FC2ブログ

ちくやらアーカイブ

このブログは気分よって構成されています。 BGMも気分で流してます。 あなたの忍耐に感謝します。

[44th]紅杭の塔・影 20F・母なる竜『ND』戦

ドリス
「ついに紅杭の塔・影の最上階に来ました。
 今まで9体のボスを倒してきましたが、
 この階で最後です。
 おそらく『真ボス』がいると思われます。」


カリバー
「で、早速戦ってみたんだが…」


ドリス
「・・・」


カリバー
「・・・」


ドリス
「・・・」














変換 ~ P1007800


カリバー
「真ボスだと思ったらイベント用ボスだった・・・


 つまり、弱かったorz


ドリス
「これは、さすがのカリバーもがっかりしてました・・・」


カリバー
「がっかりっちゃあ、がっかりなんだけど、
 まあ、ここまで来るのに裏ヘイズしか強いボスいなかったからね・・・
 なんかこの仕打ちでもいいような気がしたよ・・・」


ドリス
「あまりに弱かったので、写真ほとんど撮ってませんでした。」



変換 ~ P1007801


カリバー
「軽く説明すると、最後のボスの名前は『ND』といって、
 おそらく「オレ達人間を生み出したドラゴン」だと思う。

 で、写真撮ってないんだけど、このドラゴンの両脇に
 護衛というか敵が二体いる。」


ドリス
「名前は『コノハナチルヒメ』と『コノハナサクヒメ』
 といいます。

 それですね、この二体の護衛がいる間は
 NDはずっと呆けて何もしてきません。

 だから、簡単に倒すならば、呆けている間にNDを倒してしまえばいいのです。」


カリバー
「二体の護衛は二体ともいる間は普通に攻撃してくるけど、
 どちらか一体倒した場合は、特殊な行動をしてくる。

 『コノハナチルヒメ』は柳という全体睡眠攻撃を連発。
 『コノハナサクヒメ』は徒花という全体混乱攻撃を連発。

 この場合、全体混乱攻撃はさすがに捌けないので、
 先に『コノハナサクヒメ』を倒し、
 睡眠攻撃を喰らいながらでも『コノハナチルヒメ』を倒す。

 するとNDだけが残って、その時になってはじめてNDが攻撃を開始する。」



変換 ~ P1007803


ドリス
「NDの攻撃も今までのボスに比べると全然弱いです。
 普通の中ボスクラスといっていいでしょう。
 だから、全然苦戦することなく倒せるはずです。

 ある攻撃を除いてですが・・・



変換 ~ P1007810


カリバー
「それはこの『因果』という攻撃。
 最初戦ってたら突然これがきて、どうなったかというと・・・」



変換 ~ P1007811


カリバー
「見ての通り、全体即死ダメージを喰らって全滅した。」


ドリス
「これが唯一ラスボスらしい攻撃です。


 でも、いつくるかわからないのであれば、
 世界樹2の真ボスの夜の部みたいになっちゃうわね・・・」


カリバー
「まあだから、この『因果』をちゃんと攻略することで
 このNDに勝つということにする。」




変換 ~ P1007809


カリバー
「そして調べてたんだけど、
 これもすぐにタネがわかってしまったんだよねえ・・・」


ドリス
「あれ?
 0ダメージになってるわよ!?」



カリバー
「もう面倒くさいから答え言っちゃうけど、

 『因果』は3の倍数ターンに攻撃行動をしていると
 即死ダメージが飛んでくる。


 ただ、必ずしもそうではなく、実際は3の倍数ターンで攻撃した時に
 ある一定の確率で因果を使ってくるみたいな感じだ。


 だから、どうすればいいかというと、
 3の倍数ターンの時にバカになればいいw


ドリス
「それって、3の倍数の時にバカになる芸人さんのネタと同じことね?」


カリバー
「まあ、要は攻撃しなきゃいいんだよ。
 逃げてもいいし、防御してもいいから、攻撃しなければいい。
 そしたら因果がきても0ダメージさ。

 『因果応報』っていうからね、調子に乗って攻撃してたら
 因果がめぐって自分に跳ね返ってきた・・・


 そういう意味の攻撃方法なんだろう。」






カリバー
「というわけで、オレ達の二人旅最後の動画だ。
 わざとNDを残して撃破している。

 それくらいやらないとオレが納得しないからなw」




変換 ~ P1007807


ドリス
「勝つとこのような台詞をいって、エンディングになります。


 つまり、本体はここにはいなかったということなのでしょう。」


カリバー
「うーん、これって続編フラグと解釈していいのかな?」


ドリス
「そうよねえ・・・
 セブンスドラゴンの中でヘイズとニアラを倒し、
 NDが姿を見せたということで、7体中3体しかでてこなったということだし・・・」



カリバー
「ま、いいや。
 最後にこんなクソ弱いボスと戦わされたんだ。
 もう何も議論もする気にならん。


 とりあえず、
 二人旅で表・裏ともどもクリア達成~!


