ちくやらアーカイブ

このブログは気分よって構成されています。 BGMも気分で流してます。 あなたの忍耐に感謝します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

B4F 汚泥より突きつけられし試練の刃

P1003075.jpg


ドリス
「地下四階を探索します。
 あと一階下にいけばボス戦です。」


カリバー
「  ,j;;;;;j,. ---一、 `  ―--‐、_ l;;;;;;
 {;;;;;;ゝ T辷iフ i    f'辷jァ  !i;;;;;  5階ごとにボスがある!
  ヾ;;;ハ    ノ       .::!lリ;;r゙  
   `Z;i   〈.,_..,.      ノ;;;;;;;;>  そんなふうに考えていた時期が
   ,;ぇハ、 、_,.ー-、_',.    ,f゙: Y;;f     俺にもありました
   ~''戈ヽ   `二´    r'´:::. `! 」


ドリス
「え?」



P1003090.jpg


P1003091.jpg


カリバー
「何か今回は4階ごとにボス戦があるみたいだぞ。
 街に戻ってミッション受けろとか言ってるから、多分ボスがいるんだろう。」


ドリス
「4階ごとになったのね。
 大航海とか他にあるから容量が足りなかったのかしら・・?」



P1003080_20100410131458.jpg


P1003081_20100410131458.jpg


ドリス
「街に戻れとのことなので戻ったついでに宿屋にいって
 カナエさんにアガタ君のことを教えてきました。」




P1003093.jpg


P1003094.jpg


カリバー
「んで元老院からはボス討伐のミッションが発令された。
 どうも通常はこの第一階層止まりで冒険者を遊ばせているっぽいね。

 けど、その中で腕ききがほしくなった時にボス討伐をやって選別しているのだろう。」


ドリス
「何か目的があって、私達の力を借りようとしているのかしらね。」



P1003099.jpg


ドリス
「というわけで街と地下四階を行ったりきたりですが、
 四階の探索を開始します。」



P1003100_20100410132011.jpg


P1003102_20100410132011.jpg


カリバー
「この階にいるFOEも周回タイプ。
 つまり自分からぶつからない限りは安全だ。

 ちなみにFOEは鹿だった。
 前作までだと地下二階とかにいたキャラだね。」


ドリス
「狂乱と書いて有るとおりで混乱攻撃をしてきます。
 対策ができてないとこれだけで全滅してしまいます。

 そういえばプリンセスには状態異常を一回だけ防ぐ
 予防の号令というスキルがあります。

 これをFOEよりも先に使えるならば勝てる見込みがあると思います。




P1003105.jpg


ドリス
「探索を続けていると、またアガタ君に会いました。
 今度はカナエさんもいるみたいですが。」



P1003106.jpg


P1003107_20100410132339.jpg


ドリス
「どうやらこの先にボスがいるようですが、
 協力を申し出ています。
 ボス強そうだし、いっしょに戦った方がいいでしょう。

 では早速・・・」



dagakotowaru.jpg


カリバー
「だが断る」


ドリス
「え~~~~~!?」



P1003109_20100410132339.jpg


カリバー
「甘えるのも一度だけだ。
 オレ達だけでやるぞ。」


ドリス
「何でよ!
 いいじゃない別に助けあったって。」


カリバー
「おいおいまてよ。
 お前、このミッションで最初に何言ってたか覚えているか?

 【選別】というのは、【選んで別ける】から【選別】というんだよ。
 

 オレ達のギルドとあいつらのギルドが組んだら選別にならんだろうが。」


ドリス
「それはそうだけど、助け合ったっていいじゃない!」


カリバー
「甘いこと言ってんなよ?

 そりゃ助け合いもいいけど、そればかりやってるとな
 いざという時、自分だけで何とかしないといけない時に
 覚悟が足りなくなるんだよ!



