ちくやらアーカイブ

このブログは気分よって構成されています。 BGMも気分で流してます。 あなたの忍耐に感謝します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

[34th]紅杭の塔・影 2F・幻視山脈戦

ドリス
「フロワロの全駆除、そして全部のドラゴンを狩り終えて
 裏ダンジョンに行く準備が整いました。

 この裏ダンジョンを二人旅のままで最後までいくことができるのでしょうか?」



カリバー
「というわけで、今回から裏ダンジョンである『紅杭の塔・影』を
 オレとドリスの二人旅で攻略していく。

 やることは本当にただ突破していくだけだから
 話的には面白くなりそうにないので、ちょっとした趣向も用意した。」





●紅杭の塔・影 1F


変換 ~ P1007523


カリバー
「さていきなりだけど、裏ダンに入って
 適当なシンボルモンスターと戦ってみたら、
 こんな大ダメージを受けてしまった。

 ちなみにこれ、堅牢かけた状態でのダメージだ。


ドリス
「え!?ダメージ大きすぎない!?」


カリバー
「というわけで、裏ダンジョンの敵は全体的に攻撃力が跳ね上がっている。
 真面目に被ダメを抑える手段がないと
 シンボルモンスターにすらまともに勝てないと思われる。」


ドリス
「おまけに、通常エンカウントの敵もすべてν系ドラゴンになっています。
 こちらはカリバーのエスケイプスタンスを使うことでまだ回避できます。」



変換 ~ P1007528


カリバー
「もっとやばいのはこっちかねえ。
 多分戦った人達がみな、
 「このゲーム最強の敵」と言ってるかもしれない
 恐るべきシンボルモンスターだ。


 まずこの写真、1ターン目の途中なんだけど
 オレが真っ先にぶっ殺されてしまっている。」


ドリス
「このトンボの足が速過ぎて、私が堅牢を使う前に
 カリバーが2回攻撃を喰らってやられてしまうんです!」



カリバー
「それだけでなく、混乱攻撃もしてくるからな・・・
 これでオレが混乱しても負けに近くなる。
 かなりきつい。」



変換 ~ P1007529


変換 ~ P1007582


カリバー
「対策をとるならば、ローグのリプレイスファーストがある。
 これを使って、真っ先にドリスが堅牢を使うことで
 まずオレが1ターンで殺されることがなくなる。

 耐えることができるようになったら、元々防御力は低いので
 ヴァンパイアで押し切ることができる。

 この時に灼熱をかけるかどうかは迷いどころで、
 混乱しても灼熱がかかってなければ、オレが暴れても耐えれるからだ。

 混乱を気にしないなら灼熱を使うことで、倒すスピードもあがる。」



変換 ~ P1007584


カリバー
「なんにせよ、安定しないから、
 無理して倒さず先に進んだほうが得策だと思う。」



変換 ~ P1007620


変換 ~ P1007596


カリバー
「あとは、マップの真ん中辺にある宝箱に
 キングケープという装備が手に入る。
 これは物理ダメージを15%カットするという優れものだ。
 絶対にとっておくこと。」




変換 ~ P1007587


変換 ~ P1007588


ドリス
「1階の最後には巨大なシンボルモンスターがいます。
 魔法攻撃ばかりをしてくる敵ですが、
 堅牢・月明かりで強化して、ヴァンパイアとキュアⅡを使っていれば
 難なく倒せるボスです。」


カリバー
「これで1階はおしまい。
 次は2階だ。」





●紅杭の塔・影 2F・幻視山脈戦

変換 ~ P1007593


ドリス
「2階にいくと、前に見たことの有るボス・・・ジ・アースと戦います!」


カリバー
「どうも、裏ダンジョンはボスオンパレードっぽいね。
 7匹の帝竜と2匹の真竜が2階ごとにでてくるようだ。

 すると、9×2=18階までは今までのボスで
 最上階に真ボスがいるという計算だろうか。」



変換 ~ p1007594


ドリス
「強さですが、当然裏ダンジョンだから、前のよりも格段に攻撃力がパワーアップしています。
 いかにもカリバーがうれしそうなので、カリバーから攻略の説明をしてもらいましょう。」


カリバー
「うんむ。
 やってくることは今までと同じで、

・ソウルプレス(全体のLIFE半減)
・なぎ払い(ランダム3回壊ダメージ)
・グランドクラッシュ(単体壊ダメージ)
・テイルパリング(物理無効化+カウンター)


 で、この中で危険なのが二つ。

 一つ目は残体力40%以上の時にソウルプレスの後にくるなぎ払い
 もう一つはテイルパリング



 思い出して欲しいのだが、ソウルプレスの後にくるなぎ払いのダメージが
 なぜか2倍になる現象がある。

 
 これのせいで裏ダンだと一発のダメージがでかく、
 それが3発も集中されて来たら
 ソウルプレスで体力を半減されているから
 オレがまず死んでしまうという事態に陥った。



