ちくやらアーカイブ

このブログは気分よって構成されています。 BGMも気分で流してます。 あなたの忍耐に感謝します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

銀と金「悪魔の錬金術?」 人権擁護法案

なにをどうやって辿り着いたか忘れましたが、
こちらのサイトを見ました。

サルでも分かる?人権擁護法案
http://blog.livedoor.jp/monster_00/archives/cat_847822.html



これらをふまえた上で福本ネタ。
元ネタは「銀と金」7巻第63話「悪魔の錬金術」より。
ちなみに、3秒で思いついたネタなので
かなりてきとーですm(_ _)m



伊沢
「今日は銀さんの話を少し聞きたい
 今 銀さんはわしに肩入れしてくれているが
 その最終的な目標はなんだい…?」


銀二
「まあ伊沢さんが政界を統治した暁には
 そうですね
 メディア界の統治…これを私に任せていただきますか…
 つまりこの国の大企業…それがどんな大企業…
 それこそ、漫画だろうがTVだろうがネットだろうが
 すべてを私が統治する
ginji01.jpg




伊沢
「銀さん…
 仕掛けはなんだい…?
 どうすればそんな状況が生まれるのか…?
 見当もつかん
 その大掛かりな魔術の仕掛け…」

銀二
「フフ…では話しましょう
 簡単なことです
 このマジックのタネは
 人権法案に「擁護」を加えていただければいい」


伊沢
「人権擁護法案…?」


銀二
「ええ…

 人権侵害、「人権侵害を誘発・助長する恐れのある」発言や
 出版などに対し、もし人権侵害などが疑われた場合、
 関係者に出頭を求めたり、証拠品の提出、立ち入り検査を
 行うなどの措置を取ることができる


 …というのが(大分簡略したけど)この法案の趣旨」

 
伊沢
「その法律一本でいいのかい…?
 それでさっき銀さんがいった
 すべてのメディアの上に立つようなことが…?」


銀二
「フフ…可能です
 だいぶ現実感がでてきますね
 その「人権擁護法案」を通していただければ」


伊沢
「ふーん…
 じゃあかりに…
 その法案が通ったとしようか
 で…銀さんはどうする…?」


銀二
「そう…問題はそこからです
 そこから私の出番
 伊沢さん…そうなった場合
 ひとつやっかいな仕事が増えますね

 企業や個人に対する情報の公開内容が
 妥当かどうかというチェックですよ
 これはちょっと考えても
 ぼう大な労力だと想像がつく仕事…

 当然、現在の人権委員会にそんな人材も時間もない
 そこで
 その業務、免許制にして民間に委託していただく」


伊沢
「じゃあ…」


銀二
「ええ…
 その業務、私が一手に引き受けましょう
 嫌われ者の私には似合いの役回り
 すべての企業のメディア公開内容や
 個人によるサイト等の情報公開内容が
 人権を侵害してないかチェックする調査会社」


伊沢
「…なるほど…」


銀二
「ククク…
 この手の人権侵害チェックは
 現在の日本にもあることはありますが
 いかんせん法的拘束力がない
 しかし私どもの会社は違う
 私どもの評価 判断で
 情報操作能力を左右できるのですから
 圧倒的権力を行使できる…!
 すべてのメディアに…



 もっとも
 私も手荒なことは好まない
 脅したりすかしたりの恐喝じみた真似はしませんよ
 そんなことをせず、企業の方からすりよってくるでしょう
 私どものランクづけがメディアの情報内容に
 直結するのだから当然
 ほっといても金は集まってくる」


伊沢
「なるほど…
 いきすぎた人権侵害を管理するはずだった法律が
 いつのまにかすりかわり
 人権ではなくメディアを管理
 それも国でなく一民間企業が
 まさに魔術だな」


銀二
「フフ…
 その魔術のタネは情報…
 この世の中心は情報ですからね
 いちもにもなく情報…
 それだけは間違いない
ginji02.jpg








実際の元ネタは「銀行融資制限法」、
銀行が企業に融資する金額が妥当かどうかチェックするという話ですが
なんとなく人権擁護法案にも似ているなあと思って
作ってみました。


とりあえず、こんな話が私らの知らないところで
進められているということぐらいは
知っておいた方がいいですよ…ということで。
スポンサーサイト
  1. 2005/04/23(土) 22:29:34|
  2. 福本ネタ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<福本ネタ | ホーム | ある野良犬の騎士の物語>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://runark.blog6.fc2.com/tb.php/33-7ec43ff5

ルナーク

Category

Recent Comments

Recent Entries

Recent Trackbacks

Archives

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。