ちくやらアーカイブ

このブログは気分よって構成されています。 BGMも気分で流してます。 あなたの忍耐に感謝します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

世界樹2・三バカサムライ、閑話休題・図鑑コンプの意義、クエスト「知識の対価」

変換 ~ P1002380

ドリス
「レンジャーを卒業してバードに戻った私は
 再びレベル上げ作業に戻っています。

 しかし、装備があるとはいえ、最初に戦った時に苦戦した
 第二階層ボスに私一人で勝ててしまうなんて・・・」


カリバー
「とにかく、早くレベル上げないと、
 また中の人がやる気無くしてしまうから急ぐ必要はあるが、
 それはそれでやらなきゃならない
 もう一つの面倒な作業も片付けなくてはならないな。」


ドリス
「もう一つの面倒な作業?」


カリバー
第二エンドを見るための図鑑のコンプリート作業。

 これは難題だぞ。
 なんせ中の人はいろいろなゲームにおいて共通して
 アイテムコンプ癖がまるで無い からな。

 戦闘を攻略するのは好きだけど、
 アイテム集めをするのは、とことん嫌がるんだよ。」


ドリス
「それはそうね。
 このゲームも実は戦闘以外ってかなり適当なのよね、中の人って。」


カリバー
「そんなわけで、またここでごちゃごちゃやってると
 今度こそ本当に途中でやめてしまうから、
 円滑に進めるために、クインさんには事前に調査してもらっていた。

 ちくやらギルドに戻ろう。」




(ちくやらギルド)



クイン
「お待ちしておりました。
 というより、しばらく出番が無かったから久々ですね。」


ドリス
「レンジャーと剣ダクハンの二人旅三竜撃破なんて
 やらされていたんですよ!」


クイン
「また無茶なことを…
 でも、結局倒してしまったんですよね?」


ドリス
「はい。
 結局倒せてしまったんです。」


クイン
「そういう所の能力はあるのに、
 アイテム集めになるとてんでダメというのは…」


カリバー
「まあ、いいから。
 それで調査は終わった?」


クイン
「基本的に、Wikiの方を参考にさせていただきました。
 あそこにアイテムデータを書いていた先人達はすごいと思いましたね。」


カリバー
「オレもそう思う。」


クイン
「それで、我々が手に入れてないアイテムを調べておきましたので
 早速集めにいきましょう。」


ドリス
「三人で冒険するのも久々ですね。」


クイン
「以下、ダイジェストでお送りします。」




変換 ~ P1002280

毒吹きアゲハ
雷属性で倒す。ただし、武器ではなく魔法で。



変換 ~ P1002282

激情の鹿王
単なる倒し忘れw



変換 ~ P1002283

マイマイダイオウ
凍り属性で倒す


変換 ~ P1002285

シンリンサイ
炎属性で倒す


変換 ~ P1002288

イビルアイ
物理以外で倒す



変換 ~ P1002298

ヨロイリュウ
壊属性で倒す



変換 ~ P1002300

モリヤンマ
雷属性で倒す



変換 ~ P1002381

オオヤドカリ
物理以外で倒す



変換 ~ P1002386

カマイタチ
雷属性で倒す



変換 ~ P1002388

巨大な邪花
1ターンで倒す



変換 ~ P1002390

毒牙のイモムシ
炎属性で倒す



変換 ~ P1002392

ビッグモス
物理以外で倒す



変換 ~ P1002404

ディノティラノ
突属性以外で倒す



カリバー
「多すぎないか?これ」


クイン
「事実です。あきらめてください。」


カリバー
「手ぇ抜きすぎだろ、中の人よorz」


ドリス
「どうも、属性攻撃というか魔法攻撃の必要な敵が
 ほとんど残っていたみたいね。」


カリバー
「それでも前作に比べてアイテムで代用できる分、マシになったけどな。
 これが無かったら、ドリスがまた前作同様アルケミストにならないといけなくなってたぞ。」


ドリス
「そんなことしたら、もう中の人は途中で世界樹引退確定ね・・・」


クイン
「さて、ここまでの敵は『作業』にふさわしい、単純行動で集まりましたが
 次の敵は厄介です。」



変換 ~ p1002406

クイン
「緋緋色の剣兵。
 条件は3ターン以内に倒す。
 ただし、物理攻撃に耐性があります。」


カリバー
「中の人がウォーミングアップを始めたようですw」 


ドリス
「現金ねえ・・・」


カリバー
「わははw
 で、こいつだけど、23階で初めてあったときは
 あまり強くて放置したんだよね。
 
 だから、実はまだ一度も倒してないんだけど、
 それで条件ドロップが3ターン以内撃破か。」


クイン
「シールドスマイトの威力をあげる必要がありますね。」


カリバー
「オレはトラッピングのダメージアップだな。
 その辺の装備から考えてみるか。」



変換 ~ P1002421

カリバー
「このゲーム最強の武器を装備して、
 そこからアクセでSTRをあげる。

 このゲームはSTR99以上は攻撃力に反映されないので、
 真竜の剣でステータスアップした攻撃力よりも
 世界樹の剣+アクセでステータスアップした方が攻撃力が高い。


