FC2ブログ

ちくやらアーカイブ

このブログは気分よって構成されています。 BGMも気分で流してます。 あなたの忍耐に感謝します。

世界樹二人旅・第1階層「翠緑ノ樹海」 B3F 幾多の戦士が倒れた絶望の地

P1009728.jpg

ドリス
「地下三階に着いたら急におどろおどろしい曲が流れてきました!」


カリバー
「むむ…地下三階のタイトル名からして
 やばそうな敵がいるってことだな…
 これは用心せねば!」


P1009731.jpg

ドリス
「全然用心してないじゃない!」


カリバー
「うはwww
 いや…これは事故だよ!
 つうか、逃げられなかったんだってば!」


ドリス
「どうもこの『全てを刈る影』という敵が
 この3階での強敵みたいね。
 戦ったけど、全く歯が立たなかったわ…」


カリバー
「つまりはこいつから逃げて迷宮探索をしろということなんだろう。
 見た所、3歩に1回は停止するみたいだから
 それをふまえて歩けば確かにかわすことはできるね。」


ドリス
「雑魚戦闘が始まったら乱入してくるから
 そこも考慮にいれないと…」


カリバー
「そうだな。
 とりあえずスタート地点にいる奴については
 そのまま真っ直ぐ進めば普通にかわせるから問題なし。」



P1009739.jpg

カリバー
「次の部屋にいるやつは、1マス空けておびきだして…」


P1009740.jpg

カリバー
「下に移動してこのまま左にいくと
 すれ違いそうであっちがピタって止まるから…」


P1009742.jpg

カリバー
「こんな感じでやりすごすことができる。
 しかし、foeというシステムは面白いね。」


P1009743.jpg

ドリス
「先に進むと、謎の二人組が登場して
 通せんぼされてしまったわ。」


カリバー
「一応二人とも女性らしい。
 サムライっぽい方は男にしか見えないんだけど。」


ドリス
「この二人は「ブシドー」と「カースメーカー」という職業の人みたいよ。
 最初から選択できない職業の人だから
 のちのちイベントがありそうね。」


カリバー
「とりあえず通してくれないから執政院に戻ることにした。」



P1009751.jpg

ドリス
「戻ったら地下四階にオオカミが大量発生して危険だから…ということらしいわ。」


カリバー
「そのオオカミのボスである「スノードリフト」を退治する
 ミッションが正式に発動された。
 当然、それを俺達がやることになるんだが…
 面倒だから他の人がやってくれればいいのになw



ドリス
そういうこと言わない!
 攻略好きなんだか面倒くさがりなんだか…」



p1009753.jpg

カリバー
「一応、レベル15時点でのオレのスキルだ。」


P1009754.jpg

ドリス
「私のはこれです。」


カリバー
「思うに、すべてのスキルを覚えれるということはないだろうから
 スキルポイントにはいずれ上限値が来ると思う。
 そうすると下手に振るのは危険ってことになるな。」


ドリス
「そうねぇ…
 私は色々できるだけに色々やったら失敗しそう…」


カリバー
「それを考えるのが楽しい。
 けど、やっぱり二人旅じゃ頭数が足りないw



P1009756.jpg

カリバー
「では改めて『ちくやらギルド』が
 このミッションを請け負ったぜ!」



ドリス
「さあ、がんばるわよ!」



P1009758.jpg

カリバー
「地下三階を探索中にレベルが上がり続けたので
 「ショックバイト」というスキルを覚えてみたぞ。
 「ドレインバイト」より少ないTPで大ダメージが当たる。
 こういう通常攻撃よりちょっと強いダメージの出る技を
 覚えておくといいかもしれないなぁ…」


ドリス
「むむ…じゃあ私はパワーショットでも覚えようかな…」



P1009764.jpg

ドリス
「先に進むと、先程のカースメーカーの人がいました。
 ここでHPとTPを完全回復してくれます!


カリバー
「この先の戦闘がきついからという救済だろう。
 この3階自体かなり広いからな…
 ここまで来るのに大分消耗してしまい
 さらにオオカミ軍団との戦いともなると大変だよ」



P1009770.jpg

ドリス
「もう一人のブシドーもいたわよ。
 

 え?隠し通路がある?



P1009772.jpg

カリバー
ガーン!
 そんな…隠し通路がこのゲームにもあるのか…



 こりゃあ…後々たくさんでてきて探すの大変そうだぜ。」


ドリス
「でもショートカットができたから
 ここでは大助かりね。」


P1009773.jpg

ドリス
「さらに進むとアイテムポイントが。
 『採取』はまだ覚えてなかったわ。」



p1009774.jpg

カリバー
「ここはオレにまかせてもらおう!」


ドリス
「ど…独眼鉄せんぱいー!」


カリバー
「いいツッコミだw

 けど、なんで独眼鉄なんだ?」


ドリス
「いや…そもそも元ネタもわからないんだけど…
 あなたが前にそんなネタ言ってなかったっけ?

 それよりあなたがアイテム収拾系スキルを身につけるなんて
 めずらしいわね?」


カリバー
「ヒモ扱いされたくないから!」


ドリス
「あらあら…」



カリバー
「まあ、そんな感じで地下三階を突破した。
 次は地下四階だ。
 オオカミがたくさんいる…ってことで
 foeがたくさんいるってことだろう…」


ドリス
「大変そう…」


スポンサーサイト



  1. 2007/02/04(日) 11:42:10|
  2. 世界樹の迷宮っぽいゲーム二人旅|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<世界樹二人旅・第1階層「翠緑ノ樹海」 B2F 自然と人間の狭間、緑の光あふれる場所 | ホーム | 世界樹二人旅・第1階層「翠緑ノ樹海」 B4F 地の底よりあふれる闇の牙>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://runark.blog6.fc2.com/tb.php/251-9b339ca6

ルナーク

Category

Recent Comments

Recent Entries

Recent Trackbacks

Archives

Links

Search