FC2ブログ

ちくやらアーカイブ

このブログは気分よって構成されています。 BGMも気分で流してます。 あなたの忍耐に感謝します。

DQN二人旅、第17話 「さらば!超人ボディ!」

変換 ~ P1009636


ドリス
「宝の地図のボスも倒したので、本編に戻ります。
 でも、だからといっていきなりこの写真は・・・」


カリバー
「城の入り口でいきなり戦闘開始だ。」





変換 ~ P1009652


変換 ~ P1009651


カリバー
「さて戦闘だが、
 せいこんこめて念入りにブチ殺してさしあげる言われたので
 こっちもせいこんこめてスキル上げして
 念入りに二人ミラーシールドを使って
 魔法を封印してさしあげましょう。


 するとどうなるかというと・・・」



変換 ~ P1009653


カリバー
「よわっちい物理攻撃しかしてこなくなりましたww」 


ドリス
「これはちょっとかわいそうだったわね・・・
 2回行動して、バギマやメラミで攻撃
 喰らったら全滅しそうなメダパニも使ってきて
 自分にはマホカンタを使ったりと、強そうだったのに・・・」


カリバー
「いてつくはどうがあったらまた違ったんだろうけどね。」



変換 ~ P1009656


カリバー
「というわけで、帝国には三人の将軍がいるそうで
 いわば三バカの二人を倒したというわけだ。」


ドリス
「三バカいうと、世界樹の三人旅を思い出すわ・・・
 三羽烏でこの人に散々三バカ三バカ言われたことを・・・」



カリバー
「クインさんの出番がこのままだとまたしてもなさそうだな・・・」



変換 ~ P1009657


カリバー
「で、城の中の探索は省くけど
 この城の中に賢者になるためのクエストを出してくれる本棚があるので
 それだけは絶対抑えておこう。」


ドリス
「そして、城をのぼって三バカ・・・じゃなくて三将軍の最後の一人が現れました。
 いかにも「武人」という感じです。」



変換 ~ P1009659


変換 ~ P1009661


カリバー
「戦闘だが、確かに今までの二人よりは強かった。
 基本物理攻撃しかこないので、やはりスカラ系で固めればいいのだが、
 「斬り上げ」という攻撃がいわば「休み状態」にしてくるので
 いざ回復しようという時にこれを食らうと
 回復が遅れてアウツということになりかねない。

 なので、基本回復は早めにしておくこと。
 これだけを守れば、やはり物理攻撃しかこないから
 対策はなんとでもなるかな。」




変換 ~ P1009663


カリバー
「所詮はスライムジェネラル以下の強さ。
 天地の構えでカウンター当てて遊んでたよ。」



変換 ~ P1009665


カリバー
「勝手に誇りを感じて死んでいきました」


ドリス
「この奥に帝国の王様が控えています!」



変換 ~ P1009666


変換 ~ P1009667


変換 ~ P1009668


カリバー
「帝国のボス、ガナサダイの登場
 そして天使界を裏切って帝国軍に就職したイザヤールの姿が。
 どうやら帝国軍も給料が安いのでストライキを始めたようです。


ドリス
「違う!
 イザヤールさんは、やはり天使界を裏切ってはいなかったのです!」



変換 ~ P1009670


カリバー
敵をだますにはまず味方から・・・

 とは言うけど、お前、オレはそのせいで
 本気で死にかけたんですが・・・」


ドリス
「いや、あれは演技ではなく本当に殺そうとしたんだと思うけど・・・」



変換 ~ P1009672


変換 ~ P1009674


変換 ~ P1009675


カリバー
「そしてガナサダイの寝首をかこうとするものの
 全然力及ばず、余裕で返り討ちにあってしまった。

 なんだこいつ・・・
 「上司フィルター」がなければ
 オレ達より弱いんじゃないか?
 」


ドリス
「何かイラついてるわね・・・もしかして・・・」



変換 ~ P1009677


変換 ~ P1009680


変換 ~ P1009681


カリバー
「で、戦いだが、ここまで来てもスライムジェネラル以下の強さだった。
 1~2回攻撃してきて、「いてつくはどう」も使ってくるから
 確かにだいぶ強くはなってきているが、それでも弱い。

 適当にスカラとミラーシールドを使って
 テンションバーンでテンションあげつつ無心攻撃していればOKだった。」



変換 ~ P1009683


変換 ~ P1009685


変換 ~ P1009690


カリバー
「倒したあとに第二形態になるが、
 こっちも基本やることは同じだ。
 HPは第一形態より1.5倍くらい増えているので
 時間かかるだけで、攻略自体は全然変わらず。

