゴンアーマー」をかける。
9.カリバーはこれでドレインタッチに耐えれるようになる。
10.カリバー「隠れる」。
11.ドリスも「隠れる」。
12.1巡してドリスが2ターン目直後に「現れる」。
13.カリバーが3ターン目直後に「現れる」。
14.ドリスがカリバーに「ヘイストドリンク」を使う。
15.カリバー「隠れる」。
16.ドリスも「隠れる」。



 私だってここまで来たのだから
 これぐらいやってみせる!

 おそらく、この事態を予想して
 カリバーは一人で戦ったのだろうから
 その信頼に応えて、カリバーを完全復活させてみせるわ!



P1008103.jpg

カリバー
「うはー
 ちょっと操作ミスで隠れるのが遅くなって
 6ターン目までもつれこんだけど
 なんとか生き返ったー!」



ドリス
「早く隠れて!」


カリバー
「ふう…
 とりあえず蘇生してくれたことには礼をいうぜ!」


ドリス
「どうも♪」


カリバー
「で、せっかくのところ水をささせてもらう。

 残念ながらたった今
 エヌオーに勝てる最大のチャンスを自ら潰してしまった!



ドリス
「ええ?
 ど…どういうこと?
 私…何か悪いことした?」



カリバー
「いや…ドリスの判断と行動は
 普通に考えれば正解だ。
 よくやってくれたと思う。

 が、あの極限状態だからこそ実現できた
 最大最高のチャンスには
 さすがに気づけなかったということだ。



ドリス
「???」


カリバー
「いや…責めてるわけじゃないよ。
 オレもゾンビ化が解けた時点で気付いたんだ。
 もっと早く気付いていれば
 ドリスに「ゾンビを戻すな」という指示ができたはずなんだ。



ドリス
「どういうこと?
 さっぱりわからないわ!」


カリバー
「では、説明するか…というか
 実際やってみた方が早いな。」


P1008104.jpg

カリバー
「ちょっとそこにいるゾンビのレナに
 「ドラゴンアーマー」をかけてみて」


ドリス
「?
 わ…わかったわ。それ!」


P1008105.jpg

P1008106.jpg

カリバー
「あとは隠れてみていればわかるよ。」


ドリス
「あ!レナがホーリーをリフレクして
 エヌオーにダメージが当たった!」


カリバー
「そういうことだ。」


ドリス
「でも、リフレクって効果が途中で切れるわよね…
 それだと…


 って…ああ!


カリバー
「気付いたか。
 そう、オレはリフレクトリングを装備しているから
 リフレクが永久に切れないんだよ!


 つまり今のゾンビレナの状況がずっと続くというわけで
 つまりはずっと隠れていればいいというわけだ。


 これが極限の状況で思いついた対エヌオー対策
 リフレクゾンビ作戦だ!



ドリス
「そんなのわからないわよ!」


カリバー
「わからんよね。
 ドリスはオレを元に戻さず
 ずっと隠れていれば良かったなんてw


 まあでも、オレもそこまで頭がまわってなかったから
 仕方ないよ。オレも悪い。」


ドリス
「複雑だわ…
 その方法ができるなら時間さえかければ勝てちゃうわけよね…」


カリバー
「ま、狙ってやれるものでもないからね。
 「死者の踊り」はゾンビブレスとかと同じで
 HPが減ったものにしか効かないのかもしれない。
 ドレインタッチでHPが減った時に
 カウンターの死者の踊りを喰らう
 とかやろうとしても難しいのは確かだし。
 

 超限定戦法だけど、
 オレ達の二人旅の場合だと
 レナやクルルにリフレクトリングを装備させておけば
 簡単にできたかもしれないんだよねw



ドリス
「なんかそれは反則な気がするわ…」


カリバー
「まあ、オレもそう思うし、ここまで来て
 リセットしてやり直しなんかまっぴらごめんだ!
 普通に戦って倒すぞ!」


ドリス
「そうしましょう!」


P1008109.jpg

カリバー
「その後色々あって、
 ドリスがついに死んでしまうという
 最悪の事態まで勃発した!


