ちくやらアーカイブ

このブログは気分よって構成されています。 BGMも気分で流してます。 あなたの忍耐に感謝します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

B16F 風に舞うは誰がための白刃

P1003982.jpg


ドリス
「16階に来ました。
 ここに深王さんが探している転送装置というものがあるはずです。

 なお、この階から魅惑ちゃんの原作ネタ能力【眠り粉】を解禁します。」



P1003991.jpg


カリバー
魅惑はサブクラスでビーストキングを持っている時のみ
 使えるというルールでプレイしているが、
 その中で催眠フクロウを魅惑の能力の一部とみなすことにした。


 早速使っているけど、これは便利だわ、まじで。」


ドリス
「サクランフクロウとか、いかにも混乱攻撃をしてきそうな強敵も
 眠り粉が効けば攻撃してこないので、本当に楽になりました。」


魅惑
「どうじゃどうじゃ、見直したか!
 わらわの本当の力を!」


カリバー
「ちょっと便利すぎる感もあるけどな。」


ドリス
「便利すぎるとカリバーが使うの嫌がるのよね。」


魅惑
「うう・・・そうなのか、カリバー?」


魅惑、ものすごく不安そうな顔。


カリバー
「お前は本当に顔にでるな。
 心配しなくても、ちゃんと使ってやるよ。」


魅惑、ものすごくほっとした顔。



P1003996_20100501091517.jpg


カリバー
「それはそれで、先制されたら死にかけるのは
 眠り粉あるなし関係ないけどな。」


魅惑
「ビーストキングに先制攻撃を防ぐスキルがあろう。
 それは覚えぬのか?」


カリバー
「余計なスキルを覚える余裕もないからねえ・・・
 ここはもう我慢するしかない。」


ドリス
「まだカリバーの足が速いから逃げれる可能性もあるものね。」









と、カリバー・ドリス・魅惑が
16階を探索していたころ、クインは一人レベル上げに専念していた。










クイン
「ふう・・・だいぶレベルも上がってきました。
 第二階層ではなく、第三階層を採集部隊率いて
 物資集めといきましょう。」




第三階層入り口からいける採集ポイントにいくには
磁軸からでは遠く、深都から行く必要があった。
クインは深都へむかったが、その時・・・





P1003871.jpg


P1003872.jpg


P1003873.jpg


クイン
「・・・
 確かオランピアといったかな、このアンドロイド。
 よくわからないことを言って、何かアイテムを渡してきましたね・・・」




P1003877.jpg


クイン
「もらったアイテムはカリバー殿に渡すべきなのでしょうが、
 今は16階探索の大詰めのはず。
 ここで余計な情報を渡して集中を削ぐのはよくないかもしれない。

