ちくやらアーカイブ

このブログは気分よって構成されています。 BGMも気分で流してます。 あなたの忍耐に感謝します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

偽りの全面対決 覇道ルート第34話「ローヴェンクローネ」

20071013102903.jpg

20071013102928.jpg

20071013102949.jpg

ドリス
「ついに帝国軍との決戦です!
 帝国の大将であるガウスとその戦友マティアスの会話から始まりました。」


クイン
「この一戦の重大さをよくわかっているようですね、あちらも。」


カリバー
「力で成り上がった人間が力負けしたら最後だからな。
 ガウスが王になったのに戦場に出てくるのは
 常にその力を誇示し続けなければならなかったということだ。」




20071013103205.jpg

20071013103220.jpg

20071013103233.jpg

クイン
「敵軍ですが、アルベリヒ・クロト・マティアス・エルネスト・ガウス。
 帝国の将軍が全員出陣しています。
 持てる戦力を出してきたというところですね。」


カリバー
それに対してオレ達は3人で戦うわけか。
 人数差がすさまじいなww」


ドリス
「そんな無茶な…と思えそうで、
 もう普通に勝てそうに思えちゃうから、私達の感覚も随分麻痺してきたわよね…」



20071013103512.jpg

20071013103532.jpg

20071013103545.jpg

ドリス
「まず最初に南の方にいるアルベリヒさんの黒獅子軍と戦います。」


カリバー
「セオリー通り、騎馬隊の移動先ギリギリで待機し
 近寄ってきたらケイとアルハンブラで一気に倒す。
 倒し漏れたらセルディックでトドメ。
 よほどの集中攻撃を喰らわない限りは、全員生き残れるだけの
 HPと防御力を持ち合わせているからな。
 負ける気がしない。」



20071013103803.jpg

20071013103818.jpg

20071013103833.jpg

クイン
「アルベリヒ撃破後、東にいるクロト率いる紅獅子軍を攻撃します。
 このゲームは敵がなかなか積極的に攻めてこないから
 敵がたくさんいるようで、結局個別撃破してるのと
 何もかわらないのですよね。」


カリバー
「そういうこと。20体ぐらいまとめて攻めてきたら
 少人数のオレ達は一気に飲み込まれてアウツなのにね。」


ドリス
「クロトは盗賊系キャラだから元々HPも防御も低く、
 あっというまに倒せてしまったわ!」




20071013104048.jpg

20071013104102.jpg

20071013104120.jpg

カリバー
「次はさらに東にいるマティアス率いる金獅子軍だ。
 さすがに重装兵をまとめているから固いのは固い。
 が、それも3人でまとめて攻撃すれば一気におしまいだ。」


ドリス
「順調すぎるほどに各個撃破してるわね。」


クイン
「少人数プレイならではのゲリラ戦法ですよね。」




20071013104302.jpg

20071013104322.jpg

20071013104340.jpg

ドリス
「敵の将軍を倒すと、増援が出てくることがあります。」


カリバー
「これはマティアスを倒した時のものかな。
 騎馬隊が一気に沸いて乱戦になったが、落ち着いて撃破だ。

 ちなみにアルハンブラはカード覚醒すると反撃率が上がるのかな、
 妙に反撃するようになってこれもけっこー強いよ。」




20071013104549.jpg

20071013104602.jpg

20071013104615.jpg

ドリス
「次は下の方からてくてくと歩いてきた雷帝さんです。」


カリバー
「もはやMP切れを待つ必要もなく弱いのでさっさと撃破。」


クイン
「台詞も一段と負け犬っぽくなってきてますね、この人…」



20071013104947.jpg

20071013105008.jpg

カリバー
「そして残りの増援と雑魚兵を全部蹴散らして
 ついにガウスと対決だ。

 ここはクインさんのセルディックと一騎打ちでもしてもらおうかな。」


ドリス
「3人でやったらすぐ倒せてしまうものね。」


クイン
「OB使ってはだめですか?」


カリバー
「使ったら一撃で倒せそうだからダメ。
 まともに斬り合いなさい。」


クイン
「了解。
(面倒だな…倒せるなら安全の為にもすぐに倒してしまいたいんだが…)」



20071013105224.jpg

20071013105233.jpg

ドリス
「一進一退の攻防が繰り広げられています。
 けど、「自己回復」のスキルを持つセルディックの方が
 やはり有利なのはかわりません。」


カリバー
「そりゃ回復分で相手のダメージを減らしているようなもんだからな。
 そんなスキル使ってTUEEEしてるんだから
 セルディックは汚い奴だよなwww」


クイン
「ちょ…私が悪いみたいじゃないですか!」



20071013105415.jpg

20071013105428.jpg

20071013105441.jpg

ドリス
「ガウスを撃破!
 帝国軍と神聖皇帝軍の全面戦争は
 神聖皇帝軍の勝ちとなりました!」


クイン
「しかしガウスにはまだ何か手があるような口振りで逃げていきました。」


カリバー
「真っ向勝負して勝てなかった人間が
 まだ何か策を隠しているしたら、
 それは全うな方法じゃない可能性が高い。
 
 ここからが本当の終盤のようだな。」


スポンサーサイト
  1. 2007/10/13(土) 10:56:27|
  2. 偽りの輪舞曲っぽいゲーム三羽烏|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<ドルアーガオンラインVer1.50 | ホーム | 偽りのアルバレス 覇道ルート35話「暗黒兵団」>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://runark.blog6.fc2.com/tb.php/394-9a863217

ルナーク

Category

Recent Comments

Recent Entries

Recent Trackbacks

Archives

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。