ちくやらアーカイブ

このブログは気分よって構成されています。 BGMも気分で流してます。 あなたの忍耐に感謝します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

偽りの出身地 覇道ルート第32話「ロマディアの攻防」

20071007205254.jpg

ドリス
「前面でアウルを戦闘に出すかほうっておくかしていると
 この隠し面に来ることができます。
 帝国領に進軍するための拠点として神聖皇帝軍は
 なんとしても守らなければなりません!


 …で、ひょっとしてタイトルの「出身地」というのは
 アウルのことを言っているの?」


カリバー
「んだね。
 前面でアウルの妹が出たこともあって
 アウルが帝国領の出身であり、
 この地が恐らくアウルの出身地だと思うよ。

 戦闘に出してやりたいところだけど、ちょっと余裕がないかな。」



20071007205535.jpg

クイン
「クエストの方では上級クラスチェンジアイテムが出始めましたね。
 ところでこのアイテムが出る条件ってなんなんでしょうね?」



カリバー
「イグレインのとかまた出てきそうな感じがするけど
 要は第一クラスチェンジをしているかどうかだと思う。

 つまり使ってないキャラのアイテムは出ないという感じかな。
 何がでるかはランダムで、クエストを無視していると
 早い段階で上級クラスチェンジのクエストがでるような気がする。」


ドリス
「これはもしかしてサシャのクラスチェンジアイテム?」


カリバー
「詳しく調べてないけどそんな感じじゃないかな。
 王道ルートでサシャ使ってもアイテムでなかったのは
 クラスチェンジしなかったのが原因だと思うよ。」



20071007205949.jpg

20071007210010.jpg

カリバー
「さて戦闘開始だが、相変わらず敵が多い。
 で、この面ではシノを出してみた。」


ドリス
「早速安全地帯があったらここに逃げ込みます。
 すると次のターンには騎馬隊が私のところにくるだろうから…」



20071007210120.jpg

20071007210130.jpg

ドリス
「カリバーとクインさんにどいてもらって
 烈火の霊符で一気に片づけます。」



20071007210213.jpg

20071007210226.jpg

カリバー
「オレ達は下の方にいる魔術師達を一掃だ。」


クイン
「上の敵はドリス殿にアタックするだろうから
 まかせて安心ですね。」



20071007210333.jpg

20071007210353.jpg

ドリス
「騎馬隊は片づけたけど、今度は魔術師が来たわ。
 射程合戦になるとシノの射程では負けちゃうから
 ちょっと不利かも…」


カリバー
「危なくなったらオレ達のところまでダッシュで逃げてくれ。
 移動のある騎馬隊だけでもやっつけれたら御の字だぜ。」


ドリス
「そうさせてもらうわ。」



20071007210532.jpg

20071007210556.jpg

クイン
「敵の増援がわんさか来ますね。
 新たに騎馬隊がおっかけて来ました。」


カリバー
「ドリス、右下に逃げてくれ。
 ここに敵をおびきよせて一気に霊符で片づける。」


ドリス
「わかったわ。
 でも、なんか増援の中に「無限増殖兵」が紛れている気がするんだけど…」


カリバー
「ああ…それはあるな。
 ていうか、オレ達のすぐそばに沸くのが恐らくそれだと思う。」



20071007210735.jpg

20071007210752.jpg

カリバー
「ああ、ちょうど沸いたな…
 今オレがひき逃げしようとしている敵が
 無限増殖兵だ。
 こいつらが沸き続ける以上、敵の大将をさっさと倒した方がいいみたいだ。」


クイン
「ではその作戦に移行しましょう。
 ドリス殿、騎馬隊を頼みます。」


ドリス
「OKです!
 烈火の霊符をくらえー!」



20071007210923.jpg

20071007210935.jpg

カリバー
「そんなわけで、敵の大将を補足して
 クインさんのOBで一気にとどめをさして終了だ。」



20071007211020.jpg

20071007211029.jpg

ドリス
「なんとかアウルの故郷を守ることができて良かったわね!」


カリバー
「惑星ベジータもこんな感じでフリーザから守れれば良かったのにな。」


クイン
「ぶww
 あれはテレビ版オリジナルの話ですよ。
 悟空の父親がたった一人で立ち向かったんですよね。
 カッコイイ話でした。」


カリバー
「フリーザの必殺技が『デスボール』で定着したのも
 この辺あたりかな?」


ドリス
「あぅあぅ…
 なんでいきなりわけわからない話になっているの…?」


スポンサーサイト
  1. 2007/10/07(日) 21:12:20|
  2. 偽りの輪舞曲っぽいゲーム三羽烏|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<「キャプテン翼3 ザコオンリーでクリアしたい!」ご紹介コーナー | ホーム | 偽りのスネーク2 覇道ルート第33話「嵐の前の」>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://runark.blog6.fc2.com/tb.php/391-2eea9c5c

ルナーク

Category

Recent Comments

Recent Entries

Recent Trackbacks

Archives

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。