ちくやらアーカイブ

このブログは気分よって構成されています。 BGMも気分で流してます。 あなたの忍耐に感謝します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

最終話「進歩がない者はゆめがない」

round8-1.gif


(辺りは暗くなっているが
 これは「日が暮れたから暗くなっているのではなく
 黒以外の7つのフィグメントがこの世から無くなったため
 光が失われて暗くなっている)


カリバー
「ブラックフィグメント…」


ユキ
「あなたが最後の
 エスティメイター…」


セツ
「…アンタはオッサンの
 仲間だったじゃないか…
 だましてたのか?」


ドリス
「…そうともいえるし
 そうとはいえないわ」


カリバー
「…らしくない
 答え方だな…」


ドリス
「…実際知らなかったのよ…
 思い出したのはつい最近…
 その時はメウディ君にあなたのことを
 お願いしたのだけど…」


カリバー
思い出した…?
 そういうもんなのか?
 おまえらフィグメントって…?」


ドリス
3面でキャンセラーが使った
 「過去抹消」が
 私から記憶と能力を奪った
 過去を無くした
…その後にね…」


カリバー
「あの時か…
 そういや…ことの始まりは水に白…
 ロスからだったな…
 あの時からすでにハメられてたわけか…」


ドリス
「ロスのたてた「無のアライヴァー計画」
 ユメの価値を守るためにとった
 自己ギセイ…
 彼らなりの責任の取り方…


セツ
「ちょっと待った!
 なんだ?その責任って?
 あんたらが消えて人間が光り失って
 狂っていくって…そんなのアリかよ!」


ドリス
「そう思うならあなたが戦って
 ロス達を止めれば
 よかったんじゃないの?
 カリバーの側にいたんでしょ?


セツ
「…そんな…オレがあんな奴らに
 勝てるわけが…」


セツ
「そのマイナス思考…
 ロスに惑わされるわけだわ…」


ユキ
「でも、この世がおかしくなっているのも
 事実です……それにツイスターさんが
 これはあなたがたくらんだことだと
 言ってました…

 ブラック・フィグメントは
 光がなくてもやみの中で
 輝けるちからがある…

 あなたが今回のことを陥れたと…」


ドリス
「…あなたもそう思う?
 カリバー・カノンス…」


カリバー
「今からそれを
 試させてもらうつもりなんだが…」


ドリス
「わたしもあなたを試すつもりできたの…」


カリバー
「オレを試す…?」


ドリス
「あなたがもし私の試験にパスできたら
 ものすごい「ごほうび」が待ってるわ…」


カリバー
「ほうび?
 給料アップとか…?


セツ
「オッサン…
 あんた…」


ユキ
「カノンスさん…
 セコイです…」


カリバー
「うるさいよ!」


ドリス
「フフフ…
 そんなチャチな
 ものじゃない…


 ほうびは…
 これだ…!



round8-2.gif



(背景に突如「地球」が現れる
 これの意味することは何か?)






DHF2_8.gif



BGM「Counter Culture」



カリバー
「地球…
 これがほうび…」


ドリス
「カリバー・カノンス!
 人間のドリスとして
 あなたに勝負を挑むわ!

 私の仲間たちを
 打ち破ってきた
 その強さをみせて!」


(戦闘開始。
 セツとユキは画面左側にさがる)





ドリスの攻撃は二種類ある。

1.「ひとつ ふたつみっつ よっつ いつつ」
ジャブ→警棒二段打ち→警棒突き→ハイキック
の計5段攻撃



2.「特殊ボウガン」
ボウガンを持ち出して3発撃ってくる。



最終面だけに移動も早くガードも堅い。
スキがあるとすればボウガンの打ち終わり際。
3発くるボウガンの残り一発を被弾覚悟でダッシュして攻撃すると
倒しやすい。


そして、ここが重要だが、
ドリスを攻撃して体力を減らしていくと
背景の地球がどんどん暗くなっていく。


round8-6a.gif



(ドリスの体力がかなり減るとイベント発生)


セツ
「地球が…やみに包まれていく…」


ユキ
「ドリスさんの…
 ブラック・フィグメントの力が
 弱まっているんだわ!」


セツ
「オッサン!もうやめろ!
 本当に取り返しがつかなくなるぞ!」


ドリス
「ああ言ってるけど、どうするの?
 カリバー…」


カリバー
「…お前は「ドリス・ディラス」という
 人間をまっとうしたいんだろ?

