ちくやらアーカイブ

このブログは気分よって構成されています。 BGMも気分で流してます。 あなたの忍耐に感謝します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

世界樹二人旅・第2階層「原始ノ大密林」 B7F 痛みを耐える冒険者の道

P1009831.jpg

ドリス
「7階です。
 『痛みを耐える』って何のことかしら?」


カリバー
「…
 その答えはすぐに出そうだぞ…」



P1009832.jpg

カリバー
「ダメージ床だ。
 この上を歩くと、それだけでダメージを喰らってしまう。」


ドリス
「そんなぁ…
 じゃあこの階はこのダメージゾーンがたくさんある階なのね…
 薬をたくさん買わないと、私にはドレインバイトとか無いから
 大変だわ。」


P1009834.jpg

カリバー
「あと、このダメージゾーンの所にくる途中で
 抜け道を発見した。
 だが、こっちからは通り抜けができなかった。

 …すると、あれだね。
 大体でこのゲームではショートカットできるような抜け道が
 ほぼどの階にも設定されている。
 けど、それは一方通行になっているので
 最初はがんばって探索しなければならないけど
 抜け道さえ見つければ、次からは近道が可能ということなんだろう。



ドリス
「そうしたら6階にもあったのかもしれないわね。
 いちいち、f.o.eがたくさんいる所を通るのは大変だし
 6階をもう一度探索してみましょう。」


カリバー
「まあ、せっかくだから先に進んでみようぜ。」



P1009833.jpg

カリバー
「そしたらいきなりf.o.eに遭遇した!
 しかもこいつが毒を使ってきて
 その毒ダメージが毎ターン113ダメージ!


 言うまでもなく速攻で全滅したよ…」


ドリス
「ちょっと…これ毒喰らったらもう終わりじゃない…
 解毒剤とか本気で無いのかしら…」


カリバー
「仕方ないからロードしてやり直そう。
 ドリスが言ったように6階を探索し直すか。」



(そして…)



カリバー
「確かに抜け道があったので、7階にはすぐこれるようになったね。」


ドリス
「でもあのf.o.eがとんでもないわ…
 逃げるしかなさそうよね。」


カリバー
「まあ、探索は続けるとして、レベル30になった。」



P1009837.jpg

カリバー
「すると、冒険者ギルドで「引退」と「休養」ができるように。」


ドリス
「これはどういうことができるの?」


カリバー
「さあw
 まあ引退したらキャラ消えそうだけど
 休養は見た感じ、スキルの振り直しができるみたいだ。」


ドリス
「レベルが10下がるかわりにスキルポイントが全部戻って
 振り直しができるということね。」


カリバー
「実際どうよ?

 初プレイのまま、最初に選んだキャラのまま
 ここまで勢いでプレイしてしまったんだけど
 引退してキャラそのものを作り直すか
 休養してスキルの振り直しをするか?



ドリス
「以外とキャラの選択は間違って無かったと思うの。
 レンジャーやってなければアイテムポイントとか取れなかったし
 トリックステップとか地味に効果あるし。」


カリバー
「オレも「ドレインバイト」があるから、
 けっこーここまで来れた感があるな。
 足も意外と速いし。」


ドリス
「スキルの振り直しはしたいわね…
 ダブルショットは強いけどTP消費が激しくて
 連発できないのは辛いわ。
 あなたが使っている「ショックバイト」みたいな技が一つ欲しい。」