 これはまたオレが死んで、ドリスが蘇生をしようとした時に
 起きた事態だった。
 隠れる直前でディメンションゼロを喰らってしまった。」


ドリス
「でもなんとかもちこたえたのよね…
 今回、一番の危機だったわ…」



P1008113.jpg

カリバー
「攻撃に関してだが、
 死者の踊りが怖かったので
 やはりオレが一人で戦うことにした。

 一人で戦う時は徹底するならこのディープフリーズが来た時のみ
 ニードルキャノンを撃った方がいい。

 というのは、以下のようなことがあった。

・メルトダウンを喰らう(これは無効化)
・ニードルキャノンで攻撃
・カウンターでハリケーンを喰らったHP1になる
・メルトダウンのスリップダメージで即死w


 これは勘弁だろorz」


P1008116.jpg

ドリス
「こんなのもあったわよね。


・ニードルキャノンのカウンターでハリケーン喰らってHP1
・ゾンビのレナに殴られて即死亡w


 見事な連係だと思ったわ…」

 

P1008117.jpg

カリバー
「笑いごっちゃあないけどな…
 そういうお前もオレを復活させようとして
 グランドクロスでHP1にされて
 レナにギリギリ殴りころされる所までいってたし。」



P1008123.jpg

ドリス
「エリクサーがぎりぎりまにあったのよね…
 正直、このグランドクロスは喰らいたくないわ…
 いつもドキドキする…」


P1008121.jpg

カリバー
「まあ、カウンターのハリケーンだけがどうしようもないが
 それさえ気を付けていれば何とかなりそうではあった。
 ドレインタッチが怖いけど、これを喰らったら
 ニードルキャノンせずにハイポーションで回復。
 回復量が足りないようだったらエリクサー。
 ちょっと「薬師」の「くすりのちしき」のアビリティが欲しくなったよ。」


ドリス
「回復に気を付けていれば時間はかかるけど
 ニードルキャノンで着実に削っていけたのよね。」


カリバー
「ただのその回復がやばくなってきた。
 エリクサーの数がなくなってきたw

 それはそうで
 もうかれこれ2時間以上は戦っている!

 これ、マジですよ。
 時計みたら10時すぎていたんでw」


ドリス
「それでこのままだと物資切れで負けるから
 いちかばちかではあるけど、私も攻撃に参加しました。」


P1008126.jpg

カリバー
「これで1ターンで6000ダメは最低入り
 これを6ターンは繰り返したよ。
 途中でカウンターのハリケーンがきたけど
 全て不発で終わった。
 最後の最後でツキがあったみたいだ。」


ドリス
「そして、6000ダメージ×6で36000以上のダメージ
 …って、あなた一人では全然ダメージ与えてなかったということよね…」


カリバー
「なんかそうみたいねorz
 がんばって戦ってたのになぁ…」


ドリス
「ともあれ攻撃し続けて…」



P1008127.jpg

カリバー
「ちくしょう!バグを乗り越えたぜ!」

ドリス
やったー!時間かかったけど倒せたー!

 …って、まだ言ってるの?w」


カリバー
「いや…戦闘前後で大変だったということを
 強調したかったんだよ…」


ドリス
「でも、本当にやっと倒したわね。
 この写真のタイムスタンプですが
 10時54分になってました!



カリバー
「どうみても2時間半は戦ってます。
 本当にありがとうございましたw」



ドリス
「いや…本当に2時間半戦ったのね…
 レナがゾンビ化したから
 エヌオーの攻撃がいちいち長かったとかあるけど…」


カリバー
「ここでは省略したけど実際は
 オレが何度もやられて
 ドリスがその度に蘇生して…というのがかなり多かった。
 そのため、攻撃するのに時間がかかりすぎていたんだな。
 オレ一人で第二形態で
 20発はニードルキャノン撃ち込んだのだけど
 その半分はドレインタッチで回復されていたというのもある。



ドリス
「それくらい、カウンター攻撃が酷かったのよね…
 あれはきつかったわ…」


カリバー
「でも、そこからドリス一人で完全に立ち直るのは
 よくやったと思うよ。
 今回はドリスのおかげだな。」


ドリス
「あなたもよく一人で戦いぬいたけどね。」


P1008152.jpg

ドリス
「物資はこれくらい使いました。
 エリクサーを20個も使ったのがすごいわ…
 金額にしたら100万ギルは使ったことになるわよ…」
 これを補充しようと思ったら
 ムーバを倒すしかないわよね。」



