ちくやらアーカイブ

このブログは気分よって構成されています。 BGMも気分で流してます。 あなたの忍耐に感謝します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

第七話「反省がない者は進歩がない」

白・水・青・赤・緑・紫の
6つのフィグメントがこの世から消えた…
その影響か…人間達はみな同じ思考…
同じ行動をとりはじめる…
残りのフィグメントを探し出して排除しようと…
それはあたかも…皆と違う者は
全て排除するかのごとく…



DHF2_7.gif



BGM「Alternative Aspire」


(場面は1面と同じ。フィグメント出現を聞いて
 かけつけたカリバーとユキに、それにつられて集まった一般人4人、
 そしてそれに対峙するのは…)


人間1
「いたぞ!最後の
 フィグメントだ!」


人間2
「もう逃げられないぜ~!」


人間3
「こっちには
 あのカリバーが
 ついてるからな!」


人間4
「みんな!やっちまえ!」


カリバー
「…………」


ユキ
「……あの……
 どうします?」


カリバー
「う~ん……あいつさぁ…
 あの格好もそうなんだが
 前作からよくわからんのよ

 助けるにしろ…
 ちょっと様子見だな…」


※フィグメントは
 金色に輝く甲冑を隠すかのように
 黒いマントを覆っている。


(戦闘開始)






(一般人4名がフィグメントに対して
 次々と攻撃を当てていく。
 フィグメントは一歩も動かずただやられている)


(一定時間経つとイベント発生)


DHF2_24.gif



フィグメント
「…ブラック・フィグメントが不在の今…
 わしが最後のフィグメントに
 なってしまった…

 …全ての人間に敵対される
 この世でただ1人…最も孤独な存在…
 このまま…1人では生きていけない……
 だが!

 わしの能力をもってすれば
 何も問題ない!
 それぞれが持つ独立した生命…
 全てをわしの中に…」



DHF2_25.gif



イエローフィグメント・トルーパー発動
リビングアーマー



(以後、トルーパーが動くようになる)


(戦闘再開)






(トルーパーが一般人を攻撃するとイベント発生)


カリバー
「たった1発で…
 アイツの攻撃は
 やべえぞ!」


※補足
 トルーパーことリビングアーマーの攻撃「リビングブレード」は
 下の画像に有るとおり、ものすごい大ダメージを受ける。
 大体で平均25ダメージを与える。


DHF2_23.gif



一般人らの体力は20以下で設定されているため
リビングブレードを喰らった場合、一発で即死する。
またカリバーの体力もレベルアップして体力上限を増やしてなければ
体力は50しかないので、下手すればリビングブレード2発で終わる。


それだけではなく、リビングブレードの秘密は他にある。
画像をよく見ると「吸収」と書かれている。
つまり、リビングブレードは攻撃した相手の体力を吸収する技である。






(トルーパーが一般人を全滅させるとイベント発生)


リビングアーマー(トルーパー)
「生命は手に入れた…
 次は仲間だ…!」


カリバー
「むっ…逃げる気か?
 ユキさん…追うぞ!」


(場面転換)






BGM「Glorious Ghost」


(場所はセツとユキ達の通う学校。
 そこにトルーパーがいて、ドリーマー化した生徒がいる。
 そして4面でカリバーと戦った鬼教師デューガンの姿が)


デューガン
「お前たち!
 一体どうしたんだ?」


カリバー
「待て~!
 フィグメント~!」


デューガン
「む!キサマは!」


カリバー
「あんたはこの前の暴力教師!
 今はアンタにかまっているヒマはない!
 あそこの「動くヨロイ」に用があるんだ
 邪魔しないでくれ!」


デューガン
「いいや、そういうわけにはいかん!
 私の生徒が大変なことに
 なってしまっているのでな」


カリバー
「…生徒?何があった?」


ユキ
「セツ兄さん!?
 何やってるのよ!」


カリバー
「…まさか…ドリーマー状態…?」


DHF2_26.gif



デューガン
「理由はわからぬが突然あの様子に…
 もし、あの「動くヨロイ」のせいなら
 我々にとって本当の敵だといえる!
 今回はキサマに協力しようではないか!」


