ちくやらアーカイブ

このブログは気分よって構成されています。 BGMも気分で流してます。 あなたの忍耐に感謝します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

[14th]ルシェ王からの試練

変換 ~ P1005816


ドリス
「ヨーバー大滑砂のボスを何とか撃破して、
 突破しようとがんばっています。

 このシンボルモンスターが強いです!」


カリバー
「すさまじい確率で石化させられていて、
 ちょっと今のオレ達じゃ勝ちがたいわ・・・
 後回しにして、他を調べたほうが良さそうだな。」



変換 ~ P1005843


カリバー
「プレロマで覚えた調査スキルで採掘ができるようになった。
 この砂漠には大体それぞれのマップで採掘ができるから
 一通りやってやくことをお勧めする。」



変換 ~ P1005828


変換 ~ P1005830


カリバー
「また、世界三大珍味の二つ目もここで手に入る。
 ボスのいるマップの左側かな。」


ドリス
「また変なおじいさんの演出が始まったわよ・・・
 よくわからないわ、これ・・・」


カリバー
「お前は一度、味っ子を最初から見たほうがいいな。
 見終わった頃には今と180度感想が変わっているはずだ!」



変換 ~ P1005817


ドリス
「とにかく、砂漠をやっと越えることができたので
 目的地であるネパンプレスを目指します。」




変換 ~ P1005818


変換 ~ P1005819


ドリス
「そしてひたすら北上していくと、あたり一面雪景色になりました。
 綺麗ね~」



変換 ~ P1005821


カリバー
「というわけで、やっと到着だ。
 西大陸をほぼすべて統治しているという
 ルシェ族のまさに『帝国』だ。」


ドリス
「ねえ、ルシェ族ってナンなの?」


カリバー
「アイゼンとかですでにちょろちょろと見かけていたと思うが
 簡単に言うと「獣人」かな。
 特徴としてはやはり『猫耳』だろう。」


ドリス
「ネコみみ?」



カリバー
「うむ・・・
 それだけで男のハートを射抜いてしまうという
 恐るべき属性を手にした種族だ。




ドリス
「こ・・・怖いのかしら・・・?
 入っても大丈夫?」



変換 ~ P1005831


カリバー
「早速ルシェの王様と謁見だ。
 ちなみに、『ルシェ王』と普通に呼ばれていて
 本名はわからないのかね。」


ドリス
「うう・・・
 やはり怖そうなおじさん・・・」



変換 ~ P1005832


変換 ~ P1005834


ドリス
「この人はしゃべり方がカリバーっぽいわね。
 ちょっと安心だわ。」


カリバー
「オレっぽいと安心なの?」



変換 ~ P1005833


変換 ~ P1005836


ドリス
「う・・!
 す・・・すごい美人!
 美人剣士だわ・・・


 って・・・カリバー!やっぱり!」



カリバーはでれ~ってしている



ドリス
「あの耳ね・・・
 カリバーの言ってた意味がわかったわ・・・
 あの美人な顔にあのかわいらしい耳・・・
 確かに・・・カリバーみたいなおばかが一瞬でめろめろになるわけだわ・・・」



変換 ~ P1005840


ドリス
「そして、私達と協定を結びたいなら力を見せろとのことで
 このあたりにいる帝竜を倒すことになりました。」


カリバー
「・・・は!
 見とれてたら話聞き忘れた。
 なんだって?どうすればいいんだ?」


ドリス
「ふん!知らないわよ。
 砂漠にいる帝竜倒せっていってたわよ。」


カリバー
「砂漠ね。
 わかったわかった。」



変換 ~ P1005841


カリバー
「じゃあ行く前に、もうちょっとバントロワさんと・・・

 こんだけ美人なのに、女らしさを全く考えていないこの台詞がすげえわ・・・」



ドリス
(・・・私もネコ耳つけたら、この人もこんな反応するのかしら?)



変換 ~ P1005842


カリバー
「さて、帝竜を倒しに行く前に
 ネパンプレスですぐに終わりそうなクエストがあったから
 ちょっと片付けていくことにした。」


ドリス
「必要なアイテムはアイゼンあたりの雑魚モンスターから手に入ります。」



変換 ~ P1005861


カリバー
「クエスト完了させると、ルシェ語を覚えることができる。」



変換 ~ P1005853


カリバー
「では帝竜討伐だ。
 ちょっとどこの砂漠か聞き忘れてしまったのだが、
 駐留地点の西側に砂漠があったから行ってみたぞ。」


ドリス
「入り口には、同じハントマンの男女二人組がいました。
 何かのクエストに関係しそうですが
 この場では何も起きませんでした。」



変換 ~ P1005856


変換 ~ P1005857


カリバー
「シンボルモンスターのワイバーンだ。
 サンドストームで盲目にした後に
 ソニックブームで全体攻撃をしてくる。

 ヴァンパイアだと空振りして回復しそこねた時に死んでしまうので
 ソニックブームをソードトラップする方法で攻撃だ。
 この場合、盲目になっていても関係なくダメージが当たる。」


ドリス
「通常ソードトラップとEXソードトラップの両方のダメージを写真に撮れました。
 平均70ダメージも喰らうから、今の私達だと二回で死んでしまいます。」



変換 ~ P1005858


カリバー
「ていうかさ、この砂漠に帝竜いなさそうなんだけど。」


ドリス
「ごめんなさい。場所はちゃんと聞いてたわ。
 確かにここじゃないです。
 反対側の砂漠ね。」


カリバー
「ぶ~」


ドリス
「あなたが鼻の下伸ばしているから悪いんでしょ!」



変換 ~ P1005863


カリバー
「というわけで、反対側の砂漠に来た。」



変換 ~ P1005865


変換 ~ P1005867


カリバー
「さらにシンボルモンスターとの戦闘が続いているわけだが
 もうこのあたりから一発のダメージが大きくなってきたわ。

 だからソードトラップが大活躍している。
 

 すると、あれだなあ・・・
 トリックリアクトを覚えたくなってきたわ。」


ドリス
「トリックリアクト?」


カリバー
「ソードトラップが発動すると、そのターンの最後にもう一度動けるというスキルだ。
 つまり、1ターンに二度攻撃可能になったり
 ソードトラップ発動時に喰らったダメージをヴァンパイアで回復とかできる。」


ドリス
「便利ねえ・・・」


カリバー
「ちなみにお前がプリンセスリアクトを覚えると
 オレがトリックリアクトしたときにお前もつられてリアクトするようになる。
 単純にこれの組み合わせは強いと思うので
 のちのちには取ってもらうからな。」



変換 ~ P1005872


変換 ~ P1005871


カリバー
「なお、この砂漠は別の洞窟にもつながっているようで、
 知らずにその洞窟に入っていったら
 やたら雑魚敵が強くて余裕で全滅を喰らうほどだった。」


ドリス
「だから用心して探索していたのですが、
 ひとつだけ、そうでない洞窟がありました。
 宿屋が使える洞窟があります。」


カリバー
「ここを拠点にして、ボスの居場所を探すといい。」



変換 ~ P1005869


カリバー
「というわけで、早速見つけたので
 傾向をつかむためにとりあえず戦ってみることにした。」


ドリス
「炎を食べる竜・・・ということで
 見るからに炎属性の竜です。

 だから、その攻撃も炎の属性攻撃が多かったです。」



変換 ~ P1005870


カリバー
「ざっと戦ってみたのだが、

 ・フレイムヴェイルで身を守るため、ヴァンパイアで攻撃したら
  反射ダメージを喰らってしまう。

 ・ロックキャノンが物理属性で痛い。

 ・ファイアブレスとかが炎属性でソードトラップが空振りする。


 という感じだった。」


ドリス
「さすがに初見では勝てなかったのですが、
 どう戦う?」


カリバー
「炎の属性攻撃のブレスとロックキャノンが全体攻撃なのがちょっとうざいね。
 ロックキャノンはソードトラップ発動に使えるから
 被ダメが大きいほうが助かるのだけど、

 ファイアブレスはソードトラップが空振りするのがなー
 これで余計なダメージは喰らいたくないところだ。

 すると・・・一旦街に戻るぞ。
 心当たりがある。


ドリス
「・・・街に何かあったかしら?」



変換 ~ P1005859


カリバー
「これだな。
 ルビーか何か忘れたけど
 ヨーバー大滑砂で採掘した鉱石を売ったら
 アイテムの開発が始まった。

 これをよく見ると、『フリーズガードの上』に位置しているのよ。

 ちょっと気にならないか?」


ドリス
「属性ガードのアクセサリということ?」


カリバー
「うむ・・・
 オレの読みが正しければ炎属性軽減アイテムになるはずだ。

 襟巻きはこれもヨーバー大滑砂にエリマキトカゲの雑魚モンスがいたから
 ちょっとこいつを狩りに行こう。
 ついでにあそこでマナ水が取れるからありったけとっておく。」







そして・・・








変換 ~ P1005860


カリバー
「ビンゴだね。」


ドリス
「すごい。
 狙ったかのように、いいアイテムがでてきた。」


カリバー
「これを装備して、あとはドリス、お前だ。」


ドリス
「私?」


カリバー
「フレイムイーター戦でお前が攻撃に参加することはないから
 回復に専念してもらいたいのだけど
 フレイムイーターよりも確実に先に動いてほしいから
 例のあれをいよいよもって欲しくなってきた。」


ドリス
「シルクウィップね。」


カリバー
「お前がうっかりさんで売ってしまったため、現状手に入れらないのだけど
 仕方ないからこの方法を使う。」



変換 ~ P1005845


カリバー
「ついこないだ手に入れたフロワロシードを使う。
 これを使うと、そのダンジョンのフロワロとシンボルモンスターが復活する。」



変換 ~ P1005846


ドリス
「バロリオン大森林で使ったら、
 確かにサーペンタスが復活したわ。
 シルクウィップも回収完了。
 今度はなくさないようにするわ。」



カリバー
「というわけで、準備が整ったかな。
 あとはフレイムイーターを倒すだけだが
 どうもあのダンジョンは雑魚がやたら強い!


ドリス
「確かに!
 本当に逃げ損ねたらそれだけで全滅!とかあったわ・・・」


カリバー
「先に見つけた洞窟の宿屋を拠点にして
 竹笛使って敵がでないことを祈りつつ
 出たらとにかく逃げて、失敗したらリセットとか
 そんな感じだわ・・・」



変換 ~ P1005874


カリバー
「というわけで、フレイムイーター戦だ。
 ドリスには『月明かり』と『堅牢』を使ってもらう。
 そして、オレは覚えたての『トリックリアクト』とソードトラップをメインに戦う。

 まず、フレイムイーターは自分にかかってないようだと
 フレイムヴェイルを真っ先に使う。


 なので、これを見越してオレ達はトリックリアクトや月明かりを1ターン目から使う。
 そしてフレイムイーターがヴェイルを身にまとったら
 ソードトラップ作戦の開始だ。」


ドリス
「私は基本的に攻撃しません。
 常にキュアⅡを自分にかけて体力満タンを保っておきます。」



カリバー
「そしてオレはロックキャノンをひたすらソードトラップする。
 その時にリアクトがかかっていた場合は再行動できるが
 この時に回復アイテムを使って回復やマナ水を使う。
 
 また、フレイムイーターのヴェイルが切れていたと思ったら
 ソードトラップではなくヴァンパイアを使う。」


ドリス
「ヴェイルはいつごろ切れるの?」


カリバー
「5ターンぽいね。
 ヴェイルを使ったターンで1ターン消費されるから
 そこから4ターンはヴェイルがかかっている。
 だから5ターン目は確定でヴァンパイアを叩き込んでいたね。」



変換 ~ P1005875


カリバー
「ダメージを喰らいすぎたと思ったら
 要所要所でEXヒールエアロを使って回復するのも重要だ。」



変換 ~ P1005876


カリバー
「わかってくると、こんな感じの強化を保ちつつ
 安定して戦えるようになってくるぞ。」


ドリス
「私は本当にキュアⅡしかしていません・・・
 でも、フレイムイーターよりほぼ確実に先に動けるので
 カリバーが危ない場合はすぐに回復できます。」



変換 ~ P1005877


カリバー
「終盤になったらEXソードトラップを狙いにいく。
 きっちり決まれば大ダメージだ。」



変換 ~ P1005879


カリバー
「というわけで、レベル35で撃破完了だ!」


ドリス
「やったあ♪」



変換 ~ P1005880


カリバー
「しかしどうやら逃げられてしまったようだ。」


ドリス
「え~」



変換 ~ P1005881


変換 ~ P1005882


カリバー
「うーん・・・バントロワに怒られてしまった。
 しょぼーん・・・」



変換 ~ P1005886


変換 ~ P1005887


カリバー
「でもまあ、撃退は撃退したということで
 ルシェ王がオレ達の実力を認め
 カザンとの協定を快諾してくれた。」


ドリス
「でも、物騒なこといってるわよ・・・
 協力はうれしいけど、
 私達の為に犠牲になるとかはやめてほしいわ・・・


カリバー
「武人の国っぽいからな・・
 こういうことは普通に覚悟してやってのけるだろう、この人達は。
 そうさせないようにオレ達がしっかりしないといけないのかな・・・」



変換 ~ P1005890


変換 ~ P1005891


カリバー
「ちなみにというか、フレイムイーターを倒した時の装備をさらしておく。」


ドリス
「シルクウィップはあると便利だから、残しておくといいですよ。」
スポンサーサイト
  1. 2009/03/20(金) 09:53:49|
  2. 世界樹っぽい「セブンスドラゴン」二人旅|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2
<<[13th]究極の選択? | ホーム | [15th]兄からの手紙>>

コメント

猫耳

ドリスさんもルシェ族。。。
あの耳をお持ちのはず?
  1. 2009/03/23(月) 11:30:39 |
  2. URL |
  3. #-
  4. [ 編集]

Re: 猫耳

> ドリスさんもルシェ族。。。
> あの耳をお持ちのはず?

あれ?
まじで気づきませんでした。
人形もったプリンセスだけルシェですか?


とおもって、ドリスのステータス画面をみてみたら・・・



・・・確かに耳ですね。
髪型に見えてました。
他のルシェと違って、耳が垂れ下がってるからわかりませんでした。
  1. 2009/03/23(月) 22:29:38 |
  2. URL |
  3. ルナーク #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://runark.blog6.fc2.com/tb.php/521-5c5913eb

ルナーク

Category

Recent Comments

Recent Entries

Recent Trackbacks

Archives

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。