ちくやらアーカイブ

このブログは気分よって構成されています。 BGMも気分で流してます。 あなたの忍耐に感謝します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

世界樹三羽烏 マークⅢドロップ部隊 『博識40vs氷竜?』  アルケミスト必須系編

ドリス
「マークⅢドロップ部隊によるアイテムコンプリートが続いています。
 前回はカリバー提唱による『スライド乱数調整法』で
 見事、赤竜の逆鱗をゲットすることができました。」


クイン
「雷竜の逆鱗と赤竜の逆鱗が揃ったわけですが、
 残りの氷竜の逆鱗は…」


カリバー
「察しの通りだ。
 氷竜のいる場所が遠すぎて乱数調整が使えない!


クイン
「それは最初に氷竜と戦った時から
 気にされてましたよね。」


ドリス
「あの頃から何か色々困った困った言っていたのは
 そういうことだったのね。

 確かに、道中が長すぎて
 敵モンスターとは必ず戦ってしまうので、
 「初回戦闘」で氷竜と戦うのは
 100%不可能ね。


 ということは…」


クイン
「やっぱり、ひたすら戦うしかないのですか?」


カリバー
「そうなっちゃうんだよねぇ…
 最もやりたくなかったことなんだが
 他に方法が思いつかないよ…


 強いて、博識をあげているから
 ちょっとはでやすくなっているんじゃなかろうか…という感じだ。

 まあ、とにかくやってみようか…」



(そして…)




20070429131432.jpg

20070429131505.jpg

カリバー
「やっぱりでねEEEEEEE!」


ドリス
「かれこれ、14回くらい戦ったけど
 本当に出ない!」



クイン
「これはちょっと厳しいですね…」


カリバー
「予想通りの展開になって萎えてきたわ…」


ドリス
「これは確かに大変だわ…
 私達でない、他の世界樹プレイヤーも
 同じように大変な思いをしているのね、きっと…」


カリバー
「そうなるのがわかってたから
 赤竜と雷竜は容易にとれそうな方法を提唱したんだけどな。」


クイン
「でも、ここだけはどうにもならないと…」


カリバー
「うーん…
 どうすっかなー
 多分無理だろうなぁ…」


ドリス
「!?
 何か方法があるの?」



カリバー
「そんな大声はりあげるとは
 よほどまいっているようだな…」


ドリス
「だってえ…」


カリバー
「ないというか、あるというか、
 先に断っておくけど
 オレ達みたいに3人パーティー縛りをしている場合は
 恐らく無理だと思うという前提をつけておいて
 一つ作戦を思いついた。



クイン
(この男の作戦立案能力に今は頼るしかないか…
 指揮官としては、有能な能力ではあるが
 こいつは『変なこだわりがありすぎる』のが欠点なんだよな…)


カリバー
「簡単にいうと、
 博識40のパーティーで戦ってみたらどうか?
 という作戦だ。」


ドリス
「博識40?
 今は30よね。
 すると、誰か一人が博識キャラになるの?」


クイン
「うーん…氷竜は知っての通り、
 アイスシールドと氷河の再生があるからバードが必須、
 またアイスブレスと絶対零度があるからパラディンも必須。
 この必須2名が博識持ちじゃない以上、
 博識40パーティーは不可能ではないでしょうか?



カリバー
「果たしてそうかな?」


クイン
「!
 どういうことです?」


カリバー
「必須は1名だけでもいいという話だよ。」


クイン
「むむ…するとパラディンとバードのどちらかを
 削ることができると…」


カリバー
「その二名のどっちがいるかというと、パラディンだ。
 なんせ、絶対零度の即死攻撃だけは
 装備で防ぎきれるものではないからな。
 だから、結論を言うと、バードを外して博識キャラにする。」


ドリス
「私?
 私がまた何かの職業に変わるの!?」



カリバー
「うむ。」


ドリス
「え~~
 また私なの!?
 私、これで3~4回くらいになるんだけど…」


カリバー
「まあ聞いてくれ。
 実は氷竜の逆鱗とか関係なしで
 どうしても誰かが転職しなければならない話があるんだ。



ドリス
「?」


カリバー
「実はだが、
 アイテムをコンプリートするにあたって
 どうしても必須な職業がいる。
 それはアルケミストだ。


 理由は
 術式を使わないとドロップしないモンスがいるからだ。


クイン
「なるほど…
 アルケミストは確かに博識キャラ。
 カリバー殿がいう「博識40パーティー」にもなるし、
 そのアルケミストがいないと取れないアイテムを取るためにも
 どうしても必要ということですね。」


ドリス
「うぅ…
 だとしたら、絶対に転職しないといけないということなのね…

 ねえ…だったら、
 一時でいいから新キャラ作らない?
 『博識さん』がいるなら
 『アルケミさん』を作ってもいいじゃない?