カリバー
「…さしずめ「巌流島コンビ」の
 結成と言ったところか…
 OK!いいだろう!
 ありがたく協力してもらうぜ!」


ユキ
「カノンスさん!先生!
 フィグメントの攻撃は絶対に
 喰らわないよう無理せず
 慎重に戦ってください!」


(カリバーは鬼教師デューガンとコンビを組んで戦う。
 ある意味、このゲーム内における最強オヤジコンビの結成w
 なお、セツはドリーマー状態で敵になっている)


DHF2_27.gif







(セツの体力をある程度減らすとイベント発生)


セツ
「ぐっ…いててててて…
 オレはいったい…」


ユキ
「セツ兄さん!
 正気に戻ったの?」


セツ
「ユキか…
 それにオッサンに、ハゲ野郎まで…」


カリバー
「一体何があったんだよ!
 他の奴らならともかく、
 お前はある程度事情を知ってるだろうに」


セツ
「いや…わからねえんだ…
 あのヨロイ野郎を攻撃したのは
 覚えていたんだけど…」


DHF2-7_02.gif



デューガン
「とりあえずお前は下がれ!
 我々の邪魔はするな!」


セツ
「…め…めずらしい組み合わせだな…
 さしずめ「はぐれアクマ中年コンビ」
 言ったところか…」


DHF2-7_03.gif







(セツを正気に戻し、トルーパー以外の敵を倒すとイベント発生)


リビングアーマー(トルーパー)
「ふむ…すばらしきかな
 仲間は…というところか…」


デューガン
「フン!
 キサマには無理な話だがな!」


リビングアーマー(トルーパー)
「フフフ…仲間がいない…
 確かにそれはさみしいことだが…
 わしには何ら問題ない!
 それを証明してやろう!」


デューガン
「たわごとを!」


カリバー
「クソガキのこと…
 仲間…
 トルーパーという名前…
 何かあるのは違いねえんだろうが…」


(場面転換)






(キャラ配置変え)


DHF2-7_04.gif



デューガン
「αエリート集合!
 敵をせんめつせよ!」


リビングアーマー(トルーパー)
「ククク……
 たくさんきたな…
 わしの仲間が…」


カリバー
「………?」


(戦闘開始。
 なお、デューガンとその部下アルファエリート4人が
 いっしょに戦う)






(デューガン、アルファエリート達が
 リビングアーマーを攻撃するとイベント発生)


セツ
「…!!マズイ!
 アイツにさわるなァ」



DHF2-7_05.gif



リビングアーマー(トルーパー)が
「リビングシールド」を発動させる。


リビングアーマーを攻撃したものは
「リビングシールド」により、生命をその体に吸収し
ドリーマー化する。


カリバー
「……え?
 ド…ドリーマーに
 された…?」





(リビングシールドによって2人目が
 ドリーマー化された時にイベント発生)


カリバー
「…こ…これがヤツの言っていた…
 「仲間」の能力…!」


リビングアーマー(トルーパー)
「ククク…それだけではない…
 生命をまるでお金のごとく扱う…
 これがわしの本当の能力…

 「仲間化」は応用にすぎん!」


DHF2bmp0404.gif



イエローフィグメント・トルーパー


他の生命(いのち)を吸収して
他の生命に分け与える能力を持つ。
その生命は精神支配にも及ぶ。
これにより、どんな生物でも
自分の望むままの「仲間」に
してしまうことができる。


※トルーパー使いの名前は「リビングアーマー」。
 「troop」で騎兵といったような意味があるが
 確か「群れる」という意味もある。
 「弱い者が群れる」というあたりで
 「仲間・友人・親友を自分の好きなように作れる能力」がある。

 ただ、本当の能力は「生命の吸収と放出」。
 その空洞のヨロイの中に生命を貯め込んだり、出したりできる。
 生命の吸収は「リビングブレード」で行い、
 生命の放出は「リビングシールド」で行う。
 
 今回、リビングアーマーを攻撃したものは
 「リビングシールド」に触れた為、
 そこからリビングアーマーの蓄えてた生命を体内吸収したが
 そのままリビングアーマーの「仲間が欲しい」という気持ちと
 共にからだに入ってしまったため、心につけこまれて
 ドリーマー化した。

