ちくやらアーカイブ

このブログは気分よって構成されています。 BGMも気分で流してます。 あなたの忍耐に感謝します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

偽りのレゲー 第9話「海賊の島」

20070815211058.jpg

ドリス
「前回、街の人を無傷で助けたために
 隠し面に来ることができました。」


カリバー
「で、この面なんだが、パッと見で
 やばそうなことがわかった。

 それは…」



20070815211445.jpg

カリバー
「こいつらだ。
 弓使いの敵が多く、その長い射程のせいもあって近づけない。
 近づいて攻撃するには1ターンは経過することをふまえるが
 恐らく蜂の巣にされてしまうと思う。」



20070815211639.jpg

カリバー
「そしてこの敵がやばい。
 弓の射程が7マスもある。」


ドリス
「サシャ役の私が近づいたら、すぐに殺されてしまったわorz」


クイン
「威力も高いですね。私もでもかなり削られます。」


カリバー
「7ある射程に近づくだけで大変で、
 ケイ役のオレでも射程ぎりぎりからでは攻撃できない。
 

 そんな感じで、この面で相当てこずっていた。


クイン
「間接攻撃キャラが欲しいですよね…」


カリバー
「それはそうだが、『闘魂注入』を使えるのがオレのケイしかいないので
 クインさんが恐らく的役になるなら、オレは必ず出ないとだめだ。
 そうすると、女キャラで間接攻撃できるのが、
 実質サシャしかいないんだよね…」


ドリス
「人数縛りしなければアンセムがいるのにorz」


カリバー
「まあ仕方ない。
 この人数でなんとかがんばってみよう。」


クイン
(それは仕方ないと言えるのか…?)






20070815212231.jpg

ドリス
「まず、この辺りの敵を私のサシャとセルディックで倒して
 OBを溜めます。」


カリバー
「OBで間接攻撃できるのがこの二人だからな。
 これを使って射程7の弓使いを倒す作戦だ。」



20070815213137.jpg

20070815213150.jpg

クイン
「OBがたまったら、私のマーガスがLCを上げた状態で
 弓使いの攻撃対象になり、セルディック様とドリス殿が接近。
 それぞれOBを使って倒します。」



20070815214206.jpg

クイン
「倒したら、射程6の弓使いの下にいるザコを
 私が囮になって下におびき寄せて倒します。」


カリバー
「ちなみにオレは一切戦っていない。
 「闘魂注入」役なので、オレが死んだらアウツなんでね。
 とにかく、3人に戦ってもらい、傷ついたら
 オレにまとわりつく「闘魂注入風呂」で回復しながら戦う。





20070815214602.jpg

カリバー
「ザコを倒したら右端から攻めていく。
 一人いるザコを倒したら、上に射程7の弓使いがいるんだが
 これもクインさんが囮になり、サシャと大将で攻めていく。」


クイン
「が、ここで大変な事態になりました!」



20070815214755.jpg

カリバー
「突如敵が攻めてきたんだなw
 それで、オレが弓使いに狙われてついに死亡。
 ドリスもOBを使って弓使いを倒すものの、
 やはり攻撃されて死亡。
 クインさんと大将の二人だけになってしまった。」


ドリス
「一気に攻められたら私達の人数じゃ
 とても持ちこたえられないわ…」



20070815215105.jpg

クイン
「それでも寸出の所で敵を全滅させることができました。
 ここで私がやられてもセルディック様一人で何とかなったと思います。」






20070815215420.jpg

カリバー
「全然無事じゃねえ…
三羽烏全滅しかねない戦いだった。
 弓がハンパないな…」


ドリス
「間接攻撃が強いわよね…
 絶対あっちから近寄ってこないし。」



20070815215851.jpg

20070815215907.jpg

カリバー
「おや…?
 このキャラは?」


クイン
「おお、懐かしい!
 サクセスがかつて出していた横シューティングゲームのコットンですね。」


ドリス
「ええ?
 知っているんですか?クインさん!」


カリバー
「ゲームのマーガスと同じツッコミ喰らってるなww」


ドリス
「あ!」


クイン
「ははは」


カリバー
「つうか、世界樹の時からそうだけど
 なんかやたら色々詳しいよな、クインさんは。
 一体どうしてなんだい?」


クイン
「男塾の雷電がなぜ自分が詳しいのかを
 説明したことありますか?」



カリバー
「無かったような気がする…」


クイン
「では、私も秘密です。」


カリバー
「むー」


ドリス
「うう…私には相変わらずわからない会話が繰り広げられている…
 これが普通ですよね!?
 ね?」

スポンサーサイト
  1. 2007/08/15(水) 22:04:21|
  2. 偽りの輪舞曲っぽいゲーム三羽烏|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<偽りの詰め将棋 第8話「港と海賊」 | ホーム | 偽りのネコ娘 第10話「砂漠を越えて」>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://runark.blog6.fc2.com/tb.php/341-cc3243fc

ルナーク

Category

Recent Comments

Recent Entries

Recent Trackbacks

Archives

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。