ちくやらアーカイブ

このブログは気分よって構成されています。 BGMも気分で流してます。 あなたの忍耐に感謝します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

マグとマテリアル

ドリス
「最初のクエストをクリアしましたが
 まだわからないことが多いです。

 というのは、なんか私のキャラの脇にちっちゃいロボ?が
 つねについてきています。

 これってナンなのでしょうか?」


カリバー
「それは『マグ』だな。
 説明書みないとよくわからん。」


ドリス
「マグ?」


カリバー
「ペットみたいなものだと思っていいよ。
 装備することで自分のステータスを底上げしてくれるペット。」


ドリス
「ステータスをあげてくれるの。
 どうすればいいの?」


変換 ~ P1004311


カリバー
「スタートボタンを押すとメニューがでて
 そこにマグというのがあるから、それを選択すればいい。」


ドリス
「二つあるのは、プレイヤートランク経由であなたから渡されたものもあるからね。」


カリバー
「そいつに武器や防具などのアイテムを食わせることで成長させることができる。
 成長した分がそのまま自分のステータスに上乗せされるという感じだ。」



変換 ~ P1004310


ドリス
「ふむふむ、いらない武器とかは
 どんどん食べさせればいいのね。
 でも、パワーがあがったりヒットがあがったりと
 何を食べさせれば何が上がるのかいまいちわからないわ。」


カリバー
「おおざっぱにだけど

 ・打撃武器→アタック
 ・防具→ガード
 ・射撃武器→ヒット
 ・法撃武器→マインド


 ぐらいでいいんじゃないかな。」


ドリス
「成長方針はどうするのがいいのかしら。」


カリバー
「オレは極振りしている。
 つまり、あるパラメータだけ極端に高くしているという感じだ。
 例えば・・・」


変換 ~ P1004316


カリバー
「これがオレのマグ。」


ドリス
「ヒットがやたら高いわね。
 何で?」


カリバー
「のちのちにハードモードとかスーパーハードをやればわかるけど
 武器がとことん当たらないんだ。
 もともとフォーマーだから通常攻撃が弱いんだけど
 そのせいでこっちの攻撃が空振りしまくる。

 だからヒットをマグで補っているわけだ。」


ドリス
「なるほど。
 じゃあ私もヒットをあげた方がいいのかな。」


カリバー
「そうかもしれないけど、フォーマーよりは命中が素であるから
 ここまで極端にしなくてもいいかも。
 とはいえ、万遍なくやるのは得策じゃなさそうだ。」



変換 ~ P1004318


カリバー
「ちなみに外見はこんな感じ。」


ドリス
「翼が生えてる!」


カリバー
「ヒットとガードがあると成長していくにつれこうなった。」


ドリス
「私もその翼みたいなのが欲しいわ。
 ヒットとガードをあげるのね。」


カリバー
「ちょう待った。
 ヒットはともかくガードは体感的にあんまよく感じないぞ。
 特にスーパーハードとか、敵の攻撃力が高すぎて
 ほとんど意味を感じなくなってる。

 お前は手数で攻めるキャラだから
 接近戦が優位になるようにしたほうがいいんじゃないかな。
 アタックをあげてダメージをあげるとか。」


ドリス
「ふむふむ。」


カリバー
「あと、ステータスをあげるにはマグのほかにマテリアルがある。」


ドリス
「マテリアル?」


カリバー
「使えばちょろちょろとステータスをあげれるアイテムだ。
 ただ全体で使用回数が決まっているので
 よく考えないといけない・・・んだが、リセットすることも可能ではある。
 まあ、これを使ってみ。」



変換 ~ P1004319


ドリス
「回避力をあげることができるアイテムね。
 でも、なんで回避力なの。」


カリバー
「・・・お前とオレとの致命的な違いは『よく見ていない』ことだな。
 お前最初にこれ見てなかったか?」


変換 ~ P1004616


ドリス
「最初のキャラメイクの時のものね。
 ・・・ああ!そういうこと!


カリバー
「そういうこと。
 全キャラで最も回避力が高いらしいからさ、
 いっそ、それを伸ばしたら面白そうかなと思ったわけ。」


ドリス
「うーん、他のにまわしても面白そうだけど。」


カリバー
「さっきもいったが、攻撃が当たらないというのは命中が足りないのもあるけど
 敵の回避が高いというのもある。
 だから、自分の回避をあげまくれば、ひょっとしたら敵の攻撃は全然喰らわないかもしれない。

 実際、ボス戦でボスの攻撃とか空振りが普通に起きるからな、このゲームは。」


ドリス
「・・・なんだかんだ言って、私で実験したいだけでしょ!?」


カリバー
「ああ、そのとおりだ。
 だから四の五の言わず使ってくれw」




変換 ~ P1004320


カリバー
「そのかわりプレゼントをやるからさ。」



ドリス
「とことん回避をあげようというのね・・・」



カリバー
「蜂のように舞、蝶のように刺す!
 とか言うじゃないかw」



ドリス
「蝶のように舞、蜂のように刺すでしょ!」
 
スポンサーサイト
  1. 2009/01/03(土) 11:44:13|
  2. ファンタシースターZERO 元旦決戦編|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<湿地にひそむ悪魔 | ホーム | 恐怖との戦い>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://runark.blog6.fc2.com/tb.php/492-13903fef

ルナーク

Category

Recent Comments

Recent Entries

Recent Trackbacks

Archives

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。