 わかりやすく数値を出してみると、
 堅牢をかけた状態で、

 通常は一発70~80ダメージ
 これがソウルプレスの後に2倍になって
 一発140ダメージになる。

 普通に耐えれきれないのがわかってもらえると思う。」


ドリス
「グランドクラッシュのダメージも大きいです。
 カリバーが200ダメージくらい、わたしでも140ダメージくらいました。」


カリバー
「というわけで、まずなぎ払い対策ができないと勝てない。

 加えて次の問題がテイルパリング。
 物理攻撃をするとカウンターしてくるのだけど
 やっぱりこれにひっかかると即死してしまう。

 これは4人パーティーでやってる人なら
 別に一人欠けたぐらいでもすぐ立て直せるだろうけど
 二人旅だと全く別問題。

 これの問題はオレが死んだら、ドリスが前衛にでて
 ボスの攻撃に耐えれないため、100%負けという事実だ。


 おかげで、ヴァンパイアでおいそれと攻撃することができなかった。
 たまたまテイルパリングにひっかかったら負けるという戦いで
 それはあまりに運だからだ。

 なので、効率悪くても時間かかっても我慢して
 ソードトラップを狙い続けるしかなかった。」


ドリス
「以上をふまえて、どう戦えばいいのでしょうか?」


カリバー
「裏ダンジョンになってようやく戦闘が面白くなってきたので
 ここからボス戦に限り、携帯電話で録画しながら戦いました。」



ドリス
「携帯動画だから音が無いのと画質も悪いですが、
 実際に二人旅ではどうやって戦うのかという
 サンプル動画になると思います。



カリバー
「中の人は動画を撮るのが結構すきでね、
 別のゲーセンのシューティングゲームとかで
 結構動画を撮ってニコニコ動画にアップしてたりする。

 それの一環で、二人旅も録画したかったのだけど
 表が思ったより簡単で撮る価値がないと思ってやってなかった。

 けど、裏になってようやく普通に楽しめるようになったので
 録画環境がないのだけど、なんとか撮って見たという話だ。」



変換 ~ P1007599


カリバー
「戦闘前に装備の説明。
 とにかく物理ダメージを下げたいのだけど
 ソードトラップを連発するので消費MPのことをふまえた結果
 キングケープとエンプレスクラウンを使うことにした。

 クインさんとドリスの苦労の賜物が、いきなり効果発揮というw」



変換 ~ P1007600


ドリス
「私の装備の注意点は二つ。
 一つはボスよりも先にキュアⅡが使えるようにSPDをあげる装備にすること。
 ここでシルクウィップがものすごく重要になります!

 もう一つは、ソウルプレスの後になぎ払いが来た時に
 二発は耐えれるようにすること。」



カリバー
「残念ながら、ソウルプレスの後のなぎ払いは運ゲーになってしまった。
 ソウルプレスの後、オレは100%ガードに徹する。
 そうしないと即死するからだ。
 しかし、ドリスは後衛にいるから
 体力満タンなら二発までならギリギリ耐えることができる。
 けど、なぎ払い3発がすべてドリスに行ったら死んでしまう。


 どれだけなぎ払いが分散するかによる戦いになってしまった。」



ドリス
「あと、つけたしですが、プリンセスの『風と木』のスキルをここで覚えてます。
 ポイント余っていたから一気に10まで上げました。


 
 と、色々説明してきましたが、動画を紹介しますね。」







カリバー
「15ターン目にソウルプレスが来ている。
 これを16ターン目にどう捌くかが勝つためのポイント。
 ソウルプレス後はドリスのEXがあるうちは
 EXヒールエアロで耐える。


 しかしEXが切れてしまったらどうするか?」


ドリス
「その場合は完全に運です。
 私がミルロメディスをカリバーに使って回復し、
 なぎ払いがカリバーに三ついくか、カリバーに二つ・私に一つ来るかの運ゲームになります。」


カリバー
「これでなぎ払いに耐えつつ攻撃し、
 ボスの体力が50%くらいになったら、ヴァンパイアをつかえるときに
 EXヴァンパイアにして与ダメをあげる。
 これは早く、ボスの残体力を40%以下にするため。
 動画でいうと、30ターン目くらいからが40%で
 そこからボスの行動が変わる。

 ソウルプレス後のなぎ払いダメージが通常に戻り
 テイルパリングもしてこなくなる。」


ドリス
「この状態の時にはヴァンパイアとキュアⅡで回復しながら戦います。」


カリバー
「そしてボスの体力ギリギリになったら通常攻撃を一切やめる。

 境目としては37~38ターンかな。
 38ターン目で攻撃をやめてオレがガードをしたのは、モード確認のため。
 最終モードは、テイルパリングとソウルプレスしかやってこなくなる。



ドリス
「こうなったら、こちらとしては魔法攻撃アイテムを連発します。」



変換 ~ P1007617


カリバー
「というわけで撃破だ。
 なぎ払い対策が大変だったけど、なかなか面白かったよ。」


ドリス
「さすが裏!という感じになってきました。」



スポンサーサイト
  1. 2009/04/12(日) 15:37:45|
  2. 世界樹っぽい「セブンスドラゴン」二人旅|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<[33th]氷雪の少女 | ホーム | [35th]紅杭の塔・影 4F・幻視鳥王戦>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://runark.blog6.fc2.com/tb.php/541-f9d4bf17

ルナーク

Category

Recent Comments

Recent Entries

Recent Trackbacks

Archives

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。