FC2ブログ

ちくやらアーカイブ

このブログは気分よって構成されています。 BGMも気分で流してます。 あなたの忍耐に感謝します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

偽りの界王拳 覇道ルート第39話「皇帝の盾」

20071022182622.jpg

20071022182634.jpg

20071022182641.jpg

20071022182653.jpg

ドリス
「ガウスのいる闇の城に入りました。
 そこで待ち構えていたのはマティアス。
 ガウスとともに帝国を作り上げたおじさんですが
 その胸中やいかに?」







20071022183229.jpg

20071022183244.jpg

20071022183317.jpg

カリバー
「覚悟を決めた男の台詞にちゃちを入れたくはない。
 攻略を始めよう。
 まず最初に移動力のあるキャラでスタート地点から上に待機する
 魔術師と歩兵の部隊に特攻をかけると
 魔術師の一人が範囲攻撃魔法をぶちかまして
 敵もまきこんでごらんのとおりになる」


クイン
「ちょ、いきなり大ピンチじゃないですか。」


カリバー
「ところがHP900ちかいアウルだとこの後の攻撃に耐えれてしまうんだな。」


ドリス
「体力によるゴリ押しね。」



20071022183742.jpg

カリバー
「そうでもないぞ。
 急ぎ敵を倒したかったのは、スタート地点の右にいる
 騎馬隊が来たときに上から魔法を食らいたくなかったからだ。」


クイン
「ダブル闘魂注入でアウルの体力を回復。
 残りの二人で騎馬隊の相手ですね。」



20071022184126.jpg

カリバー
「騎馬隊を倒したら、最初にアウルが突っ込んだ上の通路の方を進む。
 ここである程度上に進むと、マティアスたちが移動を開始する。

 感覚的には初期の5面だったかな、ジャグラトがボスの面で
 『どっちまわりで近づいてくるか』に似ている。」


ドリス
「今回私達は上にいったからマティアスたちは反時計回りで
 近づいてくるってことね。」


カリバー
「マップのつくりを見ると、マティアスの前にある通路での
 戦闘をさせようとしたんだと思うんだよね。
 通路の端に弓兵がいて、弓の攻撃に耐えながらマティアスを
 迎え撃たなければならないとか。

 
 それもマティアスが動いたことで全部台無しなんだがw」




20071022184808.jpg

20071022184819.jpg

ドリス
「でもマティアスさんが来たら大変なことになるから
 その間に敵を倒して決戦の舞台を整えましょう。」


クイン
「同感です。万端の準備で迎え撃ちましょう。
 そもそもアウルだとマティアスみたいに硬い敵には
 ダメージが通らないのでは?」


カリバー
「あ!お前またアウルことべジータ様をバカにしたな!


 仕方ねえ。まだ検証不足だしただの勘違いかもしれないけど
 べジータ様の究極奥義を見せてやるぜ!



クイン
「むお!なんですか、その究極奥義とは…」



20071022185508.jpg

カリバー
「よし、マティアスを細い通路に誘いこんだぞ。
 お~れ~の~で~ば~ん~か~!



クイン
「あー、その攻撃じゃおそらくZOCにはじかれて…」




20071022185656.jpg

ドリス
「ぜんぜんダメージ当たってない!」


クイン
「やっぱだめじゃないですか!」


カリバー
「うはwwべジータ涙目www

 といいたいが次を見てほえ面かくなよ!」



20071022185839.jpg

カリバー
「どけどけ~!べジータ様のお通りだー!」


クイン
「む!今度は背後から行った!」



20071022190035.jpg

カリバー
「みたか!このべジータ様のパワーを!」


クイン
「ええええ!
 満タンからここまで減らしたのですか?」


ドリス
「うそー!」


クイン
「クリティカルでここまでダメージがでるとは…」


カリバー
「うんにゃ、ただのクリティカルダメージじゃない……


 …かもしれないんだこれが。


 あまりにも検証不足なのと
 気づいたのが最後らへんだから
 未確認情報だと思ってほしい。
 オレのただの勘違いかもしれないしね。


 アウルがセルディックの闘魂注入を受けた後に
 背後や側面からの攻撃してクリティカルを出すと
 なぜかすさまじいダメージをたたき出せる。




 まあ、本当にただのクリティカルかもしれないけどね。」


クイン
「それ、まじですか?」


ドリス
「セルディックの闘魂注入だけ?
 アルハンブラも闘魂注入もってるけど…」


カリバー
「セルディックだけなんだよな。
 聖剣のパワーをもらったとかで考えられなくもないんだけど。」



20071022190511.jpg

カリバー
「この技を使わないとアウルがマティアスに与えれるダメージなんて
 これくらいしかない。」


クイン
「そうですよね。
 これが普通のアウルだと思います。」


カリバー
「そんなわけで、タイトルの『偽りの界王拳』
 この技のことを言っているんだが、
 やっぱちょっとうそ臭いよな。」


ドリス
「なんか本当にタイトルどおりの技なのねw」


クイン
「事実だったらすごいですけどね。」



20071022190814.jpg

カリバー
「まあ、とにかくマティアスを撃破だ。」



20071022191012.jpg

20071022191024.jpg

20071022191039.jpg

カリバー
「武人は最後まで武人を貫き通して逝ってしまったか。」


ドリス
「友が間違った道を進んでいるかもしれないのに
 最後まで義理立てして戦い抜いたのね」


クイン
(間違っているとわかっていても
 死ぬとわかっていても戦うなんて、オレには理解できないがな…)




20071022191249.jpg

20071022191305.jpg

20071022191313.jpg

20071022191324.jpg

20071022191331.jpg

20071022191340.jpg

20071022191351.jpg

20071022191359.jpg

20071022191406.jpg

20071022191413.jpg

カリバー
「そしていよいよ最終決戦間近だが
 光とか闇とか唐突に出てきた感が否めないな。


クイン
「このゲーム、そんな話でしたっけ?という感じですよね。
 最初は帝国を倒すみたいな話だったのに。」


ドリス
「いつのまにか、セルディックさんが光
 ガウスが闇になったのよね。」


カリバー
「この辺のとってつけたような感が
 このゲームのシナリオのまずいところだよなあ…とかいいつつ
 ついに次が最終面だ。」


スポンサーサイト
  1. 2007/10/22(月) 19:18:03|
  2. 偽りの輪舞曲っぽいゲーム三羽烏|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<偽りの因縁決着 覇道ルート第38話「闇の城」 | ホーム | 偽りのダークヒーロー 覇道ルート第40話「夢の果て」>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://runark.blog6.fc2.com/tb.php/400-25588dce

ルナーク

Category

Recent Comments

Recent Entries

Recent Trackbacks

Archives

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。