 だったらオレは
 「カリバー・カノンス」という人間を
 まっとうするまでさ!」


セツ
「バカヤロウ!」


カリバー
「……バカだろうな…
 わかってるよ………けどさ…

 結局、てめえの人生ってのは
 てめえでケリをつけるしか
 ねえと思うんだよ…
 だから…

 オレを止めたきゃお前が止めろ!
 それができなきゃ黙ってみてろ!
 いつまでも甘えるな!」





正羽兄妹イベントについて

さらにドリスの体力がへり、地球が闇に包まれると
正羽兄妹イベントが発生する。


最終面までにカリバーがとった行動によって
セツとユキの兄妹のイベントが変わる。



・カリバーが4面でブルーフィグメント・アドベンチャーと戦う時
 「セツと協力して戦った場合」


セツ
「……オッサンと初めてあった時から
 気にいらねぇ…と思ってた…
 けど、 オッサンは他の大人とは
 違ってると思ってた…

 オッサンがいれば大丈夫だよな!
 どうなろうとオッサンにまかせたぜ!」


そういって画面から消える。
その際、カリバーの体力が若干回復する。


・カリバーが6面でグリーンフィグメント・エイマーを助けようと
 パープルフィグメント・インバイターに対して
 4回以下の攻撃をした場合



ユキ
「……カノンスさん…初めてあった時
 私たちを助けてくれました
 ツイスターさんの時も
 助けてくれました…

 でも…無理はしないでください…
 もっと自分を大切にしてください…!」


そういって画面から消える。
その際、カリバーの体力が若干回復する。




・カリバーが4面でブルーフィグメント・アドベンチャー相手に
 「ひとりでたたかう」を選択した場合



セツが突然、画面中央に移動してくる。
そして…

セツ
「オッサン!
 最後の勝負だ!」



・カリバーが6面でグリーンフィグメント・エイマーを助けようと
 パープルフィグメント・インバイターに対して
 5回以上の攻撃をした場合


ユキが突然、画面中央に移動してくる。
そして…

ユキ
「カノンスさん!
 勝負です!」



(以後、セツとユキが敵になる)


round8-7.gif







(セツがカリバーに触れたらイベント発生)


round8-3.gif



セツ・セイバ(正羽 刹)

本編の準主役、17歳。
自分が何をしたいのか…
自分は何のために生きているのか
悩んでいる反抗期な少年。
ネガティブな性格だったが
カリバーとの出会で少しずつ変わりつつあった。



(カリバーがセツを倒すとイベント発生)


セツ
「4面でさ…
 アドベンチャーと戦おうとした時
 オッサンに邪魔扱いされたよな…
 アレ…結構ショックだったんだぜ…!

 オレってダメなんだなぁ…って…

 オッサンもあんな強いヤツ相手に
 1人で戦ってさ…すげーと思ったよ…
 だから…

 今…オレもここでやらなきゃ
 ダメだと思ったんだ…!
 勝てないとわかってもな…!


 オッサン…ありがとう!
 これでフィグメントの光が無くなっても
 オレはなんとかしていくぜ!
 あとはがんばれよ…!じゃあな…!」


そういって画面から消える。
その際、カリバーの体力が若干回復する。






(ユキがカリバーに触れたらイベント発生)


round8-4.gif


ユキ・セイバ(正羽 雪)

本編の準主役、16歳。
兄と違いおとなしい性格。
状況を冷静に見て判断できるが
それは自分にできる・できないの
線引きで、行動的になれないでいた。
カリバーの無謀さを見て変わりつつあった。


(カリバーがユキを倒すとイベント発生)


ユキ
「6面でエイマーさんの命が危なかった時
 カノンスさんはインバイターさんに
 私が無理だと言っても
 何度も向かっていきました…

 あの時…私にはとてもできないことだと
 思ってました…

 けど…カノンスさんのあきらめない姿…
 私にもそんなことできるかな…
 と思うようになりました…


 そして…今がそうだと…
 私がカノンスさんに
 勝てるわけなんかない…
 けど、今だと…!

 カノンスさん…ありがとうございます!
 私は1人でもやれそうです…
 カノンスさんを見習って…
 がんばってください!お元気で…!」


そういって画面から消える。
その際、カリバーの体力が若干回復する。




※補足
 この兄妹イベントは今までのプレイによって見れなかったりする。
 兄妹どちらにもいえるのは「できるわけがない」というのを
 何かしら抱えていて、諦めていた。


 だが、

 セツはブルーフィグメント戦でのカリバーの一人で戦う姿

 ユキはグリーンフィグメントを助けようと、
 「予知で絶対倒せない」パープルフィグメントに何度も挑む姿


 それぞれ、自分にはできないと思えることをやってのけている
 カリバーの後ろ姿を見て、「変わりつつ」あった。
 あとはそのきっかけだったが、カリバーがドリスを倒して
 世界を闇にしてしまう、まさにその直前でついに行動にでた。


