ちくやらアーカイブ

このブログは気分よって構成されています。 BGMも気分で流してます。 あなたの忍耐に感謝します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

偽りの二人旅その1後編 第27話「王太子帰還」

20070826111342.jpg

ドリス
「前編でとてもいい話だったのに
 いざ戦闘!となったらとんでもないことになってました!
 あわわわ…どうすればいいの…」


カリバー
「落ち着け!
 

 …といっても難しいなこれはww
 いやー、このシリーズをちゃんと読んでくれてる人ならわかると思うけど
 今回は主役・ケイ・マーガス・シノの4人でやってたからな。

 そのメインキャラであるケイとマーガスが
 戦闘に参加できないという非常事態が発生したww




クイン
「しかも問題はそれだけじゃないですね。
 ケイにはDEFが+14や+15される
 アクセをつけております。
 そのアクセすら手元になくなってしまいました。



 つまり、割とマーガスちっくに要塞キャラになれるセルディックに
 つけさせたいアクセが無いということに。」


ドリス
「セーブデータは?
 前の面からやり直して、ケイのアクセを外しましょうよ!」



カリバー
「それが、27面がいい話だから
 中の人が後でまた見ようと思って
 26面最初のデータを上書きしちゃったんだわ


 つうわけで、まじで無理だ。」



ドリス
「ガーン!」



クイン
「真面目な話どうします?
 どうやらどこの国にも所属してなかった仲間だけが残ったようです。
 私達の場合、唯一シノだけが残ったのが不幸中の幸いですね。」


ドリス
「もしかして、
 アルトリウスさんと私のシノだけで
 戦うことになるの?



カリバー
「その通りだ。
 オレ達が別キャラを使って参戦してもいいんだが
 なにせ一度も戦わせてないから
 シノ以外全部戦力外だろ。

 まあ、退却を繰り返してレベル上げをする方法もあるけど
 ここはひとつ、
 アルトリウス&シノの二人旅でがんばってもらおう。


 オレ達は外野でゆっくり見物させてもらうわ。」



ドリス
「そ…そんなあ…」


カリバー
「まあとにかくやってみろよ。
 お前、あれだけ感動的な会話を見て
 アルトリウスを何とか助けたいとか思わないのか?

 ドリスだったらなんとかできると、オレは信じているぞ!」


ドリス
「!
 わかった…
 がんばってみる!」


クイン
(カリバーめ…楽しんでやがるな…)







20070826113247.jpg

20070826113326.jpg

ドリス
「本当に二人だけで戦うのね…
 すると、アルトリウスさんで敵をひきつけて
 私のシノが炎符を使って一気に殲滅していくように
 戦うしかないわ」




20070826113552.jpg

20070826113613.jpg

ドリス
「うう…難しい。
 私のシノが打たれ弱いからアルトリウスさんに耐えてもらうしかないのだけど
 回復が弱くて耐え切れていない。


 でも、何となくわかってきたわ。
 ここは一つ退却稼ぎをさせてもらう。

 これをやったら次から本気でいくわよ!」





●アルトリウス&シノの二人旅パターン

20070826113748.jpg

20070826113802.jpg

20070826113818.jpg

ドリス
「アルトリウスさんのステータスなどです。
 『脅威の生命力』のレベルを最大まで上げました。
 これで、がんばって生き残ってもらいます。」



20070826114016.jpg

20070826113959.jpg

20070826114035.jpg

ドリス
「私のシノのステータスなどです。
 炎符といってるのは『烈火の霊符』が正式名なのね。
 カリバーが技名を適当に呼ぶから、私も間違って呼んでました(汗」




●1ターン目

20070826114215.jpg

20070826114227.jpg

ドリス
「写真のように動いて二人を配置します。
 アルトリウスさんには囮になってもらい
 雑魚兵士をこちらにおびきよせてもらいます。」



●2ターン目

20070826114444.jpg

ドリス
「烈火の霊符のレベルが4なので
 重装兵を一回では倒せません。
 攻撃範囲から逃れるのもかねて
 アルトリウスさんに敵3体の体力を削ってもらってから
 烈火の霊符を使って一気に3体倒します。」



●3ターン目

20070826114834.jpg

ドリス
「ここはちょっと忘れてしまいました…
 恐らくアルトリウスさんを攻撃してきた重装兵を
 私の霊符で倒したのだと思います。」



●4ターン目

20070826114952.jpg

ドリス
「移動力のある騎馬兵が来ているので
 アルトリウスさんが騎馬兵の行動範囲8歩目のところに位置させ
 私はそれを霊符で迎え撃てる位置に移動します。」


●5ターン目

20070826115110.jpg

ドリス
「霊符で攻撃できる場所に騎馬兵が来たのですが
 シノが弓兵の射程内(射程7)に入ってしまい
 LCも高めなので狙われやすいと判断。
 シノをマップ上の方に逃げさせつつクナイで攻撃。
 その後アルトリウスさんが騎馬隊を攻撃しつつ
 元いた場所から左上1マスへ移動。」