クイン
(私もそう思うんだが…)



カリバー
「ダメ!
 アルケミさんはちゃんと戦力として機能するから
 戦力外要員の博識さんとは扱いが別!
 正式なちくやらギルド員として扱うには
 3人縛りの範疇でやってもらう!」


クイン
(この、こいつのくだらないこだわりが
 ことをすんなり進ませない最大の悪因だよな…
 色々戦って勝って来ているから良かれと思っていたが
 そろそろ疑問を持ち直してもいいかもしれない…)


ドリス
「…わかったわ。
 ホント、あなたは頑固よね…」


カリバー
「それを汲んでくれるのは
 お前しかいないからね。
 いつも迷惑かけるよ。」


ドリス
「本当にそう思ってる?」


カリバー
「思ってます!」


ドリス
「よろしい!
 では、ちょっとの間、アルケミストになるわね。
 でもその間は、私に気を遣うこと!」


カリバー
「へーい!」






20070429134433.jpg

ドリス
「もう、またカエルさん達をたくさん倒さないといけないのね…
 しかもアルケミストの用事が終わったら
 またバードに戻されそうだから…
 トホホだわ…」








377512965_186.jpg

377512965_197.jpg

カリバー
「という感じで、ドリスがトホホしている間に
 オレ達はアルケミストがいないと取れないアイテムを
 調べ上げておく必要がある。

 そこで、当時3/20頃に世界樹の攻略本が出たから
 買ってみたよ。」


クイン
「攻略本に手を出しますか?」


カリバー
「主要なボス攻略はやってしまったから
 別にいいんじゃないかと。
 もうアイテムコンプとかは自力でやるのは面倒だし
 氷竜の逆鱗とかも攻略本見たからといって、手に入るわけでもないし。」


クイン
「ふむ」


カリバー
「それで、アルケミストがいないとできない・取れないものを
 以下にざっとあげてみた。」



・ジャクソン料理店の奇妙な依頼I
・ジャクソン料理店の奇妙な依頼II
・ジャクソン料理店の奇怪な依頼I
・ジャクソン料理店の奇怪な依頼II
・シンリンチョウの第三ドロップ
・マンドレイクの第三ドロップ
・火喰い鳥の第三ドロップ
・樹の下の大王の第三ドロップ
・アルルーナの第一ドロップ
・フォレストオウガの第三ドロップ



カリバー
「以上のものがアルケミストがいるウチに
 片づけておくべきものだと思っておいていい。」


ドリス
「レベル50まであげてきたわよ~~」


カリバー
「お!
 いいタイミングだ。
 よし、ではドリス用の武器を手に入れるべく
 マンティコアを倒しにいくぞ。」



20070429135121.jpg

ドリス
「なるほど、『賢者の杖』ね。
 カリバーも武器として使うから2本目がいるということね。」


カリバー
「術式の威力はTECのパラメータによるからな。
 あって損はない。」



20070429135246.jpg

20070429135302.jpg

ドリス
「では、私がアルケミストでいる間に
 クエストをじゃんじゃん片づけるわよ!」


カリバー
「頼りにしてますぜ、姉御!」


クイン
(……)


ドリス
「このジャクソンさんの依頼系がそれね。
 火喰い鳥は第二階層にいたけど、アルケミストがいるの?」



20070429135447.jpg

20070429135500.jpg

カリバー
「火に強いけど、その火で倒さないとドロップしないんだよ。」


ドリス
「なるほど!
 酒場で一応そのヒントは聞けるけど
 私達じゃどうにもできなかったというわけね!」



20070429135616.jpg

カリバー
「ああそうそう、火喰い鳥を探す時に10階をあるきまわってたけど
 そしたら、赤竜に寝床を追い出されたワイバーンがいたよ。
 ここで、3ターン以上かけて倒して、残りのドロップをゲットしておいた。」



20070429135741.jpg

ドリス
「ジャクソンシリーズはまだまだ続きます。
 今度は氷系の術式を覚えてからのものになります。」



20070429135805.jpg

20070429135854.jpg

カリバー
「眩めくリンプンは普通に取っていた気がするけどね。
 確か、バードの能力で凍属性を武器につけて倒しても
 ドロップするはずだ。
 だから、アルケミストは別にいらんけど、
 このクエストを発生させるためにアルケミストが必要だ。」


ドリス
「氷竜戦には必要ないから全体攻撃魔法は覚えてなかったけど
 クエストを出すためには仕方ないわね。」



20070429140132.jpg

20070429140152.jpg

20070429140208.jpg

ドリス
「クエスト達成後に明かされる
 ジャクソンさんの正体!

 なんと、有名なアルケミストだったそうよ!」



20070429140311.jpg

20070429140321.jpg

20070429140330.jpg

カリバー
冒険を終えた後の『後人生(のちじんせい)』か…
 ドリスとかクインさんはどう考えているのかな?」


ドリス
「え!?
 そ…そうねえ…
 このエトリアの街も結構良いところだから
 しばらく住んでみるのも悪くないかも…」


クイン
「私は執政院に入って、
 街の警護に勤めるのもいいかなとは思いますね。」


ドリス
「立派というか…
 騎士道してますね…」


クイン
「一応、騎士なんですけど…」


ドリス
「カリバー、あなたはどうなのよ?」


カリバー
「オレ?
 何も考えてないよww」


ドリス
「そうだと思った…」


クイン
「話題ふっておいて、その答えですかw」



20070429140633.jpg

20070429140644.jpg

20070429140703.jpg

20070429140714.jpg

カリバー
「というわけで、長々と写真をはってみたが
 ジャクソンシリーズはこれにて終了。

 他のアイテムをとりにいくぞ!」





20070429140824.jpg

カリバー
「アルケミストの能力とは関係ないが
 第一ドロップなのに全然落とさないのが
 この第6階層にでる『デモンドレイク』」


クイン
「確かに、何も落とさないですよね。
 第一だったら条件何もないはずなのに。」


カリバー
「元々のドロップ率が極端に低いのだと思う。
 そこで…」



20070429140902.jpg

20070429140915.jpg

カリバー
「博識40パーティー&電源技を駆使して
 ドロップさせてみた。
 その時の戦闘内容を記録したので、
 1個落としたら、後は電源入れ直して同様のコマンドいれていけば
 全く同じようにドロップするから、
 これで3つ集めて、ダークハンター用の防具を作ることができたぞ。」



20070429141243.jpg

ドリス
「アルルーナは何でアルケミストがいるの?」


カリバー
「第三ドロップの「華王のビロード」のドロップ条件が
 『炎の術式で倒されなかった』だからだ。

 つまり、
 『炎の術式で倒さないと第一ドロップをしない』
 というわけ。」


ドリス
「な~るほど!」



20070429141510.jpg

ドリス
「大体でこのレベルになって
 炎マスタリーと火炎の術式のレベルが10になりました。」


カリバー
「術式の攻撃力をできるだけ上げたら
 かなり厄介なフォレストオウガを倒しにいくぞ」


ドリス
「モリビトさん?
 なんで厄介なの?」



20070429141731.jpg

カリバー
「物理攻撃に強いこいつを
 2ターンで倒さないといけないからだ。」



ドリス
「!
 それじゃ確かにアルケミストがいないと
 最初から無理ということね!」


クイン
「私とカリバー殿がシールドスマイトとヘヴィストライクを
 ブースト状態で使っても合計して1500くらいです。」



20070429142427.jpg

ドリス
「でも、私のブースト火炎の術式で1700ダメージ!
 HPが5000だから2ターン目ギリギリで
 なんとか倒せたわ!」


カリバー
「こいつはまじでアルケミストがいないとキツイよね。
 まあ、なんにせよ取れて良かった。」




20070429142517.jpg

20070429142531.jpg

カリバー
「ついでに、物理に弱くて魔法に強いデモンの方もやっといた。
 こっちは普通にボコって簡単ドロップだったなw」








ドリス
「以上、駆け足でしたが
 アルケミストがいないと取れないアイテムは
 一応取りました。
 写真とか話を書いてないのも、一応全て取っています。」


カリバー
「とりあえずアルケミストの用事自体は
 一応これで終了したわけだが、
 じゃあ、ついでというかおまけというか
 『博識40パーティーで氷竜戦』
 やってみようか。」




20070429142738.jpg

20070429142804.jpg

ドリス
「私のステータスとスキルを紹介しておきます。
 完全に対氷竜戦仕様となっています。
 基本的に、炎と雷のマスタリーと術式を10にしておきました。
 

 アルケミストを使ってみた感想としては
 どちらかというと「弱いキャラ」だと思いました。
 単純に魔法が効かない敵には本当に無力でしたし。
 全体攻撃魔法もそれほど必要性を感じなかったし。」


カリバー
「今まで主に戦士系でやっていて、
 それでどうにかなっていたからね。」



20070429143054.jpg

ドリス
「それでは氷竜戦です。
 まずブースト火炎の術式がこれ。
 1900も出しています!」


クイン
「さすがに弱点をついているだけありますね。
 アイスシールドさえ無ければ
 これでガンガンいけそうなのですが。」


カリバー
「言ってるそばからアイスシールドが来たわ。
 これで火炎の術式が無駄撃ちになるのが辛いな。」


クイン
「それよりも、アイスシールド中のダメージが
 大事ですよ。
 これが低ければ、勝ち目がないということに…」



20070429143324.jpg

ドリス
「雷撃の術式を使ったら
 平均650ダメージがでました!」



クイン
「ということは、氷河の再生の回復力を
 上回らなかったということですね。」


ドリス
「勝てないじゃない!
 どういうことなのよ、カリバー!」



カリバー
「いや…だからさ、
 最初に断っておいただろ。


 オレ達みたいに3人パーティー縛りをしている場合は
 恐らく無理だと思うと



 全くもって予想通りの展開だったよww」



ドリス
「むきー!
 勝てないのわかっていて
 わざとやらせたのね!」


カリバー
「いやいやいや 
 だから、氷竜はあくまでおまけだったんだって!
 アルケミにした本来の目的は
 アルケミ必須系ドロップを一気に片づけるためだったということ。」


ドリス
「むー
 なんか納得いかないわ!
 話がすり替わっている気がする…」


クイン
「でもダメージ的にはアルケミ1人じゃ無理だけど
 3人いたら勝てそうな値ではありますよね。」


カリバー
「その通り。
 オレが「3人パーティーじゃ無理」と言ったのはまさにそれで
 アイスシールド中にアルケミスト3人が
 雷撃の術式かければ氷河の再生の回復量を
 相殺できるんだよ。


 で、アイスシールドが解けるのは5ターン目だから
 そこにブースト火炎の術式を叩き込んでいけば
 一気に削っていける。


 注意するのは
 氷河の再生を使った後の氷竜のメイン攻撃が
 『貫く氷槍』になるということ。


 HPの低いアルケミストだと
 それだけで即死しかねないので、
 残りのメディックはパラディンが
 ブースト医術防御やブースト防御陣形などを駆使して
 守ってやる必要がある。」


クイン
「そうやって削っていて
 氷竜の体力が半分から赤ゲージになるまでの
 貫く氷槍モードになったら
 アイスシールドがこないから
 一気に火炎の術式で削れますね。」


ドリス
「赤ゲージになったら氷河の再生もこなくなるし
 確かに勝てなくはないわけね。」


カリバー
「まとめると、
 博識40パーティーは
 メディック・パラディン・アルケミスト×3人
 で構成。
 これで氷竜相手にちゃんと戦えるはずだ。

 

 あとは博識40が氷竜の逆鱗ドロップに
 どれだけ影響するかだけど、
 オレ達は3人縛りなので、そういった検証はできていないということで。」







ドリス
「話はわかったけど、
 結局私はもうアルケミスト終了でいいの?」


カリバー
「終了だね。
 オレ達の3人縛りでは氷竜には勝てないわけだし
 バードに戻ってもらわないと氷竜と戦えない。」


ドリス
「またレベル70まで上げ直すのね…」


カリバー
「申し訳ないが頼むよ。
 実際、ドリスがアルケミやってくれたおかげで
 大分アイテムが集まったしね。
 本当に御礼言うわ。

 だからというわけじゃないが、
 氷竜の逆鱗をゲットするために
 また新しい作戦を考えておくから…」


ドリス
「難しいかもしれないけど
 あなたの発想力に私はかなわないものね。
 頼りにしてるわよ。

 じゃあ、またバードのレベル上げ直しに行ってくるわ!」


クイン
(今度はまともな作戦を考えるつもりなんだろうか…)


スポンサーサイト
  1. 2007/04/29(日) 14:44:27|
  2. 世界樹の迷宮三羽烏|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<『かるた』 | ホーム | 世界樹三羽烏 マークⅢドロップ部隊 『最終手段・エンカウント乱数調整?』  氷竜の逆鱗ゲット編>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://runark.blog6.fc2.com/tb.php/298-88de9118

ルナーク

Category

Recent Comments

Recent Entries

Recent Trackbacks

Archives

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。