FC2ブログ

ちくやらアーカイブ

このブログは気分よって構成されています。 BGMも気分で流してます。 あなたの忍耐に感謝します。

世界樹2・三バカサムライ、閑話休題 クエスト「轟くは砲撃士の誇り」

変換 ~ P1001138

カリバー
「クエスト消化が続いている。
 その中で『特定職が必要』なクエストがあるわけだが、
 やっぱりこれが普通にめんどい。

 クエストじゃないけど、探索中に特定職が必要な隠し通路があるんだけど
 うわさによると、「まずパラディンが必要」で、その先では「ペット」が必要とか
 そういう連鎖的なのもあったらしいね。」


ドリス
「いきなり愚痴から入っているけど、何がいいたいの?」


カリバー
「ああ、今からやろうとしているクエストの話だよ。」



変換 ~ P1001140
変換 ~ P1001141
変換 ~ P1001142

クイン
「私から説明しましょう。

 砲撃士、つまりはガンナーの組合がこのラガードに存在していて、
 そこの長が戦死したというニュースが流れました。

 この長を倒した魔物を砲撃士組合総出でやっつけるという話になっています。」



変換 ~ P1001143

変換 ~ P1001144

変換 ~ P1001145

カリバー
「で、困ったというか、ガンナーがいないとダメらしいのよ、このクエスト。」


ドリス
「確かに、部外者が倒しちゃったら、ガンナーさんたちの面目は丸つぶれね。
 でも、私達にはガンナーいないでしょ。

 いつもどおり『名無しさん』を作ってしまえばいいんじゃないの?」


カリバー
「それに関してだが、ちょっと助っ人を頼むことにした。」


ドリス
「助っ人?」



変換 ~ P1001148

ユキ
「ちくやらの皆様、お久しぶりです。」


ドリス
「あら、あなたは…確か…」


ユキ
「もうひとつのダブルスコンビ、
 正羽兄妹のユキです。」


クイン
(誰?)



カリバー
「ユキさんは確かガンナーだったから、
 オレが呼んだんだよ。

 史上初のROMカートリッジをまたいだ参戦だw


クイン
(単にこっちのROMでこいつのキャラ作っただけじゃないか)


ユキ
「今回は色々勉強したいとおもいます。
 よろしくお願いします。」


ドリス
「礼儀正しいのね。
 こちらこそよろしくね、ユキさん。」


カリバー
「そういや、雪さん達は今どんな感じだったっけ?
 中の人が忙しくて頓挫したはずなんだけど。」



変換 ~ P1000546
変換 ~ P1000547

ユキ
「第一階層までは終わっています。
 これはボス戦の時のものですね。

 私が跳弾を、兄さんには鬼力化を私にかけてもらいました。」


カリバー
「・・・・・・典型的なごり押し作戦だな・・・」




変換 ~ P1000549

ユキ
「私のTPがきつかったですが、
 まわりのF.O.Eが来る前に倒すことができました。」


ドリス
「それは速いわね!
 私達はそれが難しそうだから、周りのF.O.Eを倒すところから始めてたのよ。」



変換 ~ P1000552

カリバー
「マップを見せてもらったけど、これはすごいな…
 まさにボスまで一直線だ。
 ペットイベントすら無視してやがるw」



ユキ
「ペットの声は気づいてたのですが、
 兄さんが先急ごうって・・・」


ドリス
「ものすごい、直情的な人なのね。」


ユキ
「はい。
 カリバーさんたちに負けられるか!と、
 ものすごく必死にがんばってました。」


カリバー
「その意地っぱりはいいとしても
 これじゃあろくなアイテムもないだろう。

 第一、ユキさんとそのバカ兄貴だと
 『採掘』ができないはずだ。」


ユキ
「そうです…
 それで困ってますし…」


カリバー
「こりゃ大変だな…
 ユキさんが物分りよくなかったら、とんでもない暴走コンビになってるな。」


ユキ
「今日はドリスさんを見て、勉強しようとおもいます。」


ドリス
「そうね、このカリバーも暴走キャラだから
 私がどうやって御しているか、勉強してってね。」


ユキ
「はい。」


カリバー
「オレって一体・・・」


クイン
(よくわからんが、似たもの同士ってことなのかな
 けど、カリバー&ドリスコンビよりは無能らしい…)
「ゴホン…

 え~、そうすると、三人旅のくくりで
 そこの小さなレディが必須となれば、我々からは二人だけ参戦となりますね。」


カリバー
「ドリスのことを見たいといってるらしいし、
 そしたらオレがアタッカーだからクインさんは留守番かな。」


クイン
「ですね、了解しました。」
(よくわからんガキのお守りはごめんだぜ)








