FC2ブログ

ちくやらアーカイブ

このブログは気分よって構成されています。 BGMも気分で流してます。 あなたの忍耐に感謝します。

偽りのマップ兵器 第30話「約束の王」

20070901184003.jpg

ドリス
「アルトリウスさんとの二人旅三連戦を切り抜け
 ようやくケイとマーガスが復帰しました。」


カリバー
「さてこの面から再び戦えるわけだが
 その前に重要なことを一つ言っておく。

 三羽烏メンバーは絶対にセルディックにトドメをささないこと!


クイン
「前話でカリバー殿が言ってたことと関係あるのですね?」


ドリス
「セルディックさんが復活した理由と関係あり?」


カリバー
「まじでわからんの?
 ニブイとしか思えないなあ…

 まあ、言うとおりにして戦えばわかるよ。」



20070901184257.jpg

20070901184316.jpg

ドリス
「あー
 味方がいるのって素晴らしいわね!
 もうこれくらいの敵とか適当に戦っても勝てるから
 簡単すぎるわ!」


カリバー
「ドリスらしからぬ発言だが
 激戦をくぐり抜けたから言える台詞だよなあ。」


クイン
「まあ、この辺りの敵ならもう余裕でしょう。
 この調子で雑魚敵を倒していきましょう。」



20070901184509.jpg

クイン
「と思ったら、随分と敵がでてきましたよ!」



カリバー
「なんか妙に重装兵ばかりだよな…
 歴戦のドリス先生!
 こういう場合はどうすればいいんでしょうか!?」


ドリス
「ええと…とにかく引くわよ!
 逃げながら烈火の霊符で片づけるわ!」



20070901184651.jpg

20070901184704.jpg

ドリス
「この場合、壁を挟んで霊符での攻撃が使えるわね。
 なるべくこっちに敵をおびきよせて!」



カリバー
「……まじで、ドリスの奴成長したな…
 完全にシノの扱いに手慣れたって感じだ。」



20070901184839.jpg

20070901184852.jpg

クイン
「しかし、敵の数が減りませんね。
 どうやらここも無限増殖の敵のようですよ。」



カリバー
「シノのMPにも限りあるから一気にしとめたら
 セルディックへの攻撃に移らないとダメだな。」


ドリス
「ここは私がなんとかするから
 セルディックさんへの攻撃を頼むわね!」



20070901185131.jpg

カリバー
「よし、敵の攻撃が引いたぞ!
 まわりの雑魚を片づけて、セルディックへの攻撃を開始だ!」




20070901185230.jpg

20070901185247.jpg

20070901185331.jpg

ドリス
「そしてついに二人の対峙。
 かつての恩をこんな形で返さないといけないなんて
 かわいそうな話…」


クイン
「しかし、死者への冒涜は許せません。
 ここはやはり手厚く葬ってあげるのが
 せめてもの報いだと思います。」



20070901185309.jpg

カリバー
「二人で熱く語り合ってるのはいいんだけど
 最初にいったことを忘れるなよ!

 そして、また敵が沸いたぞ!」


ドリス
「むむ…仕方ないわね。
 また私が霊符で片づけるから
 下に引き寄せて!」


クイン
「わかりました。
 いったん引きましょう…って
 カリバー殿?」


カリバー
「オレは移動力があるから
 後からおいつける!
 セルディックに何も攻撃せずに引き下がっては
 時間もかかるしな!」


ドリス
「ああ!
 自分で最初にあんなこといっといて
 セルディックさんを攻撃したあ!」









そして敵のターンにそれはおきた!







