ちくやらアーカイブ

このブログは気分よって構成されています。 BGMも気分で流してます。 あなたの忍耐に感謝します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

偽りの王道ルートネタバレ 第20話「運命の刻」

20070825122558.jpg

20070825122704.jpg

20070825122855.jpg

20070825122923.jpg




ドリス
「良かった…大変なことにならなくて…
 やっぱりマリー姫を斬るなんて間違ってるわ…」



クイン
「ブレトワルダ再興のためにやむを得ない手段。
 マリー姫もそのお覚悟だったのに…これで良かったのか…」



カリバー
「なるほどねえ…そういう展開できたか…
 するとこの後、あれが出てきて…こうなるわけかな…」












カリバー・ドリス・クイン
「3人とも言ってることが違うw」
「3人とも言ってることが違う!」
「3人とも言ってることが違う…」




カリバー
「まー、オレ達の大将が取った選択だ。
 間違いじゃないだろうさ。」


ドリス
「クインさん…結構冷酷なんですね!」


クイン
「む!
 ブレトワルダ再興という大義が有る以上
 一定以上の人間にはそれなりに辛い責務はついてまわるものですよ。」


カリバー
「あー、ドリスは知らないかもしれないけど
 この人、世界樹でモリビトと戦ってる時も
 こんな感じだったのよ…
 目的に忠実というか、なんというか。」


クイン
「とにかく、セルディック様はマリー姫を斬れなかったことで
 聖剣の復活はならず。

 話はこのまま『王道ルート』に流れていきます。」


スポンサーサイト
  1. 2007/08/25(土) 12:40:36|
  2. 偽りの輪舞曲っぽいゲーム三羽烏|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<偽りの分岐点 第20話「運命の刻」 | ホーム | 偽りのお願いと約束 第21話「闇の教団」>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://runark.blog6.fc2.com/tb.php/353-1955a16b

ルナーク

Category

Recent Comments

Recent Entries

Recent Trackbacks

Archives

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。