 なお、攻撃力210シリーズは装備すると速度にマイナス補正がかかるが
 トラッピングがメインのオレには、全く関係の無い話。」



変換 ~ P1002422

クイン
「私は真竜の剣を装備します。
 シールドスマイトは前作と違って盾依存ではないようです。
 STRが高いほど威力があがります。」



変換 ~ P1002417

カリバー
「で、どうするかだけど、1ターン目、2ターン目は
 トラッピングとシールドスマイトで攻撃する。
 その間、ドリスは猛戦曲とブレイバントをオレに使う。
 これで、1ターンで二人合計900ダメージ×2ターン=1800ダメージが当たっている。 

 そして3ターン目に、クインさんのシールドスマイトで腕封じがされてない状態を作る。」



変換 ~ P1002419

カリバー
 ここから緋緋色の剣兵の「殺戮の光刃」を待つ。
 体力が減ると発動率が上がるらしくて、
 これが来て3回攻撃してくれたら、ブレイバントで上がった
 トラッピングダメージが平均700で2100ダメ。


 なお、こっちが死んでも困るので、クインさんには『ファイアガード』をしてもらう」



変換 ~ P1002420

カリバー
「以上、合計して900+900+2100=3900ダメージで3ターン撃破完了」


クイン
「倒せてよかったですねえ。
 もしダメだったら、カースメーカーの変化の呪言を使うなどしないと
 ダメになりますからね。」


カリバー
「全くだ。
 こいつ一匹のためにカスメを育てるとかバカらしくてやってらんないからな。」


ドリス
「…ヘカトンケイルのためにレンジャー育てたのよね・・・」





変換 ~ P1002444

クイン
「では、次の敵です。
 28階に出てくる見えないF.O.E。
 こいつを5匹倒す必要があります。」


カリバー
「まじで!?
 こいつ、普通に強いからしんどいな。」


クイン
「属性攻撃ならなんでも通用しますので
 各自オイル無しでも属性の乗った武器で攻撃すれば
 いいだけです。」


ドリス
「私とカリバーが攻撃して、クインさんは
 ファイアガードで時折防御した方がいいですね。」




変換 ~ P1002445
変換 ~ P1002450

クイン
「ヘカトンケイル。
 私が戦うのは初めてですが、壊属性でトドメをさします。」


ドリス
「バードとパラディンがいると、ミストが普通にいらないくらい
 簡単にダメージ減らせるのね…」


カリバー
「ドリスと二人でやった時より数倍楽に撃破だ・・・」




変換 ~ P1002454

クイン
「29階のF.O.E、樹海の氷王。
 5ターン以内に撃破。
 HPは7800だったかな。」


カリバー
「こいつ、ブレス攻撃持ってるくせに、なかなか使ってこないんだよな。」


ドリス
「体力減らしたら使ってくるんじゃない?」



変換 ~ P1002461

カリバー
「とりあえず、トラッピングとシールドスマイトで体力を減らしていく。
 で、3ターン目になってからが運の分かれ目。」



変換 ~ P1002458

変換 ~ P1002462

カリバー
「3ターン目からは確実性はあまりないんだけど、
 ブレス待ちでトラッピングⅡをセットする。
 これでブレス攻撃が来たら、3発全部返して5ターン以内撃破完了だ。」



変換 ~ P1002460

クイン
「これでターン数撃破はすべて終わりました。
 ワイバーンは初戦で達成してしまいましたし。」


カリバー
「しかし、まだ図鑑埋まらんね。
 あと何が残ってる?」


クイン
「クエスト系がありますね。」


カリバー
「出た・・・
 クエストかあ・・・
 これもまたつまらないからなぁ・・・」




変換 ~ P1002474

クイン
「クエストの一つです。
 これに出てくるF.O.Eを倒す必要があります。」



変換 ~ P1002477
変換 ~ P1002478

カリバー
「速攻撃破終了。
 今回クエストは酒場のオヤジがしゃべりすぎで
 テキスト読むのが面倒くさいんだよね。」




変換 ~ P1002437
変換 ~ P1002486

クイン
「これなんか、中の人がすごく嫌がりそうなクエストです。
 ペット一人で18階の隠し通路の奥にあるアイテムを取る必要があります。」


ドリス
「今回の話のタイトルになったクエストですね。」



変換 ~ P1002493

カリバー
「ボーイズビー アンビシャス!」


ドリス
「そのネタをやったのは
 http://runark.blog6.fc2.com/blog-entry-418.html
 この頃だったけど、一ヶ月以上経った現在、やはりテレビCMやらなくなってしまいました。」