 自分の肉体と引き替えにリビングアーマーとなって
 トルーパー使いとなったが、それはまた別のお話。


DHF2-7_06.gif



(以後、リビングアーマーを攻撃したものは
 ことごとくリビングシールドによってドリーマー化する。
 そして同士討ちしはじめる)






(ドリーマー化したアルファエリートが一人倒されるか
 ドリーマー化したデューガンがある程度ダメージを受けると
 イベント発生)


デューガン
「ぐ…ぐ…ぐおおおおお…」


ユキ
「デューガン先生!?」


デューガン
「オ…オレの…生徒…に…
 手を…だす…な……ぁ」


DHF2-7_07.gif



セツ
「ハ…ハゲ…
 あんた…自力で正気に戻ったのか…?」


リビングアーマー
「ほほう…これは面白い!
 わが能力を打ち破るとは…
 その生徒思いの心
 わしの力として吸収してやろうぞ!」


(デューガン、まだドリーマー状態だが、
 かろうじて正気に戻り、味方になる。
 リビングアーマーがリビングブレードで吸収するため
 デューガン一人を攻撃し始める)






(デューガンがリビングアーマーに倒されるとイベント発生)


デューガン
「ぐわあああ…」


ユキ
「デューガン先生!!」


セツ
「ハゲ!いや…
 センセイ!」



DHF2-7_08.gif



デューガン
「カリバーとやら…
 あとは…まかせたぞ…」


カリバー
「……アンタ…
 ただの暴力教師じゃなかったよ!
 オレもアンタも生きてたら
 今度いっしょに飲もうぜ!」


デューガン
「フッ………………」


(デューガン死亡?)






リビングアーマー
「すばらしい!
 実にすばらしい生命だった!
 ゆういぎに使わせてもらうとするかの!

 そして…もうここはいいだろう…
 今は触れた者のみしか効果をだせぬが
 さらなる生命を吸収し
 わが能力を進歩させねば…」


(リビングアーマー、画面から消える。
 この時、ドリーマー化したアルファエリートが残っていたら
 戦闘続行。)






(ドリーマーが一人もいなくなったらイベント発生)


カリバー
「トルーパーを追うぞ!
 ヤツはキケンすぎる…
 このままほうっておくと…絶対ヤバイ!」


(場面転換)





BGM「Alternative Aspire」


リビングアーマーは、その自分の能力をもっと高めるため
次々と無差別に人間を襲い、リビングブレードで生命を吸収する。


DHF2-7_09a.gif



「ぐがああ~」


「ぎゃああ~」


「ギギギ…」


「ひぃぃ~」



DHF2-7_10.gif



カリバー
「おそかったか!」


セツ
「ぐっ…こいつは…」


ユキ
「ひどい…!」


カリバー
「トルーパーを倒したら
 また光が失われ
 人間たちがさらにおかしくなるのは
 わかる…

 だが…
 このありさまを見逃すのは
 人間としてどうよ?」


ユキ
「やっぱり戦うしかないの…」


カリバー
「…ないだろうな…」


セツ
「けど、どうすんだよ…
 アイツは人の生命を自由に操る…
 カミサマみたいなヤツなんだぜ…


 それに…あいつにふれたら
 ドリーマーにされてしまう…
 どうすりゃいいんだよ!」


カリバー
「…どうするって…
 戦うしかねえさ!
 一人だけでもな!」


ユキ
「カノンスさん!
 無茶です!」


カリバー
「無茶でもないさ
 あのハゲ先生がヒントをくれたからな!
 あのオッサンにできたんだ
 オレにできないわけねえさ」


セツ
「オッサン…すまねぇ…
 オレたちは…」


カリバー
「あやまることはないさ…
 むしろ、お前達にはめいわくかけたと
 思ってる…」


セツ
「似合わねえこと言ってんじゃねえよ
 クソジジイ~!」


カリバー
「ちくしょう!
 最後までムカツクぜ!」


ユキ
「クスクスクス…」


(しばし沈黙)


セツ
「…………………」


ユキ
「…………………」


カリバー
「じゃあ、行ってくる!」






(場面転換、場所は3面のゴミ廃棄場
 リビングアーマーと一人対峙するカリバー)


リビングアーマー
「なんだ…1人か…
 仲間はどうした…?」


カリバー
「仲間を連れてきたって
 どうせお前に取り込まれるだろうが…」


リビングアーマー
「まだわかってないようだな…
 1人ではわしには勝てん!