ドリス
「あなたはいつも一人で何とかするからいいけど
 そうじゃない人だっているのよ!」


カリバー
「なんだ?
 ここでギルド解散するか?」


ドリス
「う・・・」


カリバー
「・・・いくぞ。
 こいつら以外にもギルドはいるんだ。
 道草食ってるわけにいかない。」


ドリス
「・・・わかったわ。」



P1003110.jpg


カリバー
「ひと悶着あったがボスの部屋までたどり着いた。
 早速戦おうとしたが、このボスがとにかく逃げまくって捕まらない。」


ドリス
「アガタ君が協力しようといったのはそういうことだったね。
 手分けして追い詰めないと戦えないわ。」


カリバー
「うーん・・・いや、何か答えがあるはずだ。
 基本ボスはオレ達から逃げ続ける。
 すみっこにおいやっても沼地があるせいですぐ逃げられる。

 すると、追い詰める方法じゃ無理ってことだ。
 別の方法があるぞ。


 ドリス、そこらの壁を調べてみろ。
 読みが当たれば・・・」



ドリス
「あった!
 抜け道があったわよ!」


カリバー
「やはりな。」



P1003113.jpg


カリバー
「オーケーだ。
 これしきのことで他ギルドの手を借りたとあっちゃ
 ちくやらギルドの名折れだぜ。」


ドリス
「うう・・・」


カリバー
「まあドリスはやさしいから・・・

 ということにしといてやる。
 けどボス戦では厳しくいけよ。甘えは死ぬぞ。」


ドリス
「わかったわ。」



P1003114.jpg


カリバー
「ボス戦だ。魔魚ナルメルというナマズ。
 とりあえず最初は検証かねて戦うんだけど、
 マッドスローという一列に対する盲目ダメージ攻撃がいきなりうざかった。」


ドリス
「これを二人して喰らうと全然攻撃が当たらなくなります。」


カリバー
「複数ダメージというのもよくないな。
 オレ達は回復力が足りてなくてメディカ頼りだから
 二人同時に攻撃を喰らうと二人してメディカを使って
 まず物資が足りなくなる。

 すると、同列ではなく前列・後列に分かれて戦った方が良さそうだ。」


ドリス
「すると、今までどおりあなたが前列ね。」


カリバー
「いや、違う。
 そうか、ここでパイレーツであることの利点が生きるわけか。

 作戦は決まったぜ。
 その名も


 お姫のお尻にソイヤッサ作戦だ!


ドリス
「え~~~!?
 何その名前!?」




カリバー
「いや、単純にオレが後列から【銃】で攻撃するってだけの話さ。」


ドリス
「なるほど!パイレーツは剣と銃が使えて
 銃は後列からもダメージが落ちない!」


カリバー
「加えて、防御力はパイレーツよりもプリンセスの方が上だから
 盾役になるのはプリンセスの方がいいってことだ。」


ドリス
「このシリーズをプレイして結構長いけど
 私が前衛でカリバーが後衛になるのって実は初めてじゃないかしら?」



カリバー
「うん、実はそうなんだ。
 いつもオレが先陣切ってたんだけど、初めてドリスを前に立たせるよ。」


ドリス
「これは大役ね!
 がんばらないと!」



P1003120_20100410134106.jpg


P1003121.jpg


P1003122.jpg


カリバー
「そしたらオレの武器を強化しないとな。
 大航海クエストで雑魚敵が出す素材から強い銃が作れる。
 ボスの弱点は雷っぽくて毒属性じゃ威力でないけど
 それでも現時点で一番攻撃力が高いからこれを使う。」



P1003153_20100410134518.jpg


カリバー
「スキルも紹介しておく。
 パイレーツでこのわけわからんスキルの振り方してボスに挑むってのも
 正直大丈夫か?といわんばかりだ。

 オレも心配だよwww」


ドリス
「いや、本当に大丈夫なの?
 攻撃スキルが無いわよ?」


カリバー
「幸運の女神のクリティカル狙いというのがそもそもアレなんだけど、
 メインはリミットブーストかな。
 これは後で説明するよ。」


P1003154.jpg


ドリス
「私は守りに徹っします。
 リインフォースでの回復がメインになります。
 ちょっと回復量は足りないのですが、スキルで回復できるのがこれしかないので
 がんばるしかありません。」


P1003136.jpg


P1003137_20100410135135.jpg


カリバー
「隊列は作戦通り、オレがドリスの後ろからソイヤッサする。
 リミットは突撃陣形を使用。
 リミットブーストにより5~6ターンでリミットが溜まるので
 ほぼ常時突撃陣形がかかった状態で攻撃できる。」


