ちくやらアーカイブ

このブログは気分よって構成されています。 BGMも気分で流してます。 あなたの忍耐に感謝します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

世界樹2・さよならレンジャーシリーズ、ダブルスコンビ vs 雷竜編

ドリス
「私のレンジャー生活も最後ということなのか、
 なぜか剣ダクハンのカリバーと二人で三竜と戦うことになっています。

 前回、氷竜を撃破できました。
 今回は雷竜になります。」


カリバー
「雷竜も『古竜の呪撃』とかあるから
 なかなかめんどくさそうだよね。

 じゃあ早速検証のために戦ってみよう。」







(中略)







カリバー
「んー、実はこれ、氷竜よりつらいかも。

 なんつうか、サンダーブレスがいつ来るのかわからないのが
 本当にやばいというか。



ドリス
「おかしいわね。
 前に二度倒した時はサンダーブレス来てないのに・・・」


カリバー
「運が良かったのかもしれないな。
 今回検証戦やってたら、6ターンまでに3回来たからなw
 いくらなんでも運悪すぎだろorz」


ドリス
「かといって、雷竜のオーブは装備できないわね。
 竜の鉄槌によるテラーがきつすぎるわ。


カリバー
「ああ、これはやばい。
 オレのコドクバグ状態+エブリコでも普通にテラーが付着した。

 二人ともテラーが付着したら、正直勝てない。
 すると、アクセをつけて対策練るしかないわけで、
 そうすると雷竜のオーブを装備できないから
 サンダーブレスを別の方法で対策する必要がある。

 か、サンダーブレスが来たら運が悪いとあきらめるか。


ドリス
「一応、サンダーブレスをカリバーが耐えた後のリカバリーが
 氷竜よりはできるのよね。」


カリバー
「うん。
 ぎりぎりで体勢を立て直すことが一応できた。
 だから、サンダーブレス対策をとっておくのも悪くはないな。


 まあ、以上をふまえて今回の装備をさらしてみよう。」




変換 ~ P1002356

カリバー
「竜の鉄槌による、「テラー」がやばいので、テラー耐性のアクセをつけた。
 さらに、いつ来るかわからないサンダーブレスをぎりぎり耐えるために
 上帝の衣を装備。
 常に体力MAXでないと、サンダーブレスには耐えれないが、
 上帝をつけないと、MAXでも即死する。」



変換 ~ P1002357

ドリス
「私は上帝の衣をつけると今より防御力が下がってしまい、
 竜の鉄槌にミスト付きでも耐えれなくなりました。
 仕方ないので、サンダーブレスはあきらめます。」



カリバー
「そしてミストだけど、雷竜の二つのメイン攻撃がそれぞれ属性が違っている。

 竜の鉄槌→壊属性
 古竜の呪撃→斬属性


 なので、壊撃の守りとかの単体属性を守るアクセサリーは
 装備した属性は守れても、それ以外の属性によるダメージが激増してしまう。

 そのため、今回は素の防御力を保って、耐壊・耐斬の二つのミストを
 並行して使う戦法で戦わないてはならない。」


ドリス
「ダイレクトガードというアクセサリーはダメなの?」


カリバー
「ダメだ。
 ああいう複数属性をカバーするアクセは
 前作だとアダマースがあったけど、今作はあれと違って軽減率がかなり低い。

 
 だからぶっちゃけて装備した方がやばくなる。」


ドリス
「そうなのね。
 今回はアダマースも無いようだし、つらい戦いになりそうね。」




変換 ~ P1002342
 
カリバー
「では戦闘開始だ。

 1ターン目はサンダーブレスが来るので
 オレはトラッピングⅡ、ドリスは耐雷ミストでサンダーブレスを耐える。」


ドリス
「エブリコと耐壊・耐斬の二つのミストを使うから
 耐雷ミストは最初だけしか使いません。」



カリバー
「で、2ターン目から対雷竜戦のダブルスコンビ用戦法で戦う。
 その内容は以下だ。


・1ターン目、カリバーが耐斬ミスト、ドリスは回復アイテム
・2ターン目、カリバーが耐壊ミスト、ドリスは回復アイテム
・3ターン目、カリバーがトラッピング、ドリスは回復アイテム
・4ターン目、カリバーがトラッピング、ドリスは回復アイテム
・5ターン目、カリバーがトラッピング、ドリスは回復アイテム