 …いや…仲間などいないのだな…
 前作でもそうだった…
 お前は常に1人ぼっち…
 進歩しない男だ…

 ツイスター事実で
 ヒーローになったのだから
 それを利用すればいくらでも
 仲間を集めれただろうに…

 まぁ、いいだろう…
 わしの仲間に
 いや…右腕にしてやろう…
 さあ、来い!」


(戦闘開始)






(カリバーがリビングアーマーを攻撃すると
 リビングシールドを発動)


DHF2-7_01.gif



カリバー
「うううう…
 このオレの…心の中…
 のぞかれたくないさみしい部分に
 入り込んでくる温かい気持ち…は…

 ま…まずい…
 と…とりこまれる…
 そんな…はず…
 オレは……オレは……」


リビングアーマー
「お前は勘違いしている…
 さっきの先生がうち破れたのは
 わしよりも大事にしたい
 仲間がいたからだ…

 お前のように常に1人…
 1人で戦ってきた男に
 仲間の大事さなどわかるまい…

 いや…最初から他人をそこまで
 信用できていないのかもしれんな…
 いっしょにいた兄妹でさえ本当は仲間と
 思ってはなかったのではないか…?

 もしお前が実力者だとしても
 仲間を大事にできないヤツには
 実力をだせる場など
 めぐってはこない…

 ユメとは仲間との助け合い
 あるいは仲間を踏み台にして
 手に入れることができるもの…

 今まで生きててそれを作れなかった
 お前の負けだ!

 このまま進歩せず朽ち果てるか
 わしと共に来い!」


カリバー
「オ…オレは…」


(カリバーが取り込まれる直前で謎の声が響く)



「あらあら…だらしないわね!
 わたしの認めた人間が
 ちょっとイタイ所つつかれて
 その様?」


カリバー
「なにィ!」



「あなたは野良犬を望んだのでしょ?
 自分の招いた「不本意」を受けいれた。
 野良犬が牙を失ってどうするの…
 唯一の価値であるその牙を!


 どんな時でも1人でいれる!
 どんな時でも1人でやれる!
 それはそれで特殊な才能!
 あなたの持ってる大事な価値よ!」


カリバー
「うおお!」


(画面外からドリス・ディラス登場)


DHF2-7_11.gif



ドリス
「おめざめの気分はいかがかしら?」


カリバー
「…そ…その…
 微妙にこじわが見えつつある顔は…」


(突如ゲーム画面が大揺れするw)


カリバー
「…大地をゆるがすその怒り方…
 やっぱりドリス・ディラスだったか…
 今までどこにいやがった?」


ドリス
「今までどこにいたかよりも
 これからどこにいきたいかが
 大事じゃなくて?」


カリバー
「…そのうんちく好きもドリスだな…
 今回は本当に助けられたよ
 ありがとう!」


リビングアーマー
「わしの能力がまたしても…
 お前たち…一体何者だ…」


ドリス
「あなたも必死なのでしょうね…
 でも、そのやり方がまずかったわ…
 悪いけど…消えてもらう!」


DHF2-7_12.gif



(戦闘再開)






(リビングアーマーの体力が無くなるとイベント発生)


リビングアーマー
「おかしい!納得がいかん!
 あの少年も…あの先生も…
 カリバー・カノンスも
 わしの能力を無効にした…」


カリバー
「もうお前に勝ち目はない!
 あきらめな!」


リビングアーマー
「あきらめる?
 わしはエスのフィグメント!
 ロスの連中とは違う!