20070901185752.jpg

20070901185855.jpg

カリバー
「い…いったい何が起きた!?」



クイン
「体力満タンのカリバー殿の体力が残り1!?」


ドリス
「敵もなんかまとめてやられてたわよ!」


カリバー
「たまたまつけていた『らっきーすたー』のスキルのおかげで
 どうやらオレは命拾いをしたようだ。


 …さっするにマップ兵器くさいな。


 セルディックのOB発動で
 何マスなのかわからんが敵味方関係なく
 範囲攻撃してきたってところだろう。




 くそー
 しばらく戦闘に出てなかったから勘が鈍ったな…
 今のは本当に運良く生きのびただけだ。
 本来なら即死していたぞ。」


ドリス
「どうするの?
 あんな攻撃してきたら誰も近寄れない!」


クイン
「いえ、OBである以上連発できません。
 むしろ今がチャンスですね。
 不幸中の幸いですよ。」


カリバー
「その通りで、ピンチの後にチャンスあり!
 敵を蹴散らしてセルディックを攻撃…


 …したいところだが、
 あいつは『アークチャージ』というスキルで
 OBゲージを自前であげれるようだ。


 このままだとまたOBを使ってくるぞ!」



クイン
ならばここは私にまかせてください。

 その技、受けきってみせます!」




20070901190332.jpg

ドリス
「きたわ!
 セルディックさんのOB!」


クイン
「うおおおおおおお!」




20070901190408.jpg

カリバー
「すげえ!
 本当に耐えやがったぜ!」


クイン
「ぐぐぐ…射程長いですね…
 7マスもあるようです…」


ドリス
「けどこれでOBが使えない!
 今がチャンス!」



20070901190654.jpg

クイン
「混戦のさなか、セルディックのHPがわずかになりましたよ!」



カリバー
「最初に言ったことを忘れるなよ!」




20070901191104.jpg

ドリス
「アルトリウスさんがセルディックさんにとどめをさしたわ!」


クイン
「一体これで何が?」



20070901191344.jpg

20070901191359.jpg

ドリス
「なるほど!
 そういうことだったのね!」



クイン
「むう…ゾンビだとはいえ
 ブレトワルダ王家の者。
 セルディックを斬ることで聖剣の呪いが解かれるとは…」


カリバー
「だから言った通りだろ?」


ドリス
「いつから気付いてたの?」


カリバー
「20話の分岐点のところだよ。
 あとは1話のデモかな。
 あの時に死んだはずのセルディックがどっかで出るだろうと思い
 20話で聖剣復活の方法を知った時にセンが繋がったけどな、オレは。」


ドリス
「全然気付かなかったわ…」


クイン
(こういう分析というか見抜きというか
 こいつのこういう所にはかなわんな…)



カリバー
「ちなみに試してないけど、セルディックのとどめを
 他のキャラがやった場合は聖剣の呪いは解けないと思う。
 すると、どっかでBADENDになるんじゃないのかな?

 まあ、それを確認する時間がないので
 オレ達はこのまま話を進めるけどね。」



20070901191819.jpg

20070901191922.jpg

ドリス
「これでアルトリウスさんも正式にヴェルンの騎士となりました。」


カリバー
(……わからないのはこいつだよな…
 セルディックにうり二つの人間。


 これが偶然ってことはないだろうけど、
 この王道ルートではその謎はあかされないってことか…


 闇の教団が怪しいよなあ…
 イグレインとか…)


ドリス
「カリバーが珍しくクインさんみたいに考え込んでいる」




20070901192200.jpg

20070901192146.jpg

ドリス
「こうして、王都を守っていた帝国の3将軍、
 そのうち一人のアルベリヒさんは仲間になったけど
 クロトとマティアスを撃破。
 そして、王都にいたセルディックさんを成仏?させて
 聖剣の呪いも解けて、全て万々歳な展開になりました!」


クイン
「敵はそうすると帝国軍だけですかね。」


カリバー
「これからどうなるんだろうな。」


スポンサーサイト



  1. 2007/09/01(土) 19:23:45|
  2. トップ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2
<<偽りの二人旅その3 第29話「解放戦争」 | ホーム | 偽りのストーリー無視 第31話「予感」>>

コメント

ウルベリヒ(ぇ)でセルディック様を倒したんですけど、
ガウスを倒した後になんだかよくわからないENDでしたよ。

ってかウルベリヒのOBが最強すぎです。
何ですか範囲13マス高威力って……
  1. 2007/09/08(土) 06:39:20 |
  2. URL |
  3. 風鈴草 #voCteCnQ
  4. [ 編集]

やっぱりそうなんだ…

聖剣復活フラグがグッドとバッドの分かれ目だったということなんですね。


ウルベリッヒはステータスとかケイより全然強いのですが、
最終局面での投入だったのと、そこからの成長具合を考えると
ケイでいいなあと思って、私は最後までケイを使ってました。



でもアルバリヒの方が強いのかも…
  1. 2007/09/09(日) 10:36:44 |
  2. URL |
  3. ルナーク #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://runark.blog6.fc2.com/tb.php/364-55caecb0

ルナーク

Category

Recent Comments

Recent Entries

Recent Trackbacks

Archives

Links

Search