ちくやらアーカイブ

このブログは気分よって構成されています。 BGMも気分で流してます。 あなたの忍耐に感謝します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

新職業アンドロ --「あの男」登場編--

P1003811.jpg


ドリス
「ゲートキーパーを守るはずが、逆に壊してしまい
 深王さんに怒られてしまいました・・・」


カリバー
「つうか、見境無く攻撃してくるあいつが悪い。」


P1003814_20100424134335.jpg


カリバー
「というところで、新職業のアンドロが使えるようになった。

 ここで改めて確信したんだけど、
 今回、周回プレイが前提だな・・・



ドリス
「深都と海都で話が分かれたのもそうだし、アンドロが使えるようになったはいいけど
 クジュラさんが新しい職業だとして、それが使えないというのがそうなのでしょうね。」


カリバー
「個人的に周回プレイは勘弁なんだけどなあ・・・
 一回のプレイで全部取らせろよと・・・」


ドリス
「とにかく、新しい職業のアンドロがどういうキャラなのか
 管理人が写真に撮りました。

 時期的に今更かもしれませんが、こんな姿をしています。」



P1003824.jpg


P1003825.jpg


P1003826.jpg


P1003827.jpg


カリバー
「なんとなくメガネかけたアンドロがドリスのイメージだな。」


ドリス
「インテリな知的な女性のイメージよね。」


カリバー
「それはどうだか・・・
 まあ、キャラ絵はこんな感じだが
 肝心の性能がさっぱりわからない。
 今までのシリーズにはでてこなかった、全くの新キャラだからな。

 なので、スキル検証もかねて、あの男に登場を願ってきた。


ドリス
「あの男?」


魅惑
「誰のことじゃ?」



「メガネアンドロは、知的というより委員長キャラというイメージでしょうか。」


ドリス
「そ・・・その声は・・・」



P1003815.jpg


P1003816.jpg


クイン
「俺がガンダムだ!」


ドリス
「クインさん!」


カリバー
「意外とノリがいいなw
 さすが隠れオタク。」


クイン
「オタク呼ばわりは心外ですね。
 日本のサブカルチャーを勉強した成果の一つと申し上げておきましょう。」


ドリス
「えーーーー!
 野良犬騎士の二つの名を持つクインさんだから
 てっきりファランクスで登場かと思ったのに。」


クイン
「そのファランクスはドリス殿がサブスキルで取ったでしょう。
 二人して同じことをする必要はないと思ったのですよ。」


ドリス
「わ・・・私のせい?」


クイン
「いえ、サブスキルでファランクスを取らないと
 第三層のボスには勝ちがたいと聞いていたので
 取って正解だったと思います。」
(私自身も別にスキル被ってもいいとは思うんだが
 クソうるさい管理人がな・・・)


魅惑
「・・・・・じー」


クイン
「ん?」
(なんだ、このちっさいのは?)


ドリス
「あ、クインさん。
 紹介します。

 これは魅惑ちゃん。
 カリバーが別ゲームからひっぱってきたキャラです。」


クイン
「それはそれは・・・相変わらず無茶なことをしているのですね。
 魅惑さん、クインと申します。
 よろしくお願いします。」


手を差し出すが・・・




魅惑
「・・・こいつ、大丈夫なのか?
 カリバー・・・」



クイン、笑顔で手を差し出すが・・・



魅惑
「う・・・こ・・・怖い・・・」


魅惑、カリバーの背中に隠れてしまう。




クイン
「あれあれ、どうやら嫌われているようですね・・・」


ドリス
「気にしないでください。
 色々難しい子なのです。」


クイン
「いえ、気にしてませんよ。
 初対面ですし。」
(うっとおしそうなのが先に入ってたわけか・・・
 有る意味こいつのせいで私の出番も奪われたわけだな・・・)


カリバー
「相変わらず腹黒いね、クインさんわw」


クイン
「・・・、とにかく、私はこのアンドロの性能を調べておけばいいのですね。」


カリバー
「たのんますわ。
 オレ達は四階層にいきますんで。 
 何かいいスキルや戦法を思いついたら教えてください。」


クイン
「了解しました。」


カリバー
「じゃあ、ドリス。
 クジュラを追いに四階層へいくか。」


ドリス
「わかったわ。
 では、クインさん、行ってきます。」


クイン
「はい、行ってらっしゃい。」


魅惑
「・・・・・・」
(無言でクインを見ている)


クイン
「行ってらっしゃい、魅惑さん」
(そういいつつ、目が冷たい)


魅惑
「ひ・・・」
(ビクっとしてカリバーの元に飛んでいく)


クイン
「ふう・・・しかし、今回人間じゃなくてまさか機械になるとは・・・
 まあ、人であれ、機械であれ、騎士としての任務をまっとうすることはかわりなし。

 むしろ、機械の方が向いているかもしれませんね。」






そして・・・












P1003819.jpg


P1003822_20100424140647.jpg


P1003823.jpg


クイン
「ソロで第一階層ボスを倒してみたが、
 ボットを展開するとソロ扱いじゃなくなる・・・と。

 こんな感じでレベル上げつつ調べていきましょうか。」


スポンサーサイト
  1. 2010/04/24(土) 14:09:56|
  2. 世界樹の迷宮3 二人旅|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<B12F 灼熱の闘志と鈍色の破壊 | ホーム | B13F 囚獣に追われた古の神殿>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://runark.blog6.fc2.com/tb.php/618-063df200

ルナーク

Category

Recent Comments

Recent Entries

Recent Trackbacks

Archives

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。