クイン
「ちなみに、意味わかって使っているのかわかりませんが
 これは北海道の大学にいた『クラーク博士』の名言です。

 「少年よ大志を抱け!」

 『ボーイズ ビー アンビシャス/Boys. be ambitious.』


 という意味です。」



ドリス
「知ってる!
 その人の言葉だったのね。」


カリバー
「かろうじてついてこれたぞ。
 クラーク博士だったのか。」


クイン
「だから、あれですよ。
 アイテムコンプごときでぐだぐだ言ってんじゃないよという、
 大志を持ってプレイしろという、
 1ヶ月前の中の人からの隠れメッセージだったんですよ!



カリバー
「(; ・`д・´) ナ、ナンダッテー !?」


ドリス
「そ、そこまでこのゲームの展開を先読みしていたというの?」


クイン
(んなわけないだろ、ただの偶然だろうさ)



変換 ~ P1002488

カリバー
「とにかくやってみよう。
 もうこのステータス、だと戦闘に入っただけで死亡確定だから、
 『獣避けの鈴』を使ってエンカウントしないことを祈るしかない。」


ドリス
「もし出会ったら?」


カリバー
「その時はエンカウント乱数調整をしてでもきりぬける!」



変換 ~ P1002490
変換 ~ P1002492

カリバー
「助かった。
 一回目で任務完了だ。
 運が良かったぜ。」




変換 ~ P1002513
変換 ~ P1002514

クイン
「最後です。
 24階にいるF.O.Eを倒します。
 倒すと爪の最強武器が手に入ります。」






クイン
「以上、現段階で手に入れるられるだけの図鑑を埋めたはずです。」


ドリス
「大変だったぁ・・・」


カリバー
「面倒だったな。
 つうか、一つ言いたいことがあるというか、
 実は今作って図鑑コンプの必要性をあんま感じてないんだよな。

 一応、第二エンドを見るというのもあるけど、
 どうせ前作から察してもたいしたエンディングじゃないからね。
 
 戦闘を楽しみたいだけの中の人にとっては
 別に必要の無い作業なのよ。」


ドリス
「でも、前作では図鑑コンプしてたじゃない。
 その面倒くさいアイテム集めをしてまで。」


カリバー
「前作でやれて、今作でやれない理由は二つ。


 一つはパスワードが無いこと。
 もう一つは逆鱗マラソンが無いこと。



ドリス
「あ・・・
 そういえば、今作はパスワードが無い!」


カリバー
「だから、第二エンドを見るうまみが減ってるわけだ。

 もう一つの逆鱗マラソンは、確かにあれは大変でしんどかったけど、
 それがゆえに、「最後までコンプした人」と「できなかった人」で
 差ができたわけだ。


 事実、前作で図鑑コンプできずに
 今作のパスワードをこのちくやらアーカイブから持っていった人も
 少なからずいるはずだ。



 そういう、誰もが簡単にできない条件だったから
 中の人が珍しくやる気だしていたんだよ。

 実際、スライド乱数調整を編み出して、逆鱗をヒットしてたわけだし。
 これは作業ではなく、攻略でアイテムを引き当ててたことになる。



クイン
「逆鱗マラソンが今回なくて、敷居が下がったのは
 多くのユーザーの意見を反映させた、正しい結果だと思います。」


カリバー
「そのとおりだが、中の人は天邪鬼だから、
 色々納得いっていないのよw

 つうか、そうでなきゃ、そもそも三人旅とかやらないしなw」


ドリス
「それでも今回もあともう少しで図鑑完成までいきそうなんだから、
 最後までがんばるわよ。」


クイン
「そうですね。」


カリバー
「あいよ。

 では、次回はついに30階の探索だ。」


スポンサーサイト
  1. 2008/04/27(日) 14:31:22|
  2. 世界樹の迷宮2 SekaQ Sanbaka Samurai|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<世界樹2・さよならレンジャーシリーズ、ダブルスコンビ vs 赤竜編 | ホーム | 世界樹2・三バカサムライ、30F 知られざる英雄達の結末>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://runark.blog6.fc2.com/tb.php/469-ce85919c

ルナーク

Category

Recent Comments

Recent Entries

Recent Trackbacks

Archives

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。