ドリス
「わ~~、ぱちぱちぱち~・・・」


カリバー
「うわ・・・盛り上がらね~」


ドリス
「しょうがないわね・・・
 真ボスがあれじゃあ・・・
 なんか倒したという気にならないもの・・・」


カリバー
「だよなあ・・・
 これだったら裏ヘイズがラストにいてくれたら
 どんなに盛り上がったか・・・



ドリス
「いつも文句を言わない私ですが、
 今回のこの最後の敵については文句が言いたくなりました・・・

 何を考えて作ったのでしょう・・・」


カリバー
「ね。
 いつも文句言わないドリスが文句言うほど
 白けてしまった・・・


 これは、ゲームデザイナーの完全な失態だと思うぞ。」




変換 ~ p1007812


カリバー
「一応、クリアしたときのレベルとかスキル構成を説明しとくわ。
 まだこの話をした方が、読んでる人の参考になると思うので。

 オレは結局、世界樹の「剣ダクハン」風になった。
 そもそも、世界樹シリーズ通してずっと剣ダクハン使いだったしね。

 だから、ドレインバイトとトラッピングに相当するスキル構成。

・POW…10
・SPD…5
・INT…5
・ダガー…10
・ソードマスタリ…10
・ヴァンパイア…10
・ソードトラップ…5
・フットワーク…5
・リプレイスファースト…1
・エスケイプスタンス…5
・トリックリアクト…1
・余り6


 だったと思う。

 「ななどらしむ」さんのところでスキルツリーを作らせてもらったので
 そちらも参考にして欲しい。

 http://www.asahi-net.or.jp/~IE2K-WTNB/7th/skill/rog.html?20HSGAJf6fas2b1

 
 スキルの覚えた順番は

 ・ヴァンパイア5止め
 ・ヨーバー大滑砂までスキル貯めておいて
  ここでソードトラップ5
 ・フレイムイーターでリアクト
 ・フリーになってからエスケイプスタンス
 ・その後ヴァンパイアを10
 ・先にソードマスタリを10
 ・その後ダガーを10
 ・裏ダンジョン入って、最初のトンボ対策にリプレイス

 多分世間一般だと、ハイド > ソードトラップ だと思う。

 確かにハイド⇒リアクトは派手で強いが、
 オレはいまいち戦略性を感じなかったので、
 トラッピングで最後まで通した。
 
 裏ヘイズと裏キングドラゴン戦のソードトラップが良かったかな。」



変換 ~ P1007813


ドリス
「私の方ですが、
 世界樹の「バード」風にしました。
 シリーズ通してバードを使っていたので。
 だから、スキル構成は完全に支援系です。
 途中一回だけスキルの振りなおしをしました。

 ・SPD…5
 ・INT…5
 ・ノーブル…10
 ・風と木…10
 ・月明かり…10
 ・灼熱…10
 ・堅牢…10
 ・挑発…5
 ・キュアⅡ…7
 ・プリンセスリアクト…1
 ・余り0



 ななどらしむさんのところを借りて、スキルツリーも登録しました。

http://www.asahi-net.or.jp/~IE2K-WTNB/7th/skill/pri.html?20bsJkcK9qobN1


 スキルの覚えた順番は

 ・最初は灼熱5、堅牢5、キュアⅡを覚えました。
 ・間違えて灼熱8止めという中途半端にあげてしまいました・・・。
 ・キュアⅡを5で止めました。
 ・ヨーバー大滑砂までスキルを貯めて
  カリバーがソードトラップを覚えると同時に
  ノーブルを10にして月明かりを3くらいまで覚えました。
 ・月明かりを5にしてからプリンセスリアクトを覚えました。
 ・月明かりを7止めにしました。
 ・そこから表の最後までスキルをためて
  一気に灼熱を10⇒月明かりを10⇒堅牢を10にしました。

 ・挑発は裏ダンジョンのヘイズで覚えました。
 ・裏ダンジョン18FでキュアⅡを7にしました。


 攻撃は基本的にしないので、
 ボスよりも先にキュアⅡを使えるSPDを
 確保することに専念してました。
 だから、「シルクウィップ」がものすごく重要でした。」



カリバー
「以上かな。
 オレ達が二人旅をやるときは

 アタッカーがカリバー
 サポーターがドリス

 というのが、長年の伝統だ。
 大体どのゲームでもこれで安定して、
 セブンスドラゴンでは最後まで通用してしまった。」


ドリス
「裏までクリアできるとは思ってませんでしたが、
 実際にできてしまったのだから、
 難易度は低いゲームだったのだと思います。」


カリバー
「ま、これで本当に終わりだな。」


ドリス
「次回でエンディング?」


カリバー
「もうちょっとだけ続くんじゃ」
 
スポンサーサイト



  1. 2009/04/29(水) 16:28:25|
  2. 世界樹っぽい「セブンスドラゴン」二人旅|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<[43th]紅杭の塔・影 18F・幻体真竜No3戦 | ホーム | [45th]王者の剣・ヒュプノス・ルシェの民>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://runark.blog6.fc2.com/tb.php/551-0efc51a4

ルナーク

Category

Recent Comments

Recent Entries

Recent Trackbacks

Archives

Links

Search