カリバー
「まあなんにしても…
 勝てたから良かったけどさ、
 2時間半も戦って、最後に全滅してたら
 オレはカートリッジぶん投げてたぞw



ドリス
「き…気持ちはよくわかるわね…
 それぐらい大変だったもの…」


カリバー
「なんにせよ、これでやっと倒した。
 FF5もやっと終わりだー!
 と思ったら…」


P1008128.jpg

P1008130.jpg

P1008131.jpg

ドリス
「ここは…最初の所?」


カリバー
「わからん…わからんが…まだ何かありそうだな…」
 エヌオー倒した後でセーブもできずに
 強敵が現れるとは思えないが用心していこう。
 なお、セーブポイントへの部屋にはいけなかった。」



P1008132.jpg

P1008133.jpg

ドリス
「隠しジョブのネクロマンサーが今ごろ登場!」


カリバー
「しかも、誰か助けてくれとか言ってるぞ…
 正直いうが、全力でこいつを無視したい…
 まじで何かありそうで嫌すぎる…」


P1008138.jpg

カリバー
「なるほど…どうやらネクロマンサーの為のイベントっぽいな。」


ドリス
「こんな時にやらなくてもいいのに…」



P1008140.jpg

カリバー
「そしてやっぱり戦闘になったのだが
 ドリスがマインドブラスト連発で喰らって
 あっさりやられてしまった!



ドリス
「きゃー!」


カリバー
「まじ…2時間半かけてエヌオー倒した後で
 こんなやつで全滅するのだけは勘弁してくれ~!」




P1008142.jpg

P1008143.jpg

ドリス
「しかもネクロマンサーになった人が倒さないと
 いっこうに終わらないネバーエンドバトル…
 私がとりあえずネクロマンサーになってメテオでトドメさしたわ。」


カリバー
「ドレインタッチを覚えたね。
 つうかこれ、敵倒さないと覚えないとかいって
 「死の宣告」効かない敵だったら経験値絶対入るよね…
 オレ達には使えないジョブだぞこれ…」


ドリス
「まあ、そういうのはあとにしましょ…
 とにかく全滅しなくてよかったわ。」


P1008145.jpg

P1008146.jpg

p1008147.jpg

ドリス
「そして、どうもまだ隠し要素があるみたいね。
 『亡者の巣窟』とかいって、つまりはボス連戦かしら。」


カリバー
「なんでもいいよもう!
 まだ隠し要素があるとかいって
 もう面倒くさすぎるwww


 元々乗り気じゃなかったの、ここまでやって
 すげー時間かかって、さらにまだやれとorz」


ドリス
「まあまあ…とにかくセーブしましょ!
 下手にバグってゲームが止まったとかいったら
 もう本当に洒落にならないわ!」




P1008148.jpg

ドリス
「というわけで、やっとセーブできました。
 今回の話の一番最初にプレイ時間も表示されているので
 この写真と見比べてみてください。」


カリバー
「実際は写真とりながらだから、PAUSEかけたりして
 小休止もしてたからかなり時間かかってんだよね…
 真面目に2時間半はかかったからね…
 FF3の鉄巨人でも40~50分だったからな…
 FF3のラストダンジョンよりも
 長いってレベルじゃねえぞ!w


 これはもう立派にクレームつけたいぐらいだぜ…」
 

ドリス
「とにかく、今回はこれで終了!
 すると、次回でいよいよ最終回かしら。」


カリバー
「そうなりそうだね。
 本当に長かったFF5もようやく最終回か…
 まあ、とにかく休ませてくれ…
 本気で今回は疲れたぜ。」


ドリス
「うんうん、ゆっくり休んでね。」


スポンサーサイト
  1. 2006/12/28(木) 22:42:48|
  2. FF5っぽいゲーム二人旅|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<FF5っぽいゲーム二人旅第十八話「ついに白旗?・二人旅最大の危機の巻」 | ホーム | FF5っぽいゲーム二人旅第二十話「最終回・ボス30戦!超人墓場へようこその巻」>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://runark.blog6.fc2.com/tb.php/227-f4ec1801

ルナーク

Category

Recent Comments

Recent Entries

Recent Trackbacks

Archives

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。