ちくやらアーカイブ

このブログは気分よって構成されています。 BGMも気分で流してます。 あなたの忍耐に感謝します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

恐怖との戦い

変換 ~ P1004324






ドリス
「次のクエストです。
 先の戦いでの実力をみとめられた私は
 カイの紹介で市長さんに会うことになりました。」



変換 ~ P1004322


変換 ~ P1004326


ドリス
「市長さんに会い、ハンターズ入りをはたした私は
 そのままドラゴン退治のクエストをやることに。」


カリバー
「あー、ドラゴン来たか~」


ドリス
「なになに・・・
 つよいの・・・」


カリバー
「まあ、やればわかるwww」


ドリス
「むむ・・・」



変換 ~ P1004330


ドリス
「道中はそんな難しくありません。
 しいて、この大きい猛牛さんみたいなのが強いくらいです。」


カリバー
「こいつ自体はしっかり攻撃をよくみて緊急回避していれば雑魚レベルだ。
 注意するところは、両足での踏みつけ攻撃後に
 大ジャンプして距離を離すその時が危ないくらいだ。
 攻撃ワンセットを叩き込んだら
 あいつの正面にいないようにして、こっちから距離を離してしまえば安全。」



変換 ~ P1004331


変換 ~ P1004333


ドリス
「そしてボス戦前のデモです。
 最初にでてきたイケメンさんが再登場。
 どうもサリサが面識あるようですが、いまはまだ何も言ってくれません。

 そしてボスの登場なのですが・・・」



変換 ~ P1004334


ドリス
「大きい!
 これがあなたのいってたドラゴンね!」



カリバー
「いや~
 こいつは最初は本当に苦労したよ。


 このゲームは種族によって最初のクエストが違うんだけど
 ヒューマンで始めたオレは
 最初のボスがこのドラゴンだったのね。


 悪いけどこのボス、
 ゲーム始めたばかりの人間にはものすごく酷だったぞw

 オレもさすがに最初は死んだしな。
 2回くらい死んでリセットして最初からやりなおして3回目でようやく勝てたかな・・・
 その頃には操作とカメラワークとかやっと慣れてたけど・・・

 アクションゲームが苦手な人はここで本当に苦労していると思う。


ドリス
「わたしでも勝てるのかしら・・・」


カリバー
「勝たせるさ。
 そのために監修のオレがいるんだ。


 とはいえ、ちょっとここは操作テクとかもなれてもらわないとな。


 まず準備だけど、HP回復アイテムをパレットいれておく。
 慣れてない人はこれは忘れないように。
 基本、レスタで回復するんだけど、レスタは発動してから回復まで若干時間かかる。
 けどHP回復アイテムは瞬時に回復する。
 この差は結構でかい。
 やばいと思ったら回復アイテムで瞬時回復をする。

 まずこれがわからん殺しされないために必要な操作。」



ドリス
「レスタ   緊急回避 通常攻撃
 モノメイト シフタ   モノフルイド

 という配置にしたわ。」



変換 ~ P1004335


カリバー
「戦闘開始。
 基本はあいつの正面にいないようにして脇に接近して攻撃だ。


ドリス
「ドラゴンの横にきたけど、
 画面がドラゴンを向いてくれないから
 攻撃しているかわからないわ!」


カリバー
「そう、これがこのゲームの難点であるカメラワーク。
 基本、自分がドラゴンに正面以外から近づくから
 ドラゴンが画面外にいることが多い。
 そのくせカメラがおいついてこないので、接近してもどこにいるかわからなくて
 攻撃できず、またドラゴンの攻撃がいつくるかわからずにフルボッコにされる。

 そのため、まずここでカメラワーク操作を覚えることが先決だ。


ドリス
「せ・・・説明書をみるわね。

 

 ・・・難しい。
 XボタンとLかRボタンでカメラを動かせるらしいけど・・・」


カリバー
「Lボタンだけだと、自分の正面を見るようにカメラが移動するけど、
 それだとドラゴンを捕まえにくい。
 
 そこで、XボタンとRボタンでカメラをまわす『くせ』をこの戦いで身につけるといい。

 つまりこういうことで、
 ドラゴンが正面にいる場合、あいつの正面右側、
 つまりは自分はドラゴンに向かって左側に向けて移動する。
 移動したら、X+Rを押すと、カメラが右にまわってくれるから
 攻撃できるようになるというわけだ。


 この操作を徹底して覚えること。」


ドリス
「ボスの左に移動してX+Rでカメラ移動ね。」


カリバー
「もちろん他の移動方法もあるけど、最初は色々やろうとせず
 一つのカメラワークを覚えたほうがいいよ。
 これができるだけでも結構違う。」



変換 ~ P1004337


ドリス
「ドラゴンが遠くにいるとブレスを吐いてくる!」


カリバー
「そんなもん、緊急回避でかわせ!」


ドリス
「かわしてるけど・・・カメラが・・・」


カリバー
「緊急回避中もカメラはまわせる。
 緊急回避→カメラワークの操作は、
 この後のボス戦でも普通によく使うから

 ここで覚えておくことだ。」


ドリス
「接近して攻撃してもドラゴンに踏まれたり、
 首をまわして攻撃してきたりで大変よ」


カリバー
「攻撃を喰らってダウンしたら、起き上がりにレスタをすれば
 たいてい次の攻撃を喰らっても死なない。

 ただ、自分の回復量と喰らうダメージの計算だけはしておくこと。
 レスタで回復した後の体力でも喰らうと即死になるような場合は
 レスタせずにアイテム回復連打ですぐに体力MAXにする。


 その辺の計算を瞬時にできるかどうかはこのゲームの醍醐味だと思う。
 特にハードモード以降は。」


ドリス
「今度はドラゴンが空に飛んじゃったわよー」



変換 ~ P1004338


カリバー
「空を飛んだドラゴンからの攻撃は主に三つ。

 一つは空からドラゴンブレス。
 これは地面に着弾してからの火柱がホーミングしてきて危ない。
 時間差的にかわすのがかなり難しいけど、即死はしないはずなので起き上がりレスタだ。

 二つ目は空からすべりながら着地。この時にスローの効果をもった溶岩地帯が発生。
 ドラゴンの着地は基本的に接近せず遠くからみていたほうが安全だ。

 三つ目は錐揉み突進攻撃×6。
 これはカメラワークがおいつかないので『音で判断』する。
 攻撃してくるときに「シュルルルル」って音がするから
 それでもってタイミングよく緊急回避だ。」


ドリス
「喰らっちゃったけどお!」


カリバー
「喰らったらすぐに起き上がりレスタだ。
 実はレスタ使用時には一瞬無敵時間があり、
 次のシュルルルをすかすことができる。
 すかしたら、ドラゴンが飛んでいった方向に緊急回避すればいい。

 例えば右から左にドラゴンが飛んできて喰らったとする。
 すると起き上がりレスタをするんだけど、ドラゴンは左→右に飛んでいくはず。
 そしたら回復後に右に向けて緊急回避すると、右→左に錐揉みしてきたドラゴンをかわせる。」


ドリス
「む・・・むずかしい・・・」


カリバー
「わかんなければ適当に緊急回避していればいいよ。
 ただ、有る程度ひきつけて緊急回避をするとか、
 やみくもにやらずにのちのちの攻略につながるような
 動きをちゃんとやっとけよ。


 それができるかできないかが、こういうゲームをやれるかやれないかの違いなんだから。」





(そして10分後)






変換 ~ P1004339


ドリス
「や・・・やっと倒したわ・・・」


カリバー
「おおー、お疲れさんだぜ。
 苦労してたけど、なかなか後半はなれてきた感じだな。」


ドリス
カメラワークと攻撃された後の起き上がり回復。

 これができないと本当に勝てないわね。」


カリバー
「カメラワークはまじで重要だ。
 慣れると左右にカメラワークしながら移動とかできるようになって
 速やかに攻撃or回避ができるようになる。」




変換 ~ P1004340


変換 ~ P1004342


ドリス
「これは本当にしんどかったわ・・・
 初心者殺しもいいところね・・・」


カリバー
「勝てなかったらおとなしくクエストリタイヤをして
 レベル上げや装備集めをした方がいい。
 そういうこともできるから。


 ちなみにオレはフォーマーだけど、法撃を使うなら『バータ』がやはり有効。
 ただあれは当てづらいんだよね・・・
 スライサーは使っててつまんなかったから、オレは無しでやってたよ。
 基本、杖で殴って、間合いが遠い場合はバータだったかな。」


ドリス
「法撃はこのキャラはだめなの?」


カリバー
「法撃は法撃力のパラメータが高くないと本当に意味がないくらい弱いよ。
 杖系を装備しないとやってられないと思う。」


ドリス
「じゃあ私は接近戦でがんばるしかないのね。」


カリバー
「まあね。
 しかし、ノーマルでもこの強さだ。
 オレはスーパーハードのドラゴンまで倒しているけど
 あっちは本当に大変だったぜ。
 ちょっとミスると本気で即死するゲームだったw」
スポンサーサイト
  1. 2009/01/03(土) 12:29:08|
  2. ファンタシースターZERO 元旦決戦編|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<マグとマテリアル | ホーム | 機械じかけの仲間(ゲストアイテム付)>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://runark.blog6.fc2.com/tb.php/493-6c610b2b

ルナーク

Category

Recent Comments

Recent Entries

Recent Trackbacks

Archives

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。