FC2ブログ

ちくやらアーカイブ

このブログは気分よって構成されています。 BGMも気分で流してます。 あなたの忍耐に感謝します。

世界樹三羽烏 第6階層「真朱ノ窟」 B26F 神の加護すら届かぬ地の底に挑んだ勇者

20070324194421.jpg

ドリス
「前回、偉大なる赤竜を3人パーティーで撃破しました!
 そしてついに今回より第六階層の探索が始まります。」


クイン
「第一部では入れ替わりがあったとはいえ二人旅でしたからね。
 本格的に3人で冒険するのは今回が初めてです。」


カリバー
「オレが攻撃、クインさんが防御、ドリスが回復。
 見事に役目が別れているね。」


ドリス
「実はバランスとれていたのね!」


カリバー
「けど、実はこのパーティーには現段階で
 欠点が一つ存在する」



ドリス
「え?」


クイン
「それは?」


カリバー
「あー、いや…戦力的な欠点じゃないんだが、
 このパーティーだと「伐採」ができない。

 つまり、ダークハンター、パラディン、バードで
 「伐採スキル」を持っているのがいないんだよね。」


ドリス
「なるほど…今までは私がレンジャーだったから
 全部の収集スキルが使えたものね。」


クイン
「では、探索中に伐採ポイントがあっても諦めるしかないですね。」


カリバー
「まあ、伐採専用キャラ作っておけば
 仮にそいつが死んでいても伐採はできるから
 面倒になったらその手を使わせてもらうよ。」


ドリス
「キャラの性質上仕方ないのね。」


カリバー
「そういうわけで探索を開始しよう。」



20070324195355.jpg

カリバー
「25Fからきたスタート地点より左にいくと
 樹海磁軸があった。これで改めてスタート地点の確保だ。」


ドリス
「敵がなかなか強いわ。」


カリバー
「オレも一度休養してレベルを70→60にしたからね。
 全員がレベル60台だけど、それだとここら辺の敵は
 ちょっと苦しいかもしれない?」


クイン
「!
 カリバー殿!
 大変です!物理攻撃が効かない敵がでました!」



カリバー
「な…ななななぬ…?」


20070324200143.jpg

カリバー
「うはww
 ブーストドレインバイトやったのに
 4ダメージしかあたらんwww」



ドリス
「ど…どうするの?
 こんなの勝ち目ないわよ!」


カリバー
「いったん逃げるぞ…」


クイン
「これはかなりきついですね…
 あっちのハサミ攻撃がかなり痛いです。
 防御陣形が必須ですよ…」



カリバー
「あわてるなよ、なんかあるはずだ。
 物理攻撃が効かないとかは勘弁してもらいたいからな。
 とにかく、なんか対抗策が思いつくまでは逃げ回ろう。
 オレが防御してるから、二人は逃げまくってくれ。」


ドリス
「わかったわ。」



20070324201254.jpg

カリバー
「そして探索をし続けていたのだが、
 この26階はどうやらワープゾーンを渡り歩いていくフロアみたいだ。」


ドリス
「青い床を踏むとワープするのよね。」


クイン
「で、間違ったワープゾーンに入ると
 マップの右上にあるアイテムポイントの部屋に飛ばされると。」



20070324201711.jpg

カリバー
「そしてそこの近くにいるこの亀のf.o.eと戦うハメになると。」


クイン
「見た目通り硬そうな敵です。
 こっちも防御を固めますよ。」


カリバー
「そうだ!
 ドリス、バードのスキルで「属性付与」できるのがあったはず。
 亀系は伝統的に冷気に弱いから、そいつをオレとクインさんに
 使ってくれ!」


ドリス
氷劇の序曲ね!
 カリバー、クインさん、頼んだわよ!」


クイン
「いいダメージがでるようになりましたね!」


カリバー
「で、こいつを倒したら
 第三ドロップの「無傷の千年甲殻」が手に入った。
 これを売ったら、パラディンの最強鎧ができたよ。」


クイン
「これは心強いですね。
 敵も強いので、防御力アップは助かりますよ。」


カリバー
「それなんだけど、
 ちとこれからはオレが一人で前衛をはることにするよ。」


クイン
「なぜ?」


カリバー
「被ダメを抑えるためかな。
 さっきのカニ対策ができてないけど
 それ以外の敵は相変わらずオレのドレインバイトで
 なんとかなっている。

 ただ、クインさんが受けたダメージは
 基本、薬で回復するしかないんだよね。
 ドリスのバードのスキルでの回復もあるけど、
 いちいち戦闘が長引くのは、探索する上ではまどろっこしい。
 硬いパラディンが後衛に下がればまず死ぬことがないので
 そこからオレをサポートして欲しい。」


