FC2ブログ

ちくやらアーカイブ

このブログは気分よって構成されています。 BGMも気分で流してます。 あなたの忍耐に感謝します。

大航海「海流に飲まれた都にたどり着け」

P1003713.jpg


魅惑
「おーーーーーーーーーーー!
 これが海!

 わらわが初登場の時はいきなり幽霊船のボス戦じゃったが
 今度はちゃんと航海をしてる!

 わらわはいつも森の中だったから海は初めてみたぞ!」



ドリス
「と、魅惑ちゃんがはしゃいでいます。

 11階で海都・深都の両方でミッションが発令してしまいました。
 これはどっちかに組せよ!ということだと思い、
 どっちにするか決めかねています。」


カリバー
「こういう時は時間をかけて考えようということで
 大航海の方を進めることにした。

 言い換えると問題先送りって奴だw


ドリス
「それで、以前幽霊船がでてきたトルトゥーガ島にきました。
 アユタヤの時もそうですが、一度来たところには二度くると
 イベントが発生することがあります。

 今回は船に砲撃をつけれるアイテムが手に入りました。」



P1003716.jpg


カリバー
「帰ると、海賊船がたくさん出てくるアイテムももらえた。
 これを装備して航海にでると、海賊船が沸きまくる」



P1003722_20100424093818.jpg


カリバー
「攻撃するのに1ターンかかるから
 考えてやらないとすぐこちらが撃沈されてしまう。

 うまくおびき寄せて・・・」



P1003723_20100424093818.jpg


魅惑
「どっかーーーーーん!」


ドリス
「魅惑ちゃん、はしゃぎすぎ」


魅惑
「だって面白いんだもん!
 カリバー、もっと撃て撃てーーー!」


カリバー
「いたたた!頭を蹴るな!」



P1003725.jpg


カリバー
「それで、カルバリン砲が入ったことで、
 アユタヤの先で通せんぼしていた海賊船を撃沈することができる。

 これを落とした先には樹海磁軸があり、次の海のマップにすぐにいけるようになった。」



P1003727_20100424094045.jpg


ドリス
「そして磁軸の先には新しい街が見えました。
 今回はここを目指します。」



P1003730_20100424094247.jpg


カリバー
「マストをつけて移動プラス1しているとうまくたどり着けないので
 普通に1マスずつ移動していけばいい。」



P1003731_20100424094442.jpg


魅惑
「わーい!
 たどり着いたぞー!
 わーい!わーい!」


ドリス
「魅惑ちゃんが素直すぎる・・・」


カリバー
「というわけで、シバに到着した。
 早速大航海クエストでボスと戦おう。」



P1003733_20100424094544.jpg


カリバー
「ボスは世界樹1以来の懐かしい【コロトラングル】だ。
 モリビトの守護をしていたが、旅にでも出たんだろうか?」


ドリス
「ボス以外にもモンスターを二種呼んできます。
 最初からいるこのモンスターはトドメをさしたときに
 全体混乱攻撃をしてくるので、あらかじめ予防の号令をかけておくといいです。」


カリバー
「また、ボス自体も攻撃力ダウンの攻撃をしかけてくる。
 せっかく必殺陣形を使ってもこれで相殺されてしまって
 なかなかダメージがでない。」


ドリス
「攻撃の号令もいっしよにかけておくと
 持続ターンの少ない方から相殺されるようだから
 必殺陣形を使ったら同時に攻撃の号令を使っておくといいみたい。」


魅惑
「むー!
 またこいつにも毒が効かぬ!
 なんでわらわだけ迫害されなければならぬのだ!

 カリバー、責任者を呼んでまいれ!」


カリバー
「まいれじゃねーよw

 まあ、それはオレのLUKのパラメータが低いせいもあるかな。」


ドリス
「パイレーツはもともと低めなのよね。
 プリンセスの私はそれなりにあるのだけど。」



P1003735_20100424094949.jpg


カリバー
「というわけで、一応倒したぞ。」


魅惑
「あー、海の旅は面白かった。

 でも、わらわはやっぱり森の方が良いかな。
 周りが広すぎると、何か怖くもある」


ドリス
「それはわかるわねー
 何もない水平線だけの世界って、素敵なようで結構怖いわ。」


魅惑
「それはさておきじゃ、
 お前達は何か考え事をまとめるために船旅をしていたのではないのか?
 
 結論はでたのか?」


カリバー
「やべえ・・・何も考えてなかったぜw」


ドリス
「私も・・・」


魅惑
「あらら・・・」


スポンサーサイト



  1. 2010/04/24(土) 09:52:50|
  2. 世界樹の迷宮3 二人旅|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<B11F 己が選択に悩んだ軌条の上 | ホーム | B12F 灼熱の闘志と鈍色の破壊>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://runark.blog6.fc2.com/tb.php/616-45b27892

ルナーク

Category

Recent Comments

Recent Entries

Recent Trackbacks

Archives

Links

Search