ちくやらアーカイブ

このブログは気分よって構成されています。 BGMも気分で流してます。 あなたの忍耐に感謝します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

[10th]世界三大珍味を追え1

変換 ~ P1005560


ドリス
「アイゼンに入って最初にサイモンという村に着きました。
 中を散策していたら、何か悪そうな人達が・・・」


カリバー
「バカ共が・・・誰にケンカ売ったと思ってやがる。」






ばぎばきどかべきばしべしヴぼぁー









変換 ~ P1005561


ドリス
「もう、手加減しなさいよ!」


カリバー
「してるよ。
 ガキ相手に本気になれるか。」



変換 ~ P1005563


変換 ~ P1005564


ドリス
「そうしたら、なぜか仲間になってくれといわれ
 『レジスタンス』というところにつれていかれました。」


カリバー
「レジスタンスってことは、つまりは『反抗組織』ってことか。
 しょっぱなからこんなのに出くわすとは、
 この国はちょっとよくないところがあるみたいだな。」


ドリス
「とにかく、アイゼンに向かいましょうか。」



変換 ~ P1005568


ドリス
「レジスタンスからのお願いもあったのですが、
 アイゼンに行くには、このフロワロに包まれた竹林を突破する必要があります。」



変換 ~ P1005569


変換 ~ P1005571


カリバー
「ここにいるシンボルモンスターはフライドラゴニカ。
 混乱攻撃を仕掛けてくる。
 これをされるといまのオレ達にはどうにもできない。
 二人とも混乱したら全滅を覚悟だなー」




変換 ~ P1005583


ドリス
「マップ上の動きでは一定ルートが主だったので、
 なるべくスルーしておくに進んでいきます。
 そしてちょっとマップの写真を撮り忘れたのですが、
 ここに近道がありました。」



変換 ~ P1005589


ドリス
「そしてボスです。
 また後ろから攻撃できるわね。」


カリバー
「・・・?
 あれ?
 これって・・・」


ドリス
「よし、じゃあ行くわよ!」


カリバー
「あ・・・ちょ、待てって・・・」



変換 ~ p1005590


変換 ~ P1005591


ドリス
「ボスのオルグドラゴニス。
 攻撃自体は普通なのですが、体力が減ってくると仲間を呼んできます。」


カリバー
「キュアウィスプという、いかにもボスを回復しそうなのが出てきた。
 当然真っ先に倒すのだけど、オレはともかくドリスの攻撃力が弱すぎて
 一発で倒せてない。
 なので、ドリスにはEX通常攻撃でキュアウィスプを攻撃させた。」



変換 ~ P1005595


ドリス
「やったあ、倒し・・・」



ブチ




ドリス
「あ~~電源切ったあ!」


カリバー
「ていうか、待てよ。
 人の話の途中だったのに。
 ドロップも出てないしな。」


ドリス
「なんなのよう。」


カリバー
「いや、このボス、別に倒さなくてもスルーできたってことだよ。」


ドリス
「え?」



変換 ~ P1005597


変換 ~ P1005598


カリバー
「な、脇を通れるだろ。
 これで一旦この竹林を突破して、マップ上で普通にスルーできるようにする。

 そしたら、今度は出口の方から入れるわけだから、
 セーブした後にゆっくりボスと戦えるってわけよ。」


ドリス
「あ・・・そうだったの・・・
 全然気づかなかったわ・・・」



変換 ~ P1005600


カリバー
「というわけで、きっちりドロップさせといたぞ。
 つうか、ボス倒してもドロップしないというのは勘弁して欲しいけどな・・・
 また『博識さん』を作らないといけなくなるんかねえ・・・今後は・・・」



変換 ~ P1005605


ドリス
「竹林を突破したので、アイゼンに到着しました。
 なんかすごい・・・なんというかエキゾチックな美しさのある国だわ」


カリバー
「日本というよりは中国なのかね・・・」



変換 ~ P1005607


変換 ~ P1005609


カリバー
「けど、その美しさは、こういう虐げられた人達があってのもののようだな。
 レジスタンスというのもなんとなくわかってきたわ。」


ドリス
「サイモン村にいたシオンさんもこっちに来ていました。
 どうやら暴君に治められた国というのが、このアイゼンみたいです。」


カリバー
「とりあえず、その王様に会ってみるか。」



変換 ~ P1005611


ドリス
「城の中に入ると、以前ロラッカ森林で会った美形の学者さんがいました。
 なんかいきなり怒っているわよ。」


カリバー
「その怒らせた本人とこれからオレ達が会うってことだよ。」



変換 ~ P1005613


変換 ~ P1005615


ドリス
「そして会ってみたのですが・・・
 あの美形さんが怒ったのもわかるわ・・・
 何か私達のこと、まったく相手にしていない!」


カリバー
「まあなー、これだけの文化と様式美をずっと保っているというのは
 確かにすごいかもしれないけど、
 そればかりで現実見れてないな、このクソオヤジは。」


ドリス
「さりげなく私達のカザンもバカにしてるし!」


カリバー
「このおっさん、貧民街のこととか絶対わかってないだろうな。」


ドリス
「うーん、とりあえず話にならないみたいだけどどうする?」


カリバー
「いったんカザンに戻ってみるか。
 こういう政治ごとは一般ピープルのやることじゃない。
 上にエスカレーションして、そっちにまかせるべ。」



変換 ~ P1005619


ドリス
「戻って報告したらこんなこと言われたわ・・・」


カリバー
「ホント使えねえw

 言われなくても自分達で何とかするつもりだったさ」



変換 ~ P1005620


変換 ~ P1005624


カリバー
「アイゼンで簡単に消化できるクエストの一つを紹介しておく。
 これをやると、アイテム売るときにちょっと稼げるようになる」


ドリス
「実際話は長かったです(笑」



変換 ~ P1005626


変換 ~ p1005627


カリバー
「こっちは全然すぐに終わらないのだけど、
 探索系でボス戦闘がありそうなのを期待してやってみることにしてみた。」


ドリス
「ゼンダ竹林はサイモン村から西にいったところにあります。」



変換 ~ P1005629


ドリス
「ここのマップでは、歩いていると突然『たけのこ』がニョキっと生えてきます。
 これが普通に壁になって先に進めません!」


カリバー
「こういう仕掛けがあるということは
 ほぼ間違いなく近道できないようになっているから
 最初から遠回りするように移動しておいたほうがいいぞ。」



変換 ~ P1005630


ドリス
「ここのシンボルモンスターです。
 スフィアドラグ。
 『膨張』という攻撃で、恐怖の異常状態にしてきます。」


カリバー
「恐怖状態になると、行動できなくなるときがあるが
 コイツ自体、あんま防御力がないから
 灼熱からのヴァンパイアでダメージがいい感じにでて、あまり強くはなかったかな。」



変換 ~ P1005636


ドリス
「次のマップですが、いかにもとおれそうなところに必ずたけのこがでてきて
 結局遠回りさせられます。」


カリバー
「おおざっぱにいうと、マップの右下スタートだとして
 右下→右上→真ん中をとおって→左下→左上
 みたいな感じで移動していけばいいぞ。

 あと写真でオレ達のいる場所に近道があるから開通させておくといい。」



変換 ~ P1005638


変換 ~ P1005639


ドリス
「近道からすぐのところに珍味のたけのこがあります。
 けど、ボスもいっしょにでてきました!」


カリバー
「デスシザース。
 世界樹シリーズだと蟷螂は序盤の難敵なイメージだよね。

 2回攻撃が多いのだが、『落雷』という単発の電撃攻撃が痛いのと
 たまに『つんざく羽音』という攻撃をしてくる。
 これがたまに混乱が付着して、そうすると一気にやばくなる。」



変換 ~ P1005645


ドリス
「いつもMPぎりぎりか使い切ってますが、
 何とか撃破しました。」


カリバー
「・・・いまのところ、灼熱&堅牢からのヴァンパイアでの攻撃だけで
 なんとかなっちゃってる感じなんだけどね。

 しかも、スキルわざと割り振ってないから
 それなりに弱い状態なんだけど。」



変換 ~ P1005647


カリバー
「というわけで、珍味とってきたので渡してみたのだが、
 これはあれか?
 味皇様パクっているのかな?」


ドリス
「あじおう?」



ajiou01.jpg


ajiou02.jpg


カリバー
「ググってきた画像で申し訳ないが、
 う~ま~い~ぞ~
 の人だ。
 あるファンの間では相当有名で、
 『アニメが原作を越えた』例の一つでもあるね。」


ドリス
「いやあ~
 裸で走ってる!
 ヘンタイ!」



カリバー
「お・・・お前・・・
 我らが味皇様になんて失礼な・・・



 ・・・って、知らない人がみたら、確かにヘンタイじじいだわ
 否定できねえorz」




変換 ~ P1005648


変換 ~ P1005654


カリバー
「とにかく、このクエストを終わらすと
 いわゆる「アイゼン語」が使えるようになる。


 そしたら、城の中で歴史書とか読めるようになって
 『遺跡調査』のパーティースキルやサムライのEXスキルの解放ができるようになる。」


ドリス
「というわけで、クエストをやるとちょっと話が脱線してしまいますが
 次はいよいよアイゼンの話の根幹に入っていきます。」

スポンサーサイト
  1. 2009/03/14(土) 11:01:58|
  2. 世界樹っぽい「セブンスドラゴン」二人旅|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:1
<<[9th]弔い酒と祝い酒 | ホーム | [11th]デッドブラック討伐>>

コメント

二人旅なのにぃ

結構すすんでるのねw
プレイ時間どんぐらいなんやろか(*´Д`*)

  1. 2009/03/14(土) 12:45:01 |
  2. URL |
  3. 舞さまっ #mQop/nM.
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://runark.blog6.fc2.com/tb.php/517-266a1126

ルナーク

Category

Recent Comments

Recent Entries

Recent Trackbacks

Archives

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。