FC2ブログ

ちくやらアーカイブ

このブログは気分よって構成されています。 BGMも気分で流してます。 あなたの忍耐に感謝します。

世界樹2・さよならレンジャーシリーズ、ダブルスコンビ vs 赤竜編

ドリス
「レンジャー生活最後の戦いということで
 二人旅で氷竜と雷竜を撃破しました。

 これから最後の赤竜と戦います。」


カリバー
「コツはつかんできただろうから、今回オレは見てるだけにするよ。
 うまく装備や指示を与えてくれ。」


ドリス
「わかったわ。
 ここまで来れたのだもの、きっと勝てると思う!」





変換 ~ P1002360

ドリス
「とりあえず何戦か戦ってみた上での
 装備案をさらします。

 赤竜は他と違って定期ターンにファイアブレスが必ず来るので
 カリバーには火竜のオーブを装備させます。
 他は特に無く、壊撃のアクセサリーとかはつけませんでした。
 これは後で説明します。」



変換 ~ P1002361

ドリス
「私は素でファイアブレスに耐える必要があるので、
 上帝の衣を装備します。
 これで、耐火ミストを装備せずとも、HP750の状態からぎりぎり生き残れました。」



カリバー
「ふむふむ。
 装備案はできたとして、では実際の攻略はどうすんの?」



ドリス
「確か赤竜は残HPで攻撃モードが変わるわよね。
 最初は『とどろく咆哮』ばかり使ってくるから、エブリコで対処。

 これは試してみたところ、エブリコだけで大丈夫でした。

 問題はモードが変わってからよね。」


カリバー
「ドラゴンビート、火竜の強襲、火竜の激震あたりがくるね。」


ドリス
最も段数の多いドラゴンビートは『壊属性』なので
 耐壊ミストで耐える。


 残りは、全体攻撃だから体力満タンからだと死なないのは確認しているわ。
 だから、基本的には耐壊ミストだけでいいと思うけど、
 それでもきついようなら、耐物ミストか絶耐ミストの重ねがけをする。

 壊撃の守りを装備しなかったのは、アクセサリーを装備することで
 素の防御力が減るのを恐れたためです。
 素の防御力が減ると、1個のアクセサリの軽減だけではまかないきれなくなります。」


カリバー
「んだね。
 やるならサラマンドラ戦みたいに、二つ・三つつけるぐらい徹底しないと
 ダメな場合もあるってことだ。」


ドリス
「今の段階ではこんな感じだけど、どう?」


カリバー
「うんむ。
 いいんじゃないでしょうか。

 じゃ、ドリス作戦でいってみようか。」




変換 ~ P1002362

ドリス
「1ターン目です。
 カリバーはトラッピングⅡ、私はエブリコを使用します。」




変換 ~ P1002363

ドリス
「ファイアブレスのダメージは650~700くらいになりました。
 体力満タンだと私がやられることはありません。
 そのかわり、メディカⅣが大量に必要になりますが。」



変換 ~ P1002364

ドリス
「とどろく咆哮は、エブリコをつけていたら混乱はしませんが
 こちらの攻撃力がかなり落ちてしまいます。

 ブレイバントで解除するにも、とどろく咆哮が毎回くるので
 ここは我慢してこの状態で攻撃をしかけます。」


カリバー
「攻撃はオレはドレインバイトで、ドリスはパワーショットだった。」




変換 ~ P1002365

ドリス
「エブリコだけだと、私がごくたまに混乱してしまいました。

 ですが、カリバーがこの段階ではトラッピングを使っていないので、
 混乱した私がカリバーを攻撃してもたいしたダメージにならないので、
 基本的にほうっておいてもOKでした。」


カリバー
「ファイアブレスの後とかはオレがアイテム回復してやるけど
 基本的には自然回復でOKってことだ。」





変換 ~ P1002366

ドリス
「2ターン目から11ターン目まできっちりとトラッピングⅡ、ドレインバイト、パワーショットを
 打ち続けると、大体でこれくらいまで減らすことができます。

 そうすると、モードが代わります。」


カリバー
「モードの変わり目がわかったら、先手を打っといた方がいいな…



 …って、思わず口に出してしまった。」



ドリス
「・・・・・・カリバー案を採用します。

 11ターン目にファイアブレスが来ることがわかっていて、
 そこでトラッピングⅡのダメージによって
 12ターン目からモードが代わることがわかっているならば
 あらかじめ、絶耐ミストを使うなどして、
 ミスト使用前に対策を練っておきます。



カリバー
「つまりは、モードが代わった直後の赤竜の攻撃次第では
 こっちがかなり痛いダメージを喰らうということだ。

 ドラゴンビートが来るのか、火竜の強襲が来るのかわからんのと、
 12ターン目はドリスが確定でメディカⅣを使って自分を回復するから
 ミストをオレが使うとして、後手にまわるんだよな。」



ドリス
「それで、モードが代わってからの基本行動はこれになります。
 雷竜戦の応用ですね。

・1ターン目、カリバーが耐壊ミスト、ドリスは回復アイテム
・2ターン目、カリバーが耐物ミスト、ドリスは回復アイテム
・3ターン目、カリバーがトラッピング、ドリスは回復アイテム
・4ターン目、カリバーがトラッピング、ドリスは回復アイテム
・5ターン目、カリバーがトラッピング、ドリスは回復アイテム



