FC2ブログ

ちくやらアーカイブ

このブログは気分よって構成されています。 BGMも気分で流してます。 あなたの忍耐に感謝します。

海都編「不凋花アマラントスを探せ!」

P1004386.jpg


ドリス
「二周目の海都編をプレイするために道中を急いでいます。
 最初はすごく強かった海王ケトスも、いまの私達の前に敵ではありませんでした。」


カリバー
「で、深都について後で選択肢がでてくるわけだが
 多分ここがキーだと思うのよ。」



P1004388_20100508141454.jpg


P1004389.jpg


カリバー
「一周目のプレイから察するに、管理人は

 オランピアの問い⇒YES
 ばあさんの問い⇒NO


 にしたと思うんだよな。」


クイン
「結果、一周目では深都のオランピアからアイテムはもらえたが
 海都からはもらえなかったと。」


カリバー
「会話の流れからすると、
 オランピアに深都のことを他言無用にしてくれと言われて「YES」にしたので
 海都には黙っていることにした


 ということになるのよ。
 管理人にも一周目はこれにしたんじゃないかと思う。


 が、これだと深都編になってしまったと。


 つまり、オランピアに嘘ついて、海都側の問いにもYESにすることが
 真エンディングルートになるんじゃないかと。


 どうだ?
 納得できるかい?」


ドリス
「うーん・・・それって八方美人よね・・・
 どっちにも気に入られようとしているように見えるわ・・・」


クイン
「言い換えると、どっちの信頼も得られたということになるわけですが。」


魅惑
「今回は両方ともYESにするのか?」


カリバー
「だな。
 とりあえずそれで様子を見てみることにしよう。」




P1004425.jpg


P1004426.jpg


P1004427_20100508142211.jpg


P1004428.jpg


ドリス
「第三階層での同時ミッション発令は当然海都側につきます。


 「巨兵ゲートキーパーを討て!」

 のミッションを受託しました。」



P1004434.jpg


P1004435_20100508143212.jpg


P1004436.jpg


P1004437.jpg


ドリス
「そしてゲートキーパー前にクジュラさんです。」


カリバー
「ゲートキーパー戦は省略する。
 今のオレ達の敵ではなかったので。」


クイン
「これであっというまに第三階層終了です。
 速いですねえ・・・
 半日かかってません。」




P1004441.jpg


カリバー
「ゲートキーパーを倒して深都に行くと
 深王がひっこんでしまう。

 が、サブクラスは普通に取得できるから安心するように。」



P1004448_20100508143932.jpg


P1004449.jpg


カリバー
「また、【ショーグン】の職業が解禁される。
 今のところ、使う予定はなしだが。」



P1004450.jpg


P1004454.jpg


P1004455_20100508144711.jpg


P1004456.jpg


P1004457_20100508144711.jpg


P1004458_20100508144710.jpg


カリバー
「というわけで、第四階層最初のミッションだ。
 深都編をやっているから深王の話をすでに聞いているわけだが
 フカビトが好むという「アマラントス」を集めるというミッションを
 海都が出していたことがこれでよくわかった。」


ドリス
「お姫さまがフカビトに支配されるかどうかというあたりで
 必死に抵抗して具合が悪いのかもしれないわね。」


クイン
「一ついいですか?

 深王は明らかに「国を守るため」という理由で動いていたわけですが
 この姫の行動は明らかに「私情」ですね。

 元老院の老婆にしても、国がどうでもいいとか
 我々だから聞き流すかもしれませんが問題発言です。」


魅惑
「クジュラという男も、なぜそこまで姫に加担するのか
 いまいち理由が海都編でも伝わらないのう・・・」


カリバー
「とまあ、管理人的にはやはり深都に組したいわけだったのよ。
 バッドになっちまったけどな。」



P1004461_20100508145222.jpg


P1004462.jpg


ドリス
「アマラントス探索にいこうとすると
 クジュラさんからありかの場所を聞けます。

 まあ、世界樹の声が聞けた場所と同じよね?」



P1004467_20100508145333.jpg


P1004468_20100508145332.jpg


クイン
「同じでしたね。
 これでミッションクリアです。

 早速街に戻りましょう。」






そして・・・







P1004469.jpg


カリバー
「突然クジュラが出てきた・・・ってことは・・・」


クイン
「私が一周目でオランピアからアイテムをもらったのと同じようですね。」


ドリス
「海都側のフラグ立てに成功したのね。」




P1004470.jpg


P1004471.jpg


P1004472.jpg


P1004473.jpg


P1004474.jpg


P1004475.jpg


P1004476_20100508145712.jpg


P1004477.jpg


P1004478.jpg


P1004479_20100508145711.jpg


P1004480.jpg


カリバー
「話が本当に長いが、どうも【白亜の供物】というアイテムが
 真エンディングのカギを握っているようだな。」


クイン
「そのアイテム名は深都編のオランピアも言ってましたね。
 かつて深王もそれを探していたらしいです。」


魅惑
「供物というのは、主に霊前にささげる供え物のことをさすが・・・
 わらわの持つ植物の知識でも、
 白亜の供物というお供え物は聞いたことがないぞ。」



ドリス
「どこにあるかわからない白亜の供物。
 これが深王とお姫様をつなげるキーワードなのは確かのようね。」



P1004486.jpg


P1004487.jpg


P1004488.jpg


P1004489.jpg


P1004490.jpg


P1004491.jpg


P1004492.jpg


P1004493.jpg


カリバー
「そして、お姫さんから色々と真相を聞かされるが
 これも全ては話してないよね?


クイン
「だいぶいいところまで白状しましたが、
 自分がフカビトであることはまでは白状しませんでしたね。


魅惑
「それは秘中の秘であろう。
 クジュラと老婆の二人しか知らないと見たが。」


ドリス
「気になる台詞があるわ。

 『兄は世界樹に魅入られたまま記憶を消され・・・』

 の部分。
 それが事実なら、この兄妹の悲劇を生み出したのは世界樹ということになる!」


カリバー
「フカビトと戦うのに扱いやすい先兵が欲しい。
 それが深王ということなのだろう。

 世界樹に操られているという線は、そうか気づかなかったな。
 ゲームのタイトルだから無意識にいい奴だと思い込んでいたわw


クイン
「考えようによっては悪ですね。」


魅惑
「わらわは悪くないぞ!
 植物は悪くない!」



魅惑、口を震わせて超半泣き。


ドリス
「大丈夫よ。
 みんな魅惑ちゃんが悪いだなんて思ってないわ。」


クイン
「さあて、どうですかね。」


クイン、わざと薄ら笑い。


魅惑
「うわーん、カリバー」


魅惑、カリバーにだきつく。


カリバー
「うわ・・・鼻水をオレの服でかむな!きたないwww」


ドリス
「まあ、とにかく次のミッションに行きましょう。」


カリバー
「話ばかりで戦闘がなくてつまらないぞ・・・
 だから周回プレイは嫌だっつうのに・・・」



クイン
「海都編、第四階層ボスに期待でしょうか。」


スポンサーサイト



  1. 2010/05/08(土) 15:10:21|
  2. 世界樹の迷宮3 三羽烏|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<ギルド「ムロツミ」編 | ホーム | 海都編「祭祀殿の転移装置を発見しろ!」>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://runark.blog6.fc2.com/tb.php/633-ce6bcc5e

ルナーク

Category

Recent Comments

Recent Entries

Recent Trackbacks

Archives

Links

Search