ドリス
「その状態でクリティカル率をあげてダメージを稼ぐのね。」


カリバー
「TPを回復するアムリタはオレよりもドリスに使うべきだと思ったからね。
 だからTPを使うスキルを持たないことにしていたんだよ。」



P1003148_20100410135426.jpg


P1003149_20100410135426.jpg


カリバー
「では戦闘開始。
 突撃陣形や攻撃の号令をかけてダメージをあげて戦う。
 余裕あればイーグルアイを使ってボスの防御力も下げるといい。」


ドリス
「あれ?攻撃力アップの効果が重複している!」


カリバー
「うん。何か3ではそういう仕様になったらしい。」



P1003139.jpg


P1003142.jpg


カリバー
「そんな感じでダメージを与えていくと、
 ボスが地中に潜ってしまった。」


ドリス
「ナマズだけに潜るのね。
 どうすればいいの?」


カリバー
「攻撃できないから防御するしかないだろ。」


ドリス
「ボスが出てくる【大地震】という攻撃をしてきたわ。
 70ダメージも喰らっちゃった。
 防御してなかったら即死してたかも・・・」


カリバー
「厄介だねえ・・・
 これが来たらすぐメディカ使わないとダメか。
 ちょっとやばいぞ、メディカが切れそうだ。」


ドリス
「うう・・・」



P1003144.jpg


P1003145.jpg


カリバー
「有る程度ダメージを与えて残りの体力が半分以下になったら
 ボスが逃げ出してしまった。」


ドリス
「同時にFOEも沸きました。
 ボスはこの部屋にいて、さっきまでと同じように逃げ回ってるようです。

 どうする?
 FOEをかわしてうまく追い詰めればまた戦えそうよ。
 けど、メディカの残りが少ないから一旦戻ったほうがいい?」


カリバー
「むむ・・・そういう展開になるとしたら、
 あれを使うしかない。
 なるほど、だからあのアイテムがあったわけか。
 よく考えてるね。」


ドリス
「あのアイテム?」


カリバー
「それは・・・」



P1003146.jpg


カリバー
「野営だ」


ドリス
「え?そんな回復ありなの?」


カリバー
「多分、街に戻らなければいいってことだと思う。

 それにストーリー的なことを言わせてもらえば
 弱ったボスを放置して街に戻っている間に
 他のギルドに倒されたらミッション失敗


 ・・・ということだ。
 それがあの小僧忍者に手柄が奪われたとかあったら
 オレはマジギレするぞww」


ドリス
「なるほど、そういう風に考えれば野営で即座に回復して再戦というのは
 話の筋が通っているわね。」



P1003150_20100410140402.jpg


カリバー
「で、後半戦の開始なのだが、ここで問題が勃発。


 実はここからボス戦が熾烈を極めて、管理人が倒すの必死で
 写真全然撮ってなかったw



ドリス
「説明します。
 ボスは体力が減ってくると【ウィップリッパー】という攻撃を使ってきます。
 通常攻撃をランダムに3~4回使ってくるのですが、
 これが非常にきつかったのです。」


カリバー
「残体力100オーバーないと、集中攻撃喰らったら即死する。
 だからメディカを大量に使わざるを得なく
 なかなか攻撃の隙間が見つからなかった。

 そして、メディカが切れてしまい、探索中に手に入れたメディカ2を使うなどして
 戦っていたが、最後の最後でドリスがやられてしまい、
 オレもあと一回喰らったら死ぬというところまで追い詰められてしまったんだ。」


ドリス
「もうだめかと思ったのですが、
 カリバーが最後の攻撃をした時にクリティカルがでて・・・



P1003151.jpg


カリバー
女神の力でソイヤッサ


 という結果になったとさwww


 いや、幸運の女神が最後に助けてくれるとか
 オレ的には劇的だったwww」


ドリス
「うう・・・私だけ死んじゃって経験値がそろわなくなってしまったわ・・・」


カリバー
「ちょっと余裕がなかったから仕方ないよ。
 それに休養しかすればいつでも経験値はそろえられるから
 今回はもうしょうがないってことで。」



P1003155.jpg


P1003156.jpg


カリバー
「というわけで、ミッションクリアして
 第二階層にいけるようになった。」


ドリス
「アガタ君には悪かったかな・・・
 でも、いずれアガタ君たちもボスを倒して自力でいけるようになると思う。」


カリバー
「手段選ばないという根性は実は気に入ってたけどね、
 頼んだ相手が悪かったってことだ。」


ドリス
「以上で第一階層が終了しました。
 次は第二階層に行く前に大航海をやっておきます。」

スポンサーサイト
  1. 2010/04/10(土) 14:14:15|
  2. 世界樹の迷宮3 二人旅|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<B3F 彼岸より理不尽押し寄せる大河 | ホーム | 大航海「商業港アユタヤを目指せ!」>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://runark.blog6.fc2.com/tb.php/605-7b7032ad

ルナーク

Category

Recent Comments

Recent Entries

Recent Trackbacks

Archives

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。