 この中で、余裕があったらドリスはエブリコを使う。」




変換 ~ P1002346

カリバー
「つまり、
 ミストの効いている5ターンの中で
 オレがミストを2ターンかけて使って、残りの3ターンでトラッピングで反撃。
 

 ドリスはオレの残体力次第では、回復アイテムを使わずにミストを使用。
 その分、オレがトラッピングできるから、ダメージを稼ぐ。

 回復アイテムはソーマⅡがかなり必要になる。」



変換 ~ P1002344

ドリス
「エブリコは早いうちに使っておきたいので、
 これぐらいの体力だったら回復アイテム使わずにエブリコにし、
 次のターンでソーマⅢでまとめて回復します。」



変換 ~ P1002348

カリバー
「これを守っていると、あとは雷竜の攻撃に対して
 トラッピングしていき、ミストがある間はダメージが蓄積して死ぬことはないので
 基本的にこれをやっていれば勝てる相手・・・



 ・・・のはずだった。





変換 ~ P1002349

カリバー
「ほんと、いつ来るかわからんサンダーブレスがきつい」


ドリス
「二人とも体力満タンの状態からこうなりました。」



カリバー
「ここからのリカバリーはミストが効いていたら
 ドリスの蘇生よりも先に自分の回復をした方がいい。
 自分回復後に雷竜の攻撃次第では2ターンは耐えれるから
 そこでネクタルⅢでドリスを蘇生するなどして
 体勢はなんとか立て直すことはできる。」



変換 ~ P1002351

ドリス
「古竜の怒号でたまに攻撃力をアップしてきます。
 これをほうっておいても実は耐えれますが
 やはり消せるならラウダナムで消しておいた方がいいです。」



変換 ~ P1002352

カリバー
「きつい理由の一つであるテラーは
 アクセで耐性あげてもドリスだけ付着することがあった。

 ミスト張替え時期にこうなると全滅する可能性がある。
 この場合、オレがドリスを回復し、ドリスがテラーでも動くことを期待して
 ミストを使うなどしてしのいでいた。」



変換 ~ P1002355

カリバー
「そして、さらにきつい理由は
 雷竜の攻撃数が少ないこと。
 古竜の呪撃は単発、竜の鉄槌は全体攻撃なので
 なかなかダメージを与えることができない。


 その上、古竜の呪撃で頻繁に体力を回復するから
 どうしても長期戦になってしまった。
 トラッピング戦法の弱点だな、これは。」


ドリス
「長期戦になるほどサンダーブレスがきたり
 テラーが付着するので、戦ってて全然安定しませんでした。」




変換 ~ P1002350

カリバー
「それでも、対策はもうできているから
 あとは根気だ。

 40ターン越えの長丁場を制して、雷竜撃破完了。」


ドリス
「氷竜よりもつらかったわ。

 でも、二人でも勝てるものなのね。」


カリバー
「ドリスも大体わかってきたようだな。
 少人数での戦い方のこつみたいのものを。」


ドリス
「最後は赤竜だけど、
 あれは雷竜よりも、氷竜よりも楽そうね。

 私にもわかってきたわ。」


カリバー
「じゃあ、最後はドリスに戦法考えさせてみようかw」


ドリス
「どきどき・・・


 でも、やってみるわね!」


スポンサーサイト
  1. 2008/04/27(日) 10:53:50|
  2. 世界樹の迷宮2 SekaQ Sanbaka Samurai|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<世界樹2・さよならレンジャーシリーズ、ダブルスコンビ vs 氷竜編 | ホーム | 世界樹2・さよならレンジャーシリーズ、ダブルスコンビ vs 赤竜編>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://runark.blog6.fc2.com/tb.php/467-48c5fccf

ルナーク

Category

Recent Comments

Recent Entries

Recent Trackbacks

Archives

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。