ちくやらアーカイブ

このブログは気分よって構成されています。 BGMも気分で流してます。 あなたの忍耐に感謝します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

ある野良犬の騎士の物語 その6

シオン達と合流した我々は
ムフタルの大将との待ち合わせ場所に行った。

けど、大将はまだ帰ってこなかった。


まあ、大将のことだから心配はしてなかったのだが…


Quin0064.jpg



Quin0065.jpg



Quin0066.jpg



Quin0067.jpg



Quin0068.jpg



Quin0069.jpg



Quin0070.jpg



Quin0071.jpg



Quin0072.jpg




な…なんと、「新帝国」のレイピアが登場だ。
大将ではなく、オレらの命の方が心配になってしまったわけだ。


しかもアウグストさんはいつもの通りやる気まんまんだ。


シオンもよくやる方だ。アイツなら生き延びれるかもしれない。


けどオレはどうだ?
アーギュのクソガキの部隊だぞ?
今まであれだけ失策をしているガキの部隊だぞ?


助かりっこないだろう。



Quin0073.jpg



Quin0074.jpg



Quin0075.jpg



Quin0076.jpg



Quin0077.jpg



Quin0078.jpg



Quin0079.jpg



Quin0080.jpg



Quin0081.jpg



Quin0082.jpg



Quin0083.jpg



Quin0084.jpg



Quin0085.jpg



Quin0086.jpg




熱血少年が勝手に話進めて、レイピア軍との戦闘開始だ。
オレはいつからシオン軍になったんだ?


セムの時もそう、
今回もそう、
オレらのよくわからないまま戦局が変わり
ぐちゃぐちゃになる。

何のために戦っているのかわからなくなる…


ふざけるな…


Quin0087.jpg




Quin0088.jpg




Quin0089.jpg




Quin0090.jpg




Quin0091.jpg




Quin0092.jpg




Quin0093.jpg




Quin0094.jpg




オレは逃げた…
騎士とってあるまじき敵前逃亡をした…


騎士ならば任務や国の為に命を捧げることはする。



だが、今のオレには
任務も無い、
大義も無い、




命を賭ける理由が無い…



一年前…この任務についた時は
前を見据えた一人の騎士だったかもしれない。



けど、オレは野良犬になった…



その7へ
スポンサーサイト
  1. 2005/05/08(日) 21:41:31|
  2. ラングリッサー|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<ある野良犬の騎士の物語 その5 | ホーム | ある野良犬の騎士の物語 その7(最終話)>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://runark.blog6.fc2.com/tb.php/39-1711c008

ルナーク

Category

Recent Comments

Recent Entries

Recent Trackbacks

Archives

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。