 手抜きしているようだが、本当に弱かったので
 全然印象に残ってないのよ・・・

 だから後日にこれを書くときに困ってしまうんだなw」


ドリス
「すみません、やはり敵を倒す順番を間違えてます。
 スライムジェネラルなどの宝の地図は
 ゲームを一度クリアしてからやるべきでした。」



カリバー
「管理人の性格を考えたらそれは無理だwww
 レアアイテムよりゲームシナリオよりもなによりも戦闘が好きなんだから。」



変換 ~ P1009694


変換 ~ P1009695


カリバー
「で、役立たず上司の弁明。
 影でこそこそと小細工するのは弱者の証拠。

 覚えておくんだ…ヤー公……
 部下を裏切って、ボスに近づけば寝首がかけるだと…
 
 バカじゃねえのか……?
 そういうこざかしいことと無関係のところに……
 強者は存在する───!



ドリス
「ヤー公って誰よ!?」



変換 ~ P1009697


変換 ~ P1009699


変換 ~ P1009701


カリバー
「で、ガナサダイの最後の攻撃からオレをかばって
 イザヤールは逝ってしまう。

 まあ、そんな役回りだろうが、イザヤールの目的はもう一つあるようだ。
 この帝国城のどこかに、イザヤールの師匠である天使が捕まっているらしい。

 それを助けにいく必要があるようだ。」


ドリス
「上級天使のさらに上の存在・・・?」



変換 ~ P1009713


カリバー
「ガナサダイを倒したことで
 今までいけなかった「地下」にいけるようになる。

 この城の地下では、この前の45組の話と同様、
 天使がたくさんとらわれていて、その力を抽出され続けていた。」


ドリス
「イザヤールさんの師匠も同様に捕まって
 その力を吸われ続けているのね。
 早く助けないと。」




変換 ~ P1009715


カリバー
「そして、城の最奥地に思わし気な牢屋があった。」


ドリス
「その中には・・・」



変換 ~ P1009716


変換 ~ P1009718


変換 ~ P1009720


変換 ~ P1009724


変換 ~ P1009726


ドリス
「ストーリーの根幹なので詳しく書いていいのかわかりませんが
 ナザム村であった幽霊の女性の話を覚えているでしょうか。

 300年前にあったあの天使がここにとらわれていて
 300年間ずっとうらみ・怒りを募り続けて、帝国をも裏で操っていたことが発覚しました。」


カリバー
「ゲームを初めて一番最初にオレが天使界から人間界に落ちることになった
 謎の閃光もこの天使がきっかけだったとは・・・

 300年幽閉されて、ずっと人間を憎しみ続けて
 その憎悪が神をも越える力になってしまった。

 牛丼一筋300年とは某キン肉漫画からだが
 憎悪一筋300年は、まじで恐ろしい力になりそうだ。



ドリス
「当然、「上司フィルターの法則」により
 カリバーは戦うことができずに一方的に負けてしまいました。」


カリバー
「天使って本当に不便だな・・・

 つうか、今すげえ気づいたんだけど、
 このエルギオスという天使が300年前にナザム村に落ちたことが
 今回の話の全ての発端のようだが、
 天使は普通、人に姿見えないのに
 なぜこいつは姿が見えてしまったのか・・・