変換 ~ P1001149

カリバー
「19階についたが、早速どこかのガンナーがやりあってるようだな。」


ドリス
「・・・静かになった。
 どうやら負けたようよ。」


ユキ
「・・・(ブルブル)」


ドリス
「怖がらないで。
 私達が守ってあげるから。」


カリバー
「ああ、オレが一瞬で片付けてやる。」



変換 ~ P1001150

カリバー
「F.O.Eはフォレストウルフの亜種か。」


ユキ
「・・・カリバーさん。
 このモンスターは前作で見たことがあります。
 『デビルクライ』で攻撃力をあげてから攻撃してきます。

 ドリスさんがバードでしたら1ターン目に防御力をあげ
 敵の攻撃に備えたほうがいいとおもいます。」



カリバー
「!
 驚いた。
 なかなかどうして、的確な指示じゃないか。」


ドリス
「私も。
 ユキさんすごいわね。」


ユキ
「・・・恥ずかしながら、
 私、格闘技が好きでよく見るんです。
 それで、色々分析する能力がついたみたいで・・・」



カリバー
「なるほどね、直情的なバカ兄貴の活躍の裏は
 聡明なかわいい妹の働きがあったというわけか。

 オレと組んだらいいコンビになるかもな。

 じゃあ、先輩の戦い方を見せるか。
 ドリス、守護曲→猛戦曲の順番で頼む。」


ドリス
「わかったわ。」


カリバー
「そしてオレは真骨頂のこれをみせてやるぜ!」



変換 ~ P1001151

ユキ
「すごい、トラッピングで一回で倒した…」


カリバー
「長引くと雪さんのところに攻撃がいくかもしれないからな。
 1ターン撃破は無理だけど、2ターンなら可能ってわけだ。」



変換 ~ P1001153
変換 ~ P1001154

ドリス
「任務完了ね。
 ちゃんと証人もいるみたいだし、危ないから早く街に帰りましょう。」


カリバー
「んだな。」


ユキ
「・・・・・・すごい・・・」



変換 ~ P1001156
変換 ~ P1001157
変換 ~ P1001158

ドリス
「こうして、砲撃協会の名誉までもらっちゃいました。」


カリバー
「よかったな、ユキさん。」


ユキ
「こんなの困ります・・・
 私、何もしてないですし・・・」



カリバー
「そりゃそうだ・・・
 じゃあ仕方ない、これはオレらが頂くとして
 おりいって話が・・・」


(ごにょごにょごにょ・・・)



ドリス
「こら!そこ!
 少女に変なことするのやめなさい!」



カリバー
「だからなんでオレは
 そういうキャラにされてんだよw」



ユキ
「・・・・・わかりました。」


カリバー
「うむ・・・たのんだぜ。」



変換 ~ P1001159

ドリス
「ねえ、砲撃士のクエスト終わったら
 ドクトルマグスのクエストがでてきたわよ。」


ユキ
「あ、では兄さんを呼んできます。」


カリバー
「あー、いいよ。
 こいつは名無し作ってそっこー終わらせたw」


ユキ
「そんな・・・」


ドリス
「かわいい女の子を泣かさない!」


カリバー
「泣かしてねえよ!
 
 なんかあれだから、ここまでにしてくれるかな。
 勝手に呼びつけるだけ呼びつけて申し訳ないけど。」


ユキ
「いえ、すごく勉強になりました。」


ドリス
「いえいえ、こちらこそ。」


ユキ
「最後に、カリバーさんですが、
 トラッピングはいいですが、ダメージ前提であることと
 ドレインバイトはレベル5どまりなのも含めて
 もう一つ攻撃スキルを持った方がいいかもしれません。」


カリバー
「!」


ユキ
「あ、余計なこと言ってすいません・・・
 これで失礼します・・・」


(逃げるように去っていく・・・)



カリバー
「このオレに意見してくるんだ、
 見かけによらず、かなり強い子なのかもしれないな。」


ドリス
「あの怖いお兄さんといっしょにいるんだもの、
 多少のことでは怖がらないのかもしれないわね。」


カリバー
「まあ、クエスト消化もここら辺にして、
 いよいよ第五階層への探索を開始するか。」


ドリス
「待ってました!」






クイン
(やれやれ、やっと終わったか。
 まさか、使えないギルドの合併話でも出るんじゃないかとおもったよ・・・
 さすがにそこの切り分けだけはしっかりしてもらわないとな・・・)


スポンサーサイト



  1. 2008/03/30(日) 16:58:17|
  2. 世界樹の迷宮2 SekaQ Sanbaka Samurai|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:1
<<世界樹2・三バカサムライ、閑話休題 クエスト「銃士の呼び声」「狂気の樹海にて」 | ホーム | 世界樹2・三バカサムライ、21F 其に在りて地を睥睨する古の扉 >>

コメント

クインさん

心配する必要ありませんよ。


合併なんかしたらもう2度とここ読みませんから。
  1. 2008/03/31(月) 12:02:13 |
  2. URL |
  3. 通りすがり #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://runark.blog6.fc2.com/tb.php/447-719a241c

ルナーク

Category

Recent Comments

Recent Entries

Recent Trackbacks

Archives

Links

Search