●6ターン目

20070826115342.jpg

ドリス
「シノのクナイで騎馬兵を攻撃し
 アルトリウスさんでトドメをさします。
 これでLCがシノよりアルトリウスさんの方が高くなりました。

 右から弓兵がじわりじわりと迫ってます。」



●7ターン目

20070826115527.jpg

ドリス
「弓兵を倒しにいきます。
 南方七宿の記章を装備してなければ
 シノでも二発耐えれるはずですが、
 ここはアルトリウスを狙ってくるのを確信して
 シノをここまで移動させました。」



●8ターン目

20070826115640.jpg

20070826115650.jpg

ドリス
「弓兵と僧兵を全滅させます。
 これで一息つけますが、すぐに第二陣が迫っています。」



●9ターン目

20070826120430.jpg

ドリス
「重装兵がたくさん来ました。
 後ろに引いて引き寄せます。」



●10ターン目

20070826120519.jpg

20070826120541.jpg

ドリス
「烈火の霊符で攻撃したいところですが、
 3体中右の1体が生き残り
 下からくる1体によりシノが倒れると判断したので
 上に逃げてクナイで攻撃します。」



●11ターン目

20070826120653.jpg

20070826120707.jpg

ドリス
「一体倒しましたが、じわじわと追い詰められています…」



●12ターン目


20070826121149.jpg

ドリス
「ここで一気に南に移動して逃げます。
 シノは移動力あるし、アルトリウスさんも
 移動力が6あるから、重装兵の移動力5では
 追いついて攻撃するのが難しいのを利用しています。」



●13ターン目

20070826121311.jpg

20070826121325.jpg

ドリス
「逃げつつ確実に一体ずつ削っていきます。
 重装兵だけならこれで勝てるのですが
 魔術師が一体いるため、常に魔法攻撃の射程を気にする必要があります。」



●14ターン目

20070826121503.jpg

ドリス
「一体倒してまた逃げます」



●15ターン目

20070826121554.jpg

ドリス
「重装兵はあと2体。
 ここがふんばりどころです。
 シノはアルトリウスさんの右2マス目に移動させておきます。」



●16ターン目

20070826121701.jpg

ドリス
「うまく霊符の攻撃範囲に重装兵2体が入りました。
 あとはアルトリウスさんが巻き添え喰らわないように
 移動すれば良かったのですが
 ここでアクシデントが発生しました!

 まさかの敵の反撃を受けて、アルトリウスさんがその場に停滞。
 これによりこのままでは
 重装兵2体&魔術師の攻撃を喰らうことに!



 この体力だったらもしかしたら生き残るかもしれない…
 けど、もし死んだら…


 そう思った私は…」



20070826121932.jpg

20070826121944.jpg

ドリス
「転移の霊符でアルトリウスさんを移動。
 これで魔法攻撃は喰らわなくなりましたが
 シノが重装兵2体に攻撃されるリスクが発生しました。


 これは賭けです。


 アルトリウスさんが敵の攻撃全て喰らって死ぬか
 シノが重装兵2体の攻撃を喰らって死ぬか
 どちらかの賭け。



 けど、この場合、
 自分の命よりもアルトリウスさんを守る方が
 先決だと私は判断しました。」



●17ターン目


20070826122206.jpg

ドリス
「重装兵2体がシノを攻撃。
 これでやられた…と思いましたが

 先の先のレベルが高めだったおかげで
 1体の攻撃をかわし生き残ることができました。





20070826122351.jpg

20070826122405.jpg

ドリス
「あそこでアルトリウスさんが反撃喰らって足止め喰らったのも運なら
 私が攻撃をかわして生き残ったのも運ですね。

 とにかく『闘魂注入』で回復しつつ敵を攻撃して逃げます。」



●18ターン目

20070826122530.jpg

20070826122543.jpg

ドリス
「一体撃破。
 これで残りは重装兵1体と魔術師1体と僧兵2体になりました。

 もうここまで来たら後は勝ちですね。」





20070826122651.jpg

20070826122700.jpg

ドリス
「最後はアルトリウスさんのOBで倒してクリアしました。」





20070826122735.jpg

20070826122747.jpg

ドリス
「そんなわけで
 アルトリウスとシノの二人だけで27面クリア!


 む…無茶苦茶大変立ったけど、私にもできたわ…
 シノがいなかったらもうお手上げだったかもしれないけど
 烈火の炎符のような範囲攻撃が使えるキャラがたくさんいたら
 それほど難しくなかったかもしれません。」



カリバー
「くっそー、ずっと見てたけど
 面白そうな戦闘しやがって…
 ここで介入できないのが本当に歯がゆいぜ…」



ドリス
「あなたが二人でやれっていったんだから
 そこでおとなしくしてなさい!」



カリバー
「ぐわああああ…戦いてえorz」



クイン
(ドリスの土壇場での芯の強さを発揮ってところだな。
 私がドリスの立場だったら……うう…ダメだったかも…)



ドリス
「でも、この二人旅、いつまで続くのかしら…」


スポンサーサイト
  1. 2007/08/26(日) 12:30:45|
  2. 偽りの輪舞曲っぽいゲーム三羽烏|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<偽りの二人旅その1前編 第27話「王太子帰還」 | ホーム | 偽りの二人旅その2 第28話「仲間とともに」>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://runark.blog6.fc2.com/tb.php/361-37742526

ルナーク

Category

Recent Comments

Recent Entries

Recent Trackbacks

Archives

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。