ドリス
「それはあなたも同じでしょう。
 天使界から落ちたときに天使のわっかや翼がなくなってしまい
 人間に見える「半天使」になったじゃない。」


カリバー
「天使界から落ちると、何かしら能力が失われるのかね。」



変換 ~ P1009728


変換 ~ P1009729


ドリス
「エルギオスはバルボロスを連れて天界にいってしまいました。
 おそらく一度死んだバルボロスをよみがえらせたのもエルギオスなんでしょう。

 そして、遅れてラテーナさんがやってきました。」


カリバー
この女の幽霊も300年間もあって
 どこを探し回ってたんだよと思うよwww


 帝国がらみだったら当然真っ先に帝国を調べろよwww」



変換 ~ P1009732


変換 ~ P1009734


変換 ~ P1009736


変換 ~ P1009737


変換 ~ P1009738


変換 ~ P1009739


変換 ~ P1009740


変換 ~ P1009741


変換 ~ P1009742


変換 ~ P1009745


変換 ~ P1009746


変換 ~ P1009748


変換 ~ P1009750


ドリス
「大事な話なので、写真をたくさん貼りました。
 エルギオスを助けるためにしたことが
 全て裏目になってしまったという話です。

 ラテーナさん、かわいそう・・・」


カリバー
「と、大半の人は思うだろうが、
 オレは全然逆の感想を抱いたよ。

 余計なことすんな!と。」


ドリス
「え!?」


カリバー
「お前、この話からすると、結局今のこの苦境の原因は
 すべてこいつらのせいってことになるじゃないか。

 こいつらがエルギオスをだます形にしてしまったことが全ての原因。
 そしてそれは全てこいつらが弱いから色々小細工をしようとしたのが原因。


 上の方でイザヤールが死ぬときにオレがいった台詞をもう一度言ってやる。



 影でこそこそと小細工するのは弱者の証拠。
 バカじゃねえのか……?
 そういうこざかしいことと無関係のところに……
 強者は存在する───!



ドリス
「それはあなたが強いからそういえるのでしょう!
 ラテーナさんたちがガナン帝国とまともに立ち会えるわけないじゃない!」


カリバー
「けど、エルギオスは戦えたんだよ。
 たとえ一人でも、戦いの結果ぼろぼろのなろうとも。
 元々その覚悟もあったはずだ。
 自分がどうなろうと、村の人達は助けてみせる。

 それに撃退したあと、帝国にせめて滅ぼすことだって
 考えたかもしれない。

 戦う力がある奴は当然戦おうとする。
 それはツワモノの権利だ。

 それを理解できないで、小細工するから今回の原因を招いてしまった。」


ドリス
「むー、なんか違う気がするんだけど・・・」


カリバー
「楽してへーこらして生きる道に未来なんてないんだよ。

 現在のリアルに置き換えてみると、
 某ミンス党が「子供手当」とか「高速無料」とか甘い話をばら撒いているけど
 そうやって金だけもらって世の中がよくなるとか思ってたら
 100%間違いだ。

 金もらって楽することは「戦うことを放棄する」ことであって
 戦い・・・言い換えると、努力とか苦労とかそういうのものを
 放棄した人間が、果たして強く生きれるか?


 そんなこともわからないバカが多いから
 世の中どんどんダメになっていくんだよ。

 世の中をよくしようと思ったら、
 まず自分達が強く・賢くならないといけないんだよ。

 
 甘言に釣られている奴らが大半な時点で
 日本終了確定だ!



ドリス
「どうしたの、急に、全然関係ない話をして。」


カリバー
「今日、このブログを書いているのは8/15です。
 大事な日なので、空気を読まずに書きました!」




変換 ~ P1009751


変換 ~ P1009754


変換 ~ P1009757


変換 ~ P1009758


カリバー
「話を元に戻すか。
 最後の敵が判明したわけだが、「上司フィルター」が有る以上
 オレから手は出せない。

 この欠点を克服しなければならないのだが、
 今までオレが助けた人間達の感謝の気持ちが
 新しい女神の果実を生み出した。

 これを食べれば人間になることができる。」


ドリス
「果実は食べた人の願いをかなえる力がある。

 今、カリバーが望むのはエルギオスを倒す力を手に入れること。
 天使界の理がある以上、天使ではエルギオスは倒せないけど、
 人間になれば倒すことができる」


カリバー
「これ、あれだなー。
 キン肉マンのブロッケンJrだな。

 カピラリア光線からソルジャーを助けるためにとったあの方法と同じだ。


ドリス
「え!? なんのはなし?」



変換 ~ P1009761


変換 ~ P1009762


カリバー
「いずれにしろ、この果実を食べない限りはどうしようもない。
 天使でいていいことがあったかどうかなど、オレは知らない。

 戦わないと生き残れないなら、
 やることも覚悟も一つしかない!





名称未設定 2のコピー


わが父、ブロッケンマンよ・・・
我が家の誇りと名誉の証である、この超人の体
捨てることをお許しください!




名称未設定 4のコピー


さらば!



名称未設定 6のコピー


超人ボディよ!










変換 ~ P1009783


ドリス
「言ってることとやってることの差が違いすぎるわね・・・」


カリバー
「わはははwww」

スポンサーサイト



  1. 2009/08/15(土) 12:32:18|
  2. ドラクエ9二人旅|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<DQN二人旅、第16話 「宝の地図編3 vsイデアラゴン、Sキラーマシーン」 | ホーム | DQN二人旅、第18話 「君のそのまっすぐな瞳を信じよう」>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://runark.blog6.fc2.com/tb.php/574-5b8f7545

ルナーク

Category

Recent Comments

Recent Entries

Recent Trackbacks

Archives

Links

Search