 なお、ゲーム中にフラグたてないと、このイベントは発生しないので
 人によってはこの兄妹のフルネームがわからないままではある。






(カリバーがセツとユキの両方を倒したらイベント発生)


ドリス
「…いい子たちじゃない…
 あなた…意外と
 子育ての才能があるのかも…」


カリバー
「よせよ!
 ガラじゃねえし、面倒くさいって」


ドリス
「でも、年をとれば自分以外の人間の
 責任もかつぐ必要がでてくる…
 そうなると1人じゃ大変だけどね」


カリバー
「じゃあ、お前も子育てやってみるか?
 こんな戦いやめてさ…オレと…」


round8-5.gif



ドリス
「つつしんで
 お断りするわ!」



カリバー
「ちくしょう!
 2倍フォントでフラれたぜ!」


※カリバーは、ドリスに気があったようだ…






(カリバーがドリスを倒すとイベント発生)


ドリス
「ぐっ…
 さすがね…
 私の負けだわ…」


(面クリアBGMが流れ面クリア画面を表示)


最終話 夢のドリス END





















round8-8.gif


カリバー
「終わったのか…
 このくらやみ…
 この孤独…

 これがオレの
 戦いの結果…」














カリバー
「人間を守るためにと
 フィグメントと戦ったが……
 それがこのありさまか…

 ドリスを倒したら金も入らねえし
 オレのやってたことは
 やはり無価値だったのか…

 ……なんか…つかれたな……」











暗闇の中、ひとりぼっちのカリバー








どうしようもない静寂と闇がカリバーを包む…








と、その時…









round8-9.gif


カリバー
「なんだ!?
 敵か…!?」



闇の中から何者かがカリバーに攻撃してくる。



どこにいるかわからないため、ガードをし続けるカリバー



カリバー
「前から…
 後ろから…
 誰だ…!?」



さらに一定数ガードを続ける。




カリバー
「この上オレに
 何をやらせたい…」





round8-10.gif


カリバー
「…フィグメントを倒し…
 …人間全てをくらやみに落とし…
 さらに何と戦えというんだ……

 …ヒーローになるつもりが…
 ダークヒーローになっちまった…
 オレのやったことは無意味だった…
 その罪ほろぼしか…

 このまま倒されても…別にいいかな…
 もう…誰もいないしな…
 正直疲れたよ…


 …だが…ただやられたんじゃ…
 あいつらの手前…
 カッコつかねえかな…

 カッコいい…か…
 人目もないのに何言ってんだか…
 だが…人目がないからこそ…
 「オレ」がわかることもあるか…

 誰のためにも…オレのためにもならない
 無意味な…無価値な戦い…
 やることないし…それもいいかな…
 もう少しあがいてみるか…」





※ここで有るように、カリバー自身、実はヒーローになりたがっていた。
 夢をみない、人に知られてはいけないフィグメントとの戦い。
 倒したとしても誰からも賞賛されることのない戦い。
 本人はそれでもいいと思っていたが、
 心の奥底ではそれに満足できないでいた。

 5面でレッドフィグメント・ツイスターが
 「お前の夢 かなえたぞ」といって、
 「ツイスター事実」を作りあげたのは、
 カリバーの心の奥底にある「弱いけど本当は欲しがっていた夢」を
 具現化したものである。

 6面以降、ツイスター事実によって「ヒーロー」にされてしまった
 カリバーは、表向き知らんぷりで戦っていたが、
 ヒロイックな衝動にかられて、普通に戦っては勝ち目のない
 パープルフィグメント・インバイターや
 イエローフィグメント・トルーパーに「自分に酔って」挑んでいった。

 その自分のエゴのために地球を、人間全てを暗闇に落とし
 絶望というか「あきらめ感」のまま、死んでもいいかな…と
 考えていたが……


 正羽兄妹の最後を目の当たりにして
 もうちょっとだけあがいてみる気持ちになった。
 


(戦闘開始)





敵は暗闇の中、グレーに包まれた謎の敵。
正直、カラースワンの液晶画面じゃ
ものすごく見づらくて判別不可能なのだが、

それでも無理矢理一人倒すとイベント発生。


カリバー
「そのシルエット…
 その技……
 見覚えあるぞ…

 まさか…お前らは…」


round8-11.gif


カリバー
「オレか…?」



敵のシルエットがとけ、
「カリバー」が4人、敵として現れる。



カリバー
「…なるほどな…
 …そういうことか…
 確かにそうだ…

 この世で最大の敵…
 それは…誰か…



round8-14.gif



round8-15.gif



round8-16.gif



round8-17.gif








何か希望を持った時…それを邪魔するヤツがいた…

何か目標を立てる時…それを邪魔するヤツがいた…

何か計画を考える時…それを邪魔するヤツがいた…

何か行動を起こす時…それを邪魔するヤツがいた…

何か実績を持った時…それを邪魔するヤツがいた…

何か反省をしてた時…それを邪魔するヤツがいた…

何か進歩をとげる時…それを邪魔するヤツがいた…




カリバー
「…そして…何か夢をみた時…
 そんなのできるわけがないと…
 邪魔するヤツがいた…
 そいつの正体は…」




自 分




そいつを倒したその先に…
自己実現の道があるっ…!