クイン
「了解しました。
 指示にしたがいましょう。
(この男が前線をはると言った以上、必ずやりとげるからな)」



20070324202844.jpg

カリバー
「先に進むとまたf.o.eがいた。
 今度は21Fに出たやつの色違いだな。」


ドリス
「あとちょっとで死にそうになってるのに
 何のんきに解説してるのよ!」



クイン
(ところがこの状態からドレインバイト一発で
 完全回復してしまうんだよな…
 バードの戦いの舞曲の能力もあわさって、
 確かにこれだと一人の方が戦いやすいのかもしれない)


カリバー
「このf.o.eからは第一ドロップと第二ドロップの両方をとることができた。」



20070324203111.jpg

カリバー
「そんな感じで探索をしているのだが、
 やっていくと壁だらけでどこにも行けなくなる。
 そういう場合は隠し扉があるはずなので
 一つ一つ壁をくまなく調べ回ってみるといい。


 そうすれば、隠し扉を発見して、またワープゾーンを見つけることが
 できるはずだ。」



20070324203336.jpg

ドリス
「そうやって探索を続いて、いよいよこの階の最後かも?と思える
 長細い通路にでました。
 なお、写真では後ろからf.o.eにおいかけられていますw」


カリバー
「で、あとは問題のカニだ。
 相変わらず物理攻撃が効かないので
 どうしたものかというところだったが…」


クイン
「物理攻撃がダメなら魔法のみが効く。
 RPGではよくある話ですよね?」


カリバー
「クインさん、それだ!
 ドリス!バードのスキルで属性付与があったはず!
 それをオレにかたっぱしからかけてくれ!」


ドリス
「わかったわ!
 火劇の序曲!
 氷劇の序曲!
 雷劇の序曲!




20070324204027.jpg

カリバー
「それだ!」



クイン
「な…名前まで黄色になってますよ!カリバー殿!」



カリバー
「わはは!ビリっときたぁ…というわけで。
 とにかく、カニには雷属性が効くのがわかった。
 ていうか、効いてくれてよかったよ。
 本当に物理攻撃がダメなのかと思った…」


ドリス
「私がバードになっておいて良かったわ。
 カニさんが出るたびにショックオイルとか使ってられないものね。」


クイン
「迷路もワープゾーン探しで時間もかかるし
 敵も一筋縄ではいかなくなってきている。
 さすがに第六階層は一味違いますね。」


カリバー
「ああ…そのようだな。
 で、この階のワープゾーンだけど
 この系統の迷路は
 根気よく探し回っていれば、必ず正解にたどりつける。

 そういうのをふまえると、どうもこの先は
 プレイヤーの忍耐力が問われる迷路ばかり
 のような気がしてきたわ。


 一応中の人は迷路探索中に関しては
 攻略情報を見ないでやっているが
 なかなか手応えを感じつつやってて楽しんでいるみたいだったぞ。」


ドリス
「ヒントくらいは出してもいいんじゃない?」


カリバー
「ヒントというか書きづらいけど
 1.最初は右の亀のf.o.eのいる下あたりのワープゾーン
 2.次は↑カニにダメージ与えている写真から二つ上に貼った写真の場所
 3.長細い通路は奥の部屋に入って奥から2番目
 4.最後は真ん中


 で、わかる人はわかるはずだ。」


クイン
「適当な説明ですね…」


カリバー
「教えるの面倒なんだよ…色々と…」



20070324204848.jpg

ドリス
「そんなわけで26階を突破しました!」


カリバー
「これくらいじゃまだまだ何ともないよ。
 もっと難しい迷路がこないかな。」


クイン
「では、次回は27階です。」


スポンサーサイト



  1. 2007/03/24(土) 20:50:27|
  2. 世界樹の迷宮三羽烏|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<世界樹三羽烏 メンバー&スキル紹介 | ホーム | 世界樹三羽烏 第6階層「真朱ノ窟」 B27F 生きとし生ける者みなが陥った謀略の間>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://runark.blog6.fc2.com/tb.php/287-1e78f91d

ルナーク

Category

Recent Comments

Recent Entries

Recent Trackbacks

Archives

Links

Search