ちくやらアーカイブ

このブログは気分よって構成されています。 BGMも気分で流してます。 あなたの忍耐に感謝します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

世界樹2ダブルスコンビ・『友情のトライアングル』

変換 ~ p1000729

クイン
「15階からちくやらギルドに復帰しました、クインと申します。
 カリバー殿とドリス殿がギルド・エスバットに苦戦しているとのことで、
 早く戦えるようにレベル上げをしています。」


カリバー
「クインさんの力でだめなら後はフォーススキルをぶっぱなすぐらいしか方法はないからな。
 個人的にフォーススキルはスキじゃないんで、
 できればこれ無しでなんとかしたい。」


クイン
(そのお前の無駄なこだわりが事態をややこしくしていることに
 きづかないのかよ・・・)




変換 ~ P1000730
変換 ~ P1000731

ドリス
「装備も色々充実するようにアイテムポイントの収集とかがんばったわよ。」


カリバー
「おお、いい武器ができた。
 なによりダメージがでないとダメだからな。
 助かるぜ。」



変換 ~ P1000733

カリバー
「通勤電車で倒したため写真は撮れてないが
 水辺の処刑者もなんとか倒して、鎧も現時点で一番いいのが装備できたはずだ。

 これで装備面でやれることはやった。
 あとはスキルの割り振りと戦術しだいだ。」


クイン
「私は何をすればいいので?」


カリバー
「チョイスガードレベル10。
 これがあればいい。
 後は回復なしで使い続けられるようにTPブースト10、
 喰らっても死なないようにHPブースト10。
 これが最低必要だ。」


クイン
「了解です。
 すると、アタッカーはやはりカリバー殿一人で。」


カリバー
「プランは二つある。
 が、一つはちょっと人数的につらいので、
 今までどおりドレインバイトで攻めてみる。」




変換 ~ P1000735

カリバー
「チョイスガードでダメージを大幅に減らすことができた。
 220喰らってたのが100くらいまで落ちることで、
 一気に生存率があがったぜ。」


クイン
「ただ、チョイスガードも100%防ぐわけではなく、たまに取りこぼしがあります。」


カリバー
「それでも全然戦えるようになったよ。
 エスバット二人の攻撃を200弱まで抑えることができているからな。」



変換 ~ P1000736

カリバー
「ドレインバイトはレベル39で110前後まで叩きだせるようになった。
 あっちのダメージの半分は回復できるまでに至っている。」


クイン
「!
 ちょっと待ってください。
 ということは、半分は回復しきれてないのでは?」


カリバー
「2~3ターンに一回はメディカを使うことになるな。」


クイン
「それで200ダメ喰らってたら先に進まないでしょう!
 それに敵を何ターン攻撃したら倒せるのですか?」


カリバー
「9ターンくらいライシュッツを攻撃したら半分減ってたから
 1800前後と推測できるな。」


クイン
「…あの、これで本当に勝てる気でいますか?」

カリバー
「…痛いところをつくね。
 正直言うと、あとは「レベルだけ」の問題になったとは思う。

 ドレインバイトのダメージを上げ、あっちからのダメージを抑えるには
 あとはレベルで解決するしかない。」


クイン
「どれくらい必要ですか?」


カリバー
「安定させるなら50はいると思う。」


クイン
「!
 そんなので勝ってあなたはうれしいのですか?」


カリバー
「うるさい、とにかくトライエラーを繰り返すぞ!」




(そして30回くらい戦闘)



変換 ~ P1000737

カリバー
「くそ!くそ!くそ!」


クイン
(一番がんばってこれだけかよ…)


カリバー
「もう一度だ!」


クイン
「ちょっと待ってください。
 ドリス殿が後ろで心配そうに見てますが…」


カリバー
「ドリスが後ろで見てても状況かわらねーよ!」


クイン
(チっ…前にもこんなことあって、ドリスがカリバーを自制してたな。
 レベル上げたら勝てるといってるのにそのレベルを上げようとしない。
 こりゃもう病気としかおもえん。


 つきあいきれんわ。
 こうなったら・・・)
「ドリス殿・・・ちょっとこっちへ・・・」


ドリス
「!
 なんでしょう。
 相当苦戦しているようですが・・・」


クイン
「苦戦のレベル以下ですよ。
 このまま埒があきません。
 かくなるうえは、ドリス殿も参戦していただきます。


ドリス
「ええ!?
 あの人が嫌がりますよ。」


クイン
「大丈夫です。
 私にいい作戦があります。
 あいつの性格を利用したパーフェクトな作戦です。

 いいですか、私の言うとおりにしてください。
 ごにょごにょごにょ・・・」


ドリス
「・・・!
 そのとおりに言えばいいんですね?」


クイン
「はい、間違いありません。」


ドリス
「私にはさっぱりだけど、そのとおりにすればいいのなら・・・」


カリバー
「クインさん、またやり直すぞ!
 どこいった!?」


クイン
「いいですか?ドリス殿、行きますよ!」


ドリス
「はい・・・」


(深呼吸して)