 後で渡すことにしよう。」











話は再び、カリバー・ドリスへ。






P1003992_20100501093449.jpg


ドリス
「何かしら、この扉。
 ここだけ形が他と違う。」


カリバー
「しかも開かないな・・・
 何か条件があるんだろうが、今はさっぱりだぜ。」


魅惑
「むむむ・・・まわりの植物から話を聞こうにも
 誰も答えようとせん・・・
 秘密をしゃべらぬようじゃ・・・」


カリバー
「仕方ない、先に行くか。」




P1003997_20100501091515.jpg


P1003994.jpg


ドリス
「この階は特にいじわるな作りをしてなく、
 すんなりと進めるのですが、敵が強くて大変です。

 さすがに4体敵が出た時は逃げています。」


カリバー
「こういう時は、オレが眠り粉をして
 ドリスが逃げるという手もありだけどね。」



P1003999.jpg


P1004000_20100501095040.jpg


ドリス
「そして先に進むと、ついにそれらしいところに到着しました。
 中にいるのは間違いなくクジュラさんでしょう。」


カリバー
「あの金髪イケメンといよいよ対戦かな。
 オラ、わくわくしてきたぞ!」


魅惑
「いいぞカリバー!
 がんばれー!」


ドリス
「・・・慎重に行くわよ。」




P1004004_20100501095539.jpg


P1004006.jpg


ドリス
「中にはやはりクジュラさんがいました。
 しかも犬呼ばわりまでしてきました!
 酷いわ・・・」


カリバー
「元々は海都の冒険者だったのが
 いつのまにか深都の手先だものなー」



P1004008.jpg


P1004012_20100501095539.jpg


ドリス
「さらにオランピアさんまで乱入。
 クジュラさん対オランピアさんになりました。

 そうすると、私達は今回戦わなくていいの?」



P1004014.jpg


P1004016.jpg


カリバー
「そんなわけないだろw
 クジュラがボスを出してきたぞ。

 シンという裸の女のボスだ。
 
 つうかこいつ、金髪イケメンのくせに、
 こんな裸のモンスターつれてウハウハしてやがったのかwww



ドリス
「え~~!
 任務に忠実で部下思いの誠実な人だと思ってたのに
 こんな趣味があったなんて、幻滅だわ!」



魅惑
「お前達・・・ボスが目の前だっていうのに
 ボケてる場合じゃないぞ!」



P1004018.jpg


P1004019_20100501100143.jpg


カリバー
「というわけで、変態クジュラの遣わせて召喚獣と思われるボスと対決だ。
 初見で戦っているのだが、【冷たい眼差し】という全体攻撃がものすごく痛い。

 が、痛いのはこれぐらいしかないようで、状態異常攻撃がメインっぽい。」


ドリス
「私が攻撃することがないので予防の号令をカリバーにかけまくってました。」


カリバー
「後は防御力をあげるスキルを使ったらイーグルアイで相殺などなど
 わりと順調に戦っていたが・・・」



P1004021.jpg


カリバー
「体力が減ってくるとモードが代わるようで
 腐敗攻撃を使ってきた。」


ドリス
「テリアカβがあったので、これを使って消しながら戦いますが
 予防の号令が効いていた場合は未然に防ぐことも可能です。

 そうすると、同列で戦った方がいいのかしら。」




P1004022.jpg


カリバー
「粘りに粘って92ターンで二人とも混乱を喰らって全滅してしまった。
 意外と勝てそうな感じだったので、すぐに再戦してみたんだが・・・」



P1004034.jpg


カリバー
「この【悪魔のキッス】という攻撃がやっかいで
 これのせいでまた負けてしまった。」


ドリス
「複数ランダム攻撃なのですが、体力吸収効果ももっています。
 減らした体力をこれで回復されてしまって
 全然ボスの体力が減りませんでした。」


カリバー
それだけではなく、どうも腐敗を喰らっている時に
 悪魔のキッスを喰らうと被ダメが増えるようだ。


 これに気づかず腐敗をほうっておいたら
 大ダメージを喰らって全滅してしまったw」


ドリス
「すると腐敗は何が何でも防がないといけないわね。」


魅惑
「常に予防の号令を使い続けるしかなかろう。
 多分それだけで勝てると見たぞ。」


カリバー
「だな。
 ドリスはひたすら予防を使っていれば
 腐敗は絶対喰らわない。
 悪魔のキッス自体で回復はされるが
 死ななければどうということではない。」



P1004033.jpg


ドリス
「予防の号令を使い続けるには消費TPが多く
 アムリタが大量に必要になるため、予防の号令のレベルをあげて
 消費を減らすようにしました。
 
 シンの体力が半分を切ったら、以後私はずっと予防の号令を使います。
 TPが無くなったらカリバーにアムリタを使ってもらいます。」



P1004035.jpg


カリバー
「あとはオレが攻撃するのだが、
 必殺陣形を使った我流戦法をやってるけど
 悪魔のキッスの回復より若干しかダメージ勝ちしていなく
 全然減らすことができなかったw

 ジョリーロジャーを使ってこれだと、他の武器じゃ歯が立たないなこれ・・・
 

 仕方ない。
 ドリス、ちょっと博打入るが、予防の合間に攻撃の号令をかけてくれ。
 運が悪いと腐敗を喰らってしまうが、
 腐敗自体、100%喰らうものではないから、賭けだ。」


ドリス
「わかったわ。」



P1004036.jpg


P1004037.jpg


カリバー
「というわけで攻撃の号令がかかったら
 一気に与ダメがあがって、一気に撃破してしまったw

 使いどころが難しかったな・・・」



P1004041_20100501101614.jpg


P1004044.jpg


ドリス
「シンを撃破したらクジュラさんは退散。
 オランピアさんも無事ではないようですが、何とか生きているようでした。」




P1004046_20100501101942.jpg


P1004047.jpg


P1004048_20100501101942.jpg


ドリス
「オランピアさんから何かの鍵をもらいましたが
 とにかく深王さんに一度報告に行きましょう。」


カリバー
「・・・脈絡も無く鍵を渡してきたな。」


魅惑
「・・・」

スポンサーサイト
  1. 2010/05/01(土) 10:24:49|
  2. 世界樹の迷宮3 二人旅|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<ちくやらギルド人物紹介 | ホーム | 最終ミッション「深王の命に従い白亜の姫を討て!」>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://runark.blog6.fc2.com/tb.php/623-4df348c0

ルナーク

Category

Recent Comments

Recent Entries

Recent Trackbacks

Archives

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。