ちくやらアーカイブ

このブログは気分よって構成されています。 BGMも気分で流してます。 あなたの忍耐に感謝します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

世界樹2・三バカサムライ、16F 美しさに惑いし足を掬うは鉛の靴音

変換 ~ P1000818

ドリス
「私がレンジャーを引退しバードになったため、レベル上げで時間かかってしまいましたが
 いよいよ第四階層の探索がいよいよ始まります。」


クイン
「再度皆さんとごいっしょできて光栄です。
 よろしくお願いします。」


カリバー
「ドリスもバードになって本気になってきたから
 オレも剣ダクハンでどこまでいけるかで
 本気にならなくては!



ドリス
「私はレンジャーあきらめたのに…」


カリバー
「いやいや、聞いてくれよ。
 剣ダクハンはけっこー冷遇されていると思うぞ。

 なんつってもボス戦でこれから役立ちそうなのがトラッピングしかないのに
 このトラッピングが鞭ダクハンも使えるからな。

 前作で鞭との差別化だったのに
 これで一気に影が薄くなったよ、剣ダクハンは。

 ジエンドが効くならそっちの方が強いし(実質HP半分で倒せる)
 オールボンテージからエクスタシー連打なんて
 誰でも思いつく簡単で強い戦法だ。


 それに引き換え剣ダクハンはorz」


クイン
「愚痴はそこまでにして先行きましょう。」


ドリス
「そうですね。
 こんな人、ほうっておきましょう。」


カリバー
「うう…世間の風は剣ダクハンに冷たいぜ…」






変換 ~ P1000833

カリバー
「スタート地点の扉を開けると早々にたくさんのF.O.Eが待ち構えていた。」


ドリス
「亀のF.O.Eね。
 前作にもいたわ。」


クイン
「また『無傷の千年甲殻』とかありそうですね。」


カリバー
「で、こいつらだけど、数がたくさんいてなかなか気づかないかもしれないが
 基本的にはあっちから襲ってはこない。

 が、動きがちょっとフェイント入っていて
 3歩歩くごとに1回後ろに下がってくる。
 

 後ろにぴったりくっついていて、いきなり戦闘になるのは
 それが理由だ。
 ていうか、中の人もそれで普通に戦闘になってしまった。」


ドリス
「レンジャーがいたら知覚を使って、あとは動きを観察していれば
 亀さんの歩き方がわかると思います。」



変換 ~ P1000832

カリバー
「もし戦闘になった場合は、全体攻撃をしかけてくるので
 オレ達は『人生ライン際フォーメーション』を組んで
 トラッピングで全段返り討ちにできる。」


ドリス
「その変なネーミングセンスはどうにかならないの!?」


クイン
「・・・・・・まあ、
 私のフロントガードが最も生きるフォーメーションですよね。」


カリバー
「またあいつは元々固いのにさらに防御を高める技を使ってくる。
 店売りのアイテムで強化を消すことができるが、
 ここはドリスがバードになったので、ドリスのスキルで打ち消してもらった。

 猛戦曲10使えばトラッピングのダメージも1.3倍になるし、
 バードは相変わらず使えるね。」


ドリス
「HPとTPを自動回復するスキルが無くなっちゃったけど
 それが無くても使えるようで良かったわ。」



変換 ~ P1000835
変換 ~ P1000836

カリバー
「先に進むと、突然謎の人物?が現れた。
 これは前作のモリビトに当たる樹海上の人型生物か?」


ドリス
「!
 また前作のモリビトさんとの血みどろの戦いになるの?
 いやよ・・・あんな残酷な話は・・・」


クイン
「ドリス殿はおやさしいですが・・・」


カリバー
「とりあえず危害を加えてくる感じはなかったぞ。
 ドリスの杞憂に終わってくれればいいが。」



変換 ~ P1000842

変換 ~ P1000841

ドリス
「このことを伝えに公宮に行ったら、公女さんが現れて
 意味深な台詞をしゃべってくれました。」


クイン
「私が公宮に入るのは今回が初めてですが、
 この人物、どこかで見たことがありますね。」


カリバー
「知っているのか?雷電!」



141000908.jpg

クイン
「プリンセス・クラウン。
 かつて瀬賀佐多安というゲーム機種で発売された
 亜戸羅素のアクション芸無。
 モーフィングや多間接など、
 瀬賀佐多安の強い素府雷都機能を駆使した画像が売り。

 なお、プリンセス・クラウンを略すと「プリクラ」となり
 これが現代における女子高生達の間で一大ムーブメントとなった
 『プリクラ』の語源となったのは言うまでもない事実である。

 民命書房巻「出磁多流出美流物語」より」



ドリス
「あのクインさん…
 無理してこの人にあわせなくていいですよ?」


クイン
「なかなか難しいですね。
 民明書房刊をまねるのは。」


カリバー
「あー、このゲームだったのか。
 セガサターンで確かに出てたわ。
 最初、「プリクラ大作戦」の移植だと思ってたけど、
 全然違うゲームだったのよね。」


クイン
「なお、まじめな話、プリンセス・クラウンは
 ゲームタイトル名が「プリクラ」になりそうだったそうです。
 あと、カリバー殿が言った「プリクラ大作戦」というゲームは実際にアーケードで存在していて
 こちらは『豪血寺一族』に出てくるプレイヤーキャラの一人「クララ」を使った
 全く別のゲームになっています。
 知っている人ならば「メルヘンメイズ」に似たゲームとでもいいましょうか。
 クォータービューのアクションゲームです。」


カリバー
「この人…オレよりゲーム詳しいんですけど…」


ドリス
「私には全くわかりません!
 もう先行きましょう!」






変換 ~ P1000843
変換 ~ P1000845

カリバー
「そんなわけで先に進んだら、またF.O.Eがいたので
 ぬっ殺してやる!と思ったら、全然違う奴で
 見てのとおり壊滅させられたw」


クイン
「雷属性のブレスをはいてきますね。
 これは私がショックガードを覚えれば対抗できそうですが
 今はちょっとスキルポイントが足りなくて無理です。」


カリバー
「そこは仕方ないから、スキルポイントが溜まったら戦ってみよう。
 オレはオレで「トラッピングⅡ」を試してみたいしね。」



変換 ~ P1000846

カリバー
「あとは、階段近くでショートカットを開通させて、この階はおしまいだ。
 なお、最初の亀のF.O.Eがいるところ、
 通路が三つあるけど、上の方の通路に隠し部屋へいけるところがあるので
 探してみるといい。」


スポンサーサイト
  1. 2008/03/23(日) 21:42:22|
  2. 世界樹の迷宮2 SekaQ Sanbaka Samurai|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<世界樹2・三バカサムライ、プロローグ | ホーム | 世界樹2・三バカサムライ、17F 華と実と雷の狂乱せし枝垂れの森 >>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://runark.blog6.fc2.com/tb.php/441-c38aa0a3

ルナーク

Category

Recent Comments

Recent Entries

Recent Trackbacks

Archives

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。