 ユメというものは
 最後まであきらめない者の前に
 現れるのだ!」


ドリス
「………………」


リビングアーマー
「いくぞ…!
 わしに蓄えられた全ての生命よ!
 わしに力を!」


イエローフィグメント・トルーパー発動
リビングストリーム



(トルーパーのヨロイがパーツ毎に分離する
 リビングアーマー(本体)
 リビングブレード
 リビングシールド
 リビングガントレット
 リビングブーツ
 になり、それぞれ攻撃してくる)

カリバー
「ぶ…ぶんりした…?」


ドリス
「ヨロイのパーツ毎に
 生命をふきこんだのよ!」


カリバー
「…くるぞ!」





round7_01.gif



(リビングアーマー本体以外を全て倒すか
 リビングアーマー本体の体力がある程度減るとイベント発生)


リビングアーマー
「エスのフィグメントは
 決してあきらめない!

 わしの最後の生命を
 尽くして必ず勝つ!」


ドリス
「まだ続ける気…?」


イエローフィグメント・トルーパー発動
リビングストリーム



(各種パーツの移動速度が最高速になり
 カリバーに集中攻撃を浴びせ始める)





(カリバーがリビングアーマー達の攻撃を
 「一定数ガード」したらイベント発生
 つまり、もうここではリビングアーマーの攻撃が速すぎて
 倒すことが絶対に無理)


カリバー
「ぐわぁ…!
 何もできねぇ…」


ドリス
「トルーパー…
 あなたいい加減
 しつこいわ…

 悪いけど今ここで
 カリバーを死なすわけには
 いかないの…!

 あなたはもう…
 いらない…!」


ブラックフィグメント・エスティメイター発動
価値無用



(ブラックフィグメントの能力により
 「この世にいる価値を失った」各種リビングパーツは
 能力を失う)

※詳しい能力説明は後述するが
 「この世のあらゆる価値を司る」のがブラックフィグメント。
 エスティメイターに「認められないもの」は
 この世における存在価値を得ることができない。
 つまり、この世にいることができない。


リビングアーマー
「そんな…
 わしの力が…」


カリバー
「ドリス…
 お前…まさか…」


リビングアーマー
「なるほど…そうか…
 今までの無効化は
 お前の力か…

 わしたちはもう…
 この世には
 必要ない…と…

 …いや…それを
 これから
 決めるのだな…

 わかった…
 わしはもう
 消えよう…

 同じエスとして
 お前の判断を
 信じるぞ…!」


(リビングアーマー消滅)


(セツとユキがやってくる)


セツ
「オッサン!」


ユキ
「カノンスさん!」


ドリス
「この子たちは…」


セツ
「倒したのか?
 あのヨロイ野郎を…」


カリバー
「………ああ………
 オレ1人じゃないけどな…」


ユキ
「あの女性の方は…?」


カリバー
「ドリス・ディラス…
 オレの雇い主だ…」


ドリス
「そして…
 あなたたちの探していた…

 最後のフィグメント…
 ブラックフィグメント
 エスティメイターよ!




第七話 進歩のリビングアーマー END
※デューガンについて。


実はこのキャラは、私がとても大好きな
個性派カナダ映画俳優「マイケル・アイアンサイド」が
モチーフとなっています。


一応、私のちくやらでも、マイケル・アイアンサイドのコーナーがあります。
「俺たちゃアイアンサイダー」


また、ちくやらからリンクをはっているマイケル専門サイト
「その名は Michael Ironside」



そして、「デューガン」というキャラと「アルファエリート」というのは
マイケルが出演している映画「ベスト・キッド4」を
思いっきりパクってます。
(4面での「壁に落書きするバカを目をぬってやれ」という台詞は
 まんまベストキッド4で言ってます)


マイケルと共に戦い、そして格好良く散っていったマイケル。
私(ルナーク)にとっては
まさに夢の競演
だったんですねw


スポンサーサイト
  1. 2005/08/06(土) 10:38:10|
  2. 自作ゲー:Darkhero Figment2|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<第六話「実績がない者は反省がない」 | ホーム | Darkhero Figment1(ダイジェスト)>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://runark.blog6.fc2.com/tb.php/62-a2a479fa

ルナーク

Category

Recent Comments

Recent Entries

Recent Trackbacks

Archives

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。