ドリス
「カリバー!」 


クイン
「オレ達が」


ドリス
「お前の両足になってやるぜえ…」


カリバー
「!
 そのネタは…」




変換 ~ P1000749

カリバー
「こ・・・これは・・・
 友情のトライアングル!」



ドリス
「ねえ・・・これ、何の話なんですか?」




変換 ~ P1000960

クイン
「超人界では古来より超人同士が助け合い、支えあう確かな形を
 友情のトライアングルといいます。」




変換 ~ P1000961
変換 ~ P1000749a

カリバー
「うおおお…
 ドリスとクインさんが加わることで
 見事な友情のトライアングルに輝いている!」



クイン
「カリバー!
 お前もいい加減にしろ!
 こんないい女性がお前のことをこんなにも心配しているのに
 それを無下にし続けるんじゃねえ!」



ドリス
「クインさん…
 そんな・・・いい女性だなんて…(赤面


クイン
「いや、あなたも悪いですよ。
 ダメなことはダメときっぱり言う。
 いつものあなたならできたはずです。」


ドリス
「うう・・・」


クイン
「それができなかったのはひとえに今回のレンジャーが弱くて
 あなたも自信を失っていたこと。

 カリバー殿、あなたもそうです。
 ドレインバイトがレベル5で抑えられた以上、 
 かつてのような戦い方は不可能だと考えるべき。



カリバー
「クインさん・・・すまない。


 わかった。


 では、ドリス!手伝ってくれ!
 そして、オレのもう一つのプランで
 ケツバットを完全に粉砕してやるぜ!




変換 ~ P1000738

カリバー
「オレはドレインバイトではなくトラッピングをメインに添える。
 これはエスバット二人の攻撃をオレが受け止めて
 同時に二人を攻撃することが可能になる。
 且つ、剣ダクハンでは最も強い攻撃方法となる。」


クイン
「私がチョイスガードでダメージを減らし。」


ドリス
「私がメディカ2でカリバーを回復するのね。」


カリバー
「そう、この戦法は「回復役」がいてくれないと成り立たない。
 そもそもドレインバイトは攻撃と回復を同時にこなせるスキルだ。
 これがあるから二人旅でもオレ一人が前衛をはれていたのだが、
 やはりダメージが全然だせなくてボス戦ではダメージ不足で苦戦していた。

 残念ながら剣ダクハンは今作では弱いみたいだ。
 だが、オレにも意地がある。

 ドレインバイトがダメでも最後の手段、トラッピングがある。
 これでケツバットを一気に倒してやるぜ。」



変換 ~ P1000744
変換 ~ P1000745
変換 ~ P1000746

カリバー
「戦闘前のオレ達のステータスを晒しておく。
 正直、少人数でやってるとレベルがよく上がるから
 普通にやってる人達よりもレベル高いかもしれない。
 だからこそ、なるべくレベルを上げずにボスを倒したかった。」



変換 ~ P1000750

カリバー
「悪いが、三人になったら勝つのは難しくないぞ。
 見てのとおり、トラッピングのダメージで250弱叩きだせる。
 ドリスがサジタリウスの矢を使えるので、これのダメージとあわせると
 7ターンくらいトラッピングすれば二人とも倒せる計算になるはずだ。」


ドリス
「私はサジタリウスの矢10を覚えて最初に拳銃のおじいさんを攻撃。
 あとは基本的にカリバーを回復して、スキあれば二発目を撃ちます。」


クイン
「私はひたすらカリバー殿をチョイスガードします。」



変換 ~ p1000751

カリバー
「4ターン目のライシュッツの残体力だ。
 二人でやってる時より全然楽だな。
 これなら撃破はたやすいだろう。」



変換 ~ P1000753
変換 ~ P1000754

ドリス
「9ターン目で、私のサジタリウスの矢によって
 ライシュッツさんを倒しました。」


カリバー
「あとはアーデリンテ。
 こいつは体力が減るとHPを160回復する技を使ってくる。
 トラッピングだと空振り率が上がるから、ここからドレインバイトで攻撃だ。
 ドリスもサジタリウスを使ってくれ。」


ドリス
「了解!」


クイン
(いつもの二人に戻ったな。
 やはりこうでなくてはいけない)





そして・・・







変換 ~ P1000756
変換 ~ P1000757

ドリス
「やったあ!」


クイン
「ついに勝ちましたか!」


カリバー
「ちくしょう!二人旅では敗れたぜ!」


ドリス
「うう・・・
 まだ言ってる・・・」


クイン
「仕方ないでしょう。
 あなたがそれを選んだのです。」


カリバー
「あそこでロビンマスク最後に見せた肉ネタを持ってくるとは・・・
 してやられたわ・・・」


クイン
(バカは扱いやすいってことだがw)


カリバー
「でも、レベルを上げなければ勝てなかっただろうし、
 そのレベルをかなりオーバーレベルな50くらい必要だとしたら
 しょうがないのかもな。」


クイン
「少しわがまますぎる気もしますがね。」




変換 ~ P1000758

変換 ~ P1000760
変換 ~ P1000761

ドリス
「エスバットの二人・・・」


カリバー
「ケツバットにしてはよくやったと思うわ・・・」


クイン
「・・・いつものボケも今回ばかりは強がりにしか聞こえませんね・・・」




変換 ~ P1000763

クイン
「事情がまだわかりませんが、どうやらまだ敵がいるみたいですね。」


ドリス
「あの人達の元仲間だそうです。
 何者かに死んだ後に怪物にされてしまったと…」


クイン
「なんと!
 人の命をもてあそぶとは…
 騎士の名において絶対許せませんね!」




変換 ~ P1000766


カリバー
「・・・・・・」



スポンサーサイト
  1. 2008/03/16(日) 16:50:35|
  2. 世界樹の迷宮2 ダブルスコンビ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<世界樹2ダブルスコンビ・閑話休題 クエスト「樹海の歪」 『あの男』登場 | ホーム | 世界樹2ダブルスコンビ・最後のダブルスコンビ>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://runark.blog6.fc2.com/tb.php/436-a4e50d81

ルナーク

Category

Recent Comments

Recent Entries

Recent Trackbacks

Archives

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。