カリバー
「オレじゃない何か…
 おおざっぱに「周り」が
 敵というのもあるだろう…

 けど…それはオレの意志で
 どうなるものではない…
 そういうのは気にしない方が
 身のためだ…

 それよりもオレの意志…
 オレが今……オレを倒して
 どうなるかはわからない…
 だが…

 オレがオレに負けて…
 今日を…明日を閉じるのは…
 何か気にいらねぇ…!

 とりあえずオレが敵だというならば
 全てを倒してみせるまで!

 そうすりゃ…何か生まれるだろう…」



round8-12.gif


そういうわけで…
まず…ひとつ!



round8-18.gif


ふたつ!


round8-19.gif


みっつ!


round8-20.gif


よっつ!



カリバー
「そして…わかるぜ…
 こそこそ隠れている
 さいごのひとつ…!」



round8-21.gif


カリバー
「そいつは…心の奥深く…
 奥の奥にかくれている…

 そいつは…何よりもきずつくのを
 恐れている…
 イラつくのを恐れ…
 失敗を恐れている…

 だが…それは同時に
 自分を守っている…
 自分を守るために
 戦っているとも言える…

 心の奥深く…闇の中で…
 「自分という平和」を守るために戦う…
 自分が作り出した「ダークヒーロー」



 こそこそしてないで出て来いよ…

 それとも自分からじゃできないか?

 ならばさらそう!
 オレの光で!




(画面が白くフラッシュし
 もう一人のカリバーが出現する)


round8-22.gif


カリバー
「いくぜ…オレの
 ダークヒーロー

 いや…このオレが
 作りだしたもの…
 「figment」

 Dark
 Hero
 Figment




(戦闘開始)





(Dark Hero Figmentに攻撃するとイベント発生)


round8-23.gif


round8-24.gif



無のフィグメント・アライヴァー発動
ZERO ZED(はじまりとおわり)




※カリバーの最も心の弱い部分から吐き出されたもう一つの自分、
 それがダークヒーローフィグメント。

 人間としての成功、そして夢を見ることを邪魔していた存在。

 人間にとって誰にもある「強い自分」と「弱い自分」、
 これをフィグメントは「エス」と「ロス」としていた。
 
 カリバーが自分の中にあるダークヒーローフィグメント
 いわば、自分のロス・フィグメントを
 「自分の殻」から外にひきずりだした。

 しかし、ロス・フィグメントは一分たりとも外にいたくなく
 ロスのフィグメントを発動させた。
 それは…


(ZERO ZEDを発動させたもう一人のカリバーの体から
 光がどんどん飛び散りだす)


round8-25.gif


カリバー
「こいつ……って言ってもオレなんだが
 オレの積み重ねてきた「経験値」
 言わば「人生」を捨てはじめた…!

 「生き様を無に帰す」つもりか…
 インバイターの言っていた
 「自己安全の最終結論」
 とどのつまり…「死」によって…!



 とことん弱いヤツだな…
 こんなのがオレの中にいて
 今まで邪魔をしてたのか…

 消えたければ消えればいい…
 お前はオレの最も弱い心の集合体…
 それが消えればオレは真っ直ぐ
 夢を追うことができるだろう……




ZERO ZED発動により
このゲームを開始して、この最終局面までに稼いできた
「経験値」が高速に1ずつ減っていく。
その1減るごとにもう一人のカリバーの体から光がとびちっていく。


この経験値が全てなくなると
ロス・フィグメントの死亡、
つまり「弱い自分」が無くなり、「強い自分」だけが残る。
今まで、夢をかなえるのに散々邪魔してきた
「弱い自分」が無くなるのだ。




もう一人のカリバーの消滅を見守っていくか…



それとも…




round8-26.gif




(エンディングへ続く…)
スポンサーサイト
  1. 2005/08/13(土) 22:32:44|
  2. 自作ゲー:Darkhero Figment2|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<Darkhero Figment1(ダイジェスト) | ホーム | エンディング>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://runark.blog6.fc2.com/tb.php/63-57570699

ルナーク

Category

Recent Comments

Recent Entries

Recent Trackbacks

Archives

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。