 ポイントは耐物ミストです。
 実は耐壊&耐物だけでは安全とはいえませんでした。
 こうして重ねがけしないと、ドラゴンビートで倒されてしまうことが普通にありました。
 5発くらい続けるとカリバーでも死んでしまいます。

 なので、耐壊ミストだけでは無理だったので耐物ミストも使いました。
 このミスト重ねがけによって、ドラゴンビートを耐え切ることができるのと同時に
 火竜の強襲は壊属性でないので、耐物を使うことで
 壊属性のドラゴンビートと両方に対応させるのがコツでした。




変換 ~ P1002376

ドリス
「あらかじめ、絶耐ミストを使っていた場合、
 このようにミストで守りを固めることができます。

 ここまで使っていたら、
 耐壊ミスト70%減 × 耐物ミスト75%減 × 絶耐ミスト80%減?

 で、相当ダメージを減らすことができます。」


カリバー
「そしたら後はオレの出番だ。
 トラッピングしまくって、どんどんダメージを与えていく。」



変換 ~ P1002369

ドリス
「途中、火竜の猛攻で攻撃力を上げた場合は
 必ずラウダナムで打ち消します。

 ドラゴンビートとかダメージが上がって一気に危険になりますので。」




変換 ~ P1002370

ドリス
「こうして、ミストで守りを固めつつ、ときおり来るファイアブレスもあわせて
 カリバーがトラッピングで着実にダメージを与えていきます。


 けど、ミスト二つでもドラゴンビートのダメージが危ないわ。
 できれば三つ使いたいところだけど、トラッピングの使用ターンが減るから
 我慢するしかないわね。」


カリバー
「竜乱錘と同じで分散して死なないことを祈るしかないな。」




変換 ~ P1002372
変換 ~ P1002373

ドリス
「25ターン目、火竜の強襲をトラッピング。
 そして26ターン目。
 ここではファイアブレスが来るのがわかってますので、
 私がHPを回復し、カリバーがトラッピングⅡを使って・・・」



変換 ~ P1002375

ドリス
「二人旅で赤竜の撃破に成功しました!」


カリバー
「うむ、おめでとう。
 だいぶ戦い方もわかったようで、
 今回のこの三竜戦を企画してよかったよ。」


ドリス
「なんとかなっちゃうものなのね。

 ちゃんと敵の攻撃を調べて、
 必要な防具を装備して、
 どういうミストをどういうふうに使うのか考える。


 ある意味、このゲームにおけるボス攻略の基本ということなのね。」


カリバー
「まあ、こういう二人旅みたいな条件を普通の人はやらないだろうから、
 普通にやってる人は、こんな面倒くさいことせずに
 人数ごり押しで勝っているんじゃないかと思う。

 けど、こういう少人数戦闘をやることで得られる
 キャラではない、中の人が得られる『戦闘経験値』があるってことも
 覚えてほしいなとは思う。



ドリス
「少なくとも私は今回の戦いでミストの使い方とか
 色々覚えたわ。

 あなたがいつも冷静に戦っているけど
 わかっているのとわかってないのでは、違うのね。」


カリバー
「お前とオレとじゃ、戦闘経験値にまだまだ大きな開きがあるよw」


ドリス
「・・・いつか追い抜いてあげるから、楽しみに待ってなさいw」


カリバー
「それはそれで、三竜も倒したし、
 これでめでたく、レンジャー卒業だ。


ドリス
「今回の戦い、本当にレンジャーらしさが無かったわね。
 警戒歩行10だけだったもの、レンジャーのスキルを使ったのは。

 残念な気持ちもあるけど、レンジャーはこれで卒業します。
 もし次回作があるなら、少しは救済してあげてください。」



変換 ~ P1002377

ドリス
「というわけで、バードに戻りました。
 


 あれ?真竜の剣を装備している。」


カリバー
「今回、オーブ系を装備できていたってことは
 元々真竜の剣をもう一本いつでも買えたってことだよ。

 レンジャー卒業祝いだ。
 受け取ってくれ。



ドリス
「なるほど。
 前作と違って、真竜の剣をレンジャーは装備できなかったのよね。
 バードは装備できるから、最終的なステータスはバードの方が強いのかも。」


カリバー
「ドリスのバードがレベル72になるまで、
 図鑑埋め作業を再開するか。

 30階以外の図鑑を埋めにいくぞ!」


スポンサーサイト



  1. 2008/04/27(日) 11:53:05|
  2. 世界樹の迷宮2 SekaQ Sanbaka Samurai|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<世界樹2・さよならレンジャーシリーズ、ダブルスコンビ vs 雷竜編 | ホーム | 世界樹2・三バカサムライ、閑話休題・図鑑コンプの意義、クエスト「知識の対価」>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://runark.blog6.fc2.com/tb.php/468-76299b61

ルナーク

Category

Recent Comments

Recent Entries

Recent Trackbacks

Archives

Links

Search