カリバー
「オレはやっぱり「採取」が邪魔かなぁ…とか思うんだが…」


ドリス
「それは私が吸収するわ。
 あなたは戦闘に必要なスキルを追求して!」


カリバー
「…ありがたいね、ドリスさんはいつもいつも…」


ドリス
「では休養してスキルの振り直しをしましょう。」







そんなわけで休養。
レベルが20に下がってしまったため、
B6Fを満足に歩けなくなりました。



そして、再度レベル28くらいまで上がって…






カリバー
「ふー、やっとここまでレベルあがったぜ。」


ドリス
「そんなに大変でも無かったとは思うけど。」


カリバー
「2時間あれば30まで戻すのはすぐだね。
 まあ、27くらいから探索するには十分だったから
 B7Fを探索していた。」



P1009846.jpg

ドリス
解毒効果もあるテリアカβが店に並びました!
 これで「密林の殺し屋」とも戦えるはずよ!」



P1009853.jpg

カリバー
「んで、探索中にこんな所に来たよ。
 後ろから追ってきているのが、いうまでもなく「密林の殺し屋」。
 こいつにかまわず先にいくと…」



P1009856.jpg

ドリス
「水晶のかけらをゲッツしました。
 これを使うとB1Fとかからあった「開かないトビラ」を開けることができます。」


カリバー
「これでB1F~B5Fをさらに探索できるようになるんだが、
 それはいったんおいといて、B7Fの探索を先にすることにした。」


P1009858.jpg

カリバー
「そして、「密林の殺し屋」と再戦したんだが
 またしても勝てなかったorz


 戦闘の流れとしてはこんな感じだった。


カリバーがドレインバイトで攻撃
(レベル10になったのでダメージ値100%でHP回復)

密林の殺し屋の攻撃で毒を喰らう

ターンの終わりで毒ダメージ113

カリバーのHPが204-113で91

次ターン、レンジャーのドリスがテリアカβを使う

解毒に成功

カリバーがドレインバイト使う前に密林の殺し屋の攻撃

カリバー死亡



 敗因は回復する前に攻撃されたことかな…
 ドリスも足は速いとは思うが
 たまに回復アイテムを使う前に敵に行動されることもある。

 そしてオレはドレインバイトを使うと
 まず間違いなく行動順で負けていた。」


ドリス
「うーん…
 ファストステップを覚えてみる?
 一応、味方の素早さを上げる技なんだけど…」



カリバー
「ぐむむむ…
 それはちょっと微妙だとは思うんだよなぁ…
 やるなら中途半端でなくレベル10まで上げてもらうことになるぞ。
 それくらいでないと効果が出ないと思う。」


ドリス
「10はちょっと考えちゃうわね…
 そこまで上げても劇的な効果があるかはわからないんだし…

 ただ、私の攻撃に関してはサジタリウスの矢があれば
 それでいいような気がしたの。
 常時ドレインバイトを使うあなたと違って
 これだけを使う感じだから、TPもあなたほど消費しない。
 TPブーストをやめてファストステップしても
 いいのかな?とか思ったのだけど、どうかしら?



カリバー
「オレはまあ、スキル計画はもう完了しているからな…
 じゃあ、ドリスの案をくんでみるか…
 「採取」はオレがつけることにするよ。」


ドリス
「わかったわ。
 じゃあ、大変だけどまた「休養」しましょう。」







二度目の休養。



リアル事情を書くと、23時前に帰宅して24時には寝ないと
体が持たない生活をしているので、
平日は通勤電車内でしかプレイできてません。
するとレベル上げくらいしかやることないから
それしかやってませんでした。







P1009885.jpg

カリバー
「そんなわけでレベル30に戻った。
 オレのスキルはこんな感じ。
 ドレインバイトがやっぱ強くて便利だね。」



P1009886.jpg

ドリス
「私はこんな感じですが、
 ファストステップが2しかふれませんでした。
 先制ブーストも重要なんですよね…」


カリバー
「まあ、こんな感じで「密林の殺し屋」と再戦だ!」


P1009871.jpg

P1009873.jpg

カリバー
「…で、勝つことができた。
 毒さえ喰らわなければ、そんな強い敵でも無かったということだった。」


ドリス
「毒喰らったら、私が解毒剤ではなくメディカで回復して
 カリバーがテリアカβを使うようにするのが正解でした。」


カリバー
「それでもファストステップの効果があったのか
 ドリスのアイテム回復は必ず先頭だったね。
 これも大きいと思うよ。」


ドリス
「AGIブーストも上げた方がいいのかもしれないわね。
 私は素早さも追求する必要があるとすると
 やることが多すぎるわ…」


カリバー
「まあ、とりあえずB7Fの探索は終了。
 B8Fへ行こう!」


スポンサーサイト
  1. 2007/02/10(土) 12:30:48|
  2. 世界樹の迷宮っぽいゲーム二人旅|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<世界樹二人旅・第2階層「原始ノ大密林」 B6F いにしえの妖精たちが踊った森 | ホーム | 世界樹二人旅・第2階層「原始ノ大密林」 B8F 飛竜の叫びが響く巣穴>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://runark.blog6.fc2.com/tb.php/255-5a7ce0a6

ルナーク

Category

Recent Comments

Recent Entries

Recent Trackbacks

Archives

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。