ちくやらアーカイブ

このブログは気分よって構成されています。 BGMも気分で流してます。 あなたの忍耐に感謝します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

深都  --二つの選択肢--

P1003459.jpg


ドリス
「ついに深都に着きました。
 そこの光景は・・・」



P1003429.jpg


P1003430.jpg


ドリス
「すごい!
 世界樹の幹に家が・・・街が・・・
 海が空にある・・・すごく幻想的な光景ね・・・」


カリバー
「あんま情緒的なものに感心が無いが見ても
 これはすげーと思ったぜ。

 人がちゃんと住んでいるんかな、ここ。」




と、その時





P1003431.jpg


P1003432.jpg


ドリス
「オランピアさん!」


カリバー
「まあ、深都の人間だから、当然待っているか。
 ケトスを倒したことで、こいつとも一戦やることになるのか?」




しかし・・・





P1003434.jpg


ドリス
「え~~~!?
 ロボットだったの!?」



カリバー
「なるほど、だから何十年も容姿を変えずに冒険者を樹海で始末し続けれたわけだ。
 つうか、ロボットなのに少女ってのもよくわからんけどね・・・
 機械に性別があるというのが・・・」



P1003435.jpg


P1003436.jpg


ドリス
「そして、オランピアさんにはこのことを内緒にして欲しいと頼まれてました。
 「人類のため」という部分がよくわかりませんが。」


カリバー
「つまり、人に知られたら人類の為に良くないから
 深都の秘密を冒険者を殺してでも守り続けていたということか。
 よほど知られたくないんだろう。

 もしこのことを海都に報告したら、どうなるか・・・」


ドリス
「当然、みんなこぞって深都に来るわね・・・
 

 どうする?」




P1003437.jpg





●YESの場合
 
P1003438_20100417122129.jpg


P1003439.jpg


P1003440_20100417122123.jpg





●NOの場合

P1003443.jpg


P1003444.jpg









P1003445.jpg


P1003446.jpg


ドリス
「海都に戻ってきました。
 元老院にいくとおばあさんが血相変えて聞いてきます。

 どうしよう・・・オランピアさんに口止めされているのに・・・」



P1003447.jpg





●YESの場合

P1003448_20100417122918.jpg


P1003449.jpg


P1003450_20100417122918.jpg





●NOの場合

P1003460.jpg


P1003461.jpg


P1003462.jpg


P1003463.jpg


P1003464.jpg


P1003465.jpg


P1003466.jpg







カリバー
「以上が選択肢だ。
 オレ達がどういう選択肢をしたかについてだが・・・




 すまん忘れたw


ドリス
「え~~、管理人からの説明があります。」



※管理人
「アーカイブ用に写真撮りながらプレイしているのですが、
 真面目に何を選択したのかわからないままプレイしてしまいました。

 多分最初はYESだったと思うのですが、次が全く覚えてません。」



カリバー
「というわけで、しょうがないから撮った写真で話の続きをやろう。」





P1003451.jpg


P1003452.jpg


ドリス
「海都のお姫様の登場です。
 またすごく幼い子がでてきたわ。」


カリバー
「2もお姫様がでてきたけど、
 あれよりもさらに若いね。」



P1003453.jpg


P1003454.jpg


P1003455.jpg


ドリス
「深都は元々海都の一部だった?」


カリバー
「ん~~?
 深都が元々海都の一部で、そこにいた人達が深都で今も生きているか
 心配してるとか・・・

 小さいのにしっかりした子だな。」


ドリス
「王族ともなればあなたとかとは素養が違うってことよ。」


カリバー
「・・・・・・・まあいいや。」



P1003457.jpg


カリバー
「横乳ww」


ドリス
「こら!
 真面目な顔してたとおもったらすぐそれ・・・」


P1003468.jpg


カリバー
「というわけで、横乳ねーちゃんを連れて
 また深都にいくことになった。
 
 なお、深都へは樹海を通らずアーモロードから直接いけるようになっている。」



P1003470.jpg


P1003471.jpg


P1003472.jpg


P1003473.jpg


ドリス
「当然、いい顔をしないオランピアさんですが、
 海都の王様の許しが出て会うことになりました。」




P1003474.jpg


P1003476.jpg


P1003477.jpg


P1003479.jpg


カリバー
「というわけで、深都の王とご対面だ。」


ドリス
「美形!」


カリバー
「そこであえてイケメンといわないのがドリスらしくていいわw」


ドリス
「イケメンって何か安っぽいのよね。」



P1003481.jpg


P1003482.jpg


カリバー
「それで、返答するから一日待てということになった。
 深都の宿屋に案内されて一泊だ。」


ドリス
「楽しみだわ。
 海の空に眺めてお休みできるなんて。」





P1003484.jpg


カリバー
「・・・相変わらずのんきだな。
 返答次第では敵対することになり、
 オレ達はいつでも闇討ちされるってことがわかっての発言なら
 たいしたものだと思うぞ。」


ドリス
「ぎく!
 へんなこと言わないでよ!」


カリバー
「さて、どうでるか・・・」







そして翌朝







P1003487.jpg


カリバー
「あ~~よく寝た~~」


ドリス
「うう・・・緊張して全然ねれなかったわ・・・


 なんであなたはそんなに熟睡した感じなのよ。
 あなたがあんなこと言うから気になって寝れなかったじゃない。」



カリバー
「おかげでお前が番してくれてたから
 オレはゆっくり眠れたってわけよw」


ドリス
「えええ・・・だましたのね!」


カリバー
「いや、半分はマジだ。
 深夜の見張りはお前にやってもらったけど、
 ここから王との謁見では、オレが先陣を切って守ってやるさ。」


ドリス
「・・・なんかうまいこといってだまされているわよね・・・わたし。」



P1003489.jpg


P1003491.jpg


P1003492.jpg


カリバー
「話の方はうまくいったようだな。
 杞憂でよかったよ。
 
 実際ここで襲われたらまず助からないだろうからな。
 その時はせめてドリスだけでも逃がそうと思ってたが、よかったぜ。」


ドリス
「本当に心配してくれていたのかしら・・・」


カリバー
「それはそれで、オレ達の実力を見込んで頼みを申し入れてきたぞ。」



P1003494.jpg


ドリス
「深都側からミッションが発令されました。」


カリバー
「海都と深都の二拠点で話が展開していくようだな。」


ドリス
「話はまだ続いてますが、いったん一区切りをいれます。」

スポンサーサイト
  1. 2010/04/17(土) 13:02:57|
  2. 世界樹の迷宮3 二人旅|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2
<<B8F 立ちはだかるは気高き純白の高波 | ホーム | サブスキル --魅惑の花妖登場編-->>

コメント

えっと、最初の選択肢NOの方じゃ無い…んですか?親書持って行った時のオランピアの反応があからさまに敵対的な気が…。違ってたらすみません、よそのネタバレではそこまで書いてないので…(ネタバレ大好きな未プレイ人です)
  1. 2010/05/11(火) 22:20:39 |
  2. URL |
  3. 通りすがりの冒険者 #-
  4. [ 編集]

よそのことは知りませんが・・・

明後日あたりに三周目の話を書く予定ですが、
私がプレイしてるときは両方YESでいけました。


>親書持って行った時のオランピアの反応が
>あからさまに敵対的な気が

これは最初のオランピアの問いに「No」だからです。
「秘密にしてね」を断ったのだから、当然オランピアにしてみれば「敵」なわけで。
「Yes」だと態度は軟化してます。
  1. 2010/05/13(木) 22:14:04 |
  2. URL |
  3. ルナーク #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://runark.blog6.fc2.com/tb.php/611-f70a7d08

ルナーク

Category

Recent Comments

Recent Entries

Recent Trackbacks

Archives

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。