ちくやらアーカイブ

このブログは気分よって構成されています。 BGMも気分で流してます。 あなたの忍耐に感謝します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

偽りの肩書き 第38話「紫電の空」

20070909104329.jpg

20070909104419.jpg

ドリス
「封印の洞窟を進んでいきます。
 炎、氷ときて、最後に雷と来たところで
 ああ!この人!


カリバー
「あー、こいつかあ!
 帝国の最後の一人!」



クイン
「随分久しぶりに見ましたよね。
 いつ以来だろう…?」


カリバー
「分岐点前じゃなかったっけ?
 そりゃ影薄いわけだわ…」


ドリス
「今更って感じよねえ…」




20070909104631.jpg

カリバー
「この面の攻略書くことが特にないんだけど、
 一つだけ書くとしたら、敵で「サンダーレイブ」と言う魔法持ちが
 微妙に邪魔だった。

 写真でマーガスがはるか左上の魔術師からサンダーレイブで攻撃された。
 サンダーレイヴは術者を中心にX字の範囲攻撃魔法だけど
 その射程が異常に長いっぽい。」


ドリス
「シノも似たような霊符を持っているけど、
 全然使ったことなかったわね。」


クイン
「敵がその辺の射程を考慮して移動するから
 なかなか使えないんですよね。」



20070909105528.jpg

カリバー
「行っても意味なさそうな所に敵が配置されていたので
 調べてみたらアイテムを拾ったよ。」


クイン
「正直、こういうのって今までにもありそうですね…」



ドリス
「調べるのが大変だわ…
 もう遅いけど…」



20070909105733.jpg

20070909105721.jpg

カリバー
「そんで、雷帝のまわりにいる魔術師も
 見てのとおりで射程ながいので、
 MP切れにさせてからシノで攻撃してトドメをさす。

 こうして周りを着実に削ってからいざ勝負だ。」



20070909110033.jpg

クイン
「いつも通り、私が囮をやるので
 ちょっと雷帝のステータスを調べてみたんですが、
 何故か雷帝を名乗っているのに闇の魔法を使ってますよ!



ドリス
「あ!本当だ!
 影が薄いのに、さらに雷の魔法まで使ってないなんて!」




カリバー
「まさに偽りの肩書きか…
 落ちたなこいつも…」





20070909110249.jpg

20070909110337.jpg

クイン
「しかもすごいですよ、これ。
 ダメージは見たとおり痛かったのですが、
 この偽りの雷帝の人のMPが中途半端に残っています。

 つまり、闇の魔法を一回しか使えず
 しかもMP切れまで至らないから
 自分でMP回復アイテム持っているのに
 使おうとしません!




カリバー
「わはははwww
 つまりは一発キャラってわけかwww」



20070909110904.jpg

20070909110923.jpg

カリバー
「MPあっても魔法の使えない雑魚にようはない。
 さっさと倒してしまえ!」


ドリス
「ああ…なんか最後の台詞が
 今回でのバカにされっぷりをふまえると、
 とてもかわいそうだわ…」



20070909111457.jpg

カリバー
「最終面前だというのに雑魚しかいなかった。
 非常に盛り上がりにかけていたわけだが、
 やはり最終面は怒濤の難易度を求めるぜ!」


スポンサーサイト
  1. 2007/09/09(日) 11:23:58|
  2. 偽りの輪舞曲っぽいゲーム三羽烏|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<偽りのこれホントに終盤? 「第37話 氷の大地」 | ホーム | 偽りの写真45枚 第39話「光と闇と(前編)」>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://runark.blog6.fc2.com/tb.php/372-6b98fffb

ルナーク

Category

Recent Comments

Recent Entries

Recent Trackbacks

Archives

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。