ちくやらアーカイブ

このブログは気分よって構成されています。 BGMも気分で流してます。 あなたの忍耐に感謝します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

[22th]千人砲

変換 ~ P1006474


000P1006475.jpg


6匹の帝竜を倒したカリバーとドリスの『ちくやらギルド』。
世界をドラゴンから取り戻す勢いであったが、
ただ一人、それを否定する者がいた。
それはプレロマ学士長、エメル。





001P1006476.jpg


そして、エメルの予言どおり、
『それ』はついに来た!













002P1006477.jpg






















003P1006478.jpg


004P1006479.jpg


005P1006480.jpg


006P1006481.jpg


突如現れた禍々しき謎の塔
世界中に戦慄が走る。


そして・・・













007P1006482.jpg


008P1006483.jpg


009P1006484.jpg


010P1006485.jpg


011p1006486.jpg


012P1006487.jpg


013P1006488.jpg


014P1006489.jpg


015P1006490.jpg



ドラゴンをつかさどる、真の敵『ニアラ』の登場。

そして下される、世界滅亡宣言。
















016p1006491.jpg


017P1006492.jpg


018P1006493.jpg


019P1006494.jpg


020P1006495.jpg


021P1006496.jpg


022P1006497.jpg


023P1006498.jpg


024P1006499.jpg


025P1006500.jpg


026P1006501.jpg


027P1006502.jpg


028P1006503.jpg



エメルは待っていた。
この時を。
復讐を遂げるこの時を。


ニアラの存在を予見していた彼女は
それに対抗しうる術である『千人砲』を用意していた。


千人砲とは一体なんなのか?



















029P1006504.jpg


030P1006505.jpg


031P1006506.jpg


032P1006507.jpg


033P1006508.jpg


034P1006509.jpg


035P1006510.jpg


036P1006511.jpg




千人砲はネバンプレス帝国の北部に建造されていた。
エメルはルシェ王にこのことをすでに伝えており、
いざという時の協力を要請済みだった。


その協力内容とは・・・「命」。

人そのものをエネルギーに換え、敵を撃つ。
それが千人砲の正体。


勇敢なルシェ族の戦士達1000人が終結し、
ルシェ王を始めとして、千人砲の砲台装置へと歩んでいった。

誰一人とて、臆することなく。

次代への希望を沿えて。











037P1006512.jpg


038P1006513.jpg


039P1006514.jpg


040P1006515.jpg




発射される千人砲。
その閃光は確実にニアラを撃ち抜いた!














041P1006516.jpg


042P1006517.jpg


043P1006518.jpg


044p1006519.jpg


045P1006520.jpg


046P1006521.jpg


047P1006522.jpg


048P1006523.jpg


049P1006524.jpg


050P1006525.jpg


051P1006526.jpg


052p1006527.jpg





なんということだ!
千人砲はニアラを倒すことはできなかった。



しかし、ルシェの1000人の戦士達を犠牲にした千人砲は
ニアラに深手を負わせることは成功。


追撃を指示するエメルだったが、
エメル自身がこのことを想定しておらず、
次の千人砲を撃つことはできなかった。











053P1006528.jpg


054P1006529.jpg


055P1006530.jpg


056P1006531.jpg


057P1006532.jpg


058P1006533.jpg


059P1006534.jpg


060P1006535.jpg


061P1006536.jpg





思わぬ攻撃を受けたニアラは侵攻することができず
その体の修復をせざるを得なくなっていた。

それが終わるまで、同じ『セブンズ』クラスの『ヘイズ』を呼び
地球へと下ろさせるのであった。










062P1006537.jpg


063P1006538.jpg


064P1006539.jpg


065P1006540.jpg


066P1006541.jpg


067P1006542.jpg


068P1006543.jpg


069P1006544.jpg


070P1006545.jpg


071P1006546.jpg


072P1006547.jpg


073P1006548.jpg


074P1006549.jpg


075P1006550.jpg



何人犠牲にしようが、千人砲でニアラを撃てと業を煮やすエメル。
その口ぶりから、エメルが何者で、なぜニアラを知っていて
そしてなぜそこまでにドラゴンへの憎しみを募らせているか
さすがに皆、気づいていた。



そして・・・

















076P1006551.jpg


077P1006552.jpg


078P1006553.jpg


079P1006554.jpg


080P1006555.jpg


多大な犠牲を払う千人砲の使用は取り下げ、
エメルは勾留されることに。




しかし、事態は解決されていない。
傷を負ったニアラが復活するまでに何とかしなければ
世界は滅んでしまう。



一行は『ちくやらギルド』を所有する、カザンへと集まることになった。



スポンサーサイト
  1. 2009/03/28(土) 10:04:45|
  2. 世界樹っぽい「セブンスドラゴン」二人旅|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<[21th]暗号を解読せよ | ホーム | [23th]アイテル>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://runark.blog6.fc2.com/tb.php/529-a59df0c8

ルナーク

Category

Recent Comments

Recent Entries

Recent Trackbacks

Archives

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。