FC2ブログ

ちくやらアーカイブ

このブログは気分よって構成されています。 BGMも気分で流してます。 あなたの忍耐に感謝します。

[32th]迷える騎士道

変換 ~ P1007314


ドリス
「裏ダンジョンに行くため、全部のドラゴンを狩る必要ができてしまいました。
 しかし、カリバーが単純作業に耐えられず早々にリタイア。
 ちくやらギルド最大の危機だったのですが、
 クインさんが助っ人に駆けつけてくださいました!」


クイン
「助っ人として参加することになりました。クインです。
 カリバー殿から下された指令は二つ。
 一つはドラゴン狩り、もう一つはフロワロ全駆除です。」


ドリス
「面倒くさい作業をおしつけて本人はギルドハウスでニートしています。
 ものすごく許せません!」


クイン
(その許せない男が、我々のクエストを先取りして終わらせてしまった。
 私にはそのことが許せない。
 あいつに笑われないためにも、なんとしても成し遂げるつもりだ)



ドリス
「この大量なフロワロですが、
 ゲームを進行するのと同じように
 カザン⇒ミロス⇒アイゼン・・・と、各地域のフロワロを駆除して
 クインさんにも私達の旅路を微妙ながらも体験してもらおうとしています。」




変換 ~ P1007259


クイン
「話としては、
 『がんばってフロワロを駆除しました』で終わってしまうので、
 それでは読んでくださる読者の皆様が面白くないでしょうから、
 途中でおきた出来事をかいつまんでお話しましょう。


 これはミロスで起きた出来事です。」


ドリス
「ミロスの女王様が、
 私と入れ替わって街を散策してみたいというお願いがきました。
 私は一時だけ女王様気分を楽しんでました♪



変換 ~ P1007264


クイン
「と、ドリス殿はご機嫌ですが、
 街ではとんでもないことが起きてました。

 罪を犯したものを、家臣のヴォルグがひっとらえるという光景を
 ミロス女王は見てしまったのです。

 女王はミロスは争いのない平和の街だと信じていただけに
 これは相当なショックを受けてしまいました。」



変換 ~ P1007266


変換 ~ P1007275


クイン
「当然、ヴォルグに真意を問いただすのですが、
 ヴォルグ自身から地下牢獄については聞き出せないものの
 圧政を敷いていたことは自白しました。」




変換 ~ P1007280


変換 ~ p1007281


変換 ~ P1007283


ドリス
「それでヴォルグさんは女王様に国外追放?されてしまいました。
 気持ちはわかるけど、だましたのはよくないと思います。」


クイン
「・・・私はヴォルグの意見に賛成ですね。」


ドリス
「え?」


クイン
「だてに『野良犬騎士』と呼ばれてないのですが、
 世の中、きれいごとだけでは生きていけません。
 光あるところに闇ありともいいます。

 ヴォルグはミロスの為に、女王の為に、自ら汚れ役を買って出たのです。
 その結果、圧政だったかもしれないけど、
 事実ミロスは平和であった。

 誰かが厳しく法を取り締まらないといけないのです。
 きれいごとだけでは世の中は動きません。」


ドリス
「・・・うう・・・
 クインさんが真面目に語っているわ・・・
 圧倒されちゃう・・・」



変換 ~ P1007285


変換 ~ P1007286


ドリス
「それで、一人残ったグリフさんが迷ってしまいました。
 彼はヴォルグさんと違い、政治には疎いようで、
 どうすればいいのかわからないようです。

 ヴォルグさん宛に悩みを書いた手紙を渡して欲しいと頼まれました。」


クイン
「・・・フロワロ駆除作業の時に立ち寄ることがあれば
 渡しにいきましょう。」


ドリス
「え!
 今すぐいかないんですか?
 飛空挺があるから、すぐいけますよ?」


クイン
「必要ありません。
 そもそも我々がそれに手を貸すこと自体内政干渉です。
 本来あってはならないこと。
 自分達の国なのだから、自分達で解決すべき。」


ドリス
「・・・クインさんが怖いわ・・・
 騎士は頭でっかちというけれど・・・」


クイン
「ドリス殿、とんだ道草でした。
 先を急ぎましょう。」



変換 ~ P1007324


変換 ~ P1007323


ドリス
「アイゼンのドラゴンとフロワロを駆除して
 レベルもだいぶあがってきました。

 ここでクインさんを前衛にあげ、私は後衛に下がって
 クインさんをアタッカーとして活躍させるべく、
 『プリンセスオーダー』を覚えました。」


クイン
「そして私は『セイブザクイーン』を覚えます。」


ドリス
「5ターンしか効かないのでボス戦用ですが
 与だめが2倍になるのはなかなか大きいです。」


クイン
「このスキル、同じツッコミをいれた人は多数だと思いますが、

 『プリンセスがオーダー(命令)しているのに
 守る(セーブ)するのは女王様(クイーン)』なのですね。



ドリス
「微妙にかみ合ってないですね(笑」



変換 ~ P1007315


変換 ~ P1007316


ドリス
「アイゼンで北海スキルが無いといけない場所のフロワロを潰しているときに
 こんな敵が現れました。」


クイン
「突然のことでよくわかりませんでしたが、
 ナインテールという9回攻撃&恐怖を付与している超強敵でした。
 堅牢&ディフェンスシフトの二重防御でダメージを減らし
 何とか撃破。」



変換 ~ P1007321


ドリス
「倒したら、プリンセスのEXスキルである『ナインテール』が解放されます。」




変換 ~ P1007325


変換 ~ P1007327


変換 ~ P1007328


クイン
「ネバンプレス地方のフロワロとドラゴン駆除を進めています。
 スフェリオン八洞というところにたくさんドラゴンがいて
 かなりの数を減らすことができました。」



変換 ~ P1007330


ドリス
「見てください!
 だいぶ綺麗になってきました!」


クイン
(まだまだだ。
 まだ半分も残っている。
 しかし、ドラゴンといっしょに駆除するのは
 ちょっと効率が悪く感じてきたな・・・
 どちらか一つに集中した方がいいと思う)




変換 ~ P1007338


ドリス
「その後ですが、
 クインさんの提案で、先にフロワロの駆除を優先することになりました。
 陸地は大体片付いたので、これから海上のフロワロ駆除に入ります。」




変換 ~ P1007339


クイン
「サムライがいると、鬼の形相を使って、
 レベルのひくいモンスターの出現を押さえることができますが
 我々にはそれがないため、『竹笛』を大量に買って
 なるべくモンスターをださないようにして、一気にフロワロを駆除していきます。」




変換 ~ P1007341


変換 ~ P1007345


ドリス
「海のフロワロを駆除している時に、
 ヴォルグさんの隠居している島を見つけました。」


クイン
「・・・ミロスに戻った時に渡しましょう。
 今はそれどころではありません。」


ドリス
「う・・・
 クインさんが、他に目もくれなくなっている・・・」




変換 ~ P1007356


変換 ~ P1007357


ドリス
「そしてほぼ陸地のフロワロがなくなりました。
 後もう少しです!」


クイン
(はぁはぁ・・・確かにこれはしんどい・・・
 ウォークセーフが無ければ地獄どころではない作業だ。
 カリバーが私を指名したのは確かに正解だったが・・・)



変換 ~ P1007359


ドリス
「北極のまわりのフロワロを駆除していきます。」




変換 ~ P1007361


クイン
「ふぅ・・・ふぅ・・・
 周りのフロワロを・・・駆除しましたよ・・・」


ドリス
「あ・・・あとは北極・・・だけです。

 もう世界中をこんなにも駆けずり回るなんて・・・


 このフロワロシステムを作った人を・・・恨むわ・・・」















そして、十何時間にも及んだ
フロワロ全駆除作業も
最後の一つを残すだけとなった!
















変換 ~ P1007365


変換 ~ P1007366


ドリス
「これで最後です!」


クイン
「長かったです・・・」


ドリス
「ほんとですね・・・
 こんなに大変だと思いませんでした・・・」


クイン
「それなのに、最後までつきあってくださいまして・・・
 心から感謝しています。」


ドリス
「いいえ・・・
 クインさん一人にこんな大変な作業を
 押し付けるなんて、私にはできません!」


クイン
(何度も言うが・・・お前がいなければサムライをいれることができて
 もっと楽になれたんだよ・・・


 と、毒づくのもこれで最後か・・・
 この女も、大概すごい根性をもっているよ。
 たいしたもんだ。)



ドリス
「クインさん、それでは一緒に最後のフロワロを潰しましょう!」


クイン
「わかりました。」


ドリス
「せーの!」

クイン
「せーの!」




変換 ~ P1007369


ちくやらギルド、
10数時間かけて、フロワロ全駆除作業完了!




※中の人
これ、真面目に10時間はかかりました。
まじでしんどかった・・・
かかった竹笛代は20000円ぐらいになってます。





変換 ~ P1007371


変換 ~ P1007372


クイン
「フロワロを全駆除し終えたら、
 フアロ嬢に会いに行きます。
 すると、特殊なアイテムを手に入れることができます。」




変換 ~ P1007373


変換 ~ P1007374


ドリス
「これは便利です。
 戦闘中における消費MPが半分になるようです。
 
 ソードトラップを使うカリバーにはちょうど良さそうね。」


クイン
「そうですね。」


ドリス
「カリバーといえば・・・今ごろ何をしているのかしら。」


クイン
「報告に行きたいところですが、
 その前に寄りたいところがあります。」


ドリス
「はい。どこでしょうか?」



変換 ~ P1007348


クイン
「ミロスです。
 サブイベントの途中でしたから。」


ドリス
「あ・・・忘れてなかったのですね。」



クイン
「この若き騎士が悩んでいたように
 私にも悩みがありました。

 フロワロ全駆除ができるだろうかという悩みが。」



変換 ~ P1007352


変換 ~ P1007353


クイン
「私にも最初は迷いもありましたが、
 一心不乱にやることで、無事成し遂げることができたのです。

 この若き騎士もヴォルグのようにはいかなくても
 彼には彼にしかできないこともあります。

 自分にできる騎士道があるならば、
 それをまっとうすればいい。

 今回の私達も同じことだったのです。



ドリス
「すごい・・・
 フロワロ駆除作業とサブイベントの話が
 うまく折り重なっているかのような展開に・・・」


クイン
「では、カリバー殿に報告しに行きましょう」
スポンサーサイト



  1. 2009/04/11(土) 22:04:21|
  2. 世界樹っぽい「セブンスドラゴン」二人旅|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<[31th]アリエッタの新しいはじまり | ホーム | [33th]氷雪の少女>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://runark.blog6.fc2.com/tb.php/539-7d5f9d18

ルナーク

Category

Recent Comments

Recent Entries

Recent Trackbacks

Archives

Links

Search