ちくやらアーカイブ

このブログは気分よって構成されています。 BGMも気分で流してます。 あなたの忍耐に感謝します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

偽りのダブル闘魂風呂 第13話「雷帝エルネスト」

20070818132843.jpg

ドリス
「セルマ君とエルマ君の師匠であるアリオスさんに会うために
 箱庭と呼ばれる魔術師の街の中に来ました。」


カリバー
「で、この面のボスであるエルネストが騒いでいるな。
 『雷帝』とか自分から名乗ってるしプライド高そうだし
 典型的なボスキャラが多くて、王道SRPGだよね。」




20070818133402.jpg

カリバー
「それはそうと、クラスチェンジして戻ってきたぜ。
 クラスチェンジするとパラメータはかわらないようだけど
 新しいスキルを覚えるようだね。
 レベル15からできるようだから、
 可能ならば早めにクラスチェンジさせた方がいいかもしれない。」



クイン
「さてこの面ですが、初っ端から敵の数が多くて大変です。
 魔術師が多いから射程の長い魔法を集中されてあっという間に
 やられてしまいますよ。」


カリバー
「ある程度無茶しながら戦わないとダメだな。
 HPの低いサシャが危ないかもしれない。」


ドリス
「でも無理をしてでも減らしていかないと…」



20070818134000.jpg

20070818134140.jpg

カリバー
「右側にいる敵を被弾覚悟で突破して
 セルディックをアリオスに隣接させればイベント発生だ。
 これでアリオスがNPCとして動くので
 ちょうどいい弾よけができた。



ドリス
「酷い扱い…」


クイン
「でもそうでもして魔術師の攻撃を捌かないときついですよ。」



20070818134349.jpg

カリバー
「さて、この包囲網をどうやって突破するかだが…」


ドリス
「うう…
 魔法の射程内に入った途端にフルボッコ確定だわ…



クイン
「ドリスさんが『フルボッコ』なんて言葉を使うぐらいだから
 相当キテますね…
 ここは私が囮になるしかないですよね?」



20070818134653.jpg

カリバー
「まあそれしかないね。
 幸い、セルディックのレベルが上がったら
 『闘魂注入』のスキルをおぼえることができたので
 これでケイとセルディックでの
 『ダブル闘魂注入』が可能になった。
 

 クインさんのマーガスで魔法を喰らいまくって
 魔術師達のMP切れを待つしかない。」



ドリス
「クインさんが回復している間は
 私が魔法使いの射程ギリギリに位置して時間稼ぎをするわね。」



20070818135155.jpg

20070818135504.jpg

カリバー
「そしてやっとあいつらのMPが切れたぞ。」


クイン
「痛かったぞ…
 痛かったぞー!


ドリス
「きゃ…クインさんがマジギレ?
 そのまま魔術師達をフルボッコしまくってるわ!」


カリバー
「その気持ちもわからなくないな…
 とにかくこのゲームでのマーガスの囮っぷりは異常だ。

 つうかSRPGでこういう重装備なキャラって
 大抵日の目をみない2軍行きが多いと思うんだけど
 このゲームでのマーガスは強すぎると思うぞ。
 
 間違いなくラストまで使えると思う…」



20070818135547.jpg

20070818135603.jpg

カリバー
「そしてプライドの固まりことエルネストだけど
 この距離からでも魔法を使ってきやがった。」


クイン
「射程7ですね。ちょうど私が射程内にいたようです。
 こうなったらエルネストのMP尽きるまで喰らいまくりますよwww」


ドリス
「やられすぎて頭がおかしくなっちゃう…」


クイン
「ドリス殿にまでそんなこと言われるなんてorz」



20070818140224.jpg

クイン
「全て耐えきりましたが、どうも普通に攻撃できるみたいですね。
 さすがに魔法より弱いですが」



20070818140309.jpg

ドリス
「あと、MPの切れた魔術師を倒そうとしたら
 こんなところに逃げられてしまいました!

 こうされると実は普通に攻撃ができません!


カリバー
「ふむ…
 これは面白い実験結果が出たものだな!」


クイン
「発明軍人イッシンですね。」


カリバー
「うお!
 知っているのかマーガス!」


クイン
「クインですって、私は…
 チャンピオンで連載していた漫画です。」



20070818140511.jpg

20070818140530.jpg

ドリス
「そしてボスにはやっぱり逃げられてしまいました。」




20070818140616.jpg

ドリス
「そして聖剣の呪いを解くために
 闇の教団のいる所に行くことになりました。

 どうも聖剣に呪いをかけたものが闇の一族らしいのです。」


カリバー
「オレ達が「光」で帝国がいて「闇」まででてきたら
 本当にそのまんまラングリッサーの世界だよな。」

スポンサーサイト
  1. 2007/08/18(土) 14:08:28|
  2. 偽りの輪舞曲っぽいゲーム三羽烏|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<偽りのLC 第12話「箱庭の魔術師」 | ホーム | 偽りのステータス 第14話「闇色の声」>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://runark.blog6.fc2.com/tb.php/345-cc7d6d65

ルナーク

Category

Recent Comments

Recent Entries